プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


22.高岡商業高校

  
  A/パシフィックセレブレーション組曲~祈り・パレード(R.ニクソン)


  この演奏、本当に素晴らしいと思います。
  この年の演奏で高岡商業は全国大会で念願の初金賞を受賞するのですけど
  金賞どころか「グランプリ」に匹敵するような素晴らしい名演だと思います。
  この年・・1980年の高校の部は25の出場チームの中で14チームが金賞と言う翌年の81年と並ぶ
  凄まじい「ゴールドラッシュ」に沸いた年なのですけど、
  これ・・・審査が大甘という印象は全然無くて、
  全体的にレヴェルがとにかく異常に高いという印象が強く、
  そうですね・・・・確かに14チームが金賞なのですけど、
  銀賞チームの中でも、福岡工大付属・名古屋電気・東海大学第一なんかは十分に金賞でも
  通用する演奏だと思います。
  改めてですけど。この年は本当に素晴らしい演奏が続出ですよね・・・
  金賞が14チームなのですけど、もしも・・・1970年以前のような「順位制」だとしたら
  一体どこが一位を獲得するのだろう・・・・
  うーーーん、極めて難しい問いですよね・・・
  就実・前橋商業・兵庫・秋田南・天理・花輪・銚子商業・市立川口・・・
  色々一位候補はてんこ盛りで、選出するのが極めて難航しそうですね・・・
  そうですね・・・・
  あくまで私個人の好みで言うと・・・・
  一位は・・・やっぱり・・秋田南なのかな・・・・
  あの内省的緊張感や高度な小宇宙空間的エネルギーとか・・・
  あれは、まさに高校生の次元を超越していますからね・・・・
  それに続くのは・・・就実・前橋商業・天理あたりなのかな・・・・
  だけど・・・
  ここで絶対に外すことが出来ないチームがもう一つだけあると思います。
  それこそが、この高岡商業なのだと思います。

  いやいや・・・この演奏・・・とにかく凄いですよ!! もしもこの演奏を聴いた事がないというのならば・・・
  とにかく・・・
  You Tubeでもなんでもいいから、是非聴いて欲しいと思います。
  聴いてみて「損した・・」みたいに感じることは多分・・・ないと感じるはずです。

  この年の高岡商業ですけど、
  とにかく・・・!! サウンドが大変よく鳴っています。
  そしてとてつもない大音量&豊かなサウンドを聴かせてくれているのですけど、
  実に美しく鳴り響き、少しも「やかましい!!」と感じさせないのは素晴らしいと思います。
  「美しく且つ力強い」という実は大変相矛盾する方向性を無理なく実現している大変恐ろしいチームなのだとも
  思います。
  ま・・・そういう土合先生=高岡商業サウンドが真の意味で確立され満開の花が咲くのは
  1983年の「ローマの祭り」だと思うのですけど、
  この年も本当に素晴らしい演奏を後世の私たちに残して頂いたと思います。

  課題曲A/花祭りですけど、これまでの繰り返しになりますが
  この課題曲の解釈にあたって
  前橋商業・秋田南・就実などのようにどちらかというと日本情緒溢れる「枯れた感じ」を意図するのか
  例えば・・・市立川口・兵庫・東海大学第一などのように西洋的な機能性を全面に出すのかによって
  随分と表現が変化する曲だと思うのですけど
  高岡商業の場合、典型的な後者タイプで、
  日本情緒とか枯れた感じは正直皆無・・・・代わりに機械的に割り振った感じとか直線的な感じとか
  ひたすら前進みたいな感覚が溢れていて
  これはこれで立派な「花祭り」の表現なのだと思います。
  本当にコンクールというものは面白いものですよね。
  同じ「素材」を与えられながらも、前橋商業のように枯れた感覚で表現するチームもあれば、
  この高岡商業のようにひたすら明るくて健康的な感覚で演奏するチームもあるし、
  ま・・・こういう「個性の違い」こそがコンクールを聴く一つの醍醐味と言えるのかもしれないですよね。

  そして圧巻はまさに自由曲でした!!

  それにしても高岡商業の「パシフィックセレブレーション組曲」は凄過ぎる・・・
  今現在聴いても
  「素晴らしい!!」の一言以外言葉が思い浮かびません・・・
  特にパレードは「鮮やか」という言葉以外思いつきません・・・
  実に圧倒的な演奏です。
  祈りの部分は、出来ればもう少し「しっとりとした歌」も聴かせて欲しかったと思うのですけど
  ま・・・この組曲自体、そうした「しっとりとした・・・」というイメージの曲では少なくともありませんから、
  それは仕方がない事だと思います。
  祈りの部分の打楽器のみの部分が大変清純な響きで聴かせてくれています。
  パレードは、小太鼓の元気な掛け合いから開始されるのですけど、とにかく全体が生き生きとしています。
  「なにかこれから楽しい事が始まる!!」みたいなウキウキ感が終始よーーく伝わってきて
  聴いているだけで「ハッピー」な気持ちになれそうです。
  やはり金管セクションがとてもよく鳴っています。
  しかもその響きが前述の通り力強く美しい・・・・!!
うーーん、まさにある意味「無敵」の演奏とも言えますよねっ!!

  最近、R.ニクソンの吹奏楽曲を聴く事はあまりないですね・・・
  私が吹奏楽の現役の頃は、
  この「パシフィック・セレブレーション組曲」とか
  天理高校の名演でお馴染みの「平和の祭り」とか
  福岡工大付属の名演でお馴染みの「シャマリータ」とか
  色々耳にする機会も多かったのですけど、
  何か最近は、めっきりと耳にすることもなくなりました・・・
  やはり高度なテクニックが要する事が敬遠されたのかな・・・?

  自分にとっては、ニクソンと言えば
  やはりこの「パシフィックセレブレーション組曲」ですね。
  この組曲は、
  「サンフランシスコ生誕200周年記念」という副題も付いていますので、
  詳しい事はよくわかりまんけど、
  そうした記念祝典のイベントの際の記念曲とか委嘱作品なのかもしれませんよね。

  前述の通り、高岡商業はこの組曲を1980年のコンクールで自由曲として選択し、
  祈り・パレードという部分を取り上げたのですけど、
  祈りの荘厳さ、パレードの熱狂的活気から判断して勝手に
  結構最近まで、この組曲は
  Ⅰ.ページェント Ⅱ.祈り Ⅲ.パレードという構成なのかな・・と思っていたのですけど、
  この曲の輸入盤を聴いて初めて
  この組曲は、

 Ⅰ.パレード
 Ⅱ.祈り
 Ⅲ.ページェント
 から構成されている事を知りました・・・

 あーあ、何だか少し恥ずかしい・・(苦笑・・)

 組曲としては、華やかに開始し、中間でしっとりと歌い上げ、ラストで再度盛り上げるという構成
 なのでしようけど、
 あまりに高岡商業のコンクールでの名演の印象が強すぎて
 ⅠとⅡの順番を逆に考えていたのでした・・・

  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

1980年のコメントが進んでいく中、この演奏も印象度が非常に高い演奏であることを思い出しました。
実はこの演奏が入ったLP、私が初めて吹奏楽のレコードを買った中に入っていたものです。
このLPの中では、高岡商業、東海第二、課題曲の前橋商業、天理、この4校の印象が非常に強いです。
(ちなみに私の中でベストオブ”ネリベル”の演奏は、と聞かれたら、東海第二か近畿大学のアンティフォナーレどちらかで迷います。市立川口の演奏は、実はやや好みから外れます。)
この曲、あまりにも好きすぎて、顧問に頼んで高3の定演でやってしまいました。
プログラムの曲解説のため、英語の先生にお願いして譜面についていた英文を訳してもらった記憶があります。
そこで分かったことは、高岡商業のこの曲順、コンサートでやるときのパターンとして、これで示されていたことです。なのでパレードの最初のスネアは、祈りから始まるときにつけることになっていたように記憶しています(間違っているかもしれません)。
私が最もぞくぞくするところは、クラリネットの3連符が続く中、金管群が静かに流れていくところです。高岡商業のクラリネットのすばらしさがぴかぴかに光っているところだと思います。
そういえばこれをやるために、うちになかったテンプルブロックを他校から借用しました!
レコードで聞いているだけでは分からなかったのですが、この曲、スネアを2台で使っています。これもまたかっこいい!
そして後半のパレードの難解そうなところだけ目立つようですが、実は祈りの譜読みがめちゃくちゃ難しかった記憶があります。
この曲をやった年の定演では、ショスタコの5番もプログラムに入っていたことも思い出しました。やりがいはありましたが、結構ハードだったと、今になって思います。
またすばらしい思い出を思い出させていただきました。
ありがとうございました。

前のコメントに間違いがありましたね。
東海第一高校でした。
すみません!

高岡商業

周 様


ネリベルというと、私も「アンティフォナーレ」というと1982年の近畿大学以外思いつきませんね。

本当に近大の演奏は「叫び!!」という感じに溢れていますし
金管セクションの響きがまさに「オルガン」そのものですし
中間部のフルートソロがとっても魅力的だと思います。

それにしても1980年の高岡商業は素晴らしい演奏を聴かせてくれたと思います。
本当に「鮮やか!!」以外の言葉が出てこない感じです。
そういえば・・・パレードの部分では「テンプルブロック」という特殊打楽器がソロとして使用されていましたね。
小太鼓2台と言うのは初めて知りました。
確かに二台使用しないとあの響きは得られないかもしれないですね。
私はこの曲のスコアは見た事ないですけど、確かに「難しそう・・」みたいなニュアンスは
演奏からでも十分に伝わってきますね。

それにしても・・・周様のかつての定演でこんな難曲に加えてショスタコの5番までされていたとは・・・!!

まさに・・・ハード以外の言葉しか出てこないです!!

でもそれも「懐かしい思い出」ですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2639-7e7e9f22
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |