プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


15.淀川工業高校

  A/大阪俗謡による幻想曲(大栗裕)


  そうですね・・・
  この「大阪俗謡による幻想曲」は、2015年現在、淀川工業による全国大会初演以降
  計24回全国大会で演奏されているのですけど
  そのうちの9回が丸谷先生指揮の淀川工業(現・淀川工科)という事実は、正直・・・
  評価が分かれるのかな・・・と感じてしまいます。
  良い方に解釈すれば、
  「本当に丸谷先生はこの曲を愛しているんだなぁ・・」と思ってしまいますし
  悪い方に解釈すれば
  「いくらなんでも1997年以降だけでも3回に一回の割合でこの曲を自由曲に選ぶとは
  ワンパターン・マンネリ化にもほどがある!!」という風にも言えると思います。
  ま・・・淀川工業自体、1995年以降は
  ダフニスとクロエ第二組曲・スペイン狂詩曲・大阪俗謡による幻想曲の3曲以外の自由曲は
  一切選曲していなくて
  さすがに・・・
  「これはいくらなんでも他校に失礼でしょ・・・」とか
  「同じ自由曲のたらい廻しばかりして恥ずかしくないのかな・・・」とも感じる事は多々あります・・・
  勿論・・・・部外者の自分なんかには到底知る由も無い丸谷先生としての事情もありますので、
  この一件に関しては、
  そうですね・・・・
  これ以上は触れないようにしたいと思います。
  ただ・・・
  「勿体無いな・・・」と思う時はあります。
  丸谷先生ぐらいの実績&指導力がおありの方でしたら・・・
  出来れば・・・
  勇退される前に一度ぐらいはこの三曲以外の自由曲をご自身としての「最後の思い切った挑戦」として
  挑んで頂ければ
  嬉しいな・・・とも思ったりもします。
  あくまで私の個人的好みですけど、丸谷先生の指揮ならば是非一度・・・・

  〇仮面幻想(大栗裕)

  〇復興(保科洋)

  〇吹奏楽のための木挽歌(小山清茂)

  〇バレエ音楽「シバの女王ベルキス」(レスピーギ)

  〇序曲「ピータールー」(アーノルド)

  あたりの曲は是非聴いてみたいですね!!
  「木挽歌」は、1991年にサントリーホールで開催された「吹楽」というコンサートで淀川工業が
  取り上げていましたけど、
  私、あの演奏は生で聴いていましたけど、とにかく素晴らしかったですね!!
  あれは、是非全国大会の舞台でもあの世界を是非再現して頂きたいと願っています。

  さてさて・・・

  大栗裕の「大阪俗謡による幻想曲」ですけど、この曲を自由曲に選ぶチームって
  圧倒的に関西圏のチームが多いですね。
  淀川工業の他には、尼崎吹奏楽団・近畿大学・大津シンフォニックバンド・天王寺川中学校・金光八尾などが
  この曲を自由曲に選んでいるのですけど、やはり関西圏が多いですね。
  というか・・・・
  関東・東北ブロックでこの曲を自由曲にして全国大会に臨んだチームは皆無のはずだと思います。
  数少ない例外が、1989年の札幌白石高校なのですけど、
  あの演奏、私も普門館で生で聴いたのですけど、全然白石らしくないよそ行きのなんか不自然で、ノリが悪い演奏
  だったのですけど、
  やはりこの曲は・・・・
  「大阪の古い歌」というご当地ソングでもあるのかな・・・
  やはりあの曲を演奏すると関西の方は血が騒ぐのかもしれないですけど、
  私のように東北生れ・関東育ちだと・・・
  正直・・・「何それ・・・??」みたいな感覚があるのかもしれないですよね。
  事実・・・・
  この曲には多分いくつかの関西の「俗謡」がフレーズとして出てきているのでしょうけど、
  私には・・・・一つも分からない・・・
  多分ですけど、この曲を自分自身が吹いたとしてもあんまりピンとこないのかもしれないです。
  逆に関西圏の方がこの曲を吹くと・・・
  何か「燃えるもの」があるのかもしれないですよね。
  だけど、この曲、本当にリズムをつかむのが難しいですよね・・・・
  私が卒業して一年後に母校の高校の後輩達がこの曲を定期演奏会で演奏していましたけど、
  まーー、ノリが悪い事わるいこと・・・そして・・・
  恐ろしいくらいリズムがギクシャクしていましたね・・・(苦笑・・)
  後日この曲のクラリネットのパート譜を見たのですけど、
  一言で言うと・・・・変拍子が大変面倒でやっかい・・・という印象でした。

  あ・・・なんか話が例によって思いっきりそれてしまいました・・・

  1980年の淀川工業の演奏に話を戻したいと思います。

  課題曲A/花祭りですけど、当日この課題曲を演奏したチームの中ではかなり上位にランクされる大変
  素晴らしい仕上がりだったと思います。
  当時はこの学校は「男子校」だったと思いますけど、
  とにかく・・・サウンドが上品で洗練されていますね。
  この課題曲Aは、前橋商業みたいに鄙びた枯れた路線で行くのか、高岡商業・兵庫・東海大学第一のように
  現代的なシャープな感覚で演奏するかで
  大分曲としての「印象」が変ってくるのですけど、
  淀川工業の場合、その両者のいい所取りみたいな印象もあるほど、サウンドは洗練されていて
  日本情緒もたっぷりなのだけど、
  「前進していこう!!」みたいな「躍動感」も伝わってきて
  洗練さと情緒とダイナミックスが絶妙にマッチした素晴らしい演奏だったと思います。
  余談ですけど、淀川工業のステージ衣装が学ランだったのは確かこの年までで、翌年からは
  白ブレザーに変ったような記憶があります。

  だけど・・・

  圧巻はやっぱり「大阪俗謡による幻想曲」ですね。

  本当にこの年の演奏は素晴らしい名演だったと思います。
  前出の通り。丸谷先生はその後この曲を何度も何度も自由曲に演奏しているのですけど、
  率直に言うと・・・・
  聴いていて「新鮮」に感じられたのはこの年と1989年の演奏だけかもしれないです・・・
  1997年以降の演奏は・・・・
  そうですね・・・1980年の演奏の「コピー演奏」のように聴こえてしまう感覚が自分の中にはあります。
  もしかして・・・・
  丸谷先生自身が
  「自分自身が自分がかつて築いた壁を乗り越えたい!!」と願っているから、何度も同じ曲を自由曲として選んでいるけど
  いまだに・・・
  昔の壁を越えられないで再挑戦を続けている・・・
  なんかそんな風にも思ったりもするくらい、この年、1980年の淀川工業の「大阪俗謡による幻想曲」は
  素晴らしかったと思います。
  リズムが全然ギクシャクしていないし、演奏も表現も実に自然でのびのびと吹いていて
  いかにも・・・
  「わてら、アホやでぇ~、何か文句ありまっか?」みたいな大阪のノリと情緒が大変生き生きと描かれていたと
  思います。
  この曲を演奏する場合、今でも結構多くのチームが「鈴」にひもをつけて、鈴を高く持ち上げてゆっくりと下げて
  しゃりしゃりと鳴らす演奏スタイルを採用していますけど
  この年の淀川工業が最初にそういう奏法を取り入れ、まさに先駆者と言えるのかもしれないですね。
  この曲、トムトムとチャンチキの二つの打楽器が大活躍するのですけど
  淀川工業の場合、まさにそれがドンピシャ!!という感じでした。
  中間部のオーボエの鄙びたソロも大変情緒が溢れ出ていたと思います。
  ラストのチャンチキの追い込みも本当にお見事でした!!

  そうですね・・・色々なチームがこの曲に挑んでいますけど
  私個人の感想としては、1980年の淀川工業を超える演奏は・・・
  1980年以外の淀川工業を含めても、存在しないような気さえします。
  まさしく・・・「稀有な名演」といった感じですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

遅ればせながら・・・

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します♪

さて、淀川工業ですが、ここんとこの3年ごとのタライ回しは、私も正直「そろそろ飽きてきた」感じですね。

淀工は、基本的に凄く上手な演奏をしてくれますから、個人的にはもっといろいろ「チャレンジ」してほしいところですよねぇ。

今は異動で境港市に住んでいますが、昨年の11月までは淀工の隣町に住んでおりまして、吹奏楽部の練習中の演奏をちょくちょく生で聴く機会がありました。

丸谷先生も、私が中学時代に1度だけですがご指導いただき、なぜか顔を覚えていただいたみたいで、個人的にお付き合いのある吹奏楽関係者の1人なんですw(もちろんタライ回しの理由なんか恐ろしくて聞けませんが><)

私の中では、淀工といえば「アルメニアン」と「エル・サロン・メヒコ」が大好きなんですが、また演奏して欲しいですねぇ。


石井歓/大いなる秋田

管理人様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
投稿の内容の件ですがやはり同じで、淀川工科高校のあれだけの技術力と顧問の丸谷先生の高い音楽性がありながら、ご存知の「3曲ローテーション」は「何のための自由曲なのか」・「自由曲を新規開拓している団体・指導者にはどう思われているのか」という疑問さえ感じます。
でも半面、この「俗謡」は関西圏バンドの演奏が一番「らしさ」を表現出来ているのも事実ですね。確かに、私のところの秋田県も含めて、北海道・東北ではあまり演奏されず、多くのバンドがそれなりに高い技術力は出せても、「大阪」らしい表現には至らずというのがほとんどだと思います。
それでも‼ーやはりいつかは他の曲のチャレンジをーと思います。
ちなみに、話はそれますが、故・石井歓氏が作曲した「大いなる秋田」という4楽章からなる吹奏楽と合唱の混成曲があります。秋田では大変有名な曲で、曲の構成上、コンクールで演奏されることは皆無ですが、秋田の地名・独特な節回しがあり、そして秋田県民歌・県民の歌がそれぞれ一つの楽章になっている曲です。
そのためか、たまに県外の指揮者・吹奏楽団(中にはかなり名の知れたプロも)が演奏することもありますが、「なんか、違うよな、違和感あるよな……」と思うことが多いんです。これって「俗謡」が東北・関東のバンドの演奏では大阪らしさ出てないのと同じかな?と考えてしまいます。
淀川工科高校の選曲に対して賛否両論があることには事実ですが、「大いなる秋田」を思えば、「らしさ」を表現出来る地域もある程度限られてしまうなぁ…とも思いますね。
なんか、まとまらない話になってごめんなさい…。

本年も宜しくお願いします!!

なおりパパ  様


改めて・・・新年あけましておめでとうございます。
どうぞ本年も宜しくお願いいたします
(お手柔らかにお願いします・・・笑・・)

さてさて・・・

丸谷先生とご交流があるなんて羨ましい限りです!!
そうですね・・
自分だったら・・・「出入り禁止」覚悟で「たらいまわしの理由」を聞いちゃうのかも・・・??
淀工は、私も1986年のあの自由自在なアルメのパートⅠ大好きでした!!
ああいう楽しい挑戦は、是非是非勇退前には一度くらいはして欲しいものですね!!

それでも疑問は残りますね・・・

一秋田県民  様


改めてですけど、新年あけましておめでとうございます。

そうですね・・・

淀川工科ですけど、丸谷先生の実績と貢献度を最大限プラスとして評価しても
さすがにあのたらい廻しは疑問を感じずにはいられないですね。
そう考えると秋田南の故・高橋先生とか小林先生の
レパートリーの開拓力とチャレンジ精神は本当に素晴らしいと感じます。
だけど丸谷先生もさすがに勇退の時期は近いと思いますので、最後にもう一花!! 新しい挑戦は
して欲しいものです。

「大いなる秋田」・・・確か・・・以前どこかのチームが全国で演奏していたような気が・・・
聴いた事はありますが
元歌は分かりません・・・すみません・・・
やはりこういうのは「郷土愛」というか「地元に密着した歌」というのが威力を発揮するのかも
しれないですね。
「大阪俗謡・・」を東北人が演奏しても、あまりうまくいかないのは・・・
例えて言うと・・・
西洋人が「能」を演じているのを見て日本人が感じる「違和感」に近いものがあるのかも
しれないですね。
石井歓氏といえば・・・
そうですね・・・バレエ音楽「まりも」なんか印象的でしたね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2605-a2b0ce66
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |