プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この記事の2~3つ下の11/15の姫プリ記事がヒートアップして長文になってしまいましたので
せめて、スマイルぐらいは簡潔に書いてみたいと思っています・・・(苦笑)

いや~、この回もいかにもスマイルプリキュアらしい「楽しさ」が全面に溢れ出ていて
リアルタイムから見ている時からとっても大好きな回でした!!
現役の姫プリが比較的ギャグ要素が薄めにされていて
前作のハピネスが全体的には「ポンコツちゃん」要素も多い中、めぐみの心の中の問題とか失恋等
幾分シリアスな要素もあったのですけど、
この「スマイルプリキュア」は一年間を通して、そうしたシリアスな要素はほぼ皆無・・・
一年を通して、とにかく・・・難しい理屈は抜きにして楽しませて貰ったという感じが大変強いシリーズだったと
思います。
ま・・・たまーにですけどなおちゃんリレー話とかキャンディ奪還に向けての5人の決意の回などのように
ポンコツシリーズの中に「うるっ・・・」とさせるものがあるから余計にそうした「感動」が引き立つのかな・・とも
思ったりもします。
れいかが確か第10話で言っていた通り「スイカに塩」の例えではありませんけど
普段があまりにもポンコツちゃんばかりですので、たま~になにか「瞳うるうる・・」みたいな話がきたりすると
「あ・・なんかいいもの見せて貰ったな・・」と感じるのかもしれませんよね。
その辺りは、スマイルは大変上手く演出されていたシリーズなんだな・・・と改めて思ったりもします。

さてさて・・・この第30話は、そうしたスマイルの「楽しさ」と「ポンコツさ」が遺憾なく発揮された
とっても楽しいお話です。
ま、この話が成立する前提として、スマイルプリキュアの一つの世界観として
「プリキュア達は世界中に存在する本を通して瞬間移動が出来る」という大変都合がよい設定があるのですけど、
ま・・・そいう細かい「ご都合主義」は、目をつぶってあげましょう・・・(笑)
考えてみると、歴代プリキュアでこういう瞬時に行きたい場所に瞬間移動が可能なプリキュアって、
せつなが仲間に加わって以降のフレッシュ・スマイル・ハピネスの「鏡」を使っての移動くらいなものなのかな・・・
あとはほとんどの場合、妖精たちのアイテムを使っての移動というものでしたけど、
プリキュア5のシロップに乗っての移動とか初代やスイートのように虹の架け橋みたいなものを通っての移動は
かなりの「長旅」という感じですね・・・(笑)
ハピネスの場合、せっかく便利な機能があるのに意外と鏡は使われなかったような気がしますね。
せいぜいハワイのプリキュアの救出に向かった時くらいかな・・・
面白いのは、めぐみがブルーから「鏡を使ってどこかに行こう」とたぶらかされた時(?)
めぐみがたどり着いたのは、地元の「びかり神社」というのも何か「幸福の青い鳥」ではないのですけど、
「幸せというものは、意外と身近にあるもの・・・いまさりげない日常を過ごしているその場所こそが実は本当の幸せ」
というハピネスの一つのテーマを示唆しているようにも感じられたものでした。


少しはなしがそれました・・・

この第30話は、夏休みが終わって「どこにも遊びに行けなかった・・・」とぼやくみゆき達に
キャンディが
「それじゃ、例の不思議図書館の本の力を借りて世界一周旅行に行けばいいクル~」と提案をするのですけど
ちょっと待った~!!
こらこら、君達、一つ前の回で
夏休みをあんだけだらけて遊んでばかりで夏休みの宿題が結局終らずに、あれだけ先生にたっぷりと
補習等のお灸を据えられたというのに
まだ遊び足りないとは・・・・
うーーん、この子達に「学習能力」とか「反省」という言葉は・・多分ないのでしょうね・・・(苦笑・・・)
いやー、私、スマイルのこういう「ポンコツ」なところ、本当に大好きです!!
姫プリのみなみ様とかトワっちだったら・・・
「先輩方・・・・あなた達は本当に誇り高きプリキュアなのですか・・・??」と何やら絶句されそうなのですけど
あかねちゃんから
「そーんな細かい事気にしたらあかんねん!!」とか言われちゃいそう・・・(苦笑・・・)

ま・・・そんな訳でプリキュア達の「世界一周旅行のはじまり、はじまり~」というのが今回の話の流れであって
そうですね・・
感想は・・・特にないです・・・(笑)
だって・・・・
みゆき達のあんな満開な笑顔と世界各地でのプリキュア達の記念写真を見ただけで
「おなかいっぱい!! ごちそうさまでした!!」という感じですね!!
あーあ、だけどいいなあ・・・
ああやって簡単に世界一周旅行に行けちゃうなんて・・・・
私なんて・・・私なんて・・・いまだに日本国内は・・・名古屋から西に行った事すらないというのに・・・(大泣・・・・)
ま・・・一応海外は、グアム・シンガポール・香港と言った事がありますけど
結論は・・・
「日本が一番いい!!」という事なのかな・・・??


7e0133bb_convert_20151110224204.jpg



4a98fddc_convert_20151110224106.jpg



47de011a_convert_20151110224236.jpg


この回、見ているだけでホント、楽しかったですね!!
私にとっては行った所もない世界各地の観光名所ばかりですけど、みゆき達がこうやって観光案内を
してくれたおかけでなんだが自分自身も世界の観光巡りをしたような気分になれて
本当にまさしく「ウルトラハッピー!!」な感じです!!
いやーー!! ホント、こういうスマイルの「自由自在な感じ」とか「楽しさ」って本当にいいもんですね!!

パリ→台湾→モンゴル→中国→アメリカ→エジプト→イタリア→ブラジルなどに「放課後」というわずかな短時間で
よく行けたもんだな・・と妙に感心しちゃますし、「あれれ・・時差は・・・??」と思ったりもするのですけど
とにかく・・・!!
あの記念撮影写真が全員可愛いので、そんな細かい事を言うのは止めておきましょう・・(笑)

特に「ビサの斜塔」前での記念写真がとっても面白かったです!!



5e57aac8_convert_20151110224137.jpg


やよいは・・・ニューヨークに来てもなぜか「太陽マン」のネタばかり・・・(苦笑・・)
うーーん、この娘は歴代プリキュアの中で一番オタ風要素がある子なのかな・・・

それにしても・・・

自由の女神を前にしてのあの太陽マンの変身シーンはとっても楽しかったです。
元々は内気で引っ込み思案な子なのに、こういうオタ芸を披露する際のやよいの生き生き振りは
まさな本領発揮!!という感じですね。




57f574e3_convert_20151110224302.jpg



そして、なおは・・・・
うーーん、毎回そうなのですけど、特にこの回に関して言うと
なおは終始食べ続けているような気がします・・・(苦笑・・)
パリでマカロンを食べて、台湾でラーメン食べまくり、万里の長城で串焼き食べて
ニューヨークで巨大ホットドックを食べまくり・・・・

うーーーん、本当になおは・・・歴代プリキュア最大の「大食いチャンピオン」になれそうな予感があります・・・

そうですね・・・・

是非是非ハピネスのゆうゆうと一緒に
「プリキュア特番!! なおとゆうこが巡るふたりは大食いの旅!!」という企画に是非是非出演して欲しいと
思います!!
ゆうゆうの場合、よく「大食いキャラ」とか言われるのですけど
どちらかというと・・・・
なおは、質よりひたすら量のタイプ・・・
インスタントラーメンだろうが高級食材を使用したふかひれだろうがキャビア丼だろうが吉野家の牛丼特盛だろうが
何を食べても「おいしい、おいしい・・!!」という感じなのかもしれませんけど
ゆうゆうの場合・・・・
量もそうだけで、どちらかというと「味」を追求するタイプなのかもしれませんよね。

記念写真のなおは・・・ほぼ全て食べ物を手にしていましたね・・・・(苦笑・・)



2420f8e9_convert_20151110225102.jpg



というか・・・・

なんでこんなアマゾン川流域にまでアカオーニが押し掛けてくるのか・・・
「おまえはストーカーか!!」みたいな余計なツッコミはおいておいて、
確か・・・
ジョーカーから
「今度もしもプリキュアに敗れたら後がない・・・・ピエーロ様がお怒りになる・・」という警告を受けていたにも
関わらず
プリキュア達との記念写真にちゃっかり紛れ込んでしまうアカオーニは、やっぱりポンコツ幹部・・・(苦笑・・)

今回はアマゾン川のピラニアがアカンベエにされてしまいましたので
戦いも水中の中・・・・
と思っていたら・・・キャンディの計らいでいつのまにか全員「マーメイド」になっていましたね・・
マーメイドというと当然現役の姫プリのみなみ様がそうなのですけど、他にもプリキュア5で
「うららの歌声を取り戻せ」の回でも、のぞみ達は人魚の姿になっていましたね。
(タコになっているココがなんか可愛い・・・・)

というか・・・・

水の中で「ピースサンダー」という電撃を放って全員を感電死させているピースのポンコツさが
実にいい味出していますよね!!




e08ca5fe_convert_20151110224427.jpg



そして・・・・

ついに・・・所定のデコルの数が揃い、何か「奇跡」が起きたかと言うと・・・・

何やら「時計」らしきものが出てきました・・・

キャンディが「これ、なにクル・・??」と呟いたところで番組が終了したのですけど
その次の瞬間・・・
バンダイのCMで
「それはロイヤルクロック」といきなり宣伝が始まり、
あの時は・・・・
とにかくアニメ本編とCMの粋な連携になんか思わず笑ってしまい、
「やられた!!」と思ってしまいました!!

いやーーー、こういう所にもスマイルの「自由さ」があって実にいいですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そういえば、彼女たちはほぼ楽しい面白いな話が割合を占めて
いましたよね~
私はどたばたした話とか好きなので大好きなんですよね
でたま~にキュッと閉めてくれるとそれまでとの対比で
うるっときちゃいますよね

見ているだけでまるで一緒に遊びに行ってるように
思っちゃってウキウキでしたね~

プリキュアは世界へと。

この回では、みゆき達がふしぎ図書館の本棚で世界各地に行くというものですが、ハピネスチャージにおいてめぐみ達がクロスミラールームを経由してハワイに行く回や、ゆうこ(キュアハニー)が世界各地をまたにかけるところはそれを思い出しました。
なおの大食いときては、つぼみ以外のピンクチームやえりか、ゆうこ(大食いではないが)と同等の食べっぷりようなものです。「プリキュア界のギャル曽根」とか異名が出そうな予感がしていました。やよいにしても、水中でピースサンダーという仲間の危険も顧みないような行為はどうかと…。みゆき達がデコルでの人魚化したように、プリンセスの16話でみなみがキーの力で人魚化したら面白いと思いました(みなみだけでなくはるかやきららも)。
ラストに出てきたアイテム、直後のCMにおいて「ロイヤルクロック」というネタバレときましたか…。ロイヤルクロックのようなアイテムはプリズムホーピッシュ(無印)に始まって、主に、
MH:クイーン・チェアレクト
HC:ハートキャッチミラージュ
スマイル:ロイヤルクロック
ハピネス:シャイニングメイクドレッサー
プリンセス:ミュージックプリンセスパレス
と続いてきました。

キャラソン

三長-みつなが- 様


そうですね・・・

正直、自分はプリキュアはDVDは結構買いますけど、サントラ盤・キャラソン関連のCDはほとんど
買わないのでその辺りは・・・
正直・・全く詳しくないです・・
というか・・・そこまで「少ないお小遣い」が廻らない・・という感じですね・・(苦笑・・)
楽曲で言うと
お勧めは・・
ドキドキプリキュアのキュアソードが歌う「こころをこめて」と
ハピネスの映画の挿入歌の「勇気が生まれる場所」
ですね!!
ま・・・プリキュアの歌は名曲が色々と揃っていますからね。

Re: プリキュアは世界へと。

鎌倉快速 様


いつもコメント頂きありがとうございます。

そうですね・・・

フレッシュもせつなが仲間に加わって以降は、瞬間移動が出来るようになっていましたので
「合宿」に行くのも瞬間移動でしたけど
ハピネスの合宿の場合、電車を利用していましたので、こういうシリーズでの違いと言うのも
何か面白いものはあると思いますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2563-818a5f4d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |