プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


新年初めて聴いたクラシック音楽は、意外にも・・・ショパン/ピアノ協奏曲第1番でした。

このブログを以前からご覧になっている方からすると

「えーーーもいつも聴いているのはプリキュアのサントラ盤とソング集じゃないの・・・?」

「ダンスフォラトゥーラといった吹奏楽の爆音系とかマーラーとかショスタコみたいな少しひねくれた曲ばっかり
聴いているんじゃないの・・・?」

「ショパンなんて・・・・全然相応しくないし似合わない・・・」

みたいな感想をお持ちになる方もいるのではないのかな・・・と思ったりもしますけど
ま・・・こういうポンコツ管理人でも
ショパン/ピアノ協奏曲第1番みたいな清純で瑞々しい音楽を聴きたくなる事もありますので・・・(笑・・)
そう言えば・・・・
昨年は新年初めて聴いたクラシック音楽は、ショスタコーヴイッチ/交響曲第7番「レニングラード」
一昨年はプロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番という
音量バリバリの壮大な音楽という感じのものでしたけど
ショパンみたいにとっても可憐で恥ずかしがり屋さんみたいな曲を新年早々聴くなんて・・・
これはいよいよ「退行現象」ということで、いよいよ・・・・前期高齢者に向けての第一歩の始まり・・・という
感じなのかな・・・・(苦笑・・)
だけどこういう瑞々しい甘くてせつない曲を聴くのもたまにはいいものですね・・・・

でもショパンのピアノ協奏曲第一番って、ホント「青春の甘酸っぱい」感じ満載の曲ですね。
異常にながいオーケストラの序奏部分
第二・第三楽章に比べて明らかに長すぎるようにも感じられる第一楽章
(同じ事は、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番にも言えるのですけど・・)
「ロマンス」というタイトルにぴったりとしか言いようがない第二楽章のせつなさ・・
「優しい決別」・「優しさと甘美さのかたまり」みたいな第三楽章・・・・
いずれの楽章も心に優しく響く音楽で、自分としては、この曲を聴く度に何か「優しい」気持ちに
なれそうな気がします。
私としては、第二楽章の後半のピアノソロ部分とそれを支える管弦楽の伴奏部分の
優しい対話に何か毎回聴く度に「じーん」とします。
普段、吹奏楽とかプロコフィエフとかショスタコーヴィッチとかストラヴィンスキーばかり聴いていると、
たまにこういう単純で優しい甘い
音楽に触れると、何か「はっ・・・・」とするものはありますね。

この協奏曲ですけど、若かりしショパンがヨーロッパに演奏旅行に赴く前に、ワルシャワで開催された
告別演奏会で初演されています。
一説には・・・・片思い中だった女の子もこの演奏会に出演していたみたいですね・・・
だけど・・・
元々内気で恥ずかしがり屋な上に、十分な音量を持てないショパンはやがて、コンサートホールでの
管弦楽団との「協奏」みたいな事はあんまりしなくなり
もっぱら、サロンみたいな少ない人数での聴衆だけを対象にしたピアノ一台だけの独奏会みたいな形でしか
人前で演奏しないようになってしまいます。
だけど・・・
たまーーにですけど、弟子たちの前でこのピアノ協奏曲第1番を弾き語って、
「私は・・・この曲が大好きでした・・昔は・・・こんな曲を人前で演奏した事もあるのです・・・」と
しんみりとした口調で語っていた事もあるそうです。

この協奏曲は・・・前述の通り、本当に終始一貫して甘酸っぱい音楽が展開されています。

そうですね・・・・この音楽は・・・・まさに・・・
「恋に恋する純粋な乙女のための音楽」みたいな香りが漂います。
そう・・・
「夢見る少女のための音楽」と言っても過言ではない感じがあります。
実際・・・これは聞いた話なんですけど、
10代~20代前半のピアニストを目指している音大生とか音大生の卵たちが
「オーケストラと協奏してみたい曲」としては断トツの一位というか、相当の人気協奏曲のようですね。
でもなんかそれは本当によく分かる気がします。
そうですね・・・・
正直に私の「本音」を書いてしまうと、
この協奏曲だけは、男に弾いて欲しくない・・・・
おばさんピアニストにもあんまり弾いて欲しくない・・・・
せいぜい・・・・30代前半までの女性限定で弾いて欲しいな・・・みたいな気持があったりもします。

個人的には、若い頃のアルゲリッチがソロを担当した演奏にすごく魅かれるものがあります。
他のピアニストにはない、独特のタッチが随所にあり、
この曲に対する造詣の深さを感じさせてくれます。
日本人の演奏では、仲道育代さんのビクター盤が好きです。
この曲の生の演奏は、それこそ腐るほど聴いていますが、
正直あまり「これぞ!!」と絶対的にお勧めの演奏はありません。
強いて言うと、1996年9月の読売との共演の小山実稚恵さんが一番よかったかな・・・

だけど、生の演奏で最も印象に残ったのは、
1996年のデュトワ指揮/NHK交響楽団 ピアノ/アルゲリッチの奇跡的な顔合わせの演奏だと思います。
ご存知の人も多いと思いますが、デュトワとアルゲリッチは元夫婦で、
1970年代に二人がN響との共演で来日した際、成田空港で壮絶な夫婦喧嘩の末破局したとの
事ですが、それを考えると・・・まさにこの1996年の演奏は・・・
ドタキャン公演以来の「幻の演奏会の再現」と
クラシック好きな人の間では、結構話題になったものです。
確かこの時のN響の演奏会は、「リスナーが選ぶベスト曲目投票」で選出された曲目で、

〇道化師の朝の歌

〇ショパン/ピアノ協奏曲第1番

〇幻想交響曲

で構成され、アルゲリッチは、ショパンのソリストとして出演していました。

演奏は本当に素晴らしかったです!!

若い頃のタッチとほとんど変わらず、外見は魔女みたいに老けていても(苦笑・・・失礼ですよね・・・)
感性はあまり変わっていないかのような演奏で、私は結構エキサイトしていました・・・
演奏終了後、意外と深々とペコペコ頭を下げているアルゲリッチの姿に何か多少の意外感は
ありましたけどね・・・
ま・・・逆に言うと・・・アルゲリッチも随分と丸くなったものだ・・・と妙に感心したものです・・・

ショパンのピアノ協奏曲第1番は、第1番という表記がされていますが、
実際は第2番の方が先に作曲されています。
第2番は、第1番と大体似たような構成・感じなのですが、1番のメロディーの豊かさには
足元にも及ばないと思います。
ただ、第三楽章後半でホルンのファンファーレみたいなものも出てきて、
オーケストレーションが下手で有名なショパンにしては、幾分凝った感じにもなっています。

よく第1番は、オーケストレーションが貧弱とかオケとの掛け合いの魅力が皆無とか
伴奏付きピアノ曲の領域とか悪口を書かれることも多いこの曲ですが、
ショパンらしい線の細さや優しさを出すには、この位のバックでないとその「瑞々しさ」を醸し出すのは
難しいと思うので、自分としては、特にこのオーケストレーションで十分だと思います。
ただ、第1番は基本的に二管編成なのですが、ホルンが4に対して、トロンボーンが1という
やや変則的な編成を取っているのがなんか面白い感じはあります。

ま・・・たまーーにはこういうショパンの瑞々しい音楽でも聴いて・・・
そうですね・・・
気持ちだけでも「瑞々しい感性」は忘れずにいたいものですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2645-b64af4ce
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |