FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1.高岡商業高校


  B/神聖な舞曲と世俗的な舞曲(ヒル)


  このチームは全国初出場からこの年あたりまでは比較的吹奏楽オリジナル曲、しかも少し珍しい部類の
  オリジナル曲を演奏する事が多く、
  後年の「ローマの祭り」・「ベルキス」・「展覧会の絵」などのように豪快でとにかく鳴らしまくる華麗な演奏とは
  一味もふた味も違う演奏&方向性を見せているのは大変面白いものがあります。
  そうですね・・・その中でも79年のハンソンの「コラールとアレルヤ」とか80年の「パシフィックセレブレーション組曲」は
  まさに・・・吹奏楽オリジナル作品の醍醐味を後世に残してくれた貴重な演奏だと思います。
  この年・・・1981年もヒルの「神聖なる舞曲と世俗的な舞曲」という極めて珍しいオリジナル曲を
  プログラム一番で吹いていました。
  ヒルというと・・・この自体既に「セント・アンソニー・ヴァリエーション」は既に全国大会でも演奏されていましたけど
  正直・・・「誰、それ・・??」みたいなイメージでしたし、
  (ヒルの名前が全国的にブレイクしたのは、1985年の天理高校によるセント・アンソニー・ヴァリエーションの
  あの伝説的名演が披露されて以降の話だと思います)
  この年・・・高岡商業は、ヒルの「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」という大変珍しくて今でもほとんど演奏されない
  吹奏楽オリジナル作品を自由曲に選んでの全国大会出場でしたけど
  正直・・・吹奏楽オリジナル作品や邦人作品での全国出場が少し珍しく感じられた時代にあって、
  こうしたマイナーなオリジナル曲での全国大会出場は大変立派な事だと思います。

  だけど・・・この年は運悪くプログラム一番・・・・

  ま・・確かに・・・この年の直近は、1979年の市立川口とか80年の就実のように
  プログラム1番という不利な条件を全く不利に感じさせない素晴らしい名演が重なったという事もあると思いますが、
  やはり・・・
  この年の高岡商業の演奏を聴く限りにおいては
  「やっぱり・・・ブログラム一番は大変なんだな・・・不利だな・・・」とつくづく感じてしまいます。
  やはり・・・音が普門館の会場にストレートに響いてこない印象がありますね。 
  普門館の広い空間を彷徨っている・・・みたいな印象があります。
  そして・・・更にいうと・・「音が硬い・・・・」
  同時に音が硬いせいかサウンドも表現もぎこちない感じがするのです。
  ま・・それはプログラム一番というコンディションの問題もあったと思いますし、朝一番というプレッシャーも
  あったと思います。
  だけど・・・やはりなんか音が硬質で音がストレートに伝わってこない感じは痛いほどあります。
  それと・・・自由曲も「セント・アンソニー・ヴァリエーション」と比べると・・・全然抽象的で・・・
  正直・・・あんまり面白いと思わないし、何を意図しているのかよく分からない・・
  そうですね・・なんか「曲自体」で損をしているような雰囲気すらあったのは惜しまれますし、
  これだけ実力あるチームがこうした不本意な演奏で終ってしまったのは・・・なんか勿体無いな・・と思いますし、
  同時に・・・・
  「選曲ミスだな・・・」とも思ってしまいました。
  全般的に、ティンパニのゴツゴツした叩き方が何か印象を悪くしているようにも感じられましたし、
  課題曲B「コラージュ」も和太鼓が叩き過ぎという印象もありました。

  ただ印象に残っている点は、自由曲のラストが意外な終わり方というか、
  曲が一旦盛り上がったところで静かになり、ラストはシロフォーンの弱々しいソロで終わるという
  所は、何か意表をつかれるものもあり、その点は印象に残っています。

  あれは・・・なんか全く想定外の閉じられ方で、あれは「あ・・なんかヘンだけど面白い閉じ方」と
  思ってしまいました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  さてさて・・・ここから先は、ヒルについての余談です・・・・

  
  吹奏楽コンクールにおいて、たまに
  ある団体が取り上げた以外はほとんど演奏されない埋もれた曲というのも
  結構あると思います。

  文教大学というと、現在では元東京交響楽団のクラリネット奏者の佐川先生が
  率いる全国大会の金賞常連チームです。
  そして、W・ヒルというと「セント・アンソニー・ヴァリエーション」で有名な作曲家です。
  そして・・・この両者が融合したのが、1982年の関東大会における
  文教大学の演奏なのです。

  この頃の文教大学は佐川氏がタクトを振る以前の時代ですが、
  前年度は、「セント・アンソニー・ヴァリエーション」を全国大会で初演しています。
  そして驚くべき事に、81年の関東大会では、
  小澤先生率いる神奈川大学(81年の自由曲はシュトラウスの「英雄の生涯」)を
  関東大会にて、まさかのダメ金に追いやる大金星をあげています。
  でも、この1981年の文教の演奏は音源がないので、
  セント・アンソニーは、85年の天理のような編曲なのか、原曲版なのかは
  今となっては不明です。

  その翌年に文教大学が自由曲として取り上げたのが
  同じヒルの「音響の黙示~ソノ・レベロ」という謎めいた曲なのです。

  正直、この「音響の黙示」という曲を知っている人はあまりいないと思います。
  自分自身も知っている限りでは、この曲を演奏したのは、82年の文教大学以外一つもなく
  ましてやこの曲の録音何て・・・聴いた事がありません。
  ヒルというと、どうしてもセント・アンソニーがあまりにも有名なので
  他の曲というとほとんど知られていないと思いますが、
  上記の「神聖な舞曲と世俗的な舞曲」、そして「スー族の変奏曲」以外は、私も耳にした事はありません・・・

  さて、「音響の黙示」は個人的には大好きな曲です。
  出だしの金管楽器の強烈なファンファーレも相当インパクトがありますが、
  全体を通じて、曲の内容というよりも
  音の絶対的な響き、和音の面白さを徹底的に突き詰めたのがこの曲の魅力ではないかと
  思います。
  正直、メロディーもあまりはっきりしない、無調的というか、機械的というか、
  モザイクがかかったような曲なのですが、そのドライな響きは
  結構好きです。
  そうですね・・・印象としては
  この年・・・1982年に登場した市立川口の自作自演曲/「無言の変革」~そこに人の影は無かった・・の世界に
  なんか近いような印象もあったりしますね・・・
  そして、曲のラスト近くで、何と発音しているのかよく分りませんですが、
  人のコーラスも入ります。
  英語なのか、うなっているだけなのか本当によく分りませんが、
  無機質な感じがして面白いと思います。

  この文教大学の演奏は、前にも書いたと思いますが、「トラヤ」という会社の
  カスタムテープによる音源しかないのですが、
  トラヤもとっくに倒産していますので、今この演奏を聴きたくても
  恐らく関係者以外音源は存在しないと思います・・・
  私は、幸いなことにこのトラヤのカスタムテープを持っていますので、
  この年の文教大学の演奏を聴くことができます。

  出来れば、どこかのチームがこの曲を取り上げ、
  「音響の黙示」の面白さを伝えて頂ければいいなーと思います。

  この曲は技術的には金管楽器の高音が結構大変だったと思いますね・・・
  特に出だしに・・・あんな冒頭からあんなハイテンションのファンファーレみたいな凄まじい高音が続いたら
  奏者は・・・なんか気が狂ってしまいそうですね・・・・


関連記事
スポンサーサイト



コメント

文教大学のセントアンソニー

僕持ってますよ。
昨年くらいまでネットでブレーンがワールドウインドウェブ(だったかな?)
というサイトで1970年~の全国大会の音源を販売してましたので、
買って聴きました。

原典版と天理版の中間くらいですね。
それもそのはずなんです。
天理は文教大が演奏した柳田孝義さんという人が編曲したバージョンを
更に中屋幸男さんが編曲して演奏したんだと聞いた事があります。
だから本来天理バージョンは編曲者に柳田、中屋の両名を書くべきだとその時
聞いた気がします。

演奏自体は可もなく不可もなくといった感じでしょうかね。

Re: 文教大学のセントアンソニー

ゆーすけ 様


ごぶさたしております!!

今回も色々と貴重な情報をありがとうございます。

そうなんですか・・・
1981年の文教は原典版の演奏かなと思っていたら、原典版と天理版の中間みたいな感じなのですね。
これは全く知らなかったです。
教えて頂きありがとうございます。

そうそう・・この年の大学・職場・一般の部の会場は音響的に最悪のホールの一つだと思いますので
文教の演奏の可もなく不可もないという感じは
そうした事も多少は影響があるのかもしれないですよね。

今後とも色々と教えて頂ければ幸いです!
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2656-62f29664
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |