プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「フレッシュプリキュア」の東京MXでの再放送の感想が・・・・溜まりに溜まっていますので
こちらの方も・・・
ボチボチと書いていこうかな・・・と思っています。

だけどね・・・この第14話ですけど
ラブ達はアカルンが存在しているのは間違いないのだから「四人目のプリキュアは近くにいるはず・・・」
という仮説の下、四人目のプリキュアを生み出すアカルンの行方を追っている・・
そしてラビリンスたちも・・・・
「もしかして4人目がいるのではないのか・・」というウエスターのポンコツ諜報情報を元に
4人目を早いうちにその芽を叩き潰そうとしてるのですけど
そうですね・・・・
なーんか「4人目の正体」が分かりきっている今現在の視点で眺めてしまうと・・・
とてつもない「茶番」を全員で演じているようにも見えますよね。
だけど・・・・
フレッシュをリアルタイム当時で見ていた頃は、
ま、確かにSSの満と薫という前例はいたのですけど、
「まさか・・・・あの冷たいイースがプリキュアになるなんて・・・・」というのは、本当に当時マジで想定外でした・・・・
だって・・・・リアルタイムで見ていた当時は・・・
誰がどう見たって、「4人目はミユキさんで間違いなし、初の女子高生プリキュア、けってーーい!!」というのが
まさに自然な流れだったようにも思えます。
だって・・・・
当時・・・
「間もなく4人目のプリキュア登場」というカットがよーーく番組最後にエンドコールされていたのですけど
その後ろ姿は誰がどうみたってミユキさん以外ありえなかったですからね・・・
事実・・・・
フレッシュ第23話のあまりの神回、ラブVSイースの最後の戦いが終わった際、
私の中では・・・
まさか・・・イースがプリキュアになるなんて・・・というのは全くの想定外でした・・・
だから当時、イースがキュアパッションとして覚醒した時は、まさに・・・・「青天の霹靂」以外の何者でも
無かったです!!
ま・・・だからこそ・・・・これから2年後のスイートの際は・・・・
さすがに・・・同じ手は食わなかったですね!!
ま・・・「二匹目のドジョウはさすがにいなかった・・・」という感じでした・・・・
というか・・・・
スイートの場合・・・・
第一話を見た時に、直感で「あ・・・このセイレーンという女の子・・・絶対にいずれプリキュアになるっ!!」と
確信したら、本当に後にキュアビートになってしまいました・・・(笑)
ま・・・それが最期まで予断を許さなかったのがドキドキ・・・・
私の中では・・・・レジーナがプリキュアになる可能性とアン王女がプリキュアになる可能性はどちらも50対50・・・・
さてさてどっちだ・・・・と思っていたら
正解は・・・まさかの・・・「どっちでもなーーい!!」という感じでした・・・(苦笑・・)



あほ



それにしても・・・・

ウエスターは例の「髪回」以降は・・・・本当に思いっきり弾けてしまいましたね・・・(苦笑・・)
本当にこの人の「マヌケ幹部」ぶりは最高です!!
多分ですけど、歴代プリキュアにおける歴代敵幹部でこの人のマヌケぶりを超える敵幹部は
もう登場してこないと思います。
否!! ウエスターを超越するマヌケ幹部は出てこないで欲しいな・・・・と毎回毎回新しいプリキュアが始まる度に
思うのですけど・・・
ま・・・その心配は杞憂のようですね・・・・
だって・・・ウエスターのあの「愛されるバカ」っぷりは・・・間違いなくプリキュアの中ではもう・・・「不世出」みたいな感じは
ありますし、
ああいうウエスターの
「とんでもないマヌケ幹部なんだけど誰からも愛されるマヌケ幹部」というのは、
多分・・・・プリキュアが続く限りはウエスター以外ありえそうもないな・・・と思っています。

本当に私・・・ウエスターは大好きでした!!

この第14話においても、
「プリキュア達を普段から探っていればなにか有益な情報が得られるのではないのか・・」という所までは
良かったのですけど
その諜報活動が・・・・あまりにもみえみえ・・・(苦笑・・)
草木に化けたり、アルトサックス奏者・ちらし配り・主婦・そしてはたまた銅像・・・・・と
一体この人は、ホーーンと、何をやっているのでしょうかね・・・・(苦笑・・)
あれこそまさに・・・「アホの七変化炸裂!!」という感じでしたね・・・・(苦笑・・)
んでもってそれがぜーーーんぶカオルちゃんにバレバレというのが、ホーントいかにもウエスターらしい話ですよね!!

いやーーーもーーー、やっぱりウエスター最高!!

あなたこそ!! 「マヌケ幹部の鑑」ですっ!!



de2a5298_convert_20160103163649.jpg



一方・・・・今回のタルトも・・・ウエスターと大して変わりがない「役立たず」ぶりを遺憾なく発揮・・・

前回、ブッキーにキルンが出現し、そのおかけでシフォンも多少は喋れるようになったのですけど、
ラブ・祈里・美希とプリキュア達の名前は喋れても
なんと・・・
タルトの名前は・・・
キョトン・・として出てこない・・・
そしてタルトはむくれてしまい、そう言えば・・・この回はずーーーっと押し入れの中でむくれていましたね・・・・(苦笑・・)

まったく・・・なんちゅー役立たず妖精・・・

こういうなーんの特殊能力も持たないしプリキュア達の変身アイテムにもなーんの寄与もしない
無芸の妖精は・・・極めて珍しいというか・・・
何の特殊能力も無いというのは多分・・・歴代プリキュアではこのタルトだけなのかも・・・・
だって・・・・ココ・ナッツ・ハミィ・キャンディですら・・・
一応・・・プリキュア達に「何か」はアイテムとして寄与していましたからね・・・・
うーーむ、フレッシュは・・・ウエスターと言いタルトくんと言い
なんちゅー「役立たず」系が多いのでしょうか・・・・(苦笑・・)
ま・・タルトもウエスターもそこがいい所であり、こんなにも愛されている理由なのかもしれないですよね・・・・


a640119c_convert_20160103163609.jpg


さてさて・・・そんなウエスターのポンコツバレバレ諜報活動でしたけど、
ま・・・結果として・・・ラブ達の会話を盗み聞きしたおかけで
「もしかして4人目のプリキュアがいるかもしれない・・・」という情報だけは・・・一応ゲットしています。
おいおい、そんな大事な情報は・・・仲間だけで共有するよりもメビウス様にご報告した方がいいんしじゃないの・・・
みたいなツッコミはひとまず置いておいて、
この際のウエスターの人形を使っての説明が、
なんか・・・「後日の話」を示唆するみたいで、今の観点で見てみるととっても興味深いものがあります。

ウエスターは
「今はプリキュア対ラビリンスは3対3だが、4人目のプリキュアが出現すると4対3になってしまう」と
行った所で
4人目の人形を叩きつけるのですけど
この瞬間に・・・
実は・・・ラブリンス側のイースの人形がコロコロっと・・・どこかに落ちて消滅し
結果的に・・・4対2となっています。

うーーむ、これは・・・制作者サイドも無論この時点では既に話は出来ていたと思いますけど
イタズラ的に・・・「何か近未来を示唆する形」みたいに何かを意図したのかも・・・・??

ま・・・今現在の視点で眺めると、こういう見方も出来たりするから、その辺りは再放送の楽しみ方の一つなのかも
しれないですよね。




f8751135_convert_20160103163734.jpg



動物たちと会話をする事でアカルンの行方を掴もうとするブッキーはやっぱり天使ですね!!

本当にこの子は・・優しいですよね!!

だけど・・・ま・・・それが「現実」という事になってしまうのですけど
一見「可愛い・・」と思える動物たちも意外と・・・・何考えているのかよーわからん・・!!みたいな事を示唆する結果にも
なってしまって、
ま・・・この辺りは・・・
「獣医への道は大変・・」という事をブッキーに示唆していたのかもしれないですよね・・・
それにしても・・・
子ツバメたちの美希たんを見て思う事は・・・
ま・・・男もツバメたちも・・・ま・・・オスというものは・・・考えている事は皆同じ・・・男は皆ドスケベ野郎ばかり・・・
という事なのかな・・・(苦笑・・)




8761653b_convert_20160103163525.jpg


2f81a916_convert_20160103163244.jpg



そして・・・・この回の最大の見どころは、何と言ってもプリキュアVSラビリンス3幹部のガチバトルの実現でしたね!!

いやーーー、やっぱりなんだかんだ言ってラビリンスは強い!!という感じでしたね!!
ウエスターもアホなんだけどねやっぱり腕っぷしだけは相当強いという感じでしたし、
ウエスターに片手一本でやられて吹っ飛ばされるパインは・・・やっぱり・・・フレッシュの「やられ要員」でしたね・・

それにしても・・イースもかなり強い!!

あのピーチを二度に渡って叩きのめす感じはまさに「手ごわい!!」そのものでした!!

だけど・・・

イースのパンチをまるで太極拳みたいによけるピーチもやっぱり強い!!という印象でしたし、
最後のピーチ達の機転は・・・・
一か所にイース達を誘い込み、必殺技の発動と言う流れは中々お見事でした!!

ま・・・この激戦もいいけど、後に・・・第23話のピーチの泣きながらのイーストの「最後の死闘」は・・・
まさに・・・
長いプリキュアの歴史の中でもまさに屈指の名戦闘シーンでした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2646-21cb5872
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |