FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
29位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


第11話「ミユキの怒り! もうダンスは教えない!?」なのですけど・・・・
うーーん、困ったな・・・
実はこの回は「フレッシュプリキュア」全50話の中で唯一共感できなかった回であり、
正直・・・とても判断に迷う回でもありますので、
「フレッシュ」が大好き!!という方も一杯いると思われますので、ここで安易に私が感想を述べたりなんかすると
そういう好意的な見方をされる方に「哀しい思い」をさせてしまう事にもなると思いますので
今回だけは・・・感想等はバスさせて下さい!!

リアルタイムで見ていた時も・・・・先日改めて再放送回を見ていた時も、
そうした感想はあまり変わりはありませんでした・・・

そうですね・・・

一言だけ言うと・・・

ミユキさんがラブ達の「遅刻」を「プロ意識に欠く」みたいな事で怒りの感情を覚えてしまい
「もうダンスレッスンはしない」と唐突に言い出す事も・・・
そして・・・
ミユキさんのマネージャーが
「あの子ちたにこれ以上関わるとあなたの貴重な時間がなくなってしまう。これ以上あの子たちと関わらないで!」というのも・・
要は・・・
ラブ達の「夢の実現」に対しては、それを阻害するマイナス要因なのだと思います。
だけど・・・
ラブ達にとっては・・・「自分達の夢」を実現するためには、こうした一つや二つの壁や試練や阻害要因を乗り越えていかないと
実現出来ないものであり、
そう・・・人の「夢」なんてのはそんなに簡単に気軽に実現できる代物ではないと思うのです。
だからこそ・・・
そうした夢を阻害する要因に対しては、自分の夢を本気で実現したいと心の底から願うのだったら
それにめげずに
「ではどうすればその阻害要因を取り除くことが出来るのか・・」という事を真剣に考えて、それを「行動」に移して
いきましょう・・・・
多分・・そういう事を言いたかったのかな・・・と善意に解釈したいと思っています。

ま・・・だけど、なんかプリキュアらしくないなんか妙な「後味の悪さ」も残ってしまいました・・・

後日、「4人目のプリキュア」という話が出てきた時、世間的には・・・自分としても
「ま・・・流れからするとミユキさんだろうな・・・」と思っていたのですけど
心の底では・・
「ミユキさんか・・・ちょっと抵抗があるかも・・」と正直感じていたのは・・・多分・・・この第11話の経緯があったからなのかも
しれません。
結局イースがまさかまさかの「キュアパッション」になってしまいましたけど
そうですね・・・
あれは別の意味でホッ・・・としたものです・・・






そんな第11話ですけど、結構面白い小ネタもあったりもします。

結婚式に敵方の怪物が乱入するというのは、歴代シリーズでも定番の域に入っていますね。
ハピネスのホッシーワなんか二度も結婚式に乱入して
「いらっしゃーい!!」などと「某新婚さん・・・・」という番組のパロディーを演じていたのは大変面白かったです!

イースは、この回も例のインチキ占いを行い、
ミユキさんとの関係を悪意をもって占ってしまい、多分意図的に「ジョーカー」を出してしまうのですけど、
あれれ・・このジョーカー、スマイルの敵幹部のジョーカーに少しだけ雰囲気が似ているような気も・・・・??

ジョーカーは、スマイルに遡る3年前に既にフレッシュにも出演済みという事だったのかな・・・・??



dd6332bf_convert_20151124172444.jpg


0e0f9064_convert_20151124172631.jpg


それと・・・・

面白いのは・・・

イースがナキワメーケを召喚し大暴れさせている中を美希とブッキーの二人は突破を図ろうとするのですけど、
警官たちに「ここからは立ち入り禁止」と入場制限を受けてしまうのですけど
プリキュアとして変身をし、
「プリキュアです!!」と挨拶しただけで
警官たちは・・・
「ご苦労様ですっ!!」と敬礼して通行をパスさせてしまうのは、なんか思わず「くすっ・・」となってしまいました・・・

フレッシュの世界観は、全世界的にプリキュアの存在が既に認知されているハピネスの世界観と似ているものが
ありそうですね・・・
この前後のシーンをよーく見てみると・・・
一人でナキワメーケと戦うピーチなのですけど、すぐそばでカメラマンが
ピーチの戦い振りを撮影しているのですよね・・・!!
すごい・・・あの最接近振りは・・・!!
あれって・・もしかして・・・増子美代だったりして・・・・(苦笑・・)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。
私も11話に関しては「ちょっと・・・」って感じでした。
プリキュアにしては違和感があるくらい現実的すぎるかな?って。
それだけ、厳しい世界だって言いたかったのかもしれないけど。

いえ、現実の世界の仕事はどれも厳しいですよね。
せめて、プリキュアくらい「夢のある世界」であって欲しいです。

ミユキさん・・・厳しすぎ・・・

紫水晶 様


フレッシュの第11話について共感して頂き大変嬉しいです!!

あの話・・・正直、見ている人の感じ方によって大分評価は分かれる様な感じもあるのですけど、
私なんかは、リアルタイムで見ていた時は、やはりなんか「違和感」みたいなものを
感じていたものでした。
そうですね・・・11/30の姫プリではありませんけど、「夢」を実現していく過程と言うものは
どんな夢でも苦労は付き物ですよね。

そうそう・・今回は返信が大変遅くなり申し訳ありませんでした・・・
ま・・・ちと・・・自分自身のリアル社会での仕事が最近、あまりにも激務で
家に帰るとそのまんま爆睡ばかりしていました・・・(苦笑・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2582-d0dffb7e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |