プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の姫プリの二週間ぶりの放映に至るまでの二週間近くは、なんか
「いくらなんでもはるか可哀想・・・いくら記憶喪失状態とはいえ、カナタの、プリンセスになんてなるなーっ!!の
あの言葉はなんて残酷な言葉・・
あの言葉は・・・はるかの存在自体を否定しかねない大変重たい言葉・・」
みたいになんかモヤモヤした状態が続いていたのですけど
先日の11/8の放映でこの「モヤモヤ感」は一気に晴れてしまいました!!

まさに・・・

霧がもや~っとかかっていた状態に、お日様の光がパーーーっと差し込んできたみたいな感じでした!!

ま・・こういう展開は、勿論ほぼ完璧に予想が付いていましたし
あまりにも予想通りの展開すぎて、逆に少し拍子抜け・・みたいなところもなくはなかったのですけど
とにかく・・
はるかが「自分の原点」をはっきりと思いだし、そして自覚し、見事に「復活」してくれた展開は
まさに「これぞ伝統のピンク系らしい立ち直り!!」に相応しいもので、
本当に・・・
私の心はあの放映でもって完璧に吹っ切れた!!という感じでした!!

そうですね・・
本音を言うと・・・
10/31に待望の公開となった姫プリの三本立て映画なんかも
自分自身の業務が多忙になる前に「時間に余裕があるうちに早いとこ観ておこう・・」という感じだったのですけど、
あの後味の悪いモヤモヤした状態でフローラを軸とした映画を見るのは何か嫌だな・・と思っていました。
だけど・・・
そんな感じで、11/8の放送でとにかく私の気分は「晴れ晴れ」としたものになりましたので
ノリノリの気分で11/10に姫プリの映画を観ることが出来ました!!
ま・・あの映画の感想等については、日曜あたりの記事でネタバレにならない程度に簡単に
書いてみたいと思います。

ま・・・、だけど今回のはるかの「復活」ですけど
これは考えてみると当たり前の話!!
そうですね・・・・カナタのあの言葉はカナタ自身の記憶喪失とカナタの「優しさ」ゆえの言葉であり
記憶を失う前のカナタの「本音」では無い事は明々白でしたからね!!
そして・・・
なによりも聡明で誰よりもまっすぐなはるか自身が
「それでは元々私はなんのためにプリキュアとして戦っていたのか・・・」
「そもそも私の夢ってなんだったけ・・・」
「私は・・・とにかくプリンセスになりたい!! それが私の夢! 否!! 私そのもの!!」と気が付くのは
正直・・・時間の問題という感じでしたからね!!

だからこそ・・・

あの回のはるかの

「私ね、夢があったからここまで来られた。皆とも出会えた。
 夢をなくすなんて…諦めるなんてできない!!」
「たとえカナタに「やめろ」って言われても、私はプリンセスを目指すよ!!」
という言葉は本当に尊いものがあると思うのです。
さてさて・・・
ここでどういう点が尊いかと言うと、
はるかは別にカナタの
「傷つく君を助けたかった…ただそれだけだったのに・・・ボクが一番、君を傷つけてしまった!」などという言葉に
反応した訳ではないのです!!
それは・・
はるか自身が「自分はこうなりたい!!」・「元々私はこういう夢を持っていた・・・そして今でもその夢を叶えたいと願っている」と
心から願っていた事であり、
自分自身で自分のメンタルの問題を解決したという「自力救済」の姿が実に尊いと私は思うのです。

そうなんですよね・・・

確かに前回の回でカナタは「はるか、君はプリンセスなんかになるな!!」という言葉を投げつけられたのですけど
本当にはるか自身が
小さい頃からの自分の夢である「私・・・プリンセスになりたい・・」という思いを心の底から実現したいと
思っているのなら、
この程度の言葉だけで挫折する訳が無いのです!!

それに、前回の話で、クローズとかカナタが
「はるかの無茶振りとも思えるその夢がはるか自身を傷つけている」という話もあったのですけど、
これも冷静に考えてみると
人間が「これだけは何が何でも実現したい!!」と切に願っている「自分の夢」を実現させようと思う時・・・
一つや二つぐらい、挫折とか「夢」からの返り討ちというものは
絶対にあるはずなのです!!
例えば・・・
「舞台女優になりたい!!」という夢を持っていたプリキュア5のうららだって、あの2年間で何度も
オーディションに落ちていますし、
「この試合に勝てば地区大会優勝」というSSの咲の夢も、あえなく決勝戦で散っています・・・
こまちだって・・・自身の小説のダメだしをナッツから何度も食らっていますし、
ハートキャッチのつぼみだって「内気な自分をチェンジしたい」という夢と言うのか願望は・・・
何度も壁にぶち当たっています・・
ハピネスのめぐみに至っては・・・
「相手の幸せは自分の幸せ」と思っていたのに、ブルーとミラージュがよりを戻してしまい結果的に
ブルーとミラージュは幸せになったのに
めぐみ自身は「失恋・・」という大きな痛手と不幸を味わってしまい
「他人の幸せは必ずしも自分の幸せとリンクはしていない」という事に気が付くという結果にも
なっています・・

つまり・・・何を言いたいかと言うと・・・
はるかの前回の「挫折」は「自分の夢の実現」に向けての一つの通過点なのだと思います。
どんな人だって、
自分の夢を実現させようとする際は、必ず一つや二つの障害やトラブルというものは出くわすものなのだと
いう事なのだと思います。
ま・・・こんな事を書いている自分自身も・・・
10代から20代初期の頃に「何としても吹奏楽コンクールで普門館の舞台で一度は演奏したい!!」という
「夢」を持っていたのですけど
ま・・毎年毎年県大会・都大会予選で無残に散ってしまい、結果的に私自身の「夢」は実現する事は出来ませんでした。
だけど・・・
代わりに・・・
ま・・確かに負け惜しみみたいに聞こえるのかもしれませんけど
「10年間頑張ってきた」という「誇り」という財産は頂きましたし、なによりも・・・「音楽」という大変素晴らしい生涯の楽しみ
というモノを頂く事は出来ました!!
「夢」というものを実現できる人はほんのわずかだけなのかもしれないのですけど
その「夢の実験」に向けて無我夢中で頑張るその姿勢というものか・・・
後日のその人にとっての「生きざま」にもなるような気もします・・

だからこそ、はるかの一つの挫折はその通過点に過ぎず、
「自分が本当に目指しているもの・・それはプリンセスになる事・・・
そのためにはカナタが何を言おうと知ったこっちゃない!!
私は私の道をひたすら進む!!」というはるかの「自力救済」の覚醒は本当に素晴らしい事だと思いますし
大変尊いものなのだと思います!!





兄のカナタを心配してたたずむトワ・・・

あ・・・・トワっち・・・こんな夕暮れに物思いに耽っていると・・・

夕暮れ=トワイライト・・・・という事で

あの御方の記憶を覚ましてしまいますよ・・・という感じなのかも・・・??

改めてですけど、トワって・・やっぱりタレ目ですよね・・・
そしてやっぱりあの御方もタレ目ですよね・・・



47b734c5_convert_20151110204144.jpg


c5491d1b_convert_20151110204402.jpg



うーーーーん、だけどAパートのはるかの「絶望」はかなり深そうでしたね・・・

はるかのあの「絶望した眼差し」は・・まさに・・・プリキュア5【無印版】のカワリーノによって絶望の仮面を
付けられたプリキュア5のメンバーを彷彿とさせてくれましたね・・・
または・・スマイルにおいて、完膚なきまでにジョーカーに叩きのめされ
恐怖で顔面が引きつっているキュアピースそのものでしたね・・・

普段、絶対に絶望なんかしない人がたまーーにこういう絶望の表情を見せるから
余計にこういうシーンはインパクトが強いですね!!




e6faf5bd_convert_20151110204529.jpg


9a15be3a_convert_20151110204116.jpg



だけど、はるかは腐ってもピンク系プリキュアなのです!!

こんなところで・・・まだ最終決戦にも至っていないのですから、こんな所で落ち込むなんて
絶対にはるからしくありません!!
だって・・・
あなたは・・・はるかは・・・「キュアフローラ」なのですから!!
歴代の中でも特に誇り高き「ピンク系プリキュア」なのですから!!

そして・・・ここではるかの小さい頃の回想シーンが流れ、
ここではるかは「自分の原点」を思い出すのです・・・

そうなんですよ!!

はるかにとっての「夢」とは第一話冒頭から提示されている通り「私、プリンセスになりたい!!」なのですけど、
これは・・はるかにとっては単なる「夢」ではなくて
はるか自身そのものなのですよね!!

だからこそはるかは気が付けた・・・

自分の夢とは「自分そのもの」であると・・・・

そして・・・

自分と向き合った時に、自分の進む正しい道は見つかるということなのだと思います。

カナタは確かに第一話冒頭で「なれるさ・・!!」と言うのですけど
あれは・・
あくまで「本当になれるの・・・?」と小さいながらに悩むはるかの背中をそっと押してあげる事でありますし
同時に、カナタが「はるかの夢」のきっかけを与えてくれたとという事になるのですけど
それはあくまで「動機」・「きっかけづくり」であって
「私・・・プリンセスになりたい!!」と心から願ったのは、あくまではるか自身なのです!!
だからこそ、はるかにとって前回カナタのあの言葉は確かに残酷で重たいのですけど
それは・・・
究極の所・・・はるかにとっては「どーでもいい事」なのだと思います。
なぜなら・・・
その夢の実現を決意したのは・・・あくまではるか自身なのですから!!

そういう「自らの原点」にこういうやばい状況の時に気が付けたはるかは本当に立派で
まさしく・・・
本当に・・・ピンク系プリキュアの鑑だと思います!!

そして改めて感じた事は・・・・はるかの夢に対する覚悟が立派過ぎる!! 素晴らしい!!という事だと思います!!

なんかこの辺りを先日見ていた時に、ふと頭によぎるシーンがありました・・・

何かと言うと、プリキュア5【無印版】の第43話にて、のぞみがハデーニャに対して
「だって、自分で決めたんだもん! 自分の夢だもん! だから・・・自分のためなんだもん!!」と言っていましたけど
要は・・・
のぞみが言いたかったことは、はるかが言っている事とほぼ同じ・・・
つまり・・
「人は自分の夢のためならなんだって出来る!!」という事なのだと思います。

うーーん、はるか、やっぱりすごいよ・・・!!

もしかして・・のぞみ大先輩の「神の領域」にまで近づいているのかも・・・・??

まったく・・この娘の「メンタル面の強さ」は半端無いものがありますね!!

余談ですけど・・・

はるかの回想シーンで登場したはるかの親父とお母さんが思いっきりお若い・・・
お母さんはすごい美人さんですね!!
私、歴代プリキュアママの中では「メガネママ」としては、つぼみママが一番美人さんかな・・・と思っていましたけど
はるかママさんもかなりの美人さんですね!!
あと、はるかの親父は若い頃は随分と痩せていましたね・・・
今の姿は・・・・幸せ太りなのかな・・(笑)
それとも・・・埼玉銘菓の「十万石まんじゅう」の食べ過ぎなのかな・・・(苦笑・・)
→おいおい、ここはプリキュアカテゴリで「浦和の調ちゃん」カテゴリではないっちゅーに・・・苦笑・・

それにしてもどうやってはるかの親父はあんな美人さんを口説いたのでしょうかね・・・

私・・気になります・・・

やっぱり、押して押して押しまくり・・・
結局は・・・・
押し倒してしまったのかな・・・・(苦笑・・・)


f425607d_convert_20151110204439.jpg


この「キュアフローラ復活」のシーンのBGMは、ハピネスでの盛り上がりシーンでよく使用されていたBGMでした!!

なんかあのシーンのあの音楽を聴くと・・・・

やっぱりラブリーなんかをついつい思い出してしまいますけど
とにかく今回は・・・
はるか=キュアフローラが本当に素晴らしかったです!!



51706c12_convert_20151110204228.jpg



そして・・・

なぜか(?)ドサクサに紛れて(??)いつの間にやらカナタの記憶喪失も回復・・・

だけどカナタは、その前のシーンで、涙を流してはるかに詫びを入れているあたりは・・・
さすが、この人は「人徳」が違いますね・・!!
まさに・・前作のどっかの神・・・・おっと・・これは神を冒涜する発言ですので(苦笑・・)
これ以上は・・・自主規制をさせて頂きます・・・

そしてこのフローラ復活→戦闘シーンで、挿入歌が流れてくるのですけど
これがとにかく効果的で素晴らしかったです!!
そうそう・・・今回の姫プリ映画でも、あの挿入歌も大変素晴らしかったですし、あれは本当に感動しました!!
ハピネスの映画の挿入歌も良かったですね!!
ラブリーの「今はまだ不器用だから・・」のあの歌詞が本当に泣けてきます・・・

みなみときららが
「私達がはるかを一人っきりにしたから・・」と珍しく凹み気味なのですけど
その時のはるかの
「でもそれって、みなみさんも きららちゃんも・・・私を信じてくれてたからですよね?」というセリフは・・・
まさに・・・
号泣ものです・・・・(大泣・・・・)
そしてスカーレットの
「まったくあなたは!落ちこんでたと思ったら、1人で立ち直るなんて…」も素晴らしかったし、
これに対するフローラの「ひとりじゃないよ、トワちゃん・・・皆がいてくれたから、立ち上がれる私がいるの!」の
セリフは・・・
まさに、この娘は・・・
「のぞみ超え」をほんの少しだけ達成した瞬間でもありました!!

とにかく・・・・この回はまさしく
フローラのフローラによるフローラのための回でした!!

最後に・・・

シャツトの「私を忘れるなぁー!!」は、
なんか笑ってしまいました・・・(苦笑・・)
最後はスカーレットに吹っ飛ばされていましたけど、ま・・・あれはシャットにとっては「本望のみっ!!」という
感じなのかな・・・(苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

キュアフローラとカナタ王子の復活。

はるかの絶望のシーンを見て思い出したものが幾つものあります。こち亀ラストシーンにおける、両さんが机で落胆しているいわゆる“自業自得ポーズ”です。はるかが変身できないところも、亜久里からキュアラビーズを没収されたマナや、アンラブリーからの精神攻撃で絶望状態のめぐみ、先のスマイル29話でのみゆき、あかね、やよい、なおがいて、「ウイングマン」においても健太が変身できなくなる回もありました。カナタによる「プリンセスになるな」宣言は視聴者の間で物議をかもし、とくにみなみの中の人である浅野真澄さんはツイッターで「いっそ固いもので殴ろう」と怒りを露わにしていたといいます。これは、「ショック療法でカナタの記憶喪失を治せ」という意味で、カナタにそこまで怒りを向けている訳ではないのではという解釈もあるようで、実際にそのようなことをすればトワは「やめてくださいまし!」とくるでしょうか。カナタのその台詞は、はるかを傷つけたくない一心で言ったつもりが、かえってはるかを傷つけてしまったという…。
本話では、先代プリンセスプリキュアが登場し、「わたし達との約束を忘れたの?」とはるかに語りかけるかなと期待していたのですが、出てきたのははるか自身の回想シーンでした。幼少時代からノーブル学園への入学まで…。はるかは、幼少時代のはるかにより勇気づけられ、再びキュアフローラに変身、その変身シーンはスーパー戦隊でいう“マスクオブ”という感じでした。はるかだけでなく、カナタも記憶を取り戻し、カナタ王子として復活を遂げ、トワと正式な再会を果たすところ、感動的なシーンでした。
はるかが変身してから流れた挿入歌のタイトルは「プリンセスの条件」で、プリンセスプリキュアED曲のカップリングといいます。ちなみに映画ハピネスチャージの挿入歌は「勇気が生まれる場所」です。
ここにキュアフローラ、そしてカナタ王子が晴れて復活、トワは歓喜しカナタに涙、はるかはもう絶望することはないでしょう…。半分以上を消化した「Go!プリンセスプリキュア」、今後の展開に期待しましょうか。

Re: キュアフローラとカナタ王子の復活。

鎌倉快速 様


またまた素敵なコメントを頂きありがとうございます!!

そうですね・・こういう素晴らしい回を見てしまうと
「最終決戦もそろそろだな・・」と思わずにいられないですね。
今回は、はるかもそうですけで歴代プリキュア達も、各自の「夢の実現」のための道のりは険しく厳しく長い・・
だけど・・
強く願えば必ず実現できる!!という事なのでしょうね。

鎌倉快速 様の「先代のプリンセスの再登場」というのは確かに・・素晴らしいアィディアだと思います。
これは「なるほど・・」と思いました。
だけど・・・
はるかは他力ではなくて「自力」で今回の件にカタをつけたのは、さすが!!だと思います。

ハピネスの映画挿入歌の「勇気が生まれる場所」は本当に素晴らしい曲ですよね!!
あれは・・・
映画を見ていて思わず・・・こみあげるものがありましたね!!

>カナタの、プリンセスになんてなるなーっ!!の
>あの言葉はなんて残酷な言葉・・
>あの言葉は・・・はるかの存在自体を否定しかねない大変重たい言葉・・」

同感です。酷いですよね~。
でも考えてみたら、記憶を失う前のカナタは、「この逆の言葉」をはるかにかけていたんですよね。
プリンスカナタは、はるかの夢を認めて、はるかの存在自体を肯定してくれた人なんだと思います。

カナタと出会う前の、小さなはるかの「プリンセスになりたい」って夢は、多分、「ヒーローになりたい」って男の子が描く夢と、大差ないものだったんだと思います。
いわば、「憧れとしての夢」だったはずです。
はるかは「プリンセスになりたい」とは思っていても、本当になれるとか、本当に目指していいとか、そこまで具体的には考えてなかったんじゃないでしょうか。
カナタが「なれるさ」と言ったことで、はるかの中でプリンセスになりたいという願望である「憧れとしての夢」が、行動を伴った「目標としての夢」に変化したんじゃないかと思うんです。
はるかにとってカナタとは、いわば夢を追う「許可」を与えてくれた存在であり、特別な人だったと思うんです。
だから、「たとえカナタがなるなって言っても、私はプリンセスになる」ってはるかの誓いは、とてもとても、重たい言葉だと思うんです。

はるかの夢は、カナタの言葉によって支えられていた夢だったんだと思います。そして今回、小さなはるかの想いと再会することによって、大きなはるかが、カナタの代わりに自分の夢を認めてあげたんじゃないかって。
目指していいんだよ、きっとなれるよって。自分の夢の出発点である小さなはるかに言ってあげることで、本当に自分の夢になったんだと感じました。
本当に、素晴らしい回でしたね!

しかし、ぬくぬく先生の感想記事面白いです。各シリーズを交えて語ってるから、そのシリーズがあまり好きじゃない方でも楽しめそうです。
サービス精神たっぷりで、勢いがあって、面白おかしくて、それでいて考察が深い。私は二次小説書きです。SSはそれなりに自負を持って書いていますが、感想はハピネスからのニワカでして、あまり自信ないんですよ。だから読んでいて勉強になります。こんな記事が書けるように頑張りますね。

Re: タイトルなし

夏希 様


今回もとっても素敵なコメントを頂けて本当に感謝感激です!!
いつもありがとうございます!!
だけど本当に今回は素晴らしいお話でしたよね。
ご指摘の通り、確かに「漠然とした憧れ」→「具体的に目指す方向性の確立」という流れの中で
カナタの言葉は一つの後押し
それを最終的に、のぞみではないけど「自分の夢だもん!!」と決意したのは
あくまではるか自身ですからね。
そういう心理的モノローグも大変丁寧に描かれていて本当に見応えはあったと思います。

それと・・・

私について過剰過ぎるお褒めのお言葉・・・
いやいや、そんな事ないですよ!!
私はテキト―に書いているだけですので・・
でもそういうお褒めのお言葉は嬉しいものです。
ありがとうございました!!
どうぞ今後とも宜しくお願いします!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2562-9326648f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |