プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11/22(日)の事ですが、あの日はいつも通り出勤で、とにかく朝から晩までずーーーっと忙しいという感じで
終始時間に追われ、イライラしっ放し・・・という感じでした・・・
帰宅したのがPM10:30頃だったかな・・
あの時はとにかく無性に疲れていて
「いいや・・もう早く寝よう・・・明日も仕事で出勤だし・・」と思っていたのですけど
何気なくテレビのリモコンを廻してみると
Eテレでどこかで聴いたようなメロディーが流れてきます。
「あれれ、この曲・・、あ、そうだ!! マーラーの交響曲第一番・巨人の第四楽章だ!!」と思ったのですけど
残念ながら、
演奏は終盤に入っていて
ホルン奏者全員がスタンドアップしている場面まで既に突入していました・・

あ・・・なんか勿体無かったな・・

Eテレでマーラーの1番をやると分かっていたら・・・あと20分早く帰社して
せめて第四楽章は全部聴きたかったですね・・・
ま・・・だけど、私が「巨人」で一番好きなのは第一楽章の霧の中での夜明けみたいな感じと
第三楽章の挫折感なんですけどね・・

振り返ってみると・・・

私自身が「マーラー」を一番最初に生演奏で聴いたのはいつなんた゜ろう・・・とふと思ったら・・
意外でしたけど、またまた「吹奏楽コンクール」でした。
このブログでも何度も何度もかなり執拗に
1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会の花輪高校のウォルトン/交響曲第1番の事を記事にしているのですけど、
その1982年の東北大会にて
青森県代表としてこのコンクールに出場した八戸高校の自由曲が
このマーラー/交響曲第1番「巨人」第四楽章でした。
あ・・・この八戸高校のマーラーの巨人は何となくですけど今でも記憶にはありますよ・・・
何て言うのかな・・・
荒ぶる感じと優しい感じが「交錯」している・・みたいな印象はありました。
だけど・・・
その八戸高校の演奏ですけど、細かい点は全然記憶にないのですよね・・・
具体的には・・・・
この曲はティンパニ奏者は2名なのですけど、八戸の吹奏楽アレンジ版では何名で演奏していたかとか、
この交響曲をプロのオーケストラが演奏すると、大抵の場合、11/22のEテレの放映もそうでしたけど、
マーラーの譜面の指示通り、ラスト近くでホルン奏者が全員「スタンドアップ」して高らかに吹き鳴らすのですけど
果たして八戸高校の演奏はそういう事をしていたか・・・
その辺りは・・・
うーーーん、全く記憶にないですね・・・
ま・・・あのコンクールの演奏から既に33年の歳月が経過していますので、それを私の「ポンコツ脳のメモリ」に
期待する方が無理なのかもしれないですね・・・(苦笑・・)

ちなみにですけど・・・

あの第四楽章においては、ホルン奏者がエンディング近くで突然スタンドアップして吹くというのは
オケの世界では定番になっているようにも感じられますが
(私が過去に生演奏で聴いた巨人は、全て例外なくホルンは全員起立していました・・・)
中には・・・
小林研一郎指揮/新生日響のようにホルンの他にトランペット・トロンボーンもスタンドアップした事例もありましたし、
確か・・・・
金聖響/都響においては、
ホルン奏者はスタンドアップだけに留まらず全員「ベルアップ」までさせられていましたので
視覚的には確かに効果はあったかもしれないですけど、
あれ、奏者はかなり大変かもしれないですよね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2579-230fc17f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |