FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


最近のこのブログの「東方語り」において、
昨年末から今年初めまで、さとり様&こいしちゃんの古明地姉妹を結構語ってしまいましたので、
次回語る時は、当初は、十六夜咲夜か妖夢あたりを語りたいな・・・とも思っていたのですけど、
実は・・結構以前から、東方で・・・もしかして実は一番最強なのではないか・・・と囁かれている永琳様・・・八意永琳も
大好きな東方キャラですので、
何回かに分けて永琳様を語らさせて頂きたいと思います。

永琳様は、よく二次創作等で「女医さん」とか「大人のちょっとエッチな女医さん」みたいな設定を
拝見させて頂く事もあるのですけど、
ま・・・それ以前に永琳様は・・・お医者さんではなくて、薬師様・・・現代風に言えば薬剤師さんですので・・・(笑)
そうそう・・・
このブログの大切な常連様とかリンクを貼らさせて頂いている皆様の中にも
薬剤師さんですとか薬局をご経営されている方もいらっしゃいますが、
この永琳様を見てしまうと・・・そうした素敵な皆様の事も何かついつい思い浮かべてしまい、
なんか自分自身、キュアロゼッタではありませんけど
「陽だまりポカポカ」みたいな温かい気持ちになったりもしますね・・・(笑)

東方というと、霊夢・魔理沙・チルノなどに代表されるように何となくですけど・・・「可愛い少女たち」みたいな
印象が大変強くて、
そうですね・・・
登場してくる女の子たちがみーーんな揃いもそろって本当に魅力的で可愛くていかにも・・・「少女」みたいな雰囲気が
濃厚だと思います。
だけどそんな中にあって
永琳様は数少ない「大人のしっとりとした風情」とか「ひそやかさ」とか「落ち着いた雰囲気」を
出しているキャラだと思います。
そうですね・・・霊夢とかチルノなんかはいかにも豪快な巫女さんとかやんちゃで少し頭が悪い妖精さんみたいな
イメージがあり
東方全体としてもそういう感じの世界観なのかな・・と思う事も多々あるのですけど
そうした中での永琳様のあの「しっとりとした落ち着いた女性・・」みたいな雰囲気は大変稀有だと思いますし、
そういうところが・・
ま・・・後述しますけど永琳様のとてつもない魅力&設定と重なり合い
とてつもなく魅力的なキャラを醸し出しているのだと思います。

永琳様の能力は・・「あらゆる薬を作る程度の能力」とされていますけど、
ま・・・実態は単なる「薬を調合する能力」に留まらず
もしかして・・・
東方の世界の中でも実は最強クラスなのではないか・・・というとてつもない能力を秘めている点が
また実に素晴らしいですよね!!
そうですね・・・
この点なのですけど、
個人的には・・・あくまで個人的な話なのですけど
「東方の最強キャラは霊夢であって欲しい・・」みたいな願いも無くはないのですけど
そうですね・・・・
やっぱり・・・東方の世界の最強キャラは・・・永琳様なのかな・・・とやっぱり感じてしまうのですよね。
ま・・基本的には永琳様は、凄腕天才薬師なのですけど、
うーーん、こんな事書いてしまうと・・・
「このプログの管理人はヘンタイさんなのか・・」みたいな声が出るのは・・ま・・仕方ないとして・・・
そうですね・・・
もしも・・私が・・・
他人の手によって殺されるとしたら・・・・
以前も書いた事があるけど、「デート・ア・ライブ」に出てくる最凶にして最悪の精霊・時崎狂三(ときさきくるみ)によって
ギッタギッタに切り刻まれて惨殺されるか
または・・・
永琳様が調合された「毒薬」でもって・・・静かに・・・安らかに・・・その生涯を閉じることができればいいな・・・
なーんて妄想もしております・・・(苦笑・・・)
ま・・・間違っても永琳様は、人間を毒殺されるなんて考えは微塵も有していない人格者ですけどね・・
そうですね・・・
この身が万一毒殺される場合・・・間違ってもメディスンの「毒を操る程度の能力」で死にたくないな・・・とも
思ってしまいますけどね・・・(苦笑・・)
だけど・・メディスンはとってもとっても可愛い妖怪さんですよね。
多分・・東方の世界の中でも「新人さん」に近いというか、妖怪になりたてほやほや・・みたいな初々しさもあったりもします。
あれれ・・もしかして・・・
永琳様とメディスンは、東方においては最年長と最年少の組合せなのかもしれないですね・・
あ・・そうそう・・・
当然ながら、永琳様にお年の事を聞くのはご法度なのかもしれないですよね・・・
永琳様にお年の事をちょこっと尋ねた瞬間に・・・
普段は温厚な永琳様から、なんかとてつもない鉄拳制裁を食らいそうな予感も・・・??

あ・・・いや・・今、「お年」の話が出てしまいましたけど
東方の世界では、よく・・ま・・あくまで二次創作という話なのですけど「東方五大老」と言いまして
年増・・・・あ・・・いや・・その・・御長老・・・というか・・・長生きをされている五人集みたいなくくりで
具体的には、西行寺幽々子、八雲紫、八意永琳、八坂神奈子、聖白蓮の
5人の御方の名前があがることが多々あったりもします。
ま・・・五人の御方もいがれも見た目は大変お若くて美しい人達ばかりでして、正直・・とてもとても「長老」みたいな
感じはしないです。
ま・・・この世界の創造者、ZUN様に言わせると
「え・・・? あれは全員少女・・」との事ですけどね・・・
上記の5人は、神様・とてつもなく古い妖怪・幽霊みたいな感じで、年齢を重ねられている理由はそれぞれなのですけど、
そうですね・・・・
幽々子(ゆゆこ様)に関しては・・・あまりにも見た目がロリっぽいというか、
大食いの可愛い女の子という感じですよね・・・・
ゆゆこ様の従者に妖夢がいるのですけど、妖夢に関しては・・・・東方の世界では確か「ボクッ子」はいなかったと思いましたけど、
なんかボク・・・・という第一人称が似合いそうな感じが自分の中にあったりもします。
「ゆゆさまは・・・ボクが守る!!」とか「ゆゆさまは僕の嫁!!」みたいな事を本気でいいそうな感じもあつたりもします。
さてさて・・・永琳様の場合、
なんでこんなにも長生きなのか・・・というと・・・
うーーん、そうですね・・・正直この5人の中でもその長生きのレヴェルが突出しているというか・・・
東方の世界では最古参と言われる八雲紫すらも超えてそうな印象があります。
つまり・・・永琳様は・・・既に数億年程度生きられているとも・・・言われています。
ま・・・
人類がまだ地球上に発生していない頃からの地球を存じ上げていて
「人がいなかった頃がなつかしい・・」とか「最近の若い者は・・・」みたいな事を言われていたりもします。
ではでは・・・なんで永琳様がこんなにも長生きをされているかというと、
理由は明白でして、
元々は月の世界の出身であり、永琳様の主人である「輝夜」(ま・・・多分元ネタは・・かぐや姫そのものでしょう・・・)に
乞われて「蓬莱の薬」という言わば「不老不死の薬」を作ってしまい
それを飲んでしまった罪に問われ下界に流刑処分を食らってしまった輝夜に対して大変責任を感じていて
「自分はそうした輝夜を永久に守り続けなければいけない・・」みたいな気持から
その「蓬莱の薬」を自ら飲み、自らも結果的に不老不死となり
とてつもない長生きを重ねている・・・・そんな経緯があったりもします。

こうした「不老不死」というと、過去に色々な人が漫画や小説のネタでも使用されていますし、
例えば・・・
そうですね・・・「プリキュア5」【無印版】でも、敵の親玉・ディスピアがプリキュア達が集めたピンキーとドリームコレットを
使用し、自らの願いである「不老不死」を叶えたものの
それを手に入れても尚、「自分の不安」は解消されず、
「はたして・・・永遠の若さと健康を手に入れたとしてもそれで幸せになれるのか・・」みたいな事を言っていたりもしました。
そうですね・・・
例えば・・・高橋留美子の長編漫画「人魚の森」シリーズでも、人魚の肉を食べた事で江戸時代から生き続けている男が
主人公という話でも、
永遠に生き続けることでかえって「孤独」を深めていったり
自分の願いは「普通に死ぬこと・・・」という想いを深めていったり・・みたいな描写があったりもしますけど、
そうですね・・・
人というものは「限られた寿命」があるからこそ・・・その範囲の中で自らに目標とか生きる喜びを設定する事で
「生きる価値」を見出しているのかもしれないのですけど
「永遠にその若さを保って生き続ける」という事は、そうした価値観を否定する事でもあり、
「永遠に生き続ける中で、自分は一体何をしたいのか・・」
「そこにどんな価値があるのか」
「限られた命」だからこそ美しいものがあるのではないのか・・・
永遠に生き続けることにどういう意味があるのか・・・
そういう事を色々と自問自答するうちに逆に「寂しさ」・「不安感」が増していく・・・そんな事もあったりするのではないのかな・・
とも思ったりもします。
だけど・・・永琳様の場合、そうした不安感・寂寥感は全く感じさせないお方・・・
そこには何があるのかな・・・と思うとやはり・・
「元々は自分が蓬莱の薬何て作らなければ・・・」みたいな罪悪感と
「こうなった以上、自分は未来永劫、輝夜を御守りするのが自らに課された使命」という
罪と使命感の意識なのかな・・・とも思ったりもします。
またまた・・・プリキュアネタになってしまうのですけど、
SSの敵の親玉・ゴーヤーンというのも、実は太古の昔、人が地球に生息していない頃から既に存在していて
「地球に人類が住むようになってからかつての静けさを失い、大変住みにくい世界になってしまった・・・
それならば、かつての静けさを取り戻すためにこの地球・・・いや宇宙を滅ぼす・・」みたいな物騒な事を
口にしていましたが、
こういう不老不死の力がある人は、逆に・・・
人に「寿命」がある限りどんなにその人と仲良くしたとしてもいずれその人は死んで無に帰してしまう・・・
そうした別れを何度も見てきた・・・・
そういうのは寂しい・・・・
だからそういう寂しい別れはあまり経験したくはない・・・
それゆえ自分は不老不死になったとしても逆に「孤独と不安感」を感じてしまうという事なのかもしれないですよね。
永琳様の場合、
そうした「孤独感」以前に、
そうですね・・・
いわば「共に蓬莱の薬を飲んでしまった」という「罪悪感の共有者」である「輝夜」という存在があるゆえに
そうした寂寥感・孤独というものを感じずに
生きられてきた・・というのもあるのかもしれないですね・・・

前述の五大老の中に、聖白蓮という大変生真面目な仙人様みたいな魔法使いもいるのですけど
このお方は「人も妖怪も全て同じ」みたいな考えをお持ちで
命蓮寺の住職みたいな事もやっていて、
ま・・結果としてこいしちゃんあたりもこのお寺さんの在家信者みたいな形になっています。
そうですね・・・
なんか自分の脳内妄想としては・・・・
さとり様としては・・・
なんか・・・自分の大切な妹が在家信者と言う事でなんか奪われてしまった・・・みたいな意識がもしかしたら
あるのかもしれません・・・
そこで・・・
さとり様自ら命蓮寺に乗り込み
「私のたった一人の妹を返してーーー!!」みたいな事を聖白蓮に訴え
聖白蓮からは・・・
「何を言う!! お前の妹はその自らの意志で無の境地を求めてこの寺に救済に来たのだぞ!!」と言う事で
こいし争奪戦のバトルが勃発した・・・みたいな妄想があったりもします・・・(苦笑・・)
ま・・・こういう場合の仲裁は・・・
「白黒つける程度の能力」のヤマザナドゥあたりが適任なのかもしれないけど
なんか・・・・
バランス感覚に溢れ、大人のしっとりとした情感とか「人の孤独」みたいな事を分かっている永琳様の方が
むしろ相応しいのかな・・・
みたいにも思ったりもしています・・・

あ・・・この辺りは全然永琳様には無関係な話でしたね・・・・(苦笑・・)




縺医・繧翫s讒論convert_20160105160445


最近、このブログの「東方語り」では、さとり様の事ばっかり書いてしまいましたけど
さとり様の場合・・・・
切り口は「相手の心を読み取る事」に尽きる様な気もしますし、
ほとんどの記事において、そのネタ一本だけで結構な数の記事を書いてしまいましたね・・・
まったく・・・
このブログの管理人はどんだけ・・さとり様が大好きなんでしょうか・・・(笑)

だけど・・・

永琳様の場合、その「切り口」が一つだけではないのですよね・・・
そう・・いくつもいくつも魅力的な切り口をお持ちの方ですので
とてもとても一回ぽっきりでは語りきれない・・・という感じですし、
事実・・今回一度こうやって永琳様を語らさせて頂いたのですけど、永琳様の「本質」について
まだ何も語れていない・・・(苦笑・・)
月との関連とか、輝夜との関連とか・・・
またまたもしかして・・・なにか十六夜咲夜と関連性・因縁ははたしてあるのかないのか・・・などなど・・

そうですね・・・

この辺りは、その② その③あたりで再度語っていきたいと思います。



→その②に続く・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2657-0288285b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |