FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まだそんなに「クラシック音楽」の諸作品を知らない頃、
何となくですけどイメージとしては「協奏曲」と言うと、ヴァイオリン・ピアノ等のソロ楽器とバックの管弦楽団との
掛け合いみたいなものを想像しており、
そのため、
そうですね・・・たとえば・・・
バルトーク/管弦楽のための協奏曲 三善晃/管弦楽のための協奏曲・ピアノと管弦楽のための協奏交響曲などのような
タイトルに「協奏」というワードが入っているにも関わらず
別にソロ楽器がオーケストラを伴奏にして曲を展開していかないことに
正直・・「あれれ・・」と感じたことはあるものです・・(苦笑・・)
ま・・要は・・あの「協奏」とは別にソロ楽器対全体という意味ではなくて
管楽器・弦楽器・打楽器等がオーケストラと対話をすると言うのか、各楽器を独奏楽器のように扱いつつ
全合奏とパートアンサンブルを巧みに交錯させる曲・・・みたいなものです・・
ま・・この辺りは厳格な定義というものは特にある訳ではありませんので・・・・

さてさて・・・

1976年の全日本吹奏楽コンクール・課題曲B/吹奏楽のための協奏的序曲も、上記のような感じの典型的な曲
なのかな・・と思います。
曲のおおまかな構成として、ファンファーレ風の序奏→主部→緩徐部分→コーダから成り立っていると
思うのですけど、その主部の展開に関しては、
各パートが順番に同じフレーズをソロで演奏していくという、いわゆるフーガ形式を取っているので
そうした感じが「協奏的」というタイトルにピッタリなのかな・・とも思ったりもします。

だけど、この課題曲、当時から言われていましたけど技術的には大変難しいものがありますよね。
各パート、というのか奏者一人一人の確かな技術が求められますし
一つでも崩壊パートが出てしまうと曲全体が破綻・・という可能性も秘めた大変難しい曲だと思います。
作曲者の藤掛廣幸氏ですけど、この課題曲の公募入選以降
1983年の課題曲B/白鳳狂詩曲、1991年の課題曲C/ロックンマーチとこれまでに計3作品が課題曲として
演奏されていますけど
そうですね・・1976年の課題曲B/協奏的序曲が一番難易度が高いと思います。
そういえば「白鳳狂詩曲」もピッコロのソロからそれにクラリネットが加わり、やがて全体での主題提示という曲想に
なっていくのですけど
あれもなんとなく・・そうした協奏的な雰囲気もありましたね・・

このかなりの難曲の課題曲に結構多くのチームが挑んでいましたけど
そうですね・・・
レコード・カスタムテープ・現在のYou tubeで聴いた限りでは・・・
大半のチームは・・演奏崩壊・・という感じでしたね・・・
中学校の部でもこの課題曲に挑んだチームが幾つかありましたけど、やはり・・相当苦戦した痕跡が
窺われますね・・・
当時の名門・豊島第十中学校もこの課題曲に挑み、後日のBJ評でもかなり高い評価を受けてはいるようですけど、
そうですね・・・
あくまで私が感じた限りでは・・部分的にかなり不安定な箇所が見受けられましたし
ラストのホルンは・・・一応かろうじて外しはしなかったものの、
なんか・・息も絶え絶え・・・という感じでしたね・・・

この課題曲ですけど、とにかく冒頭からかっこうよかったですよね!!
この曲、ラスト近くもホルンが雄叫びをあげて大活躍をするのですけど、出だしも
ホルンのユニゾンから開始され、あの勇壮な感じは・・
何となくですけど、中世の十字軍とか騎士団みたいな雰囲気もあり、とにかく素敵でした!!
そして展開部なのですけど
ピッコロから開始され、クラリネット→サックスへとメロディーラインが展開されていくのですけど
この曲、高校の部室にもスコアが残されていたので一度クラリネットのパート譜を見ましたけど・・
うーーーん・・・
正直・・自分の下手くそなテクニックでは演奏不可能・・・
とにかくリズム感を掴むのがなんか難しそう・・という雰囲気はスコアからも読み取れました。
そしてクラリネットの指の動きは無茶苦茶速いですね・・
あれ・・・自分なら絶対に付いていけないと思います・・・(苦笑・・)
よくこの課題曲はホルンパートが大変難関という話を耳にしますけど、
実際は全パート大変ですね・・・
そしてクラリネットパートの難しさはとにかく半端無いものがある・・・という印象があります。
中間部はアルトサックスの美しいソロが大変魅力的ですね・・!!
そしてこのうっとりするような中間部が終わると・・
指揮者・全奏者、そして・・特にホルンパートは「緊張」の瞬間が訪れます・・・
そう・・・あのホルンの勇壮な雄叫びが待ち構えているのですけど、
あの部分・・決まると大変格好いいのですけど、外すと・・ミジメですね・・・(苦笑・・)
だって・・・全国大会でもあの部分を外すチーム、結構ありましたよね・・・
そして曲のエンディングなんか・・金管楽器は大変ですよね・・・
あれ・・・本当に息も絶え絶え・・・討死寸前・・・というなんかある意味「悲壮感」すら漂っていましたよね・・・

だけど・・

この吹奏楽のための協奏的序曲、決まると・・・本当に爽快ですよね!!

さてさて・・・、この課題曲の名演ってどこなんだろう・・・??

そうですね・・・正直「これで決まり!!」という決め手に欠く感じがありますけど
個人的には・・・
自分が知っている限りにおいては秋田南高校の演奏が一番優れているようにも感じられます。
秋田南は、前述のホルンの部分も含めて、ほぼノーミスに近い演奏ですし、
なによりもあの躍動感とダイナミックさが本当に素晴らしいと思います。
1976年の秋田南と言うと、どうしてもあの「ペトルーシュカ」の知る人ぞ知る不滅の影の名演の印象が大変強いのですけど、
実は課題曲も大変素晴らしい演奏を聴かせてくれていたのでした。

そうそう・・・

この年、1976年の高校の部ですけど、とにかく今では信じられないほど
審査結果は大変激辛というのか
大変厳しい結果になってしまいました・・・
出場チームは20チームなのですけど、金賞はわずか3チーム、そして銀賞も金と同じく3チーム、
そして・・・
なんと残りの14チームは全て銅賞と言うすさまじい激辛審査結果となってしまいました・・
だって・・この年の銅賞チームの中には、
天理・浜松工業・嘉穂・名古屋電気・尼崎東・前橋商業・富山商業なとのような素晴らしい実績を残してくれた
チームが軒並み銅賞という結果でしたからね・・・
だけど・・・名誉のためにあえて書いておきますけど
銅賞だからと言って全然ひどい演奏はしていません・・
むしろ・・浜松工業・名古屋電気・前橋商業あたりは他の年ならばもしかして金賞という評価もありえたと
思いますし、
例えば・・それ以外の銅賞でも、函館中部の「メキシコの祭り」とか逗子開成の「ロデオ」は大変個性的な快演であり、
私は結構好きな演奏です。
そうなんですよね・・・
当時のBJでは、銚子商業の課題曲B/協奏的序曲と自由曲の「寄港地」が大変高い評価を受けているのですけど
私が聴いた限りでは・・・
「別に・・・ただの凡演だし、寄港地のオーボエソロも並以下じゃん・・」という感想なんですよね・・・

やはりこの年は・・・秋田南が課題曲も自由曲も頭一つ飛び抜けていたと思います。

ま・・昔から、コンクールの審査結果というものは・・・別に絶対的な「価値基準」はないんだな・・・という事を
改めて痛感させられたような大会だったようにも
感じられますね・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

1976年の全国大会

確かに1976年の審査は全体的に辛口なイメージがありますね。
中学・高校・職場・一般が3つずつ、大学が2つ。

この年のデータを調べると、場所は神奈川県民ホールで
土日の2日間で全部門開催なんですよね。

僕はもしかして中学の部が最初にあり、出雲一中の「あのダフクロ」
が飛び出してしまったため、その後の審査員の耳がダフクロ基準に
なってしまった可能性もあるな、と思いました。
事実中学の部は、出演数20にもかかわらず、出演順10番だった出雲一中以降
金が1つも出ていないんです。富田中の「地底」なんかもその順番です。

もしそうだとすると、当時あのダフクロがいかに衝撃的だったのかが
わかりますね。今聴いてもとんでもない演奏だとは思いますけど。

出雲第一の驚異的名演!!

ゆーすけ 様


全くご指摘の通りだと思います!!

この年の出雲第一の「ダフニスとクロエ」第二組曲の驚異的名演は、今現在のコンクールでも
十分通用する素晴らしい演奏でしたし、なによりも感銘度が大変強かったです。
翌年に玉川学園もこの曲を演奏していましたけど、うーーん、感銘度は出雲第一の方が全然上ですね。
この演奏、45名編成で、しかもハーブもチェレスタも使用していないで
あんな繊細なサウンドを奏でている事自体奇跡だと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2550-efc7043b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |