プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


歴代プリキュアにおいては「文化祭回」というのは何度も登場し、それぞれのシリーズにおいて
その時のプリキュアらしい要素に満ち溢れていて、どのシリーズの文化祭回もそれぞれ魅力があり、
甲乙つけるのが大変難しいくらい、それぞれ魅力に溢れていたと思います。
初代の場合は・・・・演劇の本番中にザケンナーが乱入したり、なぎさがセリフをど忘れしたり、
ま・・・相変わらずのドタバタでしたけど、ザケンナーとのチャンバラ活劇はとても見応えがありました。
SSは・・・いかにもSSらしい「優しさ」に溢れていました。
テーマのデザインをどうしようと悩む舞ちゃんを励ます咲がとっても魅力的だした。
なぜか・・・プリキュア5の2年間は文化祭回はありませんでした・・・
フレッシュの文化祭回は・・・・前回記事にしたばかりなので省略・・・
ドキドキの場合、マナが急病でダウンと言う設定が意表を突いていましたけど、
マナと言う絶対的エースがいなくても、一人ひとりが「自立心」を持ち、自分達各人の役割をきちんと分担していれば
なんとかなる、そしてそれは・・・・一人一人の「自我の確立」という事に繋がるものみたいな事を
大変丁寧に提示していたと思います。
ハピネスの場合、方向性としてはドキドキと似ている面はありましたしけど、その中でも
ひめの「成長」が示唆されていた回でもありました。

さてさて・・・歴代プリキュアの文化祭回というと、もしかして・・・・
プリキュアファンの方ですと結構多く方は、ハートキャットの回がとても印象的という人も多いかと思いますが、
私も全く同感です!!
あの前後2回に渡るハートキャッチの文化祭回は、事件続出のドタバタ回でもありましたけど、
つぼみたちファション部とコラボしたバンド部の演奏はとっても迫力があり、素晴らしかったと思います。
ちなみにあの演奏の歌手二人は、ハートキャッチのOPとEDの歌手の方でしたね・
そして、それと同じくらい印象的なのはスマイルの文化祭回でした!!
こちらも大変素晴らしかったですね!!
ラスト近くの挿入歌は、プリキュア達5人のメドレーでしたけど、
あかねちゃんのあの関西弁のフレーズはとっても可愛かったです!!

今回のスマイルの第34話はとっても分かりやすいお話です。
要は、みゆき達のクラスで「文化祭」のイベントを行う事になったけど、クラスでの話し合いと投票の結果
今回は「絵本の作品をモチーフにしたファションショーをやりましょう」という事になったのですけど
クラスの中で唯一人その決定に納得できずにいて、クラスをあげての準備活動に参加しなかった人が一人だけいて
それが、本当はバンドでのギター演奏をお披露目したくてたまらなかった豊島くんという設定でした・・・
そうですね・・・
上記の豊島くんみたいなお話と言うのは、
ま・・・多少大げさな話になってしまいますけど、「民主主義とは本当に絶対的に正しいものなのか・・」みたいな
問題も少し含まれていて
確かに・・・
「多数決を行い全員の総意という事で決定した事項」は決めた以上はそれを遵守しないと
ルールとしての制度崩壊を招いてしまうという事であるのは多分間違いではないのだけど
それじゃ・・・
「少数派の意見」はどうなるの・・・?
一度決めたからには少数派の意見は完璧に無視していいの・・・?みたいな問題も・・・・もしかしたら含んでいたのかな・・とも
感じる事もあります。
そうそう・・・ここから数話後の話になるのですけど、
れいかの生徒会長選挙の際、
れいかは・・・
「この学校を更に良くするためには、色々と煩い事を注文付けるかもしれない」というスタンスであったのに対して
対抗馬のウルフルン達・・・(しかし・・・ウルフルン太郎という名前自体・・・・お茶目でしたね・・苦笑・・)は、
「学校でゲームやり放題」とか「お菓子食べ放題」とか「宿題廃止」みたいな
確かに一見楽しそうにも感じられるのだけど、それは「健全な学校生活の上ではどうなの・・?」みたいな事を
公約として掲げてしまいます。
そうですね・・・これって議会制民主主義国家でよくある話なんですけど
選挙の際のあまーーい公約だけ「国民の耳にやさしくあまく聞こえる言葉」だけを並べて当選し、
当選後は・・・
「当選したんだし、国民から信任を得たのだから・・」と公約を反故にしてしまう事もあるのですけど、
要は・・
選挙の際に「甘い言葉」だけを並べて当選する行為と
選挙時に「厳しい公約」をあえて言った結果落選する事は、
「本当に民主主義って絶対的に正しいものなのかいな・・・」みたいな事も示唆しているようにも
見方によっては感じる事もありました。
民主主義って・・選挙の時だけ甘い言葉で巧みに国民を誘惑し結果的に政権を取ったとしても
選挙後にそうした公約を反故にして全然違う事をやったとしても
一応・・・選挙と言う「国民からの信託」を得ているのだから、それって一応は・・合法と言うのが
なんか・・・民主主義の怖さでもあり愚かな所でもありますからね・・・

ま・・・スマイルの場合、そうした高尚なテーマ(?)とはほぼ無縁なポンコツな世界観なのですけど、
なんか・・・
ふとそんな事を考えてしまいました・・・(苦笑・・)






ま・・・そうはいっても、国家レベルの議会でも一中学校の一つのクラス内でも
やはり・・・みんなの総意で決めた事はちゃんと従うというのが・・・やはり「ルール」というものですし
そうしたルールを遵守することが
人間が社会生活を無難に送れる事が出来る一つの条件にもなってはいると思います。
だけど・・・
スマイルプリキュアのピンク系主人公のみゆきのいい所は、
そういう「全体」から逸脱してしまった人に対しても、
「私は、このままじゃ嫌だな・・」と
「クラスの中で一人も孤立者を出さないでクラス全員でこの文化祭を楽しみたいな・・・」という発想をし、
クラスから逸脱した・・・というか浮き上がってしまった人にも
一定の配慮というのか「思いやり」を提示している点は本当に素晴らしいと思いますし、
みゆきのこういうところは私も本当に大好きな所です!!
本当にみゆきは・・・ポンコツなんだけど、誰からも・・・家族からも友達からもクラスの人たちからも・・・
そして制作者サイドからも
全員から・・・万人から愛された素晴らしいプリキュアですよね!!

ま・・今回の話は・・・・誰がみても、その豊島くんが少し自分の主張ばかりし過ぎで
自分の希望事項ばかりグタグタ言ってそれが叶わないと分かるととたんにむくれてしまう・・・みたいに
正直・・・豊島くんに相当分が悪いな・・・とも感じるのですけど
そうした彼に対しても、みゆき達は
「彼が望む単独コンサートは出来ないけど、何か豊島くんにも参加できることはないのか・・・」
「豊島くんにしかできない役割が何かあるのではないか・・」
「どうすれば彼にもこの文化祭と言うイベントに参加して貰えるか」という事を終始考え続けている点は
賞賛に値するようにも感じられます。
ま・・この辺りは・・・・
「議会民主主義」で言う所の「マイノリティーへの配慮」という事なのかもしれないですよね・・・

あれれ・・・スマイルってこんな高尚な事をテーマにしていたシリーズでしたっけ・・・??



03a27b93_convert_20160105160522.jpg


f7b75f07_convert_20160105160942.jpg


aa761ca0_convert_20160105160814.jpg


さてさて・・・

そんな訳で豊島くんに何とか文化祭に参加して貰うために
あの手この手を駆使して彼の興味をひこうとしているのですけど、
これって・・・
なんか今風に表現すると・・・・
リア充の女の子たちがぼっちの男の子に色々とアプローチを掛けている構図とも言えるのかな・・・??

うーーーん、こらこら・・豊島!! お前、羨ましすぎるぞ!!と文句を言ってやりたい気分ですね・・・(苦笑・・・)

みゆきから「ファションショーでこういうポーズどーおー?」なんて挑発(??)を掛けられたとしたら・・・
そうですね・・・
私だったら・・・迷うことなくみゆきの挑発に乗りますっ!! 否!! 是非乗らさせて頂きたいっ!!(苦笑・・・)

ま・・・なおちゃんが「豊島!! おまえ、E-----------加減にせんかーーーい!!」と怒り出すのは・・・
そうですね・・・
この人らしいいかにも「直球勝負!!」ですね!!
つぼみだったら・・・・
「私、堪忍袋の緒が切れました!!」と言ってしまうのかな・・・??

それにしても・・・・みゆきの立ち膝ポーズは・・・・なんか色っぽいし可愛い!!




9bd747cf-s_convert_20160105160622.jpg


c79d75f9-s_convert_20160105161305.jpg



さてさて・・・

最終的には、みゆきは「豊島くんにしかできない事を是非やって欲しい」と
ファションショーでのバックバンドとしての演奏をやって貰う事で、ある意味妥協点を見出し
彼にも無事、文化祭への参加を実現する事が出来ました。

そうですね・・・・

これは・・・・議会制民主主義においては、
政治的妥協とか駆け引きとか条件闘争とか言われるかもしれないけど
結果的にみゆきは・・・・
きちんと「マイノリティーへの配慮」そして・・・「全体で決めた事を実行する」という二つの矛盾する要素を
実現する事になります。

そうですね・・・・

要は・・・

世の中にはできる事と出来ない事は間違いなくある。

出来ない事は相手に対してきちんと「それはこれこれこういう理由で出来ない」とはっきり伝えましょう・・・

少数意見を全部聞く事とかその主張を具現化する事は不可能だけど
その話を聞いた上で実現出来そうな事はきちんと対処してあげましょう・・・

そういう事なのかな・・・・

あれれ・・スマイルってこういう高尚なテーマのプリキュアでしたっけ・・・??

だけどラストシーンのみゆき達の「絵本」をモチーフにしたファションショーはとても可愛かったですし
挿入歌もとっても素敵でした!!
特に特に・・・みゆきはやさぱり可愛いですね!!
「かぐや姫」をモチーフにしたれいかもとっても素敵でした!!

さてさて・・・こんな素晴らしい回でしたけど、この次の回は・・・

とにかく私が大好きで大好きで仕方がない
多分ですけど・・・・
長いプリキュアシリーズの中でも屈指の「名ギャグ回」とも言える「ハッピーロボ」の回です!!

この回とのギャップは・・・・ま・・とにかく凄まじいものがありますけどね・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2658-9d42de9a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |