FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


先日の「フレッシュプリキュア」の記事の中で、
フレッシュの「テーマ」を二つほど指摘をさせて頂いたのですけど、
もう一つあったのかもしれません。
それが何かと言うと「敵幹部の救済」です。
ふたりはプリキュアの3年間とプリキュア5の2年間の計5年間は、
プリキュアと敵サイドの関係性は、まさに「勧善懲悪」の世界と言っても過言ではないと思います。
ま・・・勿論・・・プリキュアサイドが敵サイドという「悪の親玉」に勝利し敵達は消滅、そして世界に平和が
蘇るという構図は大変スッキリとして分かりやすいものがありますし、
正直・・・私もこういうシンプルな分かりやすさは大好きです。

だけど・・・

フレッシュ以降は、プロデューサーが変更したという事も多少は関係があるのかもしれませんけど、
「敵幹部」にだって・・何か戦うロジックはあるんじゃないの・・・?
単に最終決戦で敵を打ち破りました・・・めでたし、めでたし・・・というのとは何か違うものがあるんじゃないの・・?
敵サイドにだって「戦う動機」はあるのだし、言い分はあるはずだし、
同時に・・・
イースが最終的に「キュアパッション」として覚醒を果たし、
それまでの「自分」というものに決別し、「新しい自分」として「再生」を果たし、自分なりの幸せを求めていき、
最終的には「救済」が図られていましたけど
それを・・・
他の一般敵幹部にも対象を広げても別にいいんじゃないか・・・
敵幹部だって・・・
別に・・「浄化」だけが全てではないし、イースのような「再生」・「救済」があっても別にいいんではないか・・・と
一つの「模索」をしたシリーズとも言えるような気がします。

そういう意味では・・フレッシュは、シリーズを通して初めて「敵幹部の救済」にも光を当てたシリーズなのではないのかな・・・
とも思ったりもします。

だって、初代とかSSとかプリキュア5の頃の敵幹部は容赦なくプリキュアから抹殺されてしまうか
味方から粛清されてしまう・・・というパターンばかりでしたから

フレッシュでは、ウエスターとサウラーは、一度粛清されたのに、復活し、「温かみのある心」を取り戻していましたし
ハートキャッチでは元の人間の姿に戻っていましたし、
スイートでは元の三銃士の姿に戻っていましたし、
スマイルでは本来の妖精の姿に戻っていましたし、
ハピネスでは、最終回で無事に3人とも社会復帰を果たしていました。
今作の姫プリは・・・どうなんだろ・・・、ロックが正体が妖精という事は
クローズもシャットも実は・・妖精またはホープキングダムの国民という可能性が強いのかもしれないですよね。

改めて振り返ってみると、フレッシュ以降、敵幹部たちは・・・親玉のボスは別扱いとすると
ほとんどの場合、救済されています。
ドキドキの三幹部は・・・最終決戦後も生き残りましたけど、邪悪なまんま・・・というのも何かユニークな感じが
したものです。
そうですね・・大の六花好きな私から言わせて貰うと・・・せめてイーラだけは「改心」して欲しかったかな・・・??

こうやって考えると
敵方幹部達にもフレッシュ以降は「救いの手」が差し伸べられているのがよく分かります。

こうした「敵幹部の救済」という道を最初に開いたのは誰なんだろう・・・・と思っていたら
案外・・・プリキュア5の「ブンビーさん」がその先駆者的使命を果たしたのかもしれませんよね・・・

ブンビーさんの場合、実はその点も非常に微妙な部分もあったりして、
別に元の姿に戻ったとか
プリキュア達によって「救済」されたという訳ではありません・・・・
フレッシュ以降は、プリキュア達の最終決戦をきっかけに元の姿に戻ったという側面が強いとも
思うのですけど、
ブンビーさんの場合は、これまで自分が所属していた組織「ナイトメア・エターナル」での酷い扱いとか
冷たい仕打ち・不条理さによって、自ら
「このままでは自分は駄目になってしまう・・・」と自覚する事で
自ら組織を離脱する事で、結果的に「自らを自分自身で救済した・・・」という大変珍しいパターンに
なっているような気もします。

ま・・・、必ずしも最近の傾向の「敵幹部に対する救済」と同意義という訳ではないのだけど
結果的に最終決戦後も生き残る事が出来たというのは
広義の意味ではやはり「一つの救済」なのかな・・・・??

そういう意味では、「敵幹部にも光を当てた」という意味においては
先駆者的役割を担っていたのかもしれませんよね。

初期の頃のブンビーさんって、
何となくSSでいう所の「ゴーヤーン」みたいな立ち位置というか、ラスポスの片腕みたいな位置づけなのかな・・と
思った時期もあるのですけど、
実態はどんどん立場が悪化し
嫌な性格の上司の登場→自分の部署の閉鎖と新しい部署への異動→肩書きの没収
→肩たたきとおべんちゃらの日々という大変悲惨な扱いを受けていましたね・・・・
エターナルでも、結局は「お茶くみ要員・・・・」(苦笑・・・)

だけどブンビーさんの「救済」って何だったのかな・・・・

ブンビーさんの場合、プリキュア達から救われたというのではなくて
自らの意志で、敵組織を離脱し
「新しい会社を立ち上げる」事で
自分の存在意義というのか、「便利屋」という「誰かのために役立てる」意義を自ら
見出していたことに
とても意義があったようにも思えます。

そうした「組織離脱後の自我の確立」と「組織時代における中間管理職の悲哀」とか
「社内での不合理な扱い」が
色々な立場の方に共感を持って貰ったというのが
ブンビーさんの根強い人気の秘密なのかもしれませんよね・・・・

そうですね・・・今風に表現すると、
「ブラック企業」に勤めていた人がもあまりの不合理さと理不尽さに嫌気が差して
「辞表」を叩き付け、
自分で会社立ち上げる事で、「自己救済」を図ったという感じなのかな・・・

あれれ、なんで私、こんな所でブンビーさんの事を語っているのかな・・・
今は「フレッシュ」の話なんですけど・・・(苦笑・・)








c2e85b47_convert_20151120155029.jpg



さてさて・・・・フレッシュの第10話は、サウラーの策略により
祈里とタルトが入れ替わってしまうというお話です。
余談ですけど、サウラーは出撃回数はウエスターやイースと比べると全然少ないのですけど、数少ない出撃回では
結構毎回悪知恵と策略を駆使してプリキュア達を困らせていましたね・・
印象的なのは、「人々の本音」が思わず口に出てしまうナキワメーケを召喚した回でしたね!
さてさて第10話の入替りネタなのですけど、
ま・・この種のネタは・・・・
大林宣彦監督の「尾道三部作」の「転校生」とか、
最近では・・・・先日まで東京MXテレビで放映されていた「山田君と12人の魔女」などでも用いられましたけど、
ネタとしては、もうベタな感じさえあるのかな・・・??
そう言えば・・・プリキュアでも依然こうした入替りネタはありましたね・・・!!
そう、スマイルにおけるみゆきとキャンディの入替り回だったのですけど、
フレッシュとの比較で言うと、プリキュアに変身する際は、
フレッシュにおける変身者は、祈里の姿になっているタルトだったのですけど
(一応・・・歴代プリキュアでは、男がプリキュアになった事例は、このタルトが初めてなのかな・・・??
ま・・・この後、キュアセバスチャンとかアンラブリーとか・・・、ま・・何人かは登場しましたけどね・・・)
スマイルの場合の変身者は、キャンディの姿をしているみゆきと
変身対象者が人か妖精かという違いがあり、その点も面白いものがありましたね。

それにしても・・・・

大のフェレット嫌いのブッキーがよりによってフェレットの姿わしているタルトと入替ってしまうのが
なんか面白いです・・・
というか・・・祈里の姿になったタルトが
あぐらをかいたり鼻くそをほじくったりと・・・色々とやりたい放題なのはとてつもなく楽しいです!!
そうですね・・・
私は・・・
タルトに言いたい!!
「こらこら、タルト!! お前、そのおいしい役割を自分に是非変わって欲しい!!」と・・・・
自分だったら・・・
胸に手を当てたり、スカートの中を覗いてみたりと・・・タルト以上にやりたい放題なのかな・・・・
→単なるヘンタイさんですね・・・(苦笑・・)

だけど・・

ああやってあぐらをかいたりしているブッキーは大変貴重なものがありますよね!!
おしとやかでおっとりしているブッキーが
あぐらかいたり鼻くそをほじくる訳はないですからね・・・・(苦笑・・)
でもあれは・・全国に10万人はいると・・・私、信じている「ブッキョウト」が歓喜の涙を流して
喜びそうなシーンですよね!!


5f85f7b5_convert_20151120154740.jpg



スマイルの場合、みゆきの姿になったキャンディが学校中でどたばた騒ぎを繰り広げる
いわばお約束展開になったのですけど、
テストにキャンディの似顔絵を描きまくったり、黒板に訳の分からんお城の絵を描いたりと・・・
みゆきは・・・多分・・・この後の展開は・・・・
追試と宿題の嵐と父兄呼び出しでも食らったのかな・・・・(笑)
ま、みゆきのママの育代さんだったら、是非是非毎日学校に来て欲しいものですけどね・・・(苦笑・・)

ま、この手の入替りネタの究極のテーマは・・・
みゆきが「キャンディはキャンディなりに私の為を思って色々してくれた・・・」と反省しているように
要は・・・「相手に対する思いやりの気持ちをきちんと持ちましょう」とか
「相手の痛みとか気持ちが分かるようにしましょう・・・」みたいなテーマも実は内在していたのかもしれないですよね。

フレッシュの場合、
幼少の頃にフェレットに咬みつかれてそれ以来大のフェレット嫌いになってしまった祈里なのですけど、
自分自身がフェレットになって初めて・・・
フェレット自身は「愛情」のつもりで・・かるーくいたずらしたつもりでちょびっと噛んだだけでも
人間にとっては「痛い!!」と感じてしまうとか
動物自身は「このくらい大したことでも無い・・」と感じている何気ない動作が人間からしてみると
「威嚇」に感じられたりなど、
スマイルと同様に初めて・・入替れによって、相手の立場というものが初めて理解できた瞬間なのかな・・と
思いましたね。

ま・・フレッシュもスマイルも「入れ替わり回」は基本的にはドタバタなんですけど
さりげなーーく
「相手の身になって相手の事を思いやり、相手の気持ちを普段からよく考えましょう・・・」みたいな事も
メッセージとして伝えていた事は
本当に素晴らしいと思いますね!!




8a21caed_convert_20151120154808.jpg


さてさて・・

この第10話は、ラブと美希たんが「ふたりはプリキュア」していました・・・

第9話がラブと祈里が「ふたりはプリキュア」していたので
なんかそういう継承性がとっても面白かったです!!


2566a6d4_convert_20151120154841.jpg


ba453e74_convert_20151120154920.jpg



だけど・・・・プリキュアしているタルトは意外と強かったし格好良かったですね!!

というか・・

「プリキュア体当たり~!!」なんて・・パインでは絶対にやりそうもない技ですからね・・・(笑)

だけど・・

関西弁を喋るキュアパイン=祈里というのもなんかそのミスマッチがとっても楽しいです!!
だって・・・
「悪いの、悪いの、飛んでいきや~!!」ですからね・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2574-a964953b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |