プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「Go! プリンセスプリキュア」も第41話に突入!!
この第41話は、プリキュア達を差し置いて(?)まさかまさかの「ゆいちゃん個人回」でしたけど、
プリキュアでも無い登場人物にこうやって終盤でこうした「個人回」が割り当てられるというのも
極めて珍しい試みだと思います。
ま、確かに・・・・ゆいちゃんは「プリキュア」ではないのだけど「心の繋がり」という観点では、最早「5人目のプリキュア」という
立ち位置と言えるのかもしれないですよね。
ま・・・だけど・・・後述しますけど
ゆいちゃんは決してプリキュアではないのです!!
あくまでゆいちゃんは・・・プリキュア以外の人たちという「一般人代表」の夢という事なのです!!






さてさて、今回の話は
みなみからの
「夢ヶ浜美術館で絵画コンクールをやっているから、ゆいも出品してみたらどうかしら?」という提案に
ゆいちゃんが応ずるという事から話が進むのですけど
そのコンクールのテーマが「みんなの笑顔」という事ですが
これって・・・
姫ブリよりは「スマイルプリキュア」の方が合っているような気も・・・??
姫プリだったら・・・
「みんなの夢」という感じじゃないのかな・・・??

だけど・・案の定、ゆいちゃんは色々と悩んでしまいます・・・

テーマの具体化とか構図とか、そもそもどんな絵を描いていいのかよく分からない・・
否!!
そもそも自分はそうしたコンクールに出るべき資格なんてあるのだろうか・・と・・・
もちろん、はるかやきらら達に悪意と言うものは全く存在しないのは明白なんですけど、はるか達がゆいを
励ますという行為自体が、ゆいにとっては一つのプレッシャーになったのかもしれないですよね。

こういうコンクールというものは極めて難しいのかもしれないですよね・・・・

周りからのプレッシャーに負けて、周りが納得しそうな作品を万一描けたとしても、
それは・・・
ゆいにとってはあくまで「妥協の産物」であり、ゆいにとっては不本意な作品・・・・
だけど・・・
みんなとの約束もあるし、自分としての「使命感」みたいなプライドも多少はあるだろうし、
このまんま何も描かないというのも立場上まずい・・・
だけど・・・
何もアィディアが思い浮かばないまま、時間だけが無常に過ぎていく・・・
そこにあるのは最早・・・・「義務感」のみ・・・
そして・・
ゆいちゃんにとっては本来楽しい事であるはずの「絵を描く」という行為それ自体が苦痛そのものになっているのだと
思われます。

これって・・・本当に辛い事ですよね・・・

自分自身の経験でも、本来「音楽」というものは楽しいものであるはずなのに
「吹奏楽コンクール」みたいなある意味「非情な勝負の世界」になってしまうと、楽しいなんて感じる余裕は全く無い・・・
あるのは・・・・
OBや指揮者に対する「伝統を守る」という義務感とプレッシャーのみという話はよく聞く話ですし
そういう自分も何度も何度もそういう痛い目に遭っています・・・・
結果論になりますが、私自身が「音楽」を心の底から楽しめるようになれたのは
現役奏者を引退した後の話・・・というのもなんだかとてつもなく「皮肉」な話ですよね・・・

あ・・・そういう私の話はどうでもいいとして・・・(苦笑・・・)

今回のゆいちゃんの話を見てみて、真っ先に感じた事は、
「あ・・・そういえば・・・今回のゆいちゃんと似たような道をたどった先輩もかつていたな・・・」という事です。
それが誰かと言うと二代目プリキュアのSSの舞ちゃんなのですけど、
その第36話においても、
舞ちゃんは、ゆいちゃんと同じような「悩み」を抱えてしまい、制作の筆がピタリと止まってしまい、悩み続ける日々を
過ごすことになってしまいます。
ま・・舞の場合は「文化祭のモニュメントデザイン」だったのですけどね・・・
だけど・・・・
舞の場合、
咲の「そんなに頑張らなくてもいいではないか、代表だとかどうでもいい、とにかく楽しめ!!」という言葉に
救われる事になり、
咲の「私が舞の絵が好きなのは、舞が楽しんで描いているのが感じられるから」という言葉に
我を取り戻すという事になります。
でもいいですねぇー!! この咲の言葉!!
この娘は・・・ま・・・確かに・・学業成績は今一つなのかもしれないですけど
人として一番大切な「本質」を見ている気がしてなりません!!
舞の悩みとは・・・実は本人のプレッシャーにあり、周りの期待に舞自身が委縮している状態でした。
だからこそ・・・・
誰かが舞のそうした緊張状態を緩和させる必要があったのですけど
それがSSでは咲だったのです!!
そして咲は・・・「とにかく楽しめ!!」と舞を和まさせ、
舞は・・「自分自身の原点は楽しむ事・・」という事を思い出していくのです。



010f26d3-s_convert_20151124190634.jpg



さてさて・・・・姫プリのゆいちゃんの場合は・・・

そう!! 今回もまた望月先生がいい意味で「大人の味」を見せてくれます!!

望月先生が主催する「青空絵画教室」を偶然にも(?)通りかかったゆいですけど、
ゆいの何やら思いつめた表情を見て
多分・・・望月先生も何か感じるものがあったのでしょうね・・
ゆいに教室への参加を提案します。

そして・・・ここでゆいちゃんは改めてですけど「自分の原点」に気が付く事になるのです!!

いやーーー、ベタですけど、こういういかにもプリキュアらしい展開は、本当に胸がすーーーっとしますね。

「どうして色んな色で塗ってるの?」
「かわいいから」

「絵、描くの好きなの?」
「大好き!だって楽しいんだもん!」

そうですね・・・この小さい女の子とゆいちゃんの会話・・・・これが今回の話の「全て」なのだと思います。

要は・・・・

人と言うものは「義務感」でやっている時・・・何かに強制されて渋々やっている時は
あんまり「人に何かを伝える事」は出来ないもの・・・
やしり本人自身が
「自分はこうしたいから!!」とか
「自分はこうしている時が一番楽しい!!  だから・・自分はこういう事をやりたいし、今後もやっていきたい!!」と
心の底から思っている時でないと・・・
人のココロというものは中々動かすことは出来ないものですよね。

こういう日常のさりげない葛藤を通してゆいちゃんの「夢の実現」を提示させた姫プリは
中々いい演出をしていると思いますし、同時に・・
本丸のみなみ・きららの「夢」回にも大変期待するものがあったりもします。



7b67173d-s_convert_20151124190510.jpg


今回、ゆいちゃんはまたまた「絶望の檻」に閉じ込められてしまいましたけど
今回で3回目・・・・
うーーん、これは・・・
ハピネスの誠司の妹よりは少ないけど、それでも3回目とはかなりの被害数ですね・・・
だけど今回は、自らの意志でそれを阻止しようとしている所が、ゆいちゃんの「成長」でもありましたね。

こういう話を見てしまうと、
世間一般的には・・・・
「なんでゆいちゃん、プリキュアじゃないの・・・なんか可哀想・・・」みたいな声があるのも
重々承知はしています・・

だけど・・・私としては・・・
ゆいちゃんは、はるか達を精神的に支える立ち位置のままでいて欲しいですね。
ゆいちゃんがプリキュアになっても・・・・物語としては正直あまり意味がないとさえ言えるのです。
というか・・・ゆいちゃんかプリキュアになってしまうと、姫プリの物語自体が崩壊するかもしれない・・・
否!! 崩壊します!! 根底が崩れます!!
だって・・・
この物語は、プリキュア達が自分の夢を実現していく物語・・・・

例えば・・・・

はるかは、「プリンセスになる事」

みなみは、「父と兄同様に誰かの役に立つ仕事をして社会に貢献する事」

きららは、「世界のトップモデルになる事」

ここで大切なポイントは、みなみときららの「夢」は大変具体的であり分かり易い・・・・
はるかの「夢」とは・・・・
うーーん、正直、抽象的でよく分からん・・・というのが本音かな・・・・
そうしたはるかの「誰からも認められていないプリンセス」になりたいという夢を実現するためには・・・・
当然、他者から認められることが不可欠になってきます。
他者とは、プリキュアという身内のみなみ・きららではないし、
カナタは、確かにそうなのですけど、どちらかというと依頼者的な戦友という立ち位置・・・・
そうなると、ここで必要となってくるのは、
そう・・・言うまでもなく
「はるかを間近で見ながらプリンセスになることを応援してくれるプリキュア以外の誰か」という事になるのですけど
その「誰か」とは他ならぬゆいちゃんだったのです。

だから・・・・

ゆいちゃんがプリキュアになったのでは物語自体の前提が大幅に狂ってしまう・・・・

ゆいちゃんが果たす役割はとても大きく重要だと思います。
別にゆいちゃんがプリキュアにならなくても、ゆいちゃんだから果たせる役割があると確信しています。
それは・・・・
「夢の実現の可能性」を共有する事なのだと思います。
プリキュア達にはそれぞれが「夢」を抱いている。
だけどゆいちゃんだって「夢」を持っている。
プリキュアの使命とは・・・・
「自分の夢も実現するけど、同時にみんなの夢もきちんと守る」ことなのです。

プリキュアが守る事は「みんなの夢」なのですけど、それを象徴しているのは実はゆいちゃんなのです。
「みんなの夢」の一人がゆいちゃんであり、
そうした「みんなの夢」を象徴する立ち位置に存在するのがゆいちゃんだと思います。

だからこそ・・・

ゆいちゃんは、そのまんまのゆいちゃんでいいのだと思います!!

ゆいちゃんの立ち位置というのは、何かハピネスでいう所の誠司に近いものがありそうな気がします。
(誠司はやや不遇な感じがありましたけどね・・)
だけど・・・・
誠司は・・・
いつの日にかめぐみと結ばれて「幸せな日々」を過ごしてくれると
私・・・信じている!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

七瀬ゆいと相楽真央、そして美翔舞。

>ハピネスの誠司の妹よりは少ないけど
全く僕もその通りでした!挙句の果てはサイアークとゼツボーグは同じ人物を標的にできる(デザトリアンはそれが不可能)と思いをはせながら観ていました。誠司の妹である相楽真央はなんと4回ほどサイアークにされ、真央以外ではめぐみのクラスメイトの石神りん、真央の友達である卓真とえりがいました。真央は2回目のとき「わたしなんか2回目だよ」とこぼしていたといいますが…。ゆいの2度目のゼツボーグ化時にも真央を思い出しました。ゆいは1度目でクローズ、2度目でロック、そして今回はストップ&フリーズからゼツボーグ化されており、もしシャットからつけ込まれると、ディスダークの幹部全員からのゼツボーグ化というありがたくない称号になってしまいます。そして、ゆいが檻の中で抵抗するシーンも、スマイルでのFUJIWARA(藤本と原西)を思い出したりもしました。彼ら2人は自力で無気力から脱しているので。ちなみに誠司や同じくプリキュアを知る増子美代も1回ずつだけサイアーク化の経験があります。
絵を描くことを趣味とするキャラクターはゆい以前にも舞がいることは周知のとおりですが、やよいも漫画を描いていました。もしゆいが舞、やよい、そしてみゆきと出会ったら意気投合しそうな感じです。ゆいの絵がラストで入賞したように、やよいの漫画もスマイルの最終回において入賞していました。ラストでの入賞は、絵ではないもののはるかのコンテスト特別賞(このあとはるかは記憶喪失のカナタを見つけることに…)やきららのオーディション合格(これがきららのプリキュア加入のきっかけに…)などがありました。

Re: 七瀬ゆいと相楽真央、そして美翔舞。

鎌倉快速 様


そうですね・・・・確かに真央ちゃんは少しというかかなり気の毒でしたよね・・(苦笑・・)

後に兄の誠司も鏡に閉じ込められ一時的に闇堕ちしてしまいますので
まさに「兄妹」で被害者という感じでしたね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2583-bb6d37e2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |