プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨年末の事ですけど、1980年の秋田南高校の「交響三章」の記事を掲載したところ、
多くの方より温かく貴重なコメントを頂けた事に改めて感謝申し上げたいと思います。
その秋田南の1980年の方の「交響三章~第三楽章」なのですけど、この演奏を改めてブレーン社から出ている
「レジェンダリーシリーズ」にて改めて聴いたのですけど
やっぱり「素晴らしい!!」としか言いようがないですね!!
演奏がまさに神がかり的な奇跡の名演としか言いようがない素晴らしい演奏なんだな・・と改めて実感した次第です。
花輪高校と同様の感想なのですが
ピアノもハーブもチェレスタも使用禁止で、演奏人数が45人という今現在に比べて10名も編成が少なく制限され、
しかも秋田南のこの当時は、
ティンパニがペダル式ではなくて手締め式とか
コントラファゴットもコントラバスクラも確か木管低音セクションに配置されていない
そんな時代でも、あそこまで「内省的に充実した演奏」があそこまで緻密に出来る事自体
まさに・・「稀有な名演」と呼んでも全然差支えがないと思います。
三善晃の「交響三章」という曲自体、大変難易度が高い曲で、プロの管弦楽団でも滅多に演奏される事は
無い曲なのですけど、
作曲者の三善晃は、あの曲について「特に意図はありません・・」みたいな事を記していたような記憶が
あるのですけど、
そうですね・・・
あの曲に関しては、自分が感じた事を言うと、三善晃が後年作曲した「夏の錯乱」という管弦楽曲に
何か通ずるようなものがありそうな感じがあったりもします。
そう・・・何かと言うと、それは「亡びに向かう美学」みたいなものです・・・・
この世のもの全ては未来永劫、「不滅・不変」というものはありえない・・・・形あるものはいつか崩壊する・・・・
そうした形あるものが「亡び=滅び」に向かっていく散り際の美学みたいなものがあるのかな・・・と
感じる事もあったりします。
秋田南の1980年の「交響三章~第三楽章」は、なんか・・・私にとってはそうした「亡びの美学」みたいな「モノの哀れ・・」
みたいな諸行無常みたいなものを何か感じさせてくれています・・・
クライマックスに向けての金管のざわめきとかラスト近くのフルートソロとか冒頭の何かの暗示みたいなものは・・
まさしく・・
あれは「亡びの美学」そのものだと思いますし、
そうした美学を吹奏楽という言わば「色々何かと制約を課された管楽器編成」だけで
あそこまで完璧に内面的に完全燃焼し尽くした演奏なんて・・そう滅諦にないとすら感じてしまいます。

ま・・あの秋田南に肉薄する演奏って・・・・
神奈川大学を別格扱いとすると、高校の部ではあんまり無いのかな・・とすら思ってしまいます。
そうですね・・・
肉薄する例で言うと、1989年の習志野と1991年の新屋高校がそうなのかな・・・とも感じます。
両校とも低音セクションの扱いとか打楽器セクション(特に後半のトムトムの扱い)はむしろ秋田南を超えているのかな・・とも
感じるのですけど
やはり・・・
全体的な音楽的感銘度という意味では、やっぱり秋田南を超えてはいないんだよな・・・とも思ったりしますね・・・

ま・・・その位、あの年の秋田南の「神がかり度」は凄まじかった・・・という事なのだと思います。

ついでですので・・・

秋田南高校の小ネタを少しばかり・・・・

ま、具体的に言うと1975年の秋田南としては2回目の全国大会の演奏なのですけど
課題曲はC/吹奏楽のための練習曲
自由曲はチャイコフスキーの交響曲第5番終楽章という
意味では絶対にどのチームも選曲しない自由曲を演奏しています。
この演奏、結果的に「銅賞」という事になっているのですけど、
そうですね・・・
個人的にはこの「銅賞」は全然納得いかないですね!!
課題曲は、まさに・・正攻法の演奏で実にスタンダードな名演を聴かせてくれ
自由曲も・・・
翌年の「ペトルーシュカ」を彷彿させるような屈折した明るさ+生きる生命感+躍動感に満ち溢れていると
思います。
特に・・・コーダ以降はいかにも・・「大団円」に相応しい終わらせ方だと思いますし、
聴いていて・・・本当に「生きるチカラ・生きる歓び」に溢れていると感じます。
聴いていて・・・「よーーし、今は大変だけどもう少し頑張ってみよう!!」みたいな「勇気」みたいなものも貰えるような
感じすらあります。
ま、この年・・・1975年は19チーム中、10団体が銅賞という1976年に匹敵する激辛審査だったのですけど
それにしても・・・
「いくらなんでもこの演奏が銅賞はないでしょ・・」と文句を言ってやりたい気分はいまた゜にありますね。

もっとも・・・・ま・・確かに編曲の上で
例えば、コーダの部分に原曲には存在しない「小太鼓」を終始ロールとして入れたり
原曲には配置されていない大太鼓・シンバルを結構派手に鳴らしたりとか
色々やらかしてはくれているのですけど、
それはそれで面白いアレンジ&解釈という事に留めておきたいと思います・・・・

1975年の秋田南のチャイコフスキーを語っている人ってあんまり聞いた事がなかったもので、
ついつい・・・
またまた余計な感想記事を書いてしまいました・・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

打楽器編曲

コンクールの記事を拝見しながら音源を聞きなおしてると、気づかなかった点も発見できて楽しいですね

秋田南のチャイコフスキーの銅賞は酷ですね
個人的には前年のシェエラザードよりは好きですね(フルートソロは天野氏らしいですが本当なんでしょうか?)
しかし高橋氏の時代の演奏だと曲のせいもあると思いますが地味な部類に入るかもしれませんね
この年に全国大会に出場した横手ですが後藤洋氏もメンバーとして舞台に立ってたんでしょうかね?

さて話は変わりますが
私は打楽器を担当してますが有名クラシック作曲家の曲って打楽器がティンパニしかなかったりするんですよね

私も所属している団で有名クラシック作品を3曲演奏することになった時に、指定にない小太鼓・大太鼓・シンバルを加え演奏して経験があります
これをやらないと練習に行って何もせずに帰るという状況に陥るのでしかたなく編曲しました。(演奏後のアンケートに打楽器に対しての批判もありました)
個人的に半年近く練習するコンクールでは打楽器の扱い方は指導者には悩みの種だと思いますね。

とっても興味深いご指摘だと思います。

こーち 様


私も初出場で銀賞の「シェエラザート」第二楽章よりは
75年のチャイコの方が大好きです。
秋田南は、昔、ショスタコの5番を終楽章ではなくて第一楽章で東北大会に臨んだことがありますけど
その時のアレンジャーが誰なのかも興味がありますね・・・

そうそう・・

ベルリオーズ前後の管弦楽曲・交響曲ですと、打楽器はティンパニのみしか使用しない事例が多いですので
吹奏楽用にアレンジする際
「打楽器セクションを練習中にヒマ死にさせる訳にもいかないし、演奏効果は確かにあるし・・」という事で
原曲のスコアには無い、小太鼓・大太鼓・グロッケン等を登場させる事も多々ありますけど
確かにご指摘の通り、賛否両論はありそうですね。
これは私の感じ方かもしれないのですけど、
例えば・・・
ドヴォルザークならば、
豊島十中の交響曲第9番「新世界から」でいうと、シロフォン・シンバル・太太鼓などを入れてきましたけど
正直・・・違和感を感じます。
だけど・・
石田中・阪急などの交響曲第8番を聴くと
確かに原曲には入っていないシンバル・大太鼓・小太鼓が大変曲に合っているような感じもあり
私はあの演奏結構大好きです。
逆にあの曲を生の管弦楽団の演奏を聴いても
「あれれ・・なんでシンバルや大太鼓を入れないのかな・・??」とすら感じてしまうほどでした・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2650-27ffdc69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |