FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きを簡単に書いてみたいと思います。

それにしても改めてですけど劇場版で登場した「カール自走臼砲」ですけど
あれってとんでもない大学側の秘密兵器でしたよね。
なんかあれを最初に見た時は、
「おいおい、なにもそんな高校生相手にそんなにムキにならなくても・・・そんな凄まじい破壊兵器持ち出さなくても・・」と
思わせるくらい、とにかく凄まじいインパクトがありましたね!!
あれ・・・少なくとも「戦車」の概念はとっくに超えていますよね・・・



カール


そう・・・・戦車というよりは「巨大大砲」を装備したびっくりマシーンみたいな感じでしたよね・・・

映画においても、とにかく頭上からなにかとてつもない「ハルマゲドン」が落ちてくる・・・→この世の終わり・・・・
みたいなそうした雰囲気すらありましたよね・・・
まさしくあれは「最終兵器」、そして秘密兵器に相応しいものでありました・・・・
だって・・・
あんなのまともに食らったら・・・一撃で走行不能状態に陥るのは目に見えていましたからね・・・・
実際の映画館でも、あのカール自走臼砲がどっかーーーんと上から砲撃を放ったシーン何か
まさに・・・
館内全体がビリビリと振動する位の凄まじい大轟音でしたよね・・・!!
あの迫力・・・とにかく「凄まじい」としか言いようがないですっ!!
あの臨場感は多分ですけど、自宅等の再生機器では十分に再現出来ないと思いますし、
とにかくあの場面だけでも
実際に映画館に行った元は取れると思います。
確かこの「カール自走臼砲」ですけど時速10キロで走行速度は遅いし小回りも効かないみたいな話は
聞いた事があるのですけど、映画の中においては、
結構俊敏に自由自在に駆け回っていたみたいな印象はありました。

呆然とする大洗連合チーム・・・・

だって、そりゃそうですよね・・・・

あんなの見せつけられちゃ・・・普通は誰だって戦意喪失もんです・・・

だけど・・・・この「カール自走臼砲」に立ち向かっていったのは・・・
杏が乗り込む生徒会チーム・バレー部チーム・アンツィオ高校・継続高校といった
どちらかというと「ちびっこ戦車」でした・・・・
確かあれは・・・
あくまで「偵察」が目的だったと思うのですけど、
「この四両で仕留めちゃおう!!」と杏が現場判断でまたまた無謀な事を言いだすのですけど
ま・・・これが結果的に大正解という事になってしまいましたね!!
すごいよ・・この杏!!
その①の記事でこの映画のMVPは個人的にはアンツィオ高校にあげたいと書きましたけど
総合的な判定としては・・・
まほ姉と杏にあげたいです気分です。
杏に関しては、後述しますけど、元々この大洗女子対大学選抜チームという大洗の存続をかけた一戦を
実現させたまさに立役者だと思いますし、
とにかくこの杏はまさに・・・アニメ本編も含めて
「大洗女子高校存続」の最大の功績者だと思います。
杏は・・・普段は・・・戦闘中でも基本的には干し芋ばかり食って何もしない人ですけど
やる時は本当にやってくれますよね・・・!!
ま・・・大洗女子の戦力UPを目論むのならば、生徒会チームの砲撃手を桃ちゃんから杏に替えるだけで
相当なものが期待できそうな気もするのですけどね・・・・(苦笑・・)
ま・・・桃ちゃんは・・・アニメ本編でもそうでしたけど、
映画でも・・・特に前半のエキシビジョンマッチでもお約束のように・・・あんな近距離からでも
外しまくっていましたからね・・・・(苦笑・・)

さてさて・・・あのカール撃破の場面はとにかく大好きですっ!!

アンツィオが飛び込んでいき、そのアンツィオを踏み台にしてのバレー部チームによる
カールの砲台に的を絞った砲撃・・・
あれはまさに・・・
バレー部による炎のアタックシーン!!ですよねっ!!

そうそう・・このシーンを後方支援していた継続高校の働きぶりもなかなか素晴らしかったですけど
あの学校、考えてみると・・・
アニメ本編でも映画でも大洗とは全然接点が無いのにいきなり・・・絡んできましたよね・・・
継続のあのクールなスナフキンみたいな女の子、なんか妙に気になりますね・・・
よくみほなんかは「戦車乗りは血の気が多い人が多いから・・」とか言っていましたけど
その中にあっては珍しいクールキャラでしたね。
ガルパンの中でクールキャラというとノンナが大変印象的でしたけど、ノンナは結構早い時間帯に
カチューシャを助けるために自分の身を犠牲にして散ってしまいましたので、
なんか勿体無い・・・という感じはありましたけど、
散り際のノンナの
「カチューシャ・・・あなたは一人でも戦える・・」みたいなセリフは本当に泣かせるものがありました・・!!



35ab2634.jpg



さてさて・・・ここからは前回の続きで、この映画の見所を箇条書きにしたものの続きをごく簡単に
記してみたいと思います。


4.会長は、まさに・・・大石内蔵助!!  会長不在時の桃ちゃんの意外な働きぶりは意外・・・??

  いやーーー!!
  アニメ本編の杏も「大洗女子存続」についてはみほと並んでMVPものでしたけど、
  この映画でも影のMVPに相当するものがあると思います。
  あの文科省の役人との口約束を反故にされ一旦は大洗女子廃校を受け入れざるを得なかった杏ですけど、
  やっぱりこの人はやる時はやりますよねっ!!
  さすがです!!
  桃も柚子も随行させずにたった一人で隠密行動を取り
  戦車道の会長・西住流師範など関係者を巻き込み
  「全国大会で優勝したら廃校は取り消し」という約束を反故にする行為こそが
  文科省が準備する「世界戦車道大会」のテーマに反するのではないのか
  一旦約束した事はとにかく履行しろ!! それが正義なのではないのか・・・
  というまっとうな正攻法で切込み、
  しぶしぶながら文科省側の
  「大学選抜チームとの戦いに万一勝つことが出来たら廃校は即取り消し」という誓約書を取り付けることに
  成功します。
  あれはすごいね・・・!!
  もーーー、私の中では・・・・杏の株は上がりっ放しですっ!! まさに「ストップ高!!」という感じです。
  そうですね・・・
  この人はまさしく・・・・ガルパン界の大石内蔵助ですっ!!
  普段は「昼行燈」で何を考えているのかよく分からない人なのですけど
  やる時は・・・本当にやってくれますよね!!

  杏不在の際も、「かいちょーー、どこに行ったの・・」みたいな錯乱状態に陥らずに
  「会長がいない時こそ我々が・・・!!」と意外な「強さ」を見せていた桃ちゃんも素晴らしかったです!!
  ま・・・桃は・・・・相変わらず戦闘では砲撃外しまくりでしたけど・・・
  関係ないけど入浴シーンでの柚子のサービスショットは・・・素晴らしい!!(苦笑・・)
  ま・・会長が戻ってきた際には、桃ちゃんは・・・いちもの桃に戻っていましたけどね・・

  対照的に・・・大洗廃校が決定して一番だらけてヘタレになっていたのは・・・
  意外にも・・・あのお堅い風紀委員チームでした・・・
  ま・・・人間と言うのは極限に追い詰められると「本性」が出るものですので、そどこも案外・・・
  思考回路は柔らかい・・決して融通が効かない人ではないのかもしれないですよね・・・

5.一年生チームが意外に大活躍!!

  アニメ本編では・・へたれとか逃げてばっかり・・・とかすぐに撃破されちゃう・・みたいなイメージがありました
  一年生チームですけど、
  映画ではかなりの「成長」が見られていてなんかとっても嬉しかったです!!
  特に特に印象的だったのは・・・
  ま・・・あのさきちゃんの「蝶々・・・」というのではなくて・・・
  (あのシーンは・・・館内でも大受けでした・・・苦笑・・・)
  大洗チームが大学選抜チームに包囲されて、
  これはやばい・・・絶体絶命・・みたいなシーンの際、
  ま・・たまたま戦闘会場が遊園地というせいもあったと思うのですけど、
  一年生チームが唐突にあるアイディアをひらめかせ、
  遊園地の観覧車を砲撃し、観覧車のあの巨大な車輪みたいなものをその包囲した地点にまで呼び込み
  結果的にそう包囲を解かせていたのは
  あれは素晴らしかったですね!!
  ま・・・あんな巨大な観覧車の輪がいきなり襲いかかってきたら・・・そりゃ・・戦隊も包囲網も崩れてしまいますよね・・

  カール撃破のシーンもよかったけどこのシーンもとてつもなく印象的でしたし
  一年生チームという意外な伏兵がいたもんです・・・


6.やっぱり・・・この映画の主役は西住みほ-まほの姉妹!!


  その①で散々まほ姉の意外な乙女振りとか妹想いの事を書きましたけど
  まほ姉は意外とお茶目な所もありましたね・・・
  戦闘前の作戦会議において、「チーム名はどうするか・・」という事で各校が好き放題言い出し
  収拾がつかなくなっても、まほ姉は
  「ニュールンベルクのマイスタージンガーはどうだっ!!」みたいな事を口走っていましたけど
  あれれ・・・この人、こんなにノリがいい人でしたっけ・・・?
ちなみに・・・
  「ニュルンベルクの・・」とはワーグナーの楽劇の一つです。

  それにしても・・

  ラストシーンは・・まさに感動もの!! まさに最後の戦いに相応しいものでした!!

  セリフ無しのラストバトル
  みほの・・・ 「左手は添えるだけ」は・・・あれは・・・この映画ではやや存在感がうすいみほを
  やっぱりこの人がガルパンの主役なんだな・・と思わせるのに十分でした!!
  あの・・・ラストの小高い丘での
  愛里寿対みほ・まほの姉妹のガチバトルは・・・
  本当に素晴らしかったですし、フィナーレを飾るのに本当に相応しいものでした!!
  みほはやられてしまったけど、最後は・・・お姉さんのまほがちゃんと仕留めてくれました!!


いやーーー、本当に映画っていいもんですけど、特にガルパンは絶対に映画館で見るべきものですね!!

まじで、この映画、二回目も無性に行きたくなってしまいました・・!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ミフネ作戦はアレから

おはようございます。

1年生メンバーが観覧車を砲撃したミフネ作戦は、スピルバーグの映画『1941』のオマージュかと。
この作品でグッときたセリフは西住しほの、文科省役人を一喝したコレです。
「戦車道に、まぐれなし。あるのは実力のみ!」
戦車を野球に置き換えて、ホークスの連覇を素直に受け入れなさい!と、家元から言われている気分になりました。

メリークリスマス★

メリークリスマス★

Re: ミフネ作戦はアレから

五航戦の愛鷹 様


確かに!!

観覧車の場面はご指摘の通り、1941の再来とも言えますよね。これは気が付かなかったです・・
教えて頂きありがとうございますっ!!

それにしても・・・仰る通り、しほさんのお言葉はグッ!!ときますよね!!
あの場面は
堅物役人を粉砕し、胸がスカ―――ッとしたものです・・・(笑)
そうですね・・・
マリーンズファンの私としても・・・
「ごもっともでございます・・・」とひれ伏するのみですね・・・(笑)

よいお年をお迎えください!!

銭右衛門 様


大変失礼いたしました!!

クリスマスメッセージを頂けていたのに、見落としていました!!
ご返事が遅くなり大変失礼いたしました!!

でも・・・

もうクリスマスは過ぎていますよね・・・

それでは・・・

来年も宜しくお願いいたします。

そして・・・

よいお年をお迎えください!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2627-47b3b2f8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |