プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


さてさて・・・お正月休みは本当にプリキュア三昧・・・というかハピネスチャージ三昧という感じでした。
先日の話でも、第一話から最終回までせーーんぶ改めて視聴したと書いたのですけど
そうですね・・・
これは一部誇張がありました・・・
というのも・・・第25話~26話のひめ-誠司の「恋話」に関しては・・・
ハピネス好きの私でも、「さすがにそれはちょっと違うんじゃないの・・」みたいな違和感&疑問は
改めて感じたものでした。
うーーん、あの二つの話は、ハピネスの話の中でも「余計な話」みたいな印象はものすごーーく今でも
ありますね・・・
正直・・・あれは・・・制作者の意図が今一つ不明です・・・
だから、この二つの回は・・・一応見てはいるけど「飛ばし飛ばし・・・」みたいな感じでしたね・・・

そうですね・・・

やっぱり、歴代プリキュアにおいて「プリキュア」と「恋愛」の相性というか両立は極めて難しいと
思います。
その意味では、初代の藤P先輩となぎさの関係性なんか、ある意味「恋に恋する乙女」的な立場としては
あれが限界・・・とすら思ってしまいます。
その意味において、プリキュアにおける「男女の描き方」で上手いな・・・理想的だな・・と感じるのは
フレッシュのラブ-大輔の「あまずっぺぇー関係」なのだと思います。
ま・・・私としては・・・
とにかく・・・
めぐみと誠司には「末永くお幸せに!!」と心の底から叫びたい気持ちですね!!



a0d0bf1a_convert_20160104200316.jpg



さてさて・・・この第16話ですけど、
プリキュア史上ある意味不滅の「名言」かウエスターの口から飛び出ています。
そう・・・
「あまずっぺぇー」という言葉なのですけど
フレッシュでは、結構この言葉はあとの回でも何度か出ているのですけど、
いずれも、「ラブと大輔」の関係・・・特に特に、喧嘩回で出てきましたね。
まったく・・・・
この二人ほど・・・もおぅーーー・・ホント、「喧嘩するほど仲がいい」という言葉がお似合いの人はいないですよね。
めぐみと誠司の場合は、
何かと暴走しがちなめぐみを優しくやさしく誠司がきちんとフォローを入れると関係性を取っている印象が大変強く、
そうですね・・・・
近所のおせっかいおばさんがあちこちでよせばいいのに近所の揉め事に首を突っこんいき、結局・・
余計に泥沼にはまり(苦笑・・)
もつれにもつれた糸を誠司がきちんとほどいてあげる・・なんかそんな光景が目に浮かびそうです・・・
ラブと大輔の場合、
要は・・・
二人とも基本パーソナリティーは「素直で気持ちの良いいい奴ら」なんですけど
こと・・・男と女の事になってしまうと、どちらも頑固で素直じゃない・・・
本当は互いに「大好き!」みたいに惹かれあっているのは明々白々なのに、素直になれなくて
ついつい・・・
「あんたなんか大っ嫌いっ!!」の世界になってしまうのは・・・
ま・・・本当に「あまずっぺー」としか言いようがないし、めぐみと誠司同様、
「末永くお幸せにね・・・」としか言いようがないです・・・(笑)
大輔の場合、その頑固さは、何となく「江戸っ子」みたいな「べらんめぇ!!」みたいな雰囲気もあったりするのですけど
大輔は実は沖縄育ちというのもなんかそのギャップが大変面白いと思います。

今回のお話も・・・

ラブと大輔の学校で「文化祭」が開催され、二人のクラスは「お化け教室」をオープンする事になり
その準備委員をおせっかい好きのラブが引き受け
ラブがやるなら・・・自分も・・・みたいなついつい「スケベ心」で大輔も委員を引き受けてしまうのですけど
「お前が引き受けたから俺も受けた・・」みたいな事を意地でも言えない大輔は・・・
例によって・・・・
「ふんっ!! こんな文化祭・・・こんなお化け屋敷・・くだらないねっ!!」とついつい・・・思ってもいない事を
口に出してしまいます。
ま・・・これって・・・前も書いたけど
好きで好きでたまらないのだけど「照れ」でそんな事を言えず、その女の子にあえて意地悪する事で
自分の本当の気持ちをごまかしてしまうアホな年頃の男の子と
全く同じですね・・・
ほーーんと、後日の野球の試合の回ではないけど
大輔ほどある意味・・・単純で分かりやすい男の子は・・・プリキュアには意外といなかったような気も・・・?



2e1b5af2_convert_20160104200728.jpg


fdf3142c_convert_20160104200615.jpg



さてさて・・・今回のそうしたあまずっぺぇー文化祭のお話でも
ウエスターは相変わらずのマヌケ幹部でした・・・(苦笑・・)
ホント、よくこの人・・・何のお咎めなしに最終決戦まで生き残る事が出来ましたよね・・・
初代【無印】あたりならば多分・・・第5話が終わった頃には「役立たず」として粛清されていたんじゃないのかな・・・
だけど、こうやって冷たいラビリンスの中にあって
こういう「愛すべきバカ」がいるというのは・・・本当にいいもんですね!!

今回のウエスターは・・・・ラブ達の会話をまたまた盗み聞きし、
「インフィニティ」とミユキさんが所属する「トリニティ」を聞き間違え、
こともあろうに・・・
大輔がポケットにしまいこんだ文化祭で使用する「びっくり箱」を
「あれが・・・インフィニティに違いない」とまたまた妙ちくりんな勘違いを起し、
そのびっくり箱を強奪するために文化祭に忍び込み、妙な事件ばかり起こすという
ある意味ドタバタ回でもありました・・・

そして・・・ウエスターはガイコツナキワメーケを召喚し、そのガイコツがラブと大輔に襲い掛かり
夜の学校内でのドタバタ劇を演じることになってしまいます。
それにしても・・・・
歴代プリキュアの中でも、こうした「ガイコツVSプリキュア」という構図は結構ありましたよね・・・・
初代もそうですし、プリキュア5GoGoの「りんちゃんVS大江戸妖怪」でもありましたし、
スイートでもありましたよね・・・・
たしかあの時は・・・バリトンさんがガイコツ役を務めていましたね・・・
そう言えば・・・
ろくろっ首も何度か出ていましたね・・・・やはりプリキュア5GoGoのりんちゃんVS大江戸妖怪でも
のぞみとくるみに襲い掛かっていましたし
SSでもなぜか・・・健太がそれに襲われていましたね・・・(笑・・)

でも・・こういう「非常事態」の時こそ「人の真価」が見えてくるものです!!

本当は・・・雷もお化けも得意ではない大輔がずーーーーっとひたすらラブを心配していましたし、
ガイコツがドアをガンガンぶっ叩いている状況でも
ラブに・・・「大丈夫か・・・」と心配する様子を見せている大輔はやっぱり立派てす!!
というか・・・・
本当にこの人・・・素直じゃないよね・・(笑)
普段からもうちっと・・ほんのちっとだけ・・・ラブに照れないで「大輔本来の思いやりと優しさ」さえ提示していれば・・・
最終決戦終了時にラブに思い切って告白しても
「しーらないっ!!」とスルリと交わされる事も無かったと思うのですけどね・・・
ま・・・
だけど・・・ああいうラブの「しーーらないっ!!」は逆にとってもよかったと思いますし
あの程度でとどめた方がいいと思います。
ハピネスの場合、そうした事が少し・・・濃厚に描きすぎたような感じもありますよね・・・


909a7e5f_convert_20160104200133.jpg


aaef1a93_convert_20160104200343.jpg



人と言うものは、極度の緊張状態から開放されると急にへなへな・・となってしまう傾向にあるらしいのですけど、
大輔もその典型例・・・
ガイコツが徘徊する恐怖の校内を脱出した事で緊張の糸が切れて、そのまんまへなへな・・という失神状態に
なってしまいます。
その際のラブの「ありがとう!!」というセリフが実に素晴らしいです!!
そしてこの時に・・・あの不滅の名言「あまずっぺぇー」がウエスターの口から生まれるのです・・・(笑)
なぜかウエスターの横にいたガイコツも「あまずっぺぇー」みたいな表情になっていましたけど・・・(苦笑・・)

その後ウエスターは大輔のポケットからそのインフィニティ・・というかびっくり箱を奪い取り
「返すぜ!」とか何とか言って
大輔は・・・吹っ飛ばされ地上に落下し始めます・・
「こりゃまずい・・」という時に例によって役に立つのは・・・シフォンの超能力でした。
ま・・こういう時って歴代プリキュアにおいては、パートナー妖精がきちんとフォローを入れたりヘルプする事が
多いけど・・・
ま・・タルトくんは・・・ああいう無芸の御方ですので・・・・(苦笑・・)



e98665f8_convert_20160104230127.jpg


こういう収拾がつかない状況の中で、やはり最後に威力を発揮するのがピーチの必殺技ですね!!

こういう時は・・・まさに「闘う女神様」とか「ピーチ兄貴!!」という言葉が大変良く似合います。

ま・・・ラブリーだったら・・・
もしも愛する男が目の前でやばい状況になっていたとしたら・・・
それこそ第4話のラブリーじゃないけど、
チョイアークの首根っこを掴みとり&チョイアークをサイアークに向けての叩き付けみたいな
ある意味信じられない「荒業」をお披露目してくれていたかもしれないですよね・・・(苦笑・・)



7486f696_convert_20160104200212.jpg



そうそう・・・この回においては、この「あまずっぺぇー」以外にもう一つ名言が生まれています。

それが・・・ベリーの「どうしてわたしだけ・・・」なのですけど、
大丈夫!!
美希たん!! 次回にちゃんとシフォンのお世話をしてシフォンの危機を救えば自然に出てきますので・・・(苦笑・・)

ま・・ベリーにしてみれば・・・

「自分は戦闘でみなの足を引っ張っている・・」とか
「自分よりも遅れてプリキュアになったパインですらアイテムが出ているのに・・・」という感じだったかも
しれないですし、
ベリーのこうした「気持ち」というものは・・・2代後輩のキュアリズムもほぼ同じ事を経験していますからね・・・

考えてみると・・・

ピンク系主人公なのに「イノセントフォーム」の取得が一番遅かったラブリーは・・・
「どうして私だけ・・・」と悩む様子は一切無し・・・!!(苦笑・・・)
ま・・こういう天真爛漫で悩み知らずのラブリーは・・・やっぱり私の「天使」ですっ!!

おいおい、今はフレッシュの感想だっちゅーに!! (苦笑・・・)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

姫プリも残り4回・・・

りえ太 様


「あまずっぺぇー」はやはり不滅の名言ですし、照れるガイコツも可愛いですよね!!

姫プリのネタバレですけど、
なんか意外な感じもありますね!!
オオトリネタは・・・なんか笑ってしまいますね・・・(笑)

姫プリも残り4回でグランドフィナーレ!!

だけど・・・

私の心は既に「キュアミラクルに移っている」なーんて言ったら
スカーレット様たちから鉄拳制裁食らいそう・・・
最後まで・・・心して見ないとダメですね!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2654-ada54059
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |