プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


3.前橋商業高校


  A/吹奏楽のための鄙歌第2番(小山清茂)


  前橋商業と言うと、私のようなオールド吹奏楽ファンの感覚で言わせて頂きますと
  大木隆明先生指揮による小山清茂作品を日本情緒たっぷりに演奏するというイメージだと思います。
  いやいや、古今東西、小山清茂の作品を演奏させてこの大木先生=前橋商業の名演を超えたチームは
  ないと思いますし、今後も間違いなくあの素晴らしい名演を超える演奏は
  多分・・間違いなく出てくることはないと思います。
  それほどまでに大木隆明先生指揮による小山清茂の作品の演奏は素晴らしいと思います。
  多分・・・・小山清茂のあの独特な鄙びた和の世界・・・日本情緒たっぷりの日本人が忘れかけた素朴な歌の世界に
  指揮者・奏者の全員が心の底から深く深く共感して演奏していたのだと思います。
  ああいう「深い共感」が無いとああした演奏は出来ないのではないか・・とすら思ってしまいます。
  それほどまでに大木ワールドというものは、まさに小山清茂の世界そのものだったような気がします。

  大木先生は、1977年の「吹奏楽のための鄙歌第1番」を皮切りに1980年までの4年間は
  ずーーっと自由曲は小山清茂の作品を演奏し続けています。
  もしかして・・・
  同じ指揮者が4年連続して同じ作曲家の曲を演奏するというのは、大木隆明先生以外いないのかも・・・??
  本当にこの先生は、心の底から小山清茂の作品に心から共感していたのだと思いますし、
  そうした大木先生の姿勢に共感し素晴らしい演奏を4年間に渡って演奏して頂いた当時の前商吹奏楽部の
  部員の皆様に心から敬意を表したいと思います。
  大木先生は、77年以前には
  レスピーギの交響詩「ローマの松」の西洋のアレンジものとか
  チャンスの「朝鮮民謡の主題による変奏曲」みたいなアメリカ吹奏楽オリジナル作品を演奏された時期も
  あったようですけど、
  そうですね・・・正直感想としては・・・「特に何も伝わってこない・・・平凡な演奏」という感じです。
  渡辺浦人の交響組曲「野人」を演奏された事もあったようですけど、残念ながらこの演奏は聴いた事がないものでして
  感想は書きようが無いです・・・

  77年の鄙歌第1番も悪くはないのですけど、
  印象としては・・・法螺貝等少し特殊楽器の効果に頼り過ぎたのかな・・という感じもありました。
  78年の「能面」は、まさに大木=小山ワールド炸裂!!という感じで、あの独特な陰気でおざましい雰囲気を
  大変粘りのある音で表現出来ていたと思いますし、男声コーラスの部分とかラストのティンパニ奏者4人による
  不思議な響きは・・まさに「幽玄の世界」でした。
  反面、課題曲A/ジュビラーテのいかにも「アメリカ」のノリと大木先生のサウンドは水と油みたいなものですから
  課題曲に関しては・・・正直・・・ミスマッチ感満載の演奏でした・・・
  そして・・・
  大木先生=前橋商業の真価は・・・
  79年の「吹奏楽のための木挽歌」と80年のこの鄙歌第2番で遺憾なく発揮されます。
  結果として、指揮者が翌年から後退したという事もあり、前橋商業はこの年を最後にあれ以来一度も
  全国大会には出ていないのですけど
  あの木挽歌と鄙歌第2番のあまりにも素晴らしい名演を残してくれただけでも
  私は、前橋商業の名前は永遠に私の心の中に刻み続けられていくのは間違いないと自分自身
  確信しております。

  さてさて・・・この年の前橋商業の演奏ですけど、実に幸運だったのはこの年の課題曲A/吹奏楽のための花祭りは
  小山清茂作曲でして、
  当然ながら前橋商業は課題曲はAを選択し、
  課題曲と自由曲が共に同じ作曲家の作品という珍しい事をやってのけています。
  そして、これ実に凄い事なのですけど
  花祭りも鄙歌第2番も曲の方向性は大体似たような感じなものですので、課題曲も自由曲も
  同じような感じの曲が続く事になり
  「正直・・・少々だれるのかな・・」という懸念もあったのかもしれませんけど、実際の演奏は
  課題曲の静、自由曲の動という対比が極めて明確に対照的に描かれていて、同じ作曲家の曲を演奏しながらも
  きちんと両者の違いを描き分けていたのは本当に素晴らしい事だと思いますし、実際これは
  中々できる事ではないと思います。

  課題曲A/吹奏楽のための花祭りは、前述の通り「静」の世界を描ききっていたと思うのですけど
  こちらは・・・感覚としては・・・・そうですね、まさに「枯れた音楽の世界」だと思います。
  これは・・もしかして和の「わびひなの世界」に通ずるものがあると思います。
  これはあくまで私の感想ですけど、課題曲Aの演奏としては、全部門を通して最高の演奏だと思います。
  音が実に素朴で、特にオーボエ・フルートの木管楽器のソロはまさに・・最高の感銘度だったと思います。
  これ・・すごいですよね・・・「音」だけで和の鄙びた世界を完璧に描き切っているのですよ・・・!!
  テンポがややゆったりめに設定されているせいもあるのですけど、とにかく高らかに高度な感覚の次元で
  歌い上げているという感覚で、
  とにかく聴いているだけでなんか・・・神社仏閣にお詣りをしてきたかのような感覚になってしまいそうです。
  ラストのオーボエソロも実にお見事・・・!!
  気のせいかもしれないのですけど、このオーボエソロのピッチがいく分高めに設定されているような気も
  したのですけど、その高めのピッチが実に枯れた感じを演出してくれていて
  とてもよかったです!!
  余談ですけど、この年の高校の部はこの課題曲Aを選ぶチームがかなり多かったのですけど
  前橋商業ほど枯れた感覚の演奏は一つもなかったと思います。
  そうですね・・・例えば兵庫高校とか高岡商業の課題曲Aは、いかにも現代風というか、
  かなりメカニック的に音を扱っていたのですけど、
  改めてですけど、同じ「楽譜」を使用しながらも、指揮者の解釈によって同じ高校生の演奏でも
  こんなにも演奏スタイルに違いが出てくるもんだ!!と感じたものでした。

  自由曲の「吹奏楽のための鄙歌第2番」も素晴らしかったと思います。
  あそこまで高度な感覚の音楽を聴かせられると・・
  正直・・・ぐーの音も出ないというか
  「なんか下手な所はないか・・」みたいなヘンなあら探しとか揚げ足取りみたいな感覚は無くなり、
  純粋にこの「枯れた音楽を楽しもう・・」という感覚にさせてしまうのは本当に凄い事だと思います。
  課題曲と異なり、打楽器をかなり大胆に使用し、金管楽器もかなり鳴らせる部分とか
  ダイナミックス満点な部分もあり、
  全体的に「動」という側面が強いようにも思えます。
  だけど前橋商業は、静の枯れた感じも出来るし、ダイナミックスな「「動」の音楽でも「枯れた感覚」はきちんと
  聴衆に伝えているし
  やっぱりすごいな・・と改めて感じてしまいますね。

  この「吹奏楽のための鄙歌第2番」は元々は管弦楽作品でして、タイトルも「管弦楽のための鄙歌第2番」です。
  その原曲を指揮者の大木先生が吹奏楽用にアレンジしたものが
  この「吹奏楽のための鄙歌第2番」なのです。
  確か・・・この曲は四曲構成となっていて、
  Ⅰ.和讃 Ⅱ.たまほがい Ⅲ.ウポポ Ⅳ.豊年踊りから構成されていたと思いますが、
  前橋商業はⅡ・Ⅲ・Ⅳの部分を演奏していました。
  ちなみにこの「管弦楽のための鄙歌第2番」ですけど、元は日本フィルからの委嘱作品でして、
  私自身も日本フィルの創立50周年だったかな・・・?その記念すべきガラコンサートで、この鄙歌第2番を聴く機会に
  恵まれましたけど、とても素敵な曲でした!!
  ちなみに小山清茂は「管弦楽のための鄙歌第4番」・「吹奏楽のための鄙歌第5番」も作曲されているとの事ですけど
  この二曲は聴いた事がありません。

  前橋商業の鄙歌第2番ですけど、Ⅱの素朴な歌い方が実にうまいですね!!ミュートを付けたトランペットが
  実に素朴な味わいを演出していますし、木管・・特にクラリネットの音色には、なんともいえない色気もあり
  とても情緒豊かなものでした。
  一転してⅡはダイナミックさが炸裂します。
  ティンパニのソロが実に格好いいですし、トロンボーンソロが実に惚れ惚れするくらい決まっています!!
  あの強烈なグリッサンドをノーミスで吹きこなした事自体実に驚異的だと思います、
  まさにあの部分は・・・エネルギーのかたまり・・そう! まさに「生きるチカラ」そのものでしたね!!
  適度に音が荒れているのもなんか「民衆のパワー」みたいな感じがして実にいいと思います。
  Ⅳは、ソロ楽器と全体のエネルギーの高揚感の対比が実に申し分ないと思います。
  特にファゴットのあのすっとぼけたようなソロは実に魅力的でしたし、tuttiでの木管の歌い廻しは
  やはりⅡの時と同様に色・艶が感じられとってもよかったです。

  とにかく・・・この演奏は・・・邦人作品を語る上では絶対に外すことは出来ない不滅の名演だと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2554-99fdce18
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |