FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


姫プリもいよいよ残すところあと一か月! グランドフィナーレが近づこうとしています。
最近のプリキュアは、
12月の最後の放映時の段階で既に事実上の「最終決戦」に入っている事が多く
フレッシュもスイートも12月後半から、前作のハピネスに至っては11月後半から事実上の最終決戦状態に突入していましたし
ハピネスの年内最後の放映は(予想通りとはいえ)「誠司の闇堕ち」というかなり緊迫感の強い状態で
「はい、新年度に持ち越し~!」といういい所で終っていましたよね。
そう言えば・・・「ドキドキ」も
「えーーー、なんでこんないい所で意味ありげに終わってしまうんだぁ――!」みたいな年内最後の放映でしたね・・
みゆきの「不思議ちゃん」ぶりがクローズアップされたスマイルは、逆に言うと
いかにも平和で牧歌的なスマイルらしい年内の閉じ方でした・・・
今作の姫プリの最後は・・・
はるかがゆいちゃん宛に年賀状を書いている所で締めくくられ、
他のメンバーもそれぞれの家庭でそれぞれが楽しんでいるという感じで終っていたのも
「こういう普通の日常風景を守るのがプリキュアの使命」みたいなものが示唆されているようにも感じられて
とっても素敵な年内のフィナーレだったようにも感じられ好感が持てます。

ま・・・多分ですけど・・・年明け早々に「最終決戦」に突入するのでしようね・・・・
考えてみると、歴代プリキュアにおいて
新年最初の放送で平和に始まったシリーズってあんまり無かったような気も・・・・?
その点・・・姫プリは、何となくですけど「はるかがついに・・・グランプリンセス・・?」みたいな感じで
幕を開けるのかな・・・?
あ、そうそう・・・プリキュア5【無印】の新年最初の放送は、メンバー全員による「初詣」から開始されていましたけど
ああいういかにもお正月らしい幕開けは
歴代プリキュアにおいては意外と少なかったかもしれないですよね。
そうですね・・・・
毎年そうなんですけど、1月は、プリキュア達にとっては正真正銘、まさに最後を飾る「最終決戦」という印象が大変強く
とてもとても・・・日常パートは描いているヒマはないものですし、
そうですね・・・1月はほとんどが「戦闘」シーンばかりですので
そういう意味では、確かに戦闘は見応えはあるのですけど
平常パートの「平穏な日常シーン」かなーんか懐かしく感じてしまい、
ついつい・・・またまたスケベ心が出てしまい
「あーあ、早く次の新しいプリキュア始まらないかな・・・」とたまーーに思ったりもするのですけど
ま・・・それじゃいけませんね・・・・(苦笑・・)
「プリキュア愛」を日頃から口にして者としては・・・・最後の最後までプリキュア達の「戦い」をきちんと
見届けてあげましょう!!
それと・・・
あくまで個人的な感想なのですけど、歴代プリキュアにおいて、最終決戦前で一番ある意味恐ろしいほどの「悲壮感」が
漂っていたのは・・・・
初代【無印】だと思います。
あれはいかにも・・・「風雲急を告げる・・・」みたいな劇的な緊張感に漲っていたと思います。
ま・・・・初代の場合、アイテムは何も無く、せいぜいボルンがなぎさとほのかに力を与える程度だけでしたし、
基本的に必殺技は「マーブルスクリュー」のみ・・・・
今現在のプリキュア達の目覚ましいアイテム&必殺技のオンパレード(ま・・・バンダイ様は、ウハウハでしょうけど・・・??)
に比べると、
たった一つの必殺技とパンチ&キックだけで2年間の戦いを乗り越えてきた初代の存在感は・・・
やっぱりあれはある意味「伝説」と言えるのかもしれないですよね。
ホント・・・初代のなぎさとほのかって・・やっぱり・・・とてつもなく偉大ですよねっ!!
そして・・・初代の場合、「すごいな・・」と思ってしまう点は、プリキュアサイドの親玉でもある「クイーン」が自ら
戦っているその姿勢ですよね!!
初代【無印】の場合、結果論から言うと、なんと・・・一年を通して2回も最終決戦を演じたみたいな形になっているのですけど、
2回ともクイーンが自らプリキュア達と共に戦っているのは・・・
ある意味・・・「尊い!!」なーんて感じてしまいますね。

あ・・・今は姫プリの話でしたね・・・なんでこんな所で初代の事を熱く語っているのでしょうか・・・・(苦笑・・)

そうですね・・・・
今作の姫プリは・・・珍しく自分としては今一つ「はまりきらない歯がゆい感じ」がありました。
その要因は・・・
うーーん、言葉にするのが難しいのだけど、
登場キャラが・・・特にピンク系主人公において、優秀すぎた・・・
否! 「自立」度が強すぎた・・・みたいな印象が大変強く、
あのくらい優秀さ+自立度合いが高ければ、別に彼女たちが「プリキュア」にならなくてもいいじゃん・・・みたいな
感じが自分の中では・・・
今でも色濃くあります。
自分の過去の過ち・自分に足りない所・自分の弱さや醜さ・・・そういったものを逃げないで真正面から受け止めて
それをしっかりと活かしている。
そして・・・
自立した人同士の対等な目線での共存共栄がしっかりと図られている・・・・
それが姫プリの一年間だったのではないのかな・・・と思っています。
従来までのプリキュア、特に前作のハピネスがそうだったのですけど、
人間って・・・特にプリキュア達みたいな中学生くらいの年頃って、
果たしてそんなに人間として「強い人」ってどうなのかな・・・?
弱さとか人としての未成熟というものは当然あって然るべきものだと思いますし、そうした「人としての弱さ」を
「プリキュア」という一年間の任務の過程の中で、色々とそうした弱さを克服していき
自分を見つめ直していき、更には・・・「自分の夢」を見つけていき、羽ばたいていく・・・
その過程の中には・・・色々と「醜い事」とか「決して綺麗ごとでは片づけられない俗っぽい事」があると思いますし、
そうした「醜い事」にも悩みながらも対応していく・・・・
それが「プリキュア」ではないのかな・・・・と感じることが多い自分にとっては、
姫プリは・・・
少し理想的過ぎる・・・綺麗すぎる・・・みたいな印象が拭えないのですよね・・・
ま・・勿論、途中の過程において、はるかがカナタから「プリンセスになんてなるなー」とか色々ありましたけど
その解決が・・・
少し美しすぎた・・・みたいな感じがあったりもしました。
姫プリの中で、私が一番はまった&共感度が一番高いのは・・・そう・・言うまでも無くトワ=スカーレットなのですけど、
やはり・・・トワイライト時代の「影」を最終決戦辺りまで引きずっているとか
トワイライト時代の今現在のギャップにおいて悩むとか
元々のお嬢様育ちゆえの「世間知らず」状態からの研鑽とか
4人の中では一番「成長」という伸びしろがあったからこそ、ここまで「共感」出来たのかな・・・と思っています。
ま・・・あくまで個人的な印象なのですけど
歴代プリキュアの中では、女性敵幹部の中では、後にプリキュアになった人を含めても
私は・・
とにかく・・・
トワイライト様が一番大好きでした!!

それと・・・ま・・これは個人の「好み」というのが相当大きいと思うのですけど、
はるかは歴代プリキュアの中でも屈指の「甘えん坊キャラ」だと思いますが、それゆえのあの甘ったれた甘え上手の
あの声が・・・・
なんか最後までなじめなかった・・・というのが一番大きいのかな・・・と感じています。
ま・・それはあくまで好みの問題なのは百も承知していますけどね・・・

だけど・・・!!

とにかく姫プリも残り一か月!!

果たして今作はどんな最終決戦を見せてくれて、最終的に今作のプリキュアは私達にどういうメッセージを
残してくれるのか
全く想像は出来ないのですけど、
この残り5回を精一杯楽しみたいと思います。
そして・・・
もう一か月後には・・・はるか達の後輩が登場してきますからね!!

11~12月の流れの中では、はるか・みなみ・きらら・トワにそれぞれ「個人回」が与えられ
各人の「夢」が再確認された結果になりましたけど
(なんで・・トワ様だけ一回だけなんじゃーーーー!! とツッコみたいですっ!!)
12月最後の回はどうなるのかな・・と思っていたら・・・・
そこには・・
思わぬ「伏兵」が待ち受けていました・・・そんな感じの第46話だったと思います。







なんか・・・はるかって「割烹着」がほーーんとよく似合いますよね・・・(笑)
そう言えば・・・映画の中でも、他の三人がモデル・バレエ・楽器演奏をそれぞれに相応しい衣装で演じているのに
はるか一人だけ割烹着を着てプリンを作っていましたよね。
はるかの「そうなの!この時季、お店が忙しくって・・・」なーんて言うセリフは・・・・
まさに・・・大阪のオカンというか、
その辺のおばちゃんみたいですね・・・(笑)


4f9a5037_convert_20160102201841.jpg

59e66dbd-s_convert_20160102201951.jpg


1951114a-s_convert_20160102202210.jpg


雪を見てウキウキとするトワがとっても可愛い!!

そして・・・雪で故郷・・・「ホープキングダム城」を作ろうとするトワも本当に微笑ましい・・・・

ま・・最初はほんの遊び心だったのが・・・・パフたちが入れる程度のかまくら程度でいいや・・というのが
いつの間にか・・・
なんか「札幌雪祭り」みたいなとてつもないスケールの大きさになっていましたね・・・
というか・・・・
あれ・・・いくらなんでも重機がないと作れないでしょ・・・(苦笑・・)
あ・・・・!!
そういえば・・・!!
どっかの黄色いお方はプリキュアとして覚醒される以前は・・・(無免許で・・・)クレーン車を操縦されていた回も
確かあったような・・・・??
でもこの一連の作業は・・・
もーー、陸上自衛隊レヴェルのお仕事をとっくに超越しているレヴェルじゃないのかと・・・(苦笑・・)
そうですね・・・今年の札幌雪祭りは・・・是非是非ノーブル学園の皆様にも一つぐらい雪像を作って頂きたい
ものですね・・・(笑)

こうやって決して誰かから頼まれたとかそういうのではなくて、生徒が自主的に
何かをやりとげましょうというのが
ノーブル学園のいい所ですよね。

出来上がったお城を感慨深く見ているトワの笑顔が殺人的に可愛いです!!

そして・・・トワの・・・
「私1人では、こうはいきませんでしたわ… 沢山のお友達のおかげです・・・」というセリフが大変
尊いものに感じられます。
ま、このセリフは・・・後に自らのトワイライト時代の反省のお言葉の対照としても実に鮮やかな言葉だと思います。
そして・・・
手袋を忘れてしまった事に気が付いて
自ら取りに行ってくるというトワ様は・・・
もう・・・「メイドは3人まで!!」と言っていた頃のトワではないですね・・・
もーーー、トワ様の「成長」には、こちらも・・・なんか胸が熱くなったりもします。
(全く・・・一体どんだけトワ様贔屓・・・どんたけトワ様好きな管理人なんでしょうか・・・)




82a1dd7d-s_convert_20160102202020.jpg



b73a1891_convert_20160102202417.jpg



7bc1928b-s_convert_20160102201908.jpg



と・・・・ここで乱入してきたのは・・・
前回「ここで失敗したら・・・」とクビ宣告を通告され、既に帰る場所もプライドも何もかも失ったシャット・・・・
一人孤独にフラフラと街を彷徨うシャットは・・・・
そうですね・・・トワたちが「リア充」とすると、
シャットは・・・・暮れの時期に会社からリストラを食らい、ハローワーク通いをしている中年オヤジ・・みたいな
なんか「悲哀」が漂っていますね・・・
というか・・・あの街中を彷徨っていたシャットは・・・「死相」すら出ていたような気も・・
なんかあれは「可哀想」のレヴェルをとっくの昔に通り越して「魂の孤独」みたいなものを感じずには
いられなかったですね・・・
なんかあれは・・・ずぶ濡れ状態で「帰る場所が無い・・」と言っていたウルフルンを彷彿とさせるものがありました・・

そして・・・半分既に自暴自棄のシャットは・・・せっかくトワ達が作った雪のお城を破壊・・・・

あ・・・・そりゃまずいよ・・・あれを壊してしまったら・・・
トワ様の怒りを買うよ・・と思っていたら、まさにその通りの展開・・・・
だけど・・・
トワ様は・・・炎のプリキュアなんだから、さすがに雪と炎の相性はまずいでしょ・・という事で
フローラ達も参戦・・・
そして追い詰められたシャットは、ここでまさかの凶暴化け猫化!!
この時・・・シャットは「自らの絶望」によりゼツボーグ化したのですけど
なんかあれって・・・・
「自分の不幸」で不幸のゲージに協力の一滴を落としたウエスターに通ずるものがあるのかも・・・??
その際、マーメイドとトゥインクルから
「あんたのやっている事は八つ当たり」と指摘されていましたけど、
「まさにその通り!!」という感じでしたね!!
シャツトは・・・
「トワイライト…思えばきさまとの出会いが私の運命を狂わせた!」とか
「貴様さえいなければ私は!!」というのは・・・
まさに・・・ストーカーの理論・・・
シャットの悲劇は・・・「惚れた女がプリキュアになってしまった・・」という事にあるのかな・・・??

だけど、この時のフローラの言葉がとても素晴らしかったです!!

「助けよう・・・・」

ここにきて「倒そう!」ではなくて「助けよう!」というのが
ここ近年の敵幹部の救済にも光を当てているプリキュアらしい所ですよね・・・



a04f0029-s_convert_20160102202314.jpg


650e4372-s_convert_20160102202123.jpg


d9938c7a-s_convert_20160102202510.jpg



そして・・・戦いの末・・・シャットは・・浄化され元の姿に戻ります・・・・

あれれ・・・シャットって・・・帽子を取ると・・・髪がストレートになると・・・・
意外と言うか・・・・
かなりのイケメンさんになるのですね!!
あのイケメン振りは・・・
ムカーディア・サウラー・バリトンさんと言った歴代イケメン的幹部に勝るとも劣らないものがありますね!!

そして・・・・浄化されたシャットは、トワ様=スカーレット様に優しく諭されます・・・

 「トワイライトも孤独で人のことなど考えない人間でしたわ」
 「気高く、尊く、麗しく、ただそれだけでよいと。でも…今のわたくしは違います」
 「温かくて大切なものをたくさん頂きましたから」
 「それを守るために強く優しくある姿、それが美しさだと今はそう思っています」
 「変わりましょう、シャット。わたくしと一緒に」

うーーーん、この辺りの会話は痺れましたね!!
というか・・・こういうセリフはフローラ・マーメイドたちが言ってもあんまり説得力が無い・・・
トワイライトという「過去の暗い遺産」を背負っているスカーレットだからこそ言えるセリフなのだと思います。
そうですね・・・
まさしく・・・
後期EDのスカーレット編ではないけど
「どの過去も生きるチカラに」なのだと思います。

この流れからすると・・・・シャットも・・・もしかして・・・最終決戦前にプリキュア達に合流するのかな・・・と
思っていたら・・・・
違っていました・・・・
そうですね・・・
シャットにも「プライド」というものは・・・残っていたのですね!!

スカーレットが優しく差伸べた手を振り払うのが極めて印象的でした・・・・

果たして・・・・

シャツトは・・・最終決戦にどんな役割が与えられるのか・・・・

それも最終決戦時の一つの楽しみ方になりそうですね・・・

だけど・・・・

必ずシャットにも「救い」があると・・・私・・・信じているっ!!

ある意味この回は・・・・トワイライト様に対する失恋(?)以降、迷走を続けていて
最近ではギャグ要員or悲哀要因になりかけていたシャットを
一人の「真剣に生き方を模索する迷い人」に戻した回なのかな・・・とも言えると思います。


88cfa1ed-s_convert_20160102202051.jpg


f6445110-s_convert_20160102202617.jpg



孤独なシャット・・・・それを優しく見つめるトワ様・・・

うーーん、この二人は・・・

最終決戦以降救われたホープキングダムでも幸せになって欲しいものですね・・・

そうですね・・・・

最終決権以降は、まずシャットは・・・ニャンコ先生・・・じゃなかったミスシャムールから色々と「基礎教育」を
一から教わるというのもいいかもしれないですね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

シャットの未来は…。

明けましておめでとうございます。
1月はプリキュアのみならず、スーパー戦隊も最終決戦です。トワやはるか達に加え藍原ゆうきや生徒会、白金さん、一条らんこらが造った雪のホープキングダム城、確かに札幌の雪まつりを意識したかのようです。
三幹部の最終形態を見ると、
クローズ=クロウ=鴉
ロック=フロッグ=蛙
シャット=キャット=猫
…と、駄洒落が混ざった感があります。とくに最終警告を叩き付けられ、悪鬼と化したシャットは、会社をリストラされ、やけ酒を飲み、酒乱状態の中年のようでした。その彼、やり直そうとばかりに手を差し出すトワをつき離すものの、ミス・シャムールのマフラーは受け取っていたという、多少は素直なところが出てきたようです。おそらくイーラ&マーモのような結末になりそうな予感がしました。

あけましておめでとうございます
昨年中は、ご訪問頂き誠にありがとうございました。
本年もよろしくお願い致します。

いよいよ最終決戦間近・・・

鎌倉快速 様


新年あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。


さてさて・・・姫プリでしたけど、思いがけない伏兵がいた・・みたいな感じになりましたけど、
是非最後は「救済」されて欲しいな・・・と思ってしまいますね。
ご指摘の通り、シャットも少しは「素直さ・純真さ」が表れているのだと思いますけど
それが最終決権で一体どうなるのか・・・
もしかして・・・スカーレットを庇って自らは散ってしまうのか否かを含めて
色々と見所は満載のような感じがありますね。

コメント頂きありがとうございます!!

RON 様


新年あけましておめでとうございます。

昨年はこちらこそ当ブログにご訪問して頂き誠にありがとうございました。

私の方こそいつもRON 様のブログは読み逃げにばかりなってしまっていて申し訳なかったです。
でも記事は楽しく拝見させて貰っております!!

こちらこそ本年も宜しくお願いします!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2642-e07f2d36
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |