プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


19.東海大学第四高校

  C/歌劇「リエンチ」序曲(ワーグナー)

  
  そうですね・・・結果としてこの年の東海大学第四高校は、全国大会2回目の出場で
  初めての金賞受賞となるのですけど、
  この年のあまりにも異常にレヴェルが高い演奏の中においては、
  正直・・・・「ちょっとこの金賞は甘いのかな・・」と感じてしまう唯一の金賞受賞チームだったようにも
  思えます。
  あくまで個人的な感想なのですけど、このチームを金賞にするなら
  名古屋電気・東海大学第一・福岡工大付属のどれか一つを金賞にして欲しかったですっ!!

  この頃の東海大学第四高校の路線は、ワーグナー・ヴェルディといった1970年代のスクールバンド路線を
  正統に受け継いでいるという印象で、
  後年の邦人路線とかローマの祭りやベルキスみたいな爆演路線とか
  ヘンゼルとグレーテルとかくじゃくのような内省的な路線みたいな
  「これぞ井田先生=東海第四サウンド」みたいな「個性」はあんまり感じられません・・・
  ま、だけど・・・今現在の東海大学第四のあの素晴らしいサウンド&演奏に耳が慣れてしまった上で
  こうした初期の頃の演奏を聴くと
  「ふーーん、井田先生にもこういう時代があったんだ・・」みたいな感じもあり、
  その点は大変興味深いものがあると思います。

  課題曲C/北海の大漁歌ですけど、この年の課題曲は課題曲A/花祭りに人気が集中しすぎてしまい、
  結果的にこの課題曲Cを選曲するチームはどの部門も比較的少なかったと思います。
  だけど・・・
  この課題曲Cですけど、既に過去記事とか「響け! ユーフォニアム」カテゴリで散々書いているのですけど
  自分自身もこの課題曲を中三の時に演奏しましたし、
  何よりも・・・吹奏楽コンクールにおいては10年間のコンクール出場歴の中で唯一「ソロ」を担当した曲でも
  ありますので、そうですね・・
  個人的には大変思い入れが深い曲でもあります。
  ま・・・曲は最初から最後まで「ソーラン節」の繰り返しとその変奏ばかりなのですけどね・・・
  この課題曲、県大会でも支部大会でも全国大会でも「これが決定的名演!!」と言える演奏があんまり無かったようにも
  思えます。
  そうですね・・・・
  関西大会の演奏ですけど、大津シンフォニックバンドのテンポいじくりまくりの個性的な演奏とか
  四国の富田中学校の大変正攻法で中学生らしい伸び伸びとした演奏は、
  とっても素敵な演奏で大変印象に残っています。
  そんな中、この課題曲の「最大の名演」がやはりこり東海大学第四高校の演奏だと思います。
  全体的に大変オーソドックスでテンポ設定も大変無難で、夜明け→漁の風景→嵐→死者の弔い→漁の再開
  みたいな「ストーリー性」が大変生き生きと描かれていると思います。
  アルトサックス・トランペット・オーボエ・フルートの各ソロも無難だったと思います。
  オーボエが少し線が細かったのかも・・?
  自由曲の「リエンチ」は、まさに王道の極みですね!!
  大変豪快な演奏であり、ま、確かに部分的に粗いところもあるのですけど、
  前半のうねり、中間部で時折垣間見せる「優しさ」というか・・・「優雅さ」・・・
  演奏は大変コンパクトにまとまっていたと思いますし、決して悪い演奏ではないのですけど
  この年・・・・1980年のあまりにも個性的な名演の連続の前では・・・・すこしかすんでしまう演奏だったのかも
  しれませんよね。
  このチームの後年の持ち味の一つである「内省的な感じ」は、この年ではなくて翌年の
  やはりワーグナーの「さまよえるオランダ人」で発揮されていたような感じもあります。
  
  ここから先は少し余談です・・・・
 
  歌劇「リエンチ」は、ワーグナー初期の作品であり、
  まだ「楽劇」という総合芸術の域に達していない、比較的若い頃の作品です。
  どちらかというと、ウェーバーとかの影響がまだ残存していた頃の作品なのかも・・・

  自分が中学で吹奏楽部に所属していた頃、
  顧問の指揮者の先生が、大のワーグナーとチャイコフスキーとドビュッシーのファンであり、
  必然的にクラシック作品のアレンジものを演奏する場合、
  この3人の作品ばかりという感じでした。
  もっともワーグナーの場合、その先生の趣味かどうかは今となっては知る由もありませんが、
  吹いた曲は、

 〇「パルジファル」より聖金曜日の音楽

 〇ジークフリートの葬送行進曲

 〇森のささやき

  みたいに中学生にとっては比較的理解が難しい曲ばかりでしたし、
  特に「聖金曜日の音楽」なんてのは、自分にとってはあまりに内容が難解すぎたし
  曲自体も面白くもなんともないし、
  正直、ワーグナーは苦手という間違った概念が当時の自分の脳みそに
  すりこまれてしまいました・・・
  この間違った誤解がようやく解けたのは、大学あたりで改めてワーグナーの音楽を
  特にクレンペラー指揮の演奏で聴くようになってからでした・・・
  せめて例えば、

 〇歌劇「ローエングリン」より第三幕への前奏曲

 〇楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲

 〇歌劇「タンホイザー」序曲

 〇楽劇「トリスタンとイゾルデ」より愛の死

  みたいな曲を最初から聴いていれば、もう少し早い段階からワーグナーに
  慣れ親しんだかもしれないですよね・・・

  でも、そんな中、歌劇「リエンチ」序曲だけは、何か別格でした。

  曲自体、何のひねりもなくシンプルで分かり易いというせいもあったと思いますが、
  その豪快さと重厚さに
  当時から何かすごく惹かれるものはありました。

  よくオーケストラの演奏会に行くと、
  指揮者が登場する前に、オーボエが「b」の音を吹き、管楽器・弦楽器が続いてbの音を鳴らし
  音合わせというかチューニングをする風景に出くわします。
  自分自身も現役時代は、
  「チューナー」という音合わせマシーンで音の高低を調整しましたけど、
  夏の暑い日なんかおのずからピッチは上がってしまいますし、
  基準音=440に合わせるのは結構大変でしたね・・・

  リエンチ序曲は、トランペットの一音伸ばしという特殊な形でのソロから開始されますが、
  その音が「b」であり、まさにチューニングの音であり、
  自分たちは、この序曲の事を影では「チューニング序曲」と呼んでいました・・・

  前半は非常にゆったりとした重厚な音楽が展開されていき、
  大体4分が経過した頃で、急に小太鼓のロール音がこだまします。
  そこから急に曲が俄然盛り上がっていき、
  快活なアレグロへと進展していきます。
  またこの序曲は、当時としては打楽器が珍しく多彩に使用され、
  ティンバニーの他に、小太鼓・大太鼓・シンバル・トライアングルと結構華があったりもします。

  曲自体、何の小細工もなく
  「一直線」みたいな感じで堂々と終わります。

  一時期、私自身もワーグナーに凝った時期があり、
 「指環」四部作はとても見に行けないとしても、その中の「神々の黄昏」の演奏会形式を
  聴きに行ったりとか、
  歌劇「ローエングリン」の四枚組CDを購入したりとか
  していました。
  結果論になりますが、そのきっかけを作ってくれたのは
  やはり歌劇「リエンチ」序曲なのかもしれません。

  蛇足ですが、ギネスにも認定されている通り、
  世界最長オペラは、言うまでもなく「指環」四部作ですが、
  一晩で演奏可能な単発もの最長オペラは、
  実は楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」です。
  この前奏曲、一度でいいから吹いてみたかったな・・・
  そしてあの陶酔感に浸りたかったな・・・・そんな感じは今でもあったりしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2615-c7b78565
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |