プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨年あたりも確かチラッと書いた気がするのですけど、
どうも最近俗にいう「飛蚊症」という目のトラブルみたいなものが気になる時がありますね・・
この「飛蚊症」は何かと言うと、
目の前を小さな「浮遊物」が飛んでいるように見える症状の事を指します。
形状は糸状だったり、小さな粒や丸い輪というものが多いとの事ですけど、私の場合、
黒い糸状のものです。
「邪魔だな」と思って視線を変えても、その黒い糸状のものは視界に入ってきてしまい、消え去ることはありませんし、
目をこすっても目薬を差しても変化がなく、一向に消えてくれません。
そして、この症状ですけど、建物や壁やクロスなど真っ白なものを見た時とか
雲一つない状態の青空を見た際に、
そうした「飛蚊症」の症状がはっきりと自覚されるような感じがあります。

私、普段は基本的にはコンタクトを使用しています。
私の場合コンタクト歴は大変長く、かれこれ30年程度使用しています。
最近のコンタクトは当然ながら「使い捨てタイプ」が主流になっているのですけど、
実は・・・私、いまだに・・本当にいまだに・・・「ソフトコンタクト」を使っていて、しかも・・・ケア方法も
保存液だけに浸すというものではなくて
既に「死語の世界」の領域と化している煮沸方式を続けているのですよね・・・(苦笑・・)
うーーーむ、いまだにコンタクトを煮沸してケアしている人なんているのかな・・・・??
だって・・・
なんか抵抗があるのですよね・・
一日目ん玉に入れていたコンタクトをただ薬剤に浸して、それを翌日普通に装着するなんて
なんか・・今一つ「嫌だな・・」と思ってしまうのですよね・・・
感覚としては・・・・
煮沸してコンタクトに付着した雑菌はぜーーーんぶ熱で殺したい・・みたいなものがあるのですよね・・・(苦笑・・)

前述のような「飛蚊症」の症状ですけど
普段・・・というか全ての時間で発症しているという訳ではありません・・
そうですね・・・
コンタクトをはめている状態で長時間パソコンを使用した際とか車の運転をしている際に
出ることが多いですね・・・
それと・・
裸眼状態で遠くの景色を眺めている時に出る場合もあります。
やはり・・・仕事で長時間パソコンで文書を作成した場合とか長時間車を運転した場合が一番多いような
気がします。
もちろん、視界にたまーに糸くずもたいなものが出るだけだから、そんなに普段の生活に支障がある訳ではないのですけど、
車の運転をしている際は、
そうした症状が出ると、「なんか鬱陶しい・・・」と感じる事もあります。

そうですね・・・

だから基本的には仕事で車を使う際とかあまにりも長時間PCを使用した際は
コンタクトを外すようにしています。

そうそう・・

この「飛蚊症」というものは、現在の医学では治療方法は特になく、
医者に相談しても「年のせいだね・・」という一言で終ってしまうケースがほとんどらしいですね・・・
ま、実際・・その原因と言うものは、食生活や生活リズムの乱れとか疲れとかストレスとか色々あるらしいのですけど
大半は・・「加齢」が原因らしいですね・・・
実際、自分なんかも2年前にコンタクトを作りに行った際に眼科医の診察を受けた時に眼科医の先生に
「飛蚊症みたいなんだけど、なんか対策とか治療方法ってありますか・・?」と聞いたのですけど
速効で・・・
「あ・・・ないね・・・!! これは年のせいだし、誰しもがなるもんだし、あんまり気にしないで・・・」と
あっさり言われてしまい、
簡単な眼底検査でも特に異常なしと言われたので
ま・・・自分でも特に何もしていないという感じです。

だけど・・

確かに今自分が使用しているソフトコンタクトは時代遅れですし(苦笑)
なんか使い捨てというのも抵抗があるし、
それ以前になんかコンタクトを使う事が面倒くさくなりつつありますし、
前述の眼底検査の際にも
「長期間使用による眼のダメージの痕跡はある、そろそろ眼鏡に切り替えた方がいい」とも
言われていますので
そろそろ全面的に「眼鏡」へ切換えをしようかな・・・と思っています。

「飛蚊症」に関しては・・ルティンのサプリメントがいいという話は聞いた事があるのですけど
なんか漢方とかでいい薬でもあれば
試してみたい気持ちはありますね・・・






さてさて・・・・

歴代プリキュアの中にも「眼鏡キュア」さんは何人かいましたね・・(笑・・)

あ・・・だけど歴代の中でも眼鏡姿のまんまで戦った人は一人もいませんよ・・・
その数少ない例外が・・・
ハピネスチャージプリキュアの世界各地のプリキュアチームの一つ、ワンダフルネットプリキュアの2人だけでしたね・・

個人的な印象としては「眼鏡キュア」と言うとつぼみをついつい思い出してしまいますね。

というか・・歴代プリキュアの中では史上初のメガネっ娘でしたので余計印象が強いのかもしれませんよね。

だけどつぼみの場合は、結構早い段階から相方のえりかから「眼鏡は外した方がチェンジできる」とのアドバイスもあり
めがねは外している事が多く
日常的にかけているという感じではなかったですね。

そっか・・・日常的にメガネを掛けているプリキュアって・・・
スイートのアコちゃんとハートキャッチのゆりの二人だけですね・・・
ま・・・プリキュアではないのだけど、なんとなく存在がプリキュアみたいな人・・・という観点では
現役の姫プリのゆいちゃんがそうですね・・
ま・・ゆいちゃんは・・眼鏡を外すと・・・ま・・そのお顔がアレになってしまうので(苦笑・・)
ゆいちゃんは眼鏡をずーーっとかけっ放しの方がいいと思います・・・・(苦笑・・)
他には・・・・
つぼみのママとか増子美代&増子美香とかハピネスのロケット回の深大寺まみさんとか六花のママとか
ハピネスのめぐみ達の担任の先生とかは
結構印象に残っています。

だけど・・・やっぱり「めがねっ娘」というと、アコちゃんがとっても印象的ですね!!

アコちゃんは、キュアミューズになると普通の可愛いプリキュアになってしまうのですけど
変身前のあのめがねっ娘の際の可愛いかわいいあのツンデレっぷりとか
特に響に対して威力を発揮するあの強烈な毒舌はたまらなく可愛かったですね!!
小学生にメガネにツンデレ気質・・・うーーんこれはある意味アニメキャラそのまんま・・・!!という感じもありますし、
まさに正統派メガネアイドルみたいな香りもありますね。

特にとくに・・・あのハロウィン回のアコちゃんは、まさしく天使でした!!
あれ・・・殺人的な・・・驚異的な可愛さがありましたよね!!



繧・j_convert_20151105151059


さてさて・・・

こちらは・・・アコちゃんとは対照的に(??)少々気難しい・・・ゆり様!!

うーーん、この人がメガネをかけると・・・
いかにも優等生というか・・・「私・・・お勉強は得意です!!」みたいな香りが漂いますね・・・
ま、実際ゆり様は成績もいいし、
時に・・仕事で学校を休みがちなもも姉のためにノートを貸してあげたりするなど
優しい面も一杯ありましたからね。
つぼみやえりかに対して時に厳しい態度を見せるのは・・・
いかにもこの人らしい「他人にも厳しいけど自分にはもっと厳しい」の表れなのかもしれないですよね。

アコちゃんの「柔」に対してゆりさんは・・・同じメガネキャラでも「剛」という感じですね。

だけどな・・・

改めて言うのも何ですけど、このゆりさんと同じチームの中に
歴代プリキュアで一番個性的と言うのかヘンというのか・・・・
とにかく「えりか」がいる事自体、まさに奇跡的ですよね!!


繧√′縺ュ縺」縺点convert_20151105151248


初期の頃のつぼみ・・・

つほみは眼鏡を掛けているといかにも「内向的」とか「おとなしい・・」とか「控えめ」
みたいな雰囲気がありますよね。
だけどこういうつぼみもとっても魅力的だと思います。

ま・・・確かにつぼみが模索していた「チェンジ」のためには
えりかが言う通り、眼鏡を外す事がその第一歩だったのかもしれないですよね・・・


20130901105349_convert_20151105151206.jpg


最後に・・・

眼鏡キャラというと絶対に外せない歴代プリキュアは・・・・

そう・・!!

私にとっては六花です!!

ま・・六花自体、眼鏡を掛けている時の方が珍しいのですけど
たまーーにメガネを付けている時の六花は・・・
まさに・・
「萌え・・」・「眼鏡っこ萌え・・」の領域でしたね・・・

ゆりさんと同じように六花が眼鏡をかけるといかにも「私・・お勉強は得意です」みたいな雰囲気になってしまうのですけど
六花の場合・・・
とにかく問答無用で可愛い!!と感じが濃厚でした!!

ドキドキの中で「三種の神器探索」の回でとある島に不時着した際の六花の
「メガネなくした・・」と少しあせる表情は
個人的には・・・大変ドツボにはいった一コマでした!!

あーー、やっぱり六花は知的で可愛いプリキュアでしたね!!
青系プリキュアの中でも本当に大好きなプリキュアでした!!
(おいおい、先日はビューティ様が一番とか何とか言っていたくせに・・苦笑・・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

プリキュアシリーズの眼鏡キャラ。

眼鏡っ娘キャラといえば、東映アニメーションのプリキュア系サイト「プリキュアガーデン」内の「眼鏡がチャームポイントのキャラは?」というお題で、アコ、六花、つぼみ、増子美香、増子美代が挙げられていました。
このほか、シリーズ内でプリキュア以外の眼鏡キャラで真っ先に思いつくのは、無印・MHのユリコで、このほか、
SS:美翔可南子
5系:増子美香
Hキャッチ:花咲みずき
スイート:響達の担任、北条サクラ
ドキドキ:菱川亮子
ハピネス:増子美代、和泉先生、深大路まみ
プリンセス:春野もえ、如月れいこ、舘響子、古屋りこ
などが思いつくキャラです。プリキュアならつぼみ、ゆり、アコ、六花ですが、ほのかも眼鏡姿を無印EDで披露、真琴も伊達眼鏡にキャスケット姿が見られました。

私も飛蚊症です。

飛蚊症仲間をみつけたみたいで、何だか勝手に嬉しいです。(笑)。私は中学から高校生の時くらいに、真っ青な洞を見て、顕微料で細菌をみているようなものや、黒い小さな点の群衆がみえて、驚き、眼科にいきました。最近、少しそれが増えたので、心配して眼科へ行き、精査しましたが、ぬくぬく先生のおっしゃるように「加齢のせい」と言われました。(笑)。
他、私も初めてのコンタクトのとき、煮沸でした!
懐かしいです。ノスタルジックな話題、ありがとう御座いました。

飛蚊症ですか。
車の運転などの時に起こるのはちょっと嫌ですねOTL
自分はコンタクトをしたことがないので、ソフトとハードの差すらよく分かってないですw

プリキュアにメガネ娘がこんなにいたとは!
やっぱりメガネ娘はいいですね~^^

同類

さすが同年代(笑)
同じことを眼科の先生に言われましたもん。
ちなみに私は、コンタクトを諦めてメガネにしました。
近くが見えにくくなったのが最大の理由です。
つまり、老眼ですよ(爆)
玉ねぎのスライスとか、野菜の千切りとかが危なくて仕方がないの(泣)

既にお調べになっているようですが、飛蚊症とは、眼球の中の硝子体というゼリー状の液体の中に、血液や、剥がれ落ちた組織や、老廃物等がゴミとなって浮かんでいる状態です。
明るい場所や白い場所、あるいは目が疲れている時などは視認しやすくなりますが、いずれにしてもそこに「在る」ことには変わりありません。

で、直す方法ですが、ありますよ。完全に治すには硝子体を除去する手術をすることです。しかし網膜剥離等の別の病気を併発しやすくなるため、自殺を考えてるってくらいの重症患者にしか行いません。
比較的安全な方法として、レーザーで直接、飛蚊を焼く方法です。手間がかかりすぎるので医師としては採算が合わず、この治療を行っているのは米国の3名の医師のみでしたが、最近は東京の眼科医の先生がこの治療を始めました。
ttp://www.shinagawa-lasik.com/hibunsho/?lsid=ad&utm_source=google&utm_medium=cpc&device=c

ただし、ぬくぬく先生さんには、恐らくこれらの処置は必要ないと思います。世の中には本当に重症な方がいて、そうした方のための救済策です。
ただ、「万が一にも今後飛蚊が増えるようなら、こういった治療法もある」と知っておけば、気が楽になるのではないかと思います。

ルティンやアントシアニン等のサプリ、その他の漢方薬ですが、勧める眼科の先生は、多分いらっしゃらないと思います。
一度生まれてしまった飛蚊をこれらで消すなんてことは、理論上、考えられないそうです。「もしかしたら予防に効果があるかもしれない」というくらいに考えておいた方が良さそうです。

硝子体に新陳代謝はほとんどありませんが、飛蚊は硝子体の中をゆっくりと移動します。網膜から離れてくれたら、ほとんど見えなくなることもあります。
飛蚊が何百も見える重症患者ですら、2~5年も経てば大半が消失するか、少なくとも気にならなくなるようです。飛蚊の移動というよりは、脳が飛蚊の情報を不要なものとして処理しなくなるのが原因だそうです。
私は医師ではなく、自分の体験と、多くの医師の言葉等をまとめたものです。鵜呑みにはせずに、参考の一つにしていただけたら幸いです。お大事に。

めがねっ娘

鎌倉快速  様


そういえば・・・瞬間的でしたけどハピネスでは、ひめといおなも眼鏡姿を披露していましたね。
初代の科学部のユリコというキャラもそういえばいましたね・・・なんか懐かしい・・・
でもやっぱりつぼみのインパクトは大きかったですね!
ピンク系ながら内気でへたれという設定が斬新だった上、初登場時でのおどおどした様子のあのメガネ姿は
大変印象深かったですね。

Re: 私も飛蚊症です。

西城サラヨ  様


コメント頂きありがとうございます!!

そうなんですよね・・

この「飛蚊症」ですけど、そんなに「病気」とか「苦痛」という感じはないのですけど
時折鬱陶しい時がありますね・・・
だけど「加齢」ならあきらめがつきそうですね・・(苦笑・・)
自分自身「そんな年なのか・・」と思ったりもしますけどね・・・

コンタクトの「煮沸」について分かる方がいらっしゃつてとても嬉しいです!!
最近の若い人達にはもはや「死語の世界」ですよね・・

めがねっ娘

かんのシキ 様


いやいや、「コンタクト」なんてケアが面倒だしケアの薬品代も掛ったりするから
ご縁がないほうがいいですよ・・・
そうなんですよ・・・
プリキュアの世界には意外とめがねっ娘がいたりするものです!!
ま・・戦闘中はさすがにかけていませんけど・・・
プリキュアの世界は、めがね娘もそうですけど、意外と「ツインテールの宝庫」という感じも
ありますね・・(笑)

飛蚊症・・・

mama.ikuko 様


「加齢」・「年のせい・・・」
うーーーん、何か嫌な響きですね・・・(苦笑・・)
ほんのちょっと前までは、中高年の人が「目を近づけないと新聞すら読めない」とか「細かくて地図が読めない」などと
言ってたりすると
「このくそじじい(くそばばあ)が!!」と思っていたものですけど
まさにその自分がまさに「くそじじい」の領域に近づいていますからね・・・

ま・・・お互い、年を取るのは嫌なもんですね・・・仕方がない事ですけど・・・

ありがとうございます!!

夏希 様


すごい!! 色々な事にお詳しいのですね!!

ますます尊敬と畏敬の念を感じてしまいますね!!

なんか私の「飛蚊症」の事も色々とご心配して頂きありがとうございます!!
そうしたご配慮のお言葉は大変嬉しいですね。
本当にありがとうございます。

さてさて・・・

2~3年で消失する可能性もあるとの事で、そうした事を聞くだけでなんかほっとするものがあります。
そうですね・・・
特効薬とか効果的な治療がないから、当面静観なのですけど、そうした事を分かっているだけでも
安心感が違いますね!!

ソフトコンタクトレンズの煮沸消毒、懐かしいです(*^^*)
私は今は二週間で使い捨てのコンタクトを使用しています。

そうですか、コンタクトレンズの長期使用による目のダメージってあるのですね。
私も長い間コンタクトを使っていまして、これからいつ頃までコンタクトって使えるんだろ?って思っていたので勉強になりました。

私は飛蚊症は無いのですが、最近見えづらく感じる事が増えてきています。老眼だと思います。なので、もう少ししたらコンタクトの度数も合わなくなるかもしれないですね。
となると、メガネになってしまいますが、それにはかなり抵抗があります…(>_<)

コンタクト


メグ 様


そうですよね・・・今時「煮沸」する人なんて・・・あんまりいないと思いますけどね・・・(苦笑・・)
というか・・・
現在、煮沸の器具は販売はされていません。
今使用している器具が壊れた際が、自分がコンタクトから足を洗う時期なのかもしれませんよね。
30年以上コンタクトを使用している経験者から言わせて頂くと、
コンタクトを装着して地図・新聞の細かい数字が見えにくくなった時が
メガネへの切り替え時期といえるのかな・・・と思っています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2553-4103ba08
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |