プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東京MXテレビで再放送中の「ハピネスチャージプリキュア」も第12話まで来ています。

あ・・・勿論「ハピネスチャージプリキュア」に関しては、2014年度に散々感想記事等をひたすら書きまくっていましたので
今更ハピネスの感想記事を書いても何の意味も無いのですけど
昨年の記事を読み返してみて
「あれれ、なんでこの事について触れていないのだ・・??」みたいな事も散見されたりもしますし
この話については、是非是非今一度今現在の視点からもう一度書いてみたいと思う話については
過去記事の再掲載・再構成という形ではなくて
あくまで「新しい記事」という事で色々と書いてみたいな・・・とも思ったりもしています。

ま・・その場合、確かに一度何らかの形で記事にはしていますので、
あくまで・・・
補足的に簡潔に・・・という事に留めさせて頂きたいと思います。

だけど・・・・ハピネスの再放送の感想記事を書くのも随分久しぶりでしたね・・・

確か・・第5話以来なのかな・・・

だけど・・・

この第12話は、ともするとあの「野球対決」の事ばかりクローズアップされがちなのですけど
実は・・・・
めぐみの「少し歪んた幸福感」というのも既に提示されていたりもするので、
その辺りについて少しだけ書かせて頂きたいと思います。






ま・・・この回は・・・
めぐみがなんと期末試験か中間試験かは分からないのですけど
とにかく・・・
テストの結果は、なんと・・・!! 学年最下位という事が判明してしまったある意味恐ろしい回でもあるのですけど、
このテスト結果を受けて、めぐみは、地球の神・ブルーより
「試験で一科目でも赤点があればプリキュア禁止」という事を言い渡されてしまうのですけど、
ま・・・それを言ってしまうと・・・・
めぐみ達の2代前のスマイルのポンコツ先輩たちは、なんと・・・・れいか以外は全員「プリキュア活動禁止令」の
対象者となってしまい、
スマイルはキュアビューティ以外誰も戦闘要員がいない・・という恐ろしい結果になってしまいそうですね・・・(苦笑・・)
ま・・・それにブルーが指示していた「プリキュアの恋愛活動禁止令」と合せてしまうと、
そうですね・・・
例えば、「プリキュア5」に至っては、のぞみ・りん・こまちはプリキュアとして活動できなくなってしまい、
うららとかれんさんが「ふたりはプリキュア」せざるを得なくなってしまいそうですね・・・・
ドキドキと現役の姫プリは・・・該当者なしという事に落ち着きそうですね・・
うーーん、さすが「優秀系」は違いますね!
ハートキャッチも・・・該当者なしっぽい感じがありますね。

さてさて・・・そんな訳でテストで「学年最下位」となってしまっためぐみですけど
この時のめぐみの言葉が大変印象的・・・
「私が学年最下位を取る事で今までビリだった人が最下位でなくなる!
人の幸せは私の幸せ! これぞハピネス!!」とか何とか言っているのですけど、
そうですね・・
ま・・・確かにめぐみらしい言葉であり、
「人が困っている事はぜーんぶ私にお任せ!」
「人の不幸もぜーんぶ私が背負ってあげる!」みたいな事でもあり、
ま・・・確かに「慈愛」に溢れたこの人らしいある意味菩薩様みたいなお言葉ではあるのですけど
やっぱりなんか違和感があります・・・

ま・・・捉え方によっては、この言葉を「一つの免罪符」として
勉強を一切しなくてもいい・怠けても全然構わないという事に対する「言い訳」のようにも聞こえてしまいますし、
極端な事を言ってしまうと・・・
「殺人罪を犯してしまった人の罪を私が肩代わりする事で、その犯罪を犯した人も救われる・・
私も肩代わりをした事で幸せになれるし、罪を犯した人も「刑」を免除されて幸せになれる・・」というのと
同じような事を言っている危険性すらあります。

勉強を怠ける事でその事に対するツケが返ってくるのはめぐみ自身ですし
めぐみ自身が「刑」の執行を肩代わりする事で
めぐみ自身の人生も周辺の人達の人生プランも大きく狂ってしまう事にもなりかねません・・・

ま、確かに・・・「人の幸せは私の幸せ」というのは大変美しい言葉なのですけど、
その前提として・・・
まずは・・・「自分自身」が「自分の幸せ」をちゃんと見つけましょう・・・という事があるのだと思います。

めぐみは・・その点が・・・初期の頃は大変認識が甘かったのかな・・・

ま・・それに関しては、このブログでも何度も述べている通り、めぐみ自身の家庭環境という事情もあったのでしょうし
小さい頃から病弱の母親のお手伝いをする事で
「誰かの役に立ち、人からありがとうと言われる事が自分を表現出来て、自分と言う存在を他者から認知してもらう場」という事を
強迫観念的に捉えてしまう素描が出来上がっていたのかもしれませんよね。

ハピネスの物語は・・・

ある意味においては、「幸せ」というのは案外身近な所に潜んでいたりもするものだけど、
それを・・・
自分自身がちゃんと認識しておかないと・・・
身近な存在であってもするりと逃げられてしまう「はかない存在」である事をちゃんと認識しておきましょう・・
みたいな事も一つのテーマだったような感じもありますね。

他人に色々とおせっかいを焼いたり、他人の事にあれこれ口出しするよりも・・・
まずは・・・
ちゃんと「自分自身」の存在を認識し、
「自分の幸せ」・「自分は一体何をしたいのか・・・」という事をちゃんと理解しておきましょうという事なのかも
しれないですよね。

そうですね・・・その辺りの認識が大変甘いところがあったから、
アンラブリーのあの「精神攻撃」に動揺し、めぐみの「不安感」が露呈される結果になってしまったのですけど
それは、実は既に初期の話から
そうした「めぐみのやや歪んだ幸福観」が示唆されていた・・という感じなのかもしれないですね。

ま・・その辺りは、後半にかけて相当是正されていき、
最終決戦における「素晴らしい成長」を私達に見せつける事になるのですけどね!!
うーーん、
「プリキュア」というものは、初期設定にポンコツ要素とかなにか「内面の問題性」を加味した方が
後半にかけての「主人公の成長」が大変楽しみになってくるので
私としては・・・・こういう設定の方が大好きですね。
いや~、こういう「遅咲きの主人公」は素晴らしい!!

リアルタイムでこの回を見ていた時は、
「うーーん、なんてポンコツ主人公」・「なぎさ・のぞみ大先輩を超越してしまう頭の悪さ・・・」みたいな事が
とにかく楽しくて楽しくて仕方がなかったのですけど、
ハピネスの物語を全て見終わった視点でこの回を見てしまうと・・・・
そうですね・・・
全然違った解釈になりそうですね。




f5d4f319-s_convert_20151124204758.jpg


cd714de0-s_convert_20151124204704.jpg


4370fa78_convert_20151124204044.jpg


356ef4fa-s_convert_20151124204016.jpg



そして・・・戦闘シーンは、なぜか「野球対決」になってしまいました・・・(笑・・)

いやーー、「野球で勝負よ!!」とラブリーの挑発に
「受けて立ちますぞ!!」というノリの良さを見せてくれるナマケルダは、意外といい人なのかも・・・??



b55cddb4_convert_20151124204622.png


だけど・・・

あの時の「一球を捉えた眼」は・・まさに・・・スポ根アニメそのものでしたね!!

あのラブリーの眼は・・・まさしく「巨人の星」の星飛雄馬でしたね!!
(巨人の星を持ち出すなんて・・・古いな・・・実年齢がばれてしまいそう・・・
 ま・・ちなみにさすがに私も「巨人の星」はリアルタイムでは見ていません・・・苦笑・・
小学生の頃、再放送で見ていたものでした・・・
花形満もそうですけど、左門豊作もいい味出していましたね・・・)

ラブリーみたいなあんな可愛い可愛いプリキュアがあのスカートを穿いた格好で野球をしている事自体
大変素晴らしいものがありますし、
なによりも・・・
ラブリーがあの「燃える様な闘魂の眼差し」でかっ飛ばした「ラブリーホームラン」は、最高でしたね!!

うーーん、あのラブリーの気迫と格好の良さと熱さは・・・
是非是非先日「プレミアム12」で韓国に惜敗した侍ジャパンに爪の垢でも煎じて飲んで欲しいものですね・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

めぐみのオマージュは、はるかへ…。

この回では、プリキュア活動でめぐみの成績がおそろかになり、テストで学年最下位になってしまうのですが、後にプリンセスでもはるかがドレス作りで学力がおそろかになるところにそのオマージュがあったりもしました。
さらにその後、めぐみはアンラブリーから精神攻撃を喰らい、はるかもカナタからの「プリンセスになるな」宣言でどちらも絶望モードになるという共通点がありました。
ブルーの「ひとつでも赤点があればプリキュアを禁止」宣言にしろ、これを思い出したのが「ドレス作りをおやめなさい」というみなみの一言でした。
さらにめぐみの野球対決も、スマイル29話(なお)やDX3(イエローチーム)における野球対決を連想させたりもしました。そして「巨人の星」だけでなく「ドカベン」「キャプテン」などの野球漫画作品も…。

Re: めぐみのオマージュは、はるかへ…。

鎌倉快速 様


そうですね・・・・はるかはめぐみとは少しタイプが違っているようにも感じられ、
はるかの学習能力の高さ・意志の強さはプリキュアシリーズの中でも特に秀でている点が多々あると
思います。
その点、めぐみは少し弱かったようにも感じられるのですけど
あくまで私個人の感想ですけど
プリキュアは、特にピンク系は多少ポンコツ系であった方が私は大好きです!!

その点・・・のぞみ・みゆき・めぐみはまさに理想的です!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2584-c61a01a7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |