プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2.習志野高校

  B/交響組曲「寄港地」~Ⅱ.チュニスからネフタへ Ⅲ.ヴァレンシア(イベール)


  習志野高校の記念すべき全国大会初出場としての演奏と言う事になります。
  だけど改めてですけど、この学校素晴らしいですよね!!
  この学校は現指揮者の前任者の新妻先生がこの「習志野サウンド」と評される大変洗練されたサウンド&豊かな表現力を
  作りだされたといっても過言ではないのですけど、
  20世紀後半に惜しまれながらご勇退・・
  一般的に言うと「響け! ユーフォニアム」でもそんな事が示唆されていましたが、公立校の場合
  優秀で実績ある指導者が異動・勇退等で退かれると、
  翌年以降はコンクール等で中々従来までの演奏&評価が出来なくなるというのが一つのパターンみたいな傾向に
  あったのですけど、
  この習志野高校の場合、偉大なる前任者の後を受け継ぐ形で就任された石津谷先生の大変な努力もあったと
  思われますが、
  新妻先生が残された「習志野サウンド」を受け継ぎながらも石津谷先生らしい「明確な個性」もはっきりと打ち出され、
  結果として更に更に・・・習志野サウンドが更なる進化発展を重ねて現在に至っているという感じがして
  本当に素晴らしい事だと思いますし、
  これは「日本のスクールバンドの一つのお手本」のような気さえします。

  最近の記事でも書きましたけど
  この年の吹奏楽コンクールの課題曲はBの「東北地方の民謡によるコラージュ」が大人気でしたし、
  全国大会・支部大会においても、この課題曲の素晴らしい名演は色々と聴かせて頂く事は出来たと思います。
  そうですね・・・
  これはあくまで私個人の感想ですけど、
  私自身が直接聴いた生演奏の中では、
  青森県信用組合の「尺八」を用いた本格的な「和」の響きとか
  秋田県・大曲高校の凄まじい内省的緊張感に満ち溢れた精神的充実性の高い演奏とか
  花輪高校の前半の幽玄さと展開部のヴァイタリティーの対比の面白さとか
  B部門ではありましたけど、青森山田高校のおおらかさなど
  本当に素晴らしい演奏を直接耳にする機会に恵まれたのは本当にハッピーな事だと思います。
  それと・・・
  生演奏ではないけど、後日のレコード・CD・カスタムテープ等で聴いた中では・・・
  市立川口のとてつもない「テンポをいじりにいぐくりまくったとてつもなく個性的」な演奏とか
  駒澤大学・出雲第二中学校・玄洋中学校のように正統派の大変オーソドックスで耳に心地よい演奏などは
  とても好印象でした。
  それと・・・・正直・・・「知る人ぞ知る演奏」になってしまうのですけど
  都大会における上原圭詞先生指揮の東海大学のコラージュは・・
  確かに「少し真面目すぎる・・」みたいな印象もなくはないのですけど、
  とにかく大変洗練された正統派の香り高き演奏であり、
  なぜか・・・このコラージュ・・・私、昔から大好きなんですよね・・
  ちなみにですけど、この年の東海大学の自由曲は、後年秋田南も演奏した黛敏郎/バッカナール(饗宴)なのですけど、
  この「バッカナール」に関しては・・・1985年の秋田南よりも・・・2008年の秋田南よりも・・・
  演奏の技術も感銘度も奏者の共感度も東海大学の方がはるか上をいっているように感じられます。
  あの年の東海大学は是非全国大会に行って欲しかったのですけど
  ま・・・あの頃の都大会は・・・駒澤と亜細亜の二強がでーーんと構えていましたからね・・・

  さてさて・・この年・・・初出場の習志野高校は、一言で印象を述べると・・
  「初出場なのにそうした雰囲気をまったく感じさせない。後年の大人っぽく洗練された美しい響きは
  初出場のこの年で既に遺憾なく発揮されている。
  とにかく落ち着きのある立派な演奏でお見事!! 初出場で金賞受賞は素晴らしいとしか言いようが無い」みたいに
  良い印象しかない・・という感じですね。
  課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュは、上記の通り、全国大会・高校の部以外でも色々と素晴らしい名演が
  ありましたけど、
  全国大会・高校の部においては、
  「オーソドックス・万人受けする・ 自然な演奏」という意味では、かなり上位にランキングされる演奏だと
  思いますし、とにかく・・最初から最後まで終始落ち着いた響きであり、
  市立川口みたいにヘンにいじくりまくった解釈ではなくて
  「日本の和の情緒」とか「誰もが一度は耳にしたことがあるメロディ」という要素を大切にし、
  聴く人の心にすんなりと染み込むようなとにかく耳に心地よい演奏だったと思います。
  とにかく、全体的な印象としては「奇をてらった演奏」ではなくて、
  スタンダードな演奏だったと思います。
  終始「上品さ」をキープした演奏だったと思います。
  この演奏・・・とてもとても初出場とは思えないですね!! ほぼノーミスに近い演奏ですし、
  完璧な仕上がりだったと思います。
  
  自由曲の「寄港地」も課題曲とほぼ似たような傾向だと思います。
  音そのもの・サウンドが大変洗練されていて、聴く者に終始上品な印象を与えていると思います。
  だけど習志野のすごい所は、冒頭から最後まで崩れないというか、最後までそうした「洗練された雰囲気」を
  キープし続けている事は決して容易い事ではないし、やはり「すごいな・・」と感心してしまいます。
  この「寄港地」ですけど、ⅡとⅢの組合せの場合、生命線は・・・
  やはり誰がどう考えてもⅡ/チュニスからネフタにおける「オーボエ」のとてつもなく長大なソロだと
  思います。
  この「寄港地」のオーボエソロについては、長い吹奏楽コンクールの中でも色々と上手いソロ奏者はいたと思いますが、
  私・・・実はいまだになのですけど、この寄港地のオーボエソロというと
  1981年の習志野高校のオーボエ奏者を真っ先に思い浮かべます。
  その位・・・まさに賞賛に値する位素晴らしい技術を有していて、
  とにかく・・・
  素晴らしい見事な音色、そしていかにも「アラビアンナイト・・」みたいな妖しいあやしい音を巧みに出していたと
  思います。
  そして習志野のすごい所は、オーボエに関してはそのソロ奏者だけではないのですよね!
  「寄港地」においては、Ⅲ/ヴァレンシアにおいては、オーボエ奏者二人によるはもり・デュエットの箇所が
  いくつか出てくるのですけど、その二人の奏者による「はもり」がこれまた素晴らしい!!
  まさに、二人の奏者とも両方素晴らしい!!としか言いようがないと思います。
  そうですね・・この第29回大会において、もしも「ベストソロ大賞」という賞があるとしたら、
  私は文句なく習志野のオーボエ奏者に贈呈したい気分です!!
  ちなみに・・「ベストパート部門」というのがあるとしたら・・・
  文句なく、市立川口の打楽器セクションに贈呈したいですね!!
  「寄港地」のオーボエソロというと、他には・・・そうですね・・・あくまで私が直接聴いた限りにおいては、
  1988年の土佐女子高校、そして・・・全体としては銅賞と言う評価にならざるを得なかったけど、
  広島の基町高校のオーボエ奏者もべらぼうに上手かったです!!
  90年の尼崎吹奏楽団・91年の近畿大学も悪くはないけど、個人的な印象としては少し淡泊なようにも
  聴こえます・・・
  そうそう・・・・習志野は1995年に新妻先生指揮で再度この「寄港地」を自由曲に選びましたけど
  この時は・・・残念ながら凡演で、1984年以来久しぶりの銀賞と言う結果に終わっていました・・・

  さてさて・・話を81年の習志野に戻しますけど
  Ⅱは本当に文句のつけようがない感じでしたけどね
  Ⅲのヴァレンシアは、ほんの少しだけ・・・注文を付けたくなってしまいます。
  全体的に素晴らしいソロとアンサンブルですし、低音セクションの鳴りというかリズムの支えも申し分ないと
  感じますが、
  部分的に「メロディーラインを十分に支えていない」とか「少しだけサウンドがベタベタしている」みたいな印象を
  与えているのは・・・
  ま・・・そうですよね、初出場ですしそこまで求めてしまうのは気の毒・・・みたいな感じもあります。
  それと一つだけ指摘しておくと、後半部分にかけて唐突にシロフォーンが硬質の響きで浮き上がってきたり
  ドラの鳴らし過ぎとか打楽器セクションに対する配慮が少し甘かったような感じもします。
  ま・・・課題曲とⅡのチュニスからネフタで「少し抑制されている」みたいな感じから奏者達も何か解放されたい・・
  みたいな気持もあったのかもしれません。
  ラスト近くは大変盛り上がっていてよかったとは思いますが、全体とのバランスの中では「少し唐突」みたいな
  印象もあったような気がします。
  ま・・・この辺りのコントロールは、数年で劇的に解消され、
  この演奏からわずか4年後の85年の「波の見える風景」とか86年の海とか87年のあのあまりにも繊細で完璧な
  「ダフニスとクロエ」第二組曲では
  習志野=新妻先生のサウンドがほぼ完成されていたようにも思えます。

  一つ面白いのは、初出場は後年の習志野を既に彷彿とさせる洗練された響きがよく出ているのですけど
  翌年の「呪文とトッカータ」は、長い習志野の歴史の中でも極めて珍しい吹奏楽オリジナル作品を取り上げたという
  せいもあるのですけど、
  とてもとても後年のあの洗練された習志野サウンドとは思えないほどの野性味溢れた粗削りのやんちゃな音楽を
  聴かせているのは大変面白いと思います。
  うーーん、あの演奏は・・・
  長い習志野のコンクールの軌跡においては、異色すぎる演奏でしたね。
  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2660-9b8fb5e2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |