FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


話はいきなり「吹奏楽コンクール」関連になってしまうのですけど、
1994年に秋田南高校が全日本吹奏楽コンクールの自由曲で演奏した三善晃作曲の「竹取物語」の印象は
今でもかなり強いですね!!
あの年は、1992年まで花輪高校を指導されていた小林久仁郎先生がライバル校の秋田南に異動され、
当時・・・
「さてさて・・花輪でああしたロシアマイナーシンフォニー路線を積極的に取っていた小林先生が、
邦人路線を得意とする秋田南でどんな演奏を聴かせてくれるのか・・・」みたいな感じで
私を含めた(?)一部の者で相当話題になっていましたけど、
その小林先生が秋田南高校を指導され、小林先生として初めて全国大会出場を決め、「古豪復活」を印象付けた曲が
三善晃の「竹取物語」でした。
この曲は、元々はバレエ音楽で、使用する楽器は実は管弦楽ではなくて、
電気オルガン、ピアノ連弾という特殊編成です。
そして、秋田南のOBでもある指揮者兼作曲家の天野正道が秋田県立秋田南高等学校吹奏楽部のために
吹奏楽編曲を行い、この天野正道編曲版を使用して、秋田南は1988年以来5年ぶりの全国大会出場を
果たしたのです。
この三善晃の「竹取物語」ですけど、その原曲は私も聴いた事がありません。
私自身は、1994年の秋田南と96年の防府高校と、川越奏和の吹奏楽アレンジ版の演奏でしか
この曲を聴いた事がないのですけど、
とにかく・・・・凄い曲としか言いようがないですね!!
私も1994年に普門館で秋田南の演奏を聴いた際、思わず背中がゾクゾクとしたものです。
冒頭のいかにも・・・月の使者みたいな感じのフルートとか
「狂った月の使者」みたいな感じのフルートソロとか
後半近くの狂ったように高潮していくサウンド・・・
とにかくお見事でした!!
当時・・・正直に言うと・・・
「あれれ、竹取物語ってこんなに狂った世界だったっけ・・・? 確か・・・古典の授業の際の印象とかおとぎ話としては
もっとファンタジー感に満ちていたような感じもしたのだけど・・・」という感覚が自分の中にあり
そうした「竹取物語」の「古典としてのファンタジー感」と音楽としての「狂気の世界」の間の違和感がとてつもなく
面白く感じたものでした。

「東方Project」における竹取物語というか、かぐや姫の設定はかなり面白いもので、
そうですね・・・
印象としては上記の三善晃/竹取物語の音楽の世界に近いような印象すらあったりします。

竹取物語・・・つまり「かぐや姫」の物語においては、
かぐや姫は「月の世界で罪を犯し、その罪のために下界に流刑となった」とされていますけど
果たしてその「罪」とは一体何なのか・・・
高校の古典の授業においては、当時の教師が
「うーーん、その罪と言うものはだな・・実は今の所古文学者の間でも定説が無く見解が分かれている。
そうだな・・・自分としては・・・
月の世界という共同体において、かぐや姫は・・・何らかのタブーを犯した・・・
そのタブーと言うものは、おそらくは・・男女の禁断の愛・・つまりかぐや姫は、
月世界にいた頃、既に人妻の身でありながら不倫をしてしまったとか、まだ独り身だったけど妻子ある男についつい
たぶらかされてしまい恋仲に陥った・・・
そういう解釈もあるのではないか・・・」とか何とか言っていたのが今でも印象的です。
どちらにしても・・・・
古典の世界において、かぐや姫は何らかの「罪」を犯した・・・・それゆえ・・・一旦は月世界の記憶を抹消され
地上世界で取り急ぎ・・・「竹」の中から息吹再度成長を始めた・・・という感じなのだと思います。

「東方Project」という世界は大変魅力的な世界であり、
日本書紀とか日本の民話とか日本の妖怪話とか、またまた吸血鬼とか魔法使いや魔女みたいな西洋の世界観とか
とにかく・・・色々な神話・伝説を一つの創作のベースにしている所が大変興味深く親しみやすい側面を有しているのですけど、
この永琳様に関するお話は、「竹取物語」をベースに構成されています。
さてさて・・・
それでは東方における「かぐや姫」の「罪」とは何なのか・・・・
そうですね・・・
ま・・・表面的には、月世界では厳禁で処罰の対象とされたいた「蓬莱の薬」=つまり・・不老不死の薬を
飲んでしまったという事になると思います。
東方の世界においては、がくや姫に当たる方は、蓬莱山輝夜というお姫さまなのでして、
永琳様は元々はこの輝夜の教育係を担当していました。
だけど・・・この輝夜なんですけど、そうですね・・・一見とっても可愛らしくて愛らしいいかにも「お姫様」っていう
感じなのですけど、結構これがやんちゃ姫だった・・という事になるのかな・・・
ま・・・元々は永琳様自体、月の都の創設者の一人で地位も栄誉も上からの信望も相当厚く
武芸にも学問にも秀でていて、こと・・・「薬の調合」とか「新薬の発明」には天才的なものをお持ちの方でした。
そして多分ですけど・・・
永琳様自体は、自分にも厳しいけど他人に対しても時に厳しく時に慈愛をもって優しく接される大変な「人格者」なのだと
思いますし、
教え子にあたる輝夜に対しては・・・とにかく「慈愛」の気持ちを持って接していたのかな・・・とも思ってしまいます。
だけど・・・
これは私の勝手な妄想なのかもしれないですけど、
輝夜は、そうした「月世界だけで生涯を終わらせる事に何か釈然としないものがあった・・・」とか
「もっと・・・月世界に限らず色々な世界を私は経験したい!! こんな月みたいな狭い世界の中で
一生を閉じるのは絶対に嫌!!」
「他の世界を私は見てみたい!!」
「特に特に・・・下界の・・・汚さと聖なるものが混在したあの混沌とした世界の中で、私も思いっきり・・・・
楽しみたい!!」
「私は・・・こんな小さい世界で終る器の人間ではないっ!!」みたいな感じの人だったのかも
しれないですよね・・・・

そして・・・・輝夜は・・・ある意味・・「確信犯」だったのだと思います。
私はそのように解釈しています。
つまり・・・・
月の世界においては、「蓬莱の薬」を作る事は・・・「罪」には問われない・・・・
だけど・・・
それを飲んでしまった者に対しては「罪」に問われる・・・・
そして・・・この「蓬莱の薬」を飲み不老不死になる事は月世界においては大変な重罪・・・・
その罪に対する「刑」とは・・・すなわち・・・下界・・つまり地球への流刑なのでした。
だけど・・・
輝夜にとっては、この「退屈な世界」である月世界を離れて下界への流刑はまさに・・・本望!!
輝夜自身が強く強く望んでいた事なのでした・・・
そして・・輝夜にとっては、
「この薬を作ったもの・・・つまり永琳は罪に問われない、私一人だけがこの罪を生涯・・
半分楽しみながら背負い込んでいく・・・
だって・・・
師匠の永琳には迷惑が掛らないから別にいーーじゃん!!」みたいな感覚だったのかもしれないですよね。
うーーーん、なんて軽いノリ、何て言うやんちゃな無鉄砲なお姫様・・・・
これは・・・「竹取物語」のなんか物哀しそうなイメージとは随分とかけ離れたお姫様なのかもしれないですよね・・・・

だけど・・・・

永琳様は違っていた・・・

永琳様自体は・・・

「輝夜は月の世界の大切なお姫様・・・姫には月の姫として生涯を全うする責務があるはず・・・・」

「だけど・・輝夜の自由な空気を吸いたい気持ちも分からんでもない・・・
私だって・・・本音を言うと、こんな狭い月の都で堅苦しい生活をして退屈な日々を送るのは嫌だ・・・みたいな
気持ちはあるのかもしれない・・・」

「だけど・・・だけど・・・やっぱり輝夜には月の都のお姫様としての本分を果たして欲しかった・・・」

「あの時・・・私は・・ついつい泣きながら自由な空気を吸いたいと切望する輝夜を止める事は出来なかった・・・
そして、ついつい蓬莱の薬を調合してしまった・・
薬をつくったものは罪に問われず、それを飲んだ者にだけ罪を問われるというのは
おかしくはないのか・・」

「私に罪が全く無いとは私は微塵も思っていない!! 否!! むしろ罪があるのはこの私・・・
私があの時・・・あの薬さえ調合しなければこんな事にはならなかった・・」

「輝夜の罪は、実は私の罪でもある」

みたいな事を・・・もしかして・・・永琳様はお感じになっていたのかもしれないですよね・・・

そして・・・輝夜は「かぐや姫」として下界に流刑され、時が流れていった・・・

そして・・・古典の教科書や童話にある通り、一定の時間が経過し、輝夜の罪も消えたとされて
月世界から「お迎えの使者」が地球上に降り立ちます・・・
だけど・・・
この永遠のやんちゃ姫・・・輝姫は・・・
「私・・・やっぱり・・・あんな退屈な月の世界はいやーーー!!
確かに薄汚くてバカばっかりで極悪人が多いのだけど、こんな混沌とした生きるチカラに溢れているこの世界が
私は好きーーーー!!
月には絶対に帰りたくな――い!!」と
駄々をこねたんでしょうね・・・・

そして・・・

この瞬間に永琳様は決意されたのかもしれません・・・

「確かに自分は今回月の使者の一人として輝夜を迎えに来て、月世界に一緒に戻るつもりであった」

「もしも・・こやつが駄々をこねようものなら、首に縄つけてもとにかく問答無用で連れて帰る!!」

「だけど・・・こやつの本音は・・・本当に月世界に帰りたくないという事なのだ・・・」

「果たして・・・このまま月世界に無理に連れて帰っても、こいつは本当に幸せなのだろうか・・・」

そういう迷いは・・・多分・・・永琳様の中にもあったと思いますし、葛藤はあったと思います。
だけど・・・
永琳様は・・・

「だけど・・・私の使命は・・・この輝夜を守る事・・・そして・・・なによりもこの輝夜に幸せになって欲しい!!
その輝夜の幸せが実は・・・月世界ではなくてひの地上にあるというのならば・・・
やむをえまい・・・
私は・・・私の気持ちは固まった・・・
私も・・・この地球に残る事を決めた・・・輝夜を守るために・・・!!」
と決意したのです。

そして同時に・・・

「輝夜は既に不老不死の薬を飲んでしまっている・・・
輝夜を永遠に守りたいというならば、輝夜同様にこの蓬莱の薬を私自ら飲み干し、そして・・・
文字通り・・・
このやんちゃな姫君・・輝夜を文字通り永遠に守り抜きたい!!」という気持ちが固まった・・・という事になるのでしょうね・・・

そして・・・

永琳様は・・・やってしまった・・・・

なんと・・・

自らの手で、自らと一緒に来た仲間・・月の使者たちを一人残らず殺してしまいます・・・
この場面は・・・まさに・・冒頭の三善晃/竹取物語の音楽がぴったりだと思いますっ!!

その①において、
そうした不老不死の薬を飲んだ者のなれの果てとして「不安感」とか「寂しさ」みたいなものはあるんじゃないの・・・みたいな
事を書きましたけど、そうですね・・・
それは間違ってはいないと思います。
だけど・・・
永琳様のように・・・
元々は私が蓬莱の薬を調合するのをキッパリと断っていればこんな事にならなかったし、元々教育担当としての
自分の詰の甘さが原因だったみたいな罪悪感と
「こうなった以上・・・このやんちゃ姫を未来永劫、永遠に御守りするのが私の永遠の使命!!」みたいな強烈な使命感の
二つで持って
そうした「寂しい」という気持ちを抑制させてしまっている・・・・
なんかそんな風にも感じたりもします。

ま・・・どちらにしても・・・・永琳様には・・・とてつもなく壮絶な過去と決意があったと思いますし、
そうした事が・・・・
あの独特な・・・大人の風情とかひそやかさを生み出しているのかもしれないですよね・・・

そういう凛とした永琳様は・・・やっぱり・・・・私は大好きですね!!



豌ク逅ウ繝サ繝輔ぅ繧ョ繝・繧「_convert_20160105192509



さてさて・・・

永琳様と輝夜のその後はどうなったのか・・・

二人の「逃避行」にはそんなどんなドラマがあったのか・・・

そして・・・

永琳様が現在展開中の「富山の薬売り」みたいな商売方法とはどんなものなのか・・・

そして・・・

どうして永琳様は・・・十六夜咲夜を見て驚いたのか・・・

などなど書き足りない事が一杯ありますので、この続きはその③で取り上げていきたいと思います。


→その③に続く・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ハミセイ&チルノ&えーりん!

こんにちは。先日は3連続コメント、誠にありがとうございました!前回同様、
このコメントにて、まとめてお返事させて頂きます。長文のお覚悟は…(以下省略←苦笑)

まずは東方人気投票、私のお気に入りについて。私の中で永琳は特別な存在で、
やはり好きの強さは「越えられない壁」があると思ってます。色々な作品でも
ご贔屓キャラはいまして…私の場合、プリキュアではロゼッタちゃんがそうですね。
人気投票は…本当に結果が予想ができず、神のみぞ知る!という感じですよね。
私もぬくぬく先生様と同じく、霊夢、そして看板キャラである魔理沙に頑張って
もらいつつ、永琳や新キャラ、他のキャラにも頑張って欲しいですね。新キャラ
では特に…以前コメント頂けたクラピーが良い位置につくのではないかなぁと
予想しています。そして私のブログでも色々な東方キャラが登場していますが
まだ記事にできていない娘、ワンドロ等で描けていない娘については引き続き
楽しみにして頂けると幸いです。私もこの「受け継がれるべきもの」でピック
アップされていないキャラにつきましては…のんびり楽しみにしています♪


最初のコメントではハミセイ絵、とっても可愛いと言って頂け嬉しいです☆
公式のデータカードダスのイラストがとても爽やかで少しでも表現できたら
と思いつつ描いた物で一足(?)先に「春みたいな気持のよい陽気さ」を感じて
頂け嬉しいです♪ハミィは無意識に瞳を閉じた絵になりましたが…気持ちよさを
感じて頂け嬉しいです!マイペースなハミィはこのまま眠ってしまうかも…?(笑)
それで「もうハミィったら…」と呆れつつ自分の腕の中で優しくハミィを見守る
エレンもいいなぁと思います!ハミィはもちろん、主人公の響達と積み重ねてきた
絆も素晴らしいのですが、やはり同郷で親友であるハミィとの絆も尊いと感じています。

カラオケは…ぬくぬく先生様は奥様と行かれたのですね!ハピネス一色とは…
さすがぬくぬく先生様!先日のラブリーショー記事も楽しく拝見させて頂きました☆
余裕があれば…ハピプリの曲も歌いたかったですね。ゆうゆうのごはんの歌も(笑)
プリキュアは素晴らしい曲もたくさんですよね。ハピプリ以降はOPに映像がなく
残念でした~。それと…私が歌うフレッシュOPを聴いてみたいと思って頂ける
とは…!とっても嬉しいです♪いつか「歌ってみた」みたいな事もしてみたいとは
思っていますが、それをするにしても…とりあえず得点が良かった歌からになり
そうですね…。実現したとしても下手さに驚かないで下さいね!(汗)そして私も…
プリキュアの歌を歌うぬくぬく先生様の歌声を聴いてみたいと思ってしまいます。
やはり音楽に深く携わっていらっしゃるぬくぬく先生様は音程もばっちりなの
だろうなと思っています。

続きましてチルノ記事!キュアマリン、らき☆すたを連想してくださり、ありがとう
ございました(笑)確かに…この表情はキュアマリンも10周年挨拶でも披露してくれ
たり、私の2015年最初&最後のプリキュア記事でも登場してましたしね(笑)
いわゆるギャグ顔のチルノ、とっても可愛いと言って頂け嬉しいです♪
チルノって冷気を操るけれど、おっしゃる通り夏の涼風で冷たい、クールな印象
とは離れていますよね。ちなみにこれから更新する記事は…幽白の氷使いでして
個人的には…これぞ氷使いのイメージを体現したキャラ!なのですが…声優さんは
なんと…あの「愛すべきバカ」ウエスターと同じ…という意外性のあるキャラです(笑)

チルノはお調子者でポンコツ⑨…でも可愛く誰からも愛される。そんな魅力が少し
でも伝われば…!と思いつつ描いたので、「思わずとっつかまえて頬をすりすり
したくなるようなキュートさ」と言って頂け感激です!私が描いたチルノに是非
してあげて欲しいです(笑)雑な仕上がりではない、とフォローもありがとです♪
それとおバカさん繋がりではお空…確かにお空の能力はすさまじいですよね。
そのすさまじい能力を持ちながらもおバカさん、なのもお空の魅力の一つだと
思います☆東方求聞史のお話もありがとうございました!チルノの「愛すべき
おバカさん」な魅力が溢れる回答だと思います♪

それと…まだ予定段階で先のお話ではありますが、Goプリのはるはると私の共通点に
ついて語る時は…ブロともさん限定記事にしようかな、と思っています。今後も
ブロともさん限定記事を書こうと思ってまして、その時は雑誌に掲載頂けた作品も
掲載したいと思っています。その中の1枚が掲載された当時に温かいコメントを
頂けたらき☆すたこなた&マリンのコラボ絵です!見た事のある絵そのままに
なりますが…温かい目で見守って頂けると嬉しいです。

そして古い記事にもコメントありがとうございました!今後同じような事が
あっても、私はとっても嬉しいので、謝らないで下さいね☆当時は薬学生の身…。
初々しいですね(笑)今は…もうすっかり妖精さんとは程遠いですよ(苦笑)
…若い間にもっとコスプレしておけば良かったかもしれないと思ったりです(笑)
一方あの頃の「謙虚さ」は今の自分が見習いたい、と思う部分だったりしますね。

東方の本命キャラにつきましては…やはり永琳でぶれないです!
永琳は薬師=薬剤師であり、医者でもあるイメージですので、両方をこなすと
いう意味でもとても尊敬しています。他のキャラでしたら…お燐、新キャラでは
サグメが気に入ってますが…やはり本命は昔と変わらず永琳ですよ!
そしてぬくぬく先生様の永琳記事も楽しく読ませて頂いております。
永琳は本当に魅力的な切り口をたくさん持っていますよね。パート3まであるとは…!
こちらはパート3まで読んでから改めてコメントさせて頂きたいっ!と強く思って
います。今回の記事でも触れられている輝夜に対する使命感、責任感もとても
尊く感じております。正直、あれだけ深く永琳について語られていて、私の永琳
愛はまだまだ…と感じました(汗)とりいそぎですが、プリキュア記事900達成
おめでとうございます!今後もご更新、楽しみにしています☆
では読んでくださりありがとうございました☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2659-c5dfdab6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |