FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


実は・・・なのですけど
私、「プリキュア」以外ではかなり気になっているというのかとてつもない興味を持っているジャンルが
一つありまして、
それが・・・・
「東方project」の世界です。
ま・・・・東方のこの奥深き世界については既にこのFC2プログで色々な方が素敵な記事&イラストを
描かれているのですけど
私自身も2年前くらいなのかな・・
このFC2ブログ内のとある東方を中心とするイラストブログのあまりにも素敵すぎるブログに出会い、
そこの管理人様が描かれていた霊夢・ルーミア・幽々子・妖夢・チルノ・パチュリーなどがとにかくあまりにも素敵すぎて
思わず見とれてしまったのが
私がこの「東方project」に興味を持つきっかけだったのでした。

以後、あ・・もちろん、自分にとっては「ライフワーク」というか「生涯の趣味」みたいなものである「プリキュアシリーズ」とは
全く次元を異なる意味において
この東方にも色々と関心を持つようになり、
自分でも色々と調べていったのが
まさに・・・東方との出会いだったのです。

ま・・・この東方についてはあまりにも奥深い世界ですし、
正直・・まだまだ私なんか東方の素晴らしき世界を語れるほどのレヴェルに達していないと自覚していますし
このブログの中ではこの「東方project」についてはほとんどというか全く語ってこなかったと思います。
だけど・・・
この素晴らしい世界観についても
出来れば・・
今後少しずつでも東方の自分なりの世界観とか解釈とか
語っていければいいかな・・と思っています。

そうですね・・・

私自身、2015年の姫プリでもってアニメとしての「プリキュアシリーズ」は85%の確率で完結と予想しておりましたので、
プリキュアシリーズがもしも本当に完結した場合は、
このブログの柱を今までの「吹奏楽コンクール」と「プリキュア」から「吹奏楽コンクール」と「東方prject」にシフトしても
いいのかな・・・とさえ思っていました。

だけど・・・

ここで大変嬉しい誤算があり、2016年度も「魔法つかいプリキュア」という新しいシリーズ、第11代目のプリキュアが
登場しますので、
ま・・・当面・・・
少なくとも「プリキュアシリーズ」が続く限りは、
「東方」の世界を一つのカテゴリとして立ち上げることは、
控えたいな・・・と思っています。

そうですね・・・この間に自分自身も東方の素晴らしい世界についてもっともっと知りたいですし、
色々と自分なりの世界観も構築できればいいな・・・と思っています。




縺輔→繧頑ァ論convert_20151212012543



さてさて・・・・

この東方なのですけど、本当に・・・!! 数多くのあまりにも魅力的なキャラが揃っていますよね!!

個人的には・・・

一年前くらいなら、東方の中で自分の絶対的なエース的な存在は「霊夢」だったのですけど、
ここの所は、霊夢以外にも色々な素晴らしいキャラに
色々と目移りがして本当に・・・・困っています・・・(笑)

その中でも、最近特にお気に入りの登場キャラは、古明地さとり・・・さとり様ですねっ!!

妹のこいしも大好きなのですけど、やはり・・・私としてはお姉さんのさとり様の方がとてつもなく
お気に入りですっ!!

東方の一つの特徴として、各キャラの「能力」については「〇〇する程度の能力」と表記されるのですけど、
ま・・・ほとんどの場合・・・・
あまりにもぶっとんだ能力ばかりですので
とてもとても「〇〇程度の能力で済む訳ないじゃーーん!!」とツッコミたい気持ちは山々ですけどね・・・(笑)

さてさて・・・さとり様の能力は・・・
「心を読む程度の能力」との事ですけど、ま・・これはある意味人間にとっては「禁断の能力」ですよね。
ま・・・さとり様は人間ではありませんけど・・・
他者の心を読む能力を持つというある意味大変厄介な能力のせいで
他の妖怪や怨霊から非常に嫌われてしまっており、さとり様自身もそれを自覚しているためか
他者との接触を嫌い、現在は地霊殿に引きこもって暮らしているという設定なのですけど
それはよく分かる気はしますね・・・・
事実、妹のこいしも、かつてはさとりとほぼ同じ能力を有していたものの、やはりさとり様と同じような理由で
この能力を駆使する事で他者から嫌われる事を認識し
結果的に・・・こいしはこの能力を封印し、代わりに・・・・「無意識の心を操る程度の能力」を手に入れたというのも
分かる気はしますね・・・

さとりというと、ま・・・色々と特徴はあるのですけど
一番大きいのは、
複数のコードで繋がれている第三の目が胸元に浮いている事かな・・・・
ま・・この第三の目を通して、さとり様は、他者の心を読み取ることが出来るのですけどね。
ちなみにですけど、こいしは結果的に・・・この「第三の目」は閉じるように設定されています。

だけど・・・・

このさとり様の「他人の心を読み取る能力」というのはある意味怖くて厄介な側面もあると
思います。
そうですね・・・
私達は・・
生きていく上で、あえて知らなくてもいい事も山ほどあると思います。
要は・・
人は知らなくてもいい事が存在しているという事です。
あの人とは・・・表面的には・・・・確かに「いいお付き合い」をさせてもらっているのかもしれないけど
実は・・・個々の奥底では
自分の事を決してよく思っていなかったとか
「先日のあれ、本当に素晴らしかったよ!!」と口では言っていても、実は・・・
本当は「素晴らしくもなんともない、あんなの誰でもできるじゃーん」と思っていたりとか、
人が生きていく上では、ある意味「知らない事」がその人との付き合いをうまく保てるという事は
よくある事だと思います。
ま・・・人が「全ての自分の本音」を口にする事が出来るとしたら・・・・
そうですね・・・
多分・・・一年後には全人類は「果てしない憎しみあいの連鎖反応と悪循環」に陥り、
戦争状態と果てしない殺し合いの世界に突入するのかもしれませんよね・・・
だからこそ・・・
人はあえて余計な事は言わないし
他人が「本当はどのように自分の事を思っているんだ・・」と余計な詮索はしないものだと思いますし、
それが・・・むしろ「先人から受け継いできた生きるための知恵」というものなのかもしれません。

だからこそ・・・・

さとり様は・・妹のように心を閉ざしはしなかったけど、他人との関わりを避けるようになったのかもしれませんよね。

そういう・・・・「決して知ってはならない事」を容易に知る事が出来るさとり様の
葛藤とそれでもペット達に優しく接し続けるさとり様が・・・・
私、とっても大好きなんですよね・・・!!

ま・・・それは・・・・「匿名性」とか「素の自分」をいくらでも隠すことが出来るネットでもある事なのかな・・・・

例えば・・・・

自分に「これでもかっ!!」と執拗に執拗に同じ事を繰り返し繰り返しコメントしてくる
あの迷惑コメント・・・・
他の人には差し障りの無いふわっとコメント発信しているのに、なぜか自分に対してだけは
きつい表現でのコメントをしてくる方とか・・・
そうですね・・・・
さとり様にお願いして・・・・
私は・・・
そういう人たちの「心の深層」をそっと覗いて欲しい・・・とお願いしたいものですね・・・・



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2611-a90d8a4f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |