プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7.玉川学園高等部


 B/アルメニアンダンスパートⅡ~第三曲・ロリからの歌(A.リード)


 玉川学園(玉川大学)というと・・・
 個人的には・・・とてつもなく「高い学費」とか「お金持ちの家の子供が通う学校」みたいなイメージがあります・・
 高校2~3年の頃って、各教室に「蛍雪」という名前だったかな・・?
受験とか大学の宣伝とかそうした事が掲載されていた月刊誌が各教室に配布されていて
 当時、「卒業したら何が何でも地元を離れて都内の学校に進学したい・・・
 だけど、後々のしがらみも嫌だから、とにかく親の負担を少なくするような安い学費とか入学諸経費が極力安い
 学校は無いか・・・」と思っていた自分なんかは、
 結構この雑誌は色々と参考になる事もありました。
 そして色々と自分で調べている内に、都内の私立でも学費に関しては、随分と安い学校もあれば
 そうですね・・・・
 この玉川学園のように目ん玉が飛び抜けてしまうほど学費や入学諸経費・寄付金等がある学校もあるもんだ・・・とい事に
 気が付いたものでした・・・
 ま・・・結果論になりますが、
 自分自身は、ま・・・確かにポンコツ大学ではありますが、
 とにかくやたらと知名度と伝統と卒業生の多さは光り輝いている学校にパスし、その毎年の授業料ですけど
 確か・・当時前期18万 後期16万と結構お安く
 母親からも・・・
 「ふーーん、あんたの学校は国公立と大して変わらない、むしろ国立よりも安いくらいね・・・・
 おバカさん学校だけど、それは感心、感心・・」と半分嫌味の(?) 言葉も言われたくらいでした・・・
 当時、「玉川学園」なんて学校は正直・・・全然知らなかったというか聞いた事すら無かった・・という感じでした。
 ま、もっとも高校生当時は田舎の東北在住だから、それは仕方がないのですけどね・・・(苦笑・・)
 「玉川学園」という知名度が一気に上がったのは・・・
 ま・・・これを言うと、「またまた年がバレてしまう世界」なのですけど、
 1981年当時、「セーラー服と機関銃」で大ブレイクした薬師丸ひろ子が進学先として選んだのが玉川学園の
 系列の「玉川大学」だったのです。
 (確か、英米文学部という学部だったような記憶が・・・)
 なんか薬師丸ひろ子がきっかけで「玉川学園」・「玉川大学」の名前を知ったという方は・・
 自分達の世代の人達では結構多いような気がします・・・
 1981年当時、薬師丸ひろ子というと・・・
 なんか当時私が通っていた「男子校」では、圧倒的に人気が高かったような印象があります。
 当時結構色々な人が「カイカン・・・」みたいなネタをやっていましたね・・・・(苦笑・・)
 ま・・・「カイカン・・」なんてネタは現在の若い世代の人たちに言っても何の事やら分からないでしょうから
 この辺で止めておきます・・・(苦笑・・)
 だけど、当時薬師丸ひろ子が、「もしかして最初で最後の出演・・・?」と言われたTBSの「ザ・ベストテン」という番組に
 出演して「セーラー服と機関銃」を歌うという事が事前に告知されていた時は・・・・
 私の高校の雰囲気は、なんか朝からざわざわしていて
 どいつもこいつも「早くPM21:00にならないかな・・・」とか何とか言っていたくらいでした・・・
 ま・・・当時は、今現在のようにYou Tubeとかアップされた動画はおろか、テレビの録画ですら、まだそんなに各家庭に
 普及していない時代でしたから
 ああいう貴重なシーンは、「リアルタイムで一度きり!!」・「リアルタイムで目に焼き付けておく!!」が鉄則でしたので
 男子校の山猿生徒たちは、朝から夜のリアルタイムでの放送を「今か、いまか・・」と待っていたのでしようね・・・・
 うーーーん、なんて平和な時代!!
 まさしくこれぞ「昭和!!」という感じですね・・・(苦笑・・・)

あ・・・なんか前振りが長くなってしまいました・・・・(苦笑・・)

 1980年の玉川学園高等部の演奏でしたよね・・・

 この年の玉川学園は、もしかしたら例年とはやや異なるなにかプレッシャーみたいなものはもしかしたら
 あったのかもしれません。
 この学校は前年の「戸外のための序曲」で4年連続金賞を達成、そしてこの年に全国大会で
 金賞を取れば「5年連続金賞」という偉業を達成し、吹奏楽連盟からの表彰&20分間の特別演奏のお披露目という
 「栄誉」を与えられることになります。
 ま、今現在では、この「5年連続金賞」という制度自体が廃止になり、特別演奏という特別なステージも無くなったのですけど
 過去においてこの偉業を達成したのは
 淀川工業・秋田南・弘前南・習志野・銚子商業・天理・札幌白石だけなのかな・・・??
 とにかく、この5年連続金賞というのは、達成が大変難しくとてつもなくハードルが高い素晴らしい栄誉なのだと
 思います。
 兵庫の尼崎吹奏楽団にいたっては・・・過去に2回も「4年連続金賞」を達成しながら、5年目に2回とも
 まさかの銀賞で終ってこの「5年連続・・・」を逃したチームだってありますし、
 4年連続金賞を実現し、「あと1年で・・」という王手まで掛けながら逃したチームは・・・
 淀川工業・愛工大名電・福岡工大付属と色々ありましたよね・・・
 そんな中・・・全国大会に出場したのは5回のみで、その5回がいずれも連続金賞のため、
 5年連続金賞の栄誉に輝き、その校名を永遠に吹奏楽史に残すことになったのは弘前南ですけど、
 弘前南は、多分ですけど・・・
 高校の部で「5回以上全国大会に出場しているけど全て金賞、金賞受賞率100%」というある意味驚異的な数字を
 残して、表舞台から姿を消してしまった学校だって実はあったりもします・・・

 そんな中での玉川学園高等部の演奏でしたけど、
 そうですね・・
 一言で言うと、そんなプレッシャーなど微塵も感じさせない素晴らしい演奏を聴かせてくれ
 何の迷いも無く一直線に駆け抜けていき、その結果として無事にこの年も金賞を受賞し、
 無事に5年連続金賞の偉業を達成しています。
 翌年の「特別演奏」ですけど、都大会ではA.リードの第二組曲の全曲版を聴かせてくれていたのに
 なぜか全国大会では、合唱曲ばかりお披露目し
 「おいおい、ここは吹奏楽のコンクールで合唱コンクールではないじゃん・・」みたいな事を言う人もいましたね・・・
 だけど最後の曲のシベリウスの交響詩「フィンランディア」はとても素晴らしい演奏でした!!
 だけど玉川学園高等部は、この後なぜか15年以上もコンクールに出る事はありませんでした・・・
 吹奏楽部は存続していましたけど、なぜかコンクールへの出場はしていなかったようです・・・

 この年の課題曲B/南の島からですけど、出だしがトランペットのソロから開始されるという事もあり
 この出だしをカッチリと決めて吹く事は結構難しいと思いますし、
 この課題曲、意外とリズムがギクシャクしてしまう事が多いような気もするのですけど、
 玉川学園はこの点は大変安定していて、そうしたソロの不安感・リズムのギクシャク感は感じさせませんでした。
 だけど、意外と課題曲は淡々と進行し、どちらかというと
 技術的には大変上手いのだけど無表情みたいな印象を与えてしまったのはマイナスポイントなのかな・・とも
 思います。
 そうですね・・・言葉は大変悪いけど課題曲ですこーーし手を抜いてその分有り余ったテクニックとエネルギーを
 自由曲で一気に爆発させてしまった!!みたいな雰囲気があったと思います。
 自由曲のリード/アルメニアンダンスパートⅡは、とてつもない素晴らしい名演だと思います。
 ま・・・確かに人によっては
 「あれはいくらなんでも乱暴極まりない演奏・・」
 「とても4年前にドビュッシー/三つの夜想曲~Ⅱ.祭りのあの繊細でひそやかな演奏をしたチームとは
 同じとは信じられない・・」
 「テンポが速すぎ・・・・!! とにかく煽って煽って煽りまくった演奏・・・」
 「結果的に金賞なのだけど、あれは勢いだけでかっさらっていったもの」
 などのように否定的見解もあるかとは思うのですけど、
 私の意見としては・・・
 とにかくスピード感と爽快感と切れ味の鋭さは素晴らしい!!
テンポか速すぎるというけど、よーーく聴いてみると中間部だってしっとりと歌い上げているし
 冒頭の悲壮な重厚感の表現も素晴らしい!!
曲全体としても、きちんと静と動の対比、強弱のバランスが見事に取られているから
 そうした否定的見解は的外れ!!という見解です!!  

 普通、この曲を演奏する場合、ほとんどのチームはどこかの部分をカットする事が多いと思います。
 一般的にこの曲の名演と言うと、1979年の浜松工業を挙げる事が多いと思うのですけど
 浜松工業は確かにその洗練さとサウンドの輝きは大変素晴らしいものがあるのですけど、カットが大変豪快で
 中間部を謳い上げてホルンの二重奏が終わったと思ったら、いきなり曲の終結部に飛んでしまい、印象としては
 尻切れトンボみたいな雰囲気もあったかとは思います。
 玉川学園高等部の場合・・・
 なんと・・・
 この年の演奏は、この曲をノーカットで臨んでいます!!
 これは実はすごい冒険と賭けだったようにも思えます。
 だって難い曲はマーチみたいな短めの曲を選んでいないし、課題曲と自由曲の間をつめても
 7分半程度に収めないと「タイムオーバー失格」になってしまうし、
 この賭けはなかなかの冒険だったと思います。
 ましてや・・・この年は前述の通り、5年連続金賞がかかっていましたから、本来はあえて冒険をしないで
 どこかをカットしても別に仕方は無い事だと思います。
 この曲のノーカット版の演奏としては、
 1990年の金山学園という例もありましたが、あれは課題曲が「マリーンシティ」という2分半程度のものだから
 実現可能と思われます。
 だけど玉川学園は一切カットをしないで、駆け抜けていきました・・・
 あの英断に対しては・・・私は心の底から敬意を表したいと思います。
 冒頭が大変重厚で重苦しい雰囲気なのですけど、これがなんかいかにも「農民の嘆き」みたいな雰囲気を
 十分に伝えていて、とても素晴らしかったです。
 アレグロに入ると・・・
 とにかく速い、速い、速い・・・!! だけど速いのだけど音楽自体は崩壊していないし、適度な緊張感もキープしていますし、
 1979年の尼崎西のような「煽りまくった猪が突進するような演奏」ではない所がすごいと思います。
 そうそう・・・この年の玉川学園のサウンドの透明さ・音の洗練さはまさに「一つの極限」に達していて
 あんなにテンポを速めに設定し飛ばしに飛ばしていても
 少しも「煩い!!」と感じる事はなく
 サウンドがとても美しく響いているものですから、逆に「洗練された印象」すら与えてしまいます。
 そうそう・・・
 自由曲全体を通してシロフォーンの硬質な響きが実にいい味を出していると思いますし、
 シロフォーンの硬質な甲高い響きが曲全体の中で大変見事なアクセント効果を出していると思います。
 そして中間部のしっとりとした歌いかたがもう・・本当に感涙ものです・・・
 あのしっとりとした「お涙ちょうだい・・」みたいなさめざめとした演奏は・・
 前半の壮絶なスピード感との対比という意味で大変斬新で鮮やかなものがありました!!
 あのクラリネットの美しい音色は、とてもこの世のものとは思えないはかなさもありましたし、同時に
 色気も感じられ、あれは本当に「美的限界」を超えた演奏だと思います!!
 中間部の最後を締めくくるホルンの二重奏も大変素晴らしかったです!!

 だけど・・・

 玉川学園がすごいのが、ここから先があまりにも超絶的演奏のオンパレードで、
 とにかく「こいつら・・人間なのか・・!?」という世界を聴かせてくれています・・・
 
 ラストに向けての追い込みもお見事だったと思います!!
 こういう壮絶な演奏は往々にして後半息切れというパターンが目立つ中、そうしたパワー不足とか息切れという
 現象は全く無く、
 中間部でしっかりと金管セクションが休んでエネルギーを充当し、再度後半の追い込みで
 エネルギーを大爆発させてくれたのは素晴らしいと思います。
 後半のホルンの雄叫びもほぼ完璧に決まっていました!!
 トロンボーンのあの強奏状態での
 「はもりの美しさ」は・・・・あれは本当に「伝説の名演」に
 相応しいと思います。

 最後まで一直線で何の迷いもためらいもなくひたむきに駆け抜けてくれた素晴らしい自由曲だったと
 思いますし、
 5年連続黄な賞のラストを飾るのに相応しい演奏を聴かせてくれたと思います。

だけど・・・・・

 最近では、アルメニアンダンスはあまり演奏されないのが残念すぎます・・・・

 この曲の現代の奏者の感性から捉えた素晴らしい演奏も是非是非聴いてみたい気もしますし
 「古きを訪ねて新しきを知る」というのも
 良い事て゜はないのかな・・と思うのですけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2558-32c57c96
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |