FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「波の見える風景」というと1985年の課題曲Bですが、この曲は色々と名作が多い
全日本吹奏楽コンクール課題曲の中でも大好きな曲の一つです。
私としては、好きな課題曲として、ディスコ・キッド、ポップス変奏曲「かぞえうた」、
東北地方の民謡によるコラージュ、序奏とアレグロ・インヴェンション第一番、テイクオフ、
吹奏楽のための序曲(00年ではなくて、1986年の方)、ハロー!サンシャイン、フューチュリズム、
ベリーを摘んだらダンスにしよう、稲穂の波あたりがいいなーと思います。

波の見える風景は改定版も出ているのですが、課題曲としての曲の方がはるかに
良いと思います。

1985年のコンクールは、印象として、前年度より技術的なレヴェルは上がったけど、
レベルの高いブロックとそうでもないブロックの差が開いてきたなというのが率直な
感想です。
この年は、何と言っても
天理高校の「セント・アンソニー・ヴァリエーション」と
愛工大名電の「プラハのための音楽1968」の二つの歴史的名演を生で聴けたという事に
尽きると思います。
セント・アンソニー・ヴァリエーションは、よく天理高校が全国初演と勘違いされる方も
いるのですが、実際は1980年の文教大学が実は全国初演なのです。
天理の演奏は、ラスト近辺でテーマが再現され華々しく終えるのですが、
原曲は実は、天理版のような終わり方ではなくて、テーマがオルガンのように重奏されるような
感じで終わり、何だか別の曲のようにも聴こえます。実際、天理の演奏の際の
コンクールパンフレットを見てみると、ヒル作曲・中谷編曲となっています。
だけど、天理版の方がはるかに見栄えがするのは事実です。
初演の文教はどうだったのでしょうかね・・・?
この頃の収録は、大学の部は金賞以外収録されていない・・・・

ヒル作曲の原曲通りに演奏した学校は、私が思いつく限りでは、
1996年の出雲高校と1986年の向山高校の東北大会での演奏位ですかね。

話を波の見える風景に戻しますと、

天理の波の見える風景はかなり豪快に鳴らしている印象があります。
曲のエンディング近くでは、ドラが相当の音量でゴーーーーンと鳴り響いていたのは
相当のインパクトがありました。

波の見える風景の高校の部での最優秀演奏は、私は習志野高校だと思います。
とにかく音色がデリケートだし、それ程豪快に鳴らしている訳ではないのに
力強さも感じました。
何よりも、目を閉じて聴いていると、何か自分だけの海のストーリーが出来てしまうような
感受性豊かな演奏でもありました。

フルート・オーボエ・クラリネットのソロが全体に華を添える曲でもありますが、
後半のたたみかけるような展開も大好きな曲でした。

1985年のコンクールでは、他に印象に残った学校は何と言っても花輪高校です。
ガジベコフという全然聞いた事がない作曲家の曲の交響曲第2番を、分厚い金管の響きが
ダイナミックに表現し、「これがプログラム一番?」と感じた程生き生きとした演奏なのに、
なぜか評価は銅賞でした。隅から隅までコンクールを意識した野心むき出しの「ディオニソスの祭り」の
御影や対照的にいかにも高校生らしい可愛らしい「こうもり」の基町、ティンパニーとマリンバを
一人二役こなした打楽器奏者が印象的な那覇なども忘れがたい演奏の一つです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/26-b8f976f7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |