プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


全然知名度がない極めてマイナーアニメなのですけど、
「絶対防衛レヴィアタン」という作品がなぜかリアルタイムでの放映時からツボに入っていて
今でも大好きです。
プリキュアのDVDなんかに少しばかり飽きると今でもたま~に見る事も結構多いです。

魔法少女系に付き物の
熱い友情・派手な戦闘シーン・ピンチの時に生ずる新たなアイテムと魔法の力という要素は極めて少ないですけど
そのゆるさ・可愛さが
このアニメの「絶対的な魅力」だと思います。
2013年4~6月にテレビ東京系で土曜23:30から放映されていましたけど、
リアルタイムで見ていた時から、結構というかかなり好きな作品でしたね。
世間的には、ほとんど認知評価されていない作品なのでしょうけど、何か妙に印象に残る作品で、
私としてはとても気に入っている作品の一つです。
主人公のレヴィアタン役の声優さんが私がとにかく大好きな早見沙織さんというのも大変ポイントが高いと思います!

このアニメ、元々はグリーのゲームなのですけど、
主人公レヴィアタンは、
笑顔を忘れた・無口・滅多に笑わないけど心の中で爆笑している事もあるというのが
グリーのケゲーム上の設定らしいです。
またゲームのデザイン画としては、レヴィアタンも含めて他の2人も比較的大人っぽいタッチで
描かれていて、確かにこれだけを見てしまうと
「レヴィアタンは笑顔を忘れた女の子なんだなー」と思ってしまいます。
だけどアニメでは、
レヴィアタンも含めて全員子供っぽい雰囲気が強調されていますので、私としてはゲーム版よりは
アニメ版の方が断然魅力的に感じます。
またアニメ版のレヴィアタンは、バハムート・ヨルムンガンドよりは喜怒哀楽を出さないけど
微笑んだり、普通に笑ったり怒ったりするシーンが結構あり、
その笑顔がたまらなく可愛いと思いますし、
あの笑顔は、本当に素敵です!!

3人構成なのですけど(妖精シロップはいますけど・・)
知的で物静かなレヴィアタン
じゃじゃ馬系のわがままお嬢様、バハムート
天然の心優しい怪力娘のヨルムンガンドという構成もバランスが取れていて
面白いです。

「絶対防衛レヴィアタン」の特徴は、
タイトルが示唆する通り
「何かを守りたい・・・」
「あなたにとって大切なものとは何・・・??」
「大切なものを守るためにはどうすればよいのか」という
テーマが一貫して守られている点なのかな・・
だからこそ派手な戦闘シーンもそれほど必要ないのかなとも思いますし、
「守ること」に主眼を置いた今どきとしては珍しいアニメでもあるので、
それがほのぼのさ・多少のゆるさ・レヴィアタンの可愛さとも結びついて
何かたまらない魅力を発揮しているのだと思います。

そうそう、この「絶対防衛レヴィアタン」の世界観の一つとして、レヴィアタン達が暮らす惑星下においては
既に「魔法」というものは定着していて、人々も普通に魔法に接しています。
だから一般人が「妖精」なんかを見ても特に驚く事はありません。
その点、妖精の存在をとにかくひたすら隠す「プリキュア」の世界観とは少し違うものがあったりします。
だけど面白いのは、
その「魔法」というものを使えるのが女の子に限られているという事です。
だから、当然一般人の男どもは魔法を使うる事は出来ません。
(ま、厳密に言うと、バハムートの父親のような魔導師は別らしいですけど・・・)
これって何かとても面白い設定ですね!!
「魔法を使えるのは女の子だけ」というのは、何だかプリキュアシリーズの
「女の子は誰でもプリキュアになれる」という世界観と近いような感じもありますし、
この「この世界と惑星を守るのは女の子!!」という設定がとっても大好きです!!
うん、やっぱり・・世界を守るのはヒーローではなくて「ヒロイン」の方がお似合いですよね!!

2016年から放映開始となる第11代目プリキュアの「魔法つかいプリキュア」なんですけど、
それについての情報はほとんど出てきません。
あ・・・それは当然だと思いますし、むしろ・・・今までのようなアマゾン予約関連とか玩具系からの
ネタバレは自粛して欲しいような気もしますし、
できれば来年1月の姫プリの新年一回目の放映あたりまでは、あんまり開示はして欲しくないですね・・・
(現役の姫プリが放映中は姫プリに集中したい気持ちが強いですね・・)
新しいプリキュアの方向性は現段階では想像すらつかないのですけど、
一つの方向性として、
「絶対防衛レヴィアタン」のように既に「魔法」という概念が成立した世界観における物語の展開という方が
物語としてはスムーズにいくのかもしれませんよね・・
レヴィアタンに登場する3人のメインヒロインは・・・
そうですね・・・・
プリキュアに例えると・・・・

レヴィアタン→知的な青系

バハムート→わがままでやんちゃなピンク系

ヨルムンガンド→頭は悪いけど気は優しくて力持ちな黄色系

みたいな役割分担も可能かと思いますし、いっそのこと、主人公はピンク系ではなくて青系という設定も悪くはないと
思いますし、
いっその事、「レヴィアタン」の3人のメンバーを「魔法つかいプリキュア」の初期メンバー3人として
使用しても
むしろ全然違和感が無いような感じすらあります・・・(笑)



れ


このアニメ、一昨年からDVDを全巻揃えようとしているのですけど、
いかんせん、マイナーアニメで発売本数が少ないせいか、市場にあんまり流通していません・・・
そして・・・
アマゾン等で見かけてもかなり高い・・・(泣・・)

たけど先日、思いがけずアマゾンで新品中古品扱いでしたけど、かなり安い金額で出ていましたので
ついつい購入してしまい、先日無事に商品が届きました!!
今回は第5巻でした。
残りはあと3巻です・・・果たしてコンプリート出来るのかな・・??

この第5巻には、アニメ本編の第9~10話が収録されていています。


3c1ea25a_convert_20151110132244.jpg



かなり古い記事ですけど、確かこの第5巻の第10話については語っていると思いますので
今回は第9話について
ほんの少しだけ語ってみたいと思います。
(というか・・今時レヴィアタンの話をする人っているのかな・・??)

話の概要を簡単に記すと・・・

第8話で、自身の槍を奪還するための戦いにて、手に傷を負ってしまったレヴィアタン・・・
その傷を癒すためラジマ火山までやってきたレヴィアタンたちは、宿屋を見つけ一泊することにしました・・・
豪華な料理やふかふかの布団、マッサージと至れり尽くせりだが、肝心の温泉は何故かわずかな水位しかなく、
湯量が減っている原因はわからず、客足も遠のき、このままでは、代々受け継がれてきたこの宿屋自体が閉鎖という事も
十分あり得るというほどの危機的状況がありました・・
さてさて・・・
その会計の際に、バハムートがなんと・・財布を落としていて持ち金ゼロ・・・
結局・・・
「宿代払えないなら、働いて返せ―!!」という大変古典的なオチで落ち着き、
レヴィアタンたちは、宿の清掃・薪割・食事や配膳の準備や水の汲出しなどをやる羽目になってしまいます・・・
その際、ではなんで「温泉が枯渇しているかというと、それは火山の主の身に何かが起こったからではないのか・・」という
推測の下、
それでは一度火山の主に会いに行って来よう・・・
そういう流れになっています。

ま・・・とにかくこの回は、前回までの野宿とか戦闘シーンで疲労したレヴィアンたちが温泉宿で
癒されるというのがメインになっていて
宿でくつろぐあの3人の女の子たちがとっても可愛かったですし、浴衣姿がとっても似合っていたと思います。
うーーん、なんかこういう「温泉宿」を見てしまうと
なんか自分自身もたまーーには、草津とか伊香保とか熱海等の温泉に行きたくなってしまいますね!!



65dc238a-s_convert_20151110133235.jpg



疲れ果てて、野宿を嫌がり
「野宿やだ、やだ、やだーーっ!!」と駄々をこねるバハムートがとっても可愛いけど
この子は・・・一応は・・火の属性の魔法使いでもあります・・・(苦笑・・)
ま・・この子は・・第12話で明らかになるのですけど、結構重たい「秘密」も抱えていたりもします・・



664656c2-s_convert_20151110133023.jpg


浴衣姿の3人はとっても可愛いですね!!

こうやって見ると・・・ホントまじで、この3人は、ピンク・青・黄色の3人の魔法つかいプリキュアの初期メンバーでも
全然違和感ないと思います。
ま・・3人とも魔法使いですしね・・・・

浴衣と言うと普通は裾が長いみたいなイメージもあったりするのですけど
なんかこういうミニスカートみたいな浴衣も悪くはないですね!!



f7caee71-s.jpg



あ・・・そうそう、レヴィアタン達はなんでこんな長旅をしているかと言うと、
確か話の流れとしては、
「防衛隊としての強化合宿」を兼ねてバハムートの別荘行のボディーガード&荷物持ちという感じでしたよね・・
なんかこのあたりは、すっかり忘れていました・・・



829a98dd_convert_20151110132421.jpg


宿代の代りに肉体労働で宿代を払う羽目になったレヴィアタン達ですけど、
やっぱり・・お嬢様育ちのバハムートはほとんど役たたず状態・・・
ま、その代わりをレヴィアタンとヨルムンガンドが立派に穴埋めをしてくれていました・・・

珍しく髪をアップにして廊下磨きに励むレヴィアタンがとてつもなく可愛いです!!

そうそう・・・このアニメでただ一人「進化」という魔法のレヴェルアップを果たしていたのは
レヴィアタンただ一人だけなのですけど、
進化の際の「変身」時だけ、髪が金髪になるのはとても見栄えがしていました!!



e9b24c13-s_convert_20151110133123.jpg


そうそう・・・これがあの名物料理「火山カレー」でしたね!!

このカレーは・・・実は第10話で火山の主の活力回復に相当の貢献をする事となります。

あー、なんか見ているだけで懐かしくなりましたね!!

ま・・・間違っても第二期とか続編はないと思われるのですけど、
グリーのゲームの方はまだ細々と続いているようですので、
何かの間違いで第二期が制作されたら、とっても嬉しいですね!!
ま・・・グリー自体、2年前の放映時と異なり、かなり会社自体の経営もうまくはいっていないようですので
それは無理っぽいですね・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

かわいい絵柄ですね~

こういう単純だけどちゃんと日常
(宿代の換わりに働いて返せですが 笑)を描いてるのは
いいですよね~

バトル冒険ものはアクションもだけど何気ない日常のほうも
楽しいですよね

レヴィアタン

名無し 様


レヴィアタンに関するコメントを頂きありがとうございます!!

このアニメ、世間一般にはほとんど知られていないので、こうやって褒めて頂けることは
大変ありがたいものがあります。
このアニメは、戦闘シーンは正直・・・「強い」という感じは全く無いのですけど
日常パートに比較的重点を置いているせいか、その「ゆるさ」も大変効果的で
私は今でも好きな作品の一つですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2559-eaae14ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |