プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4.出雲高校


  A/管弦楽のための三つの交響的素描「海」~Ⅲ.風と海との対話(ドビュッシー)


  うーーん、誠に申し訳ないのですけど、少し残念な演奏です・・
  全体的に異常にレヴェルが高い1980年の大会の中では、数少ない「凡演」の一つだったと思います。
  翌年の81年は残念ながら中国大会でダメ金になってしまったのですけど
  この時の自由曲、リードの第二組曲~Ⅰ・Ⅳの演奏が大変躍動的で生き生きとした素晴らしい演奏だっただけに
  この年の演奏は一体どうしちゃったのかな・・・という感じの演奏になってしまいました。

  そうですね・・・

  課題曲も自由曲も一言で言うと「うす味」すぎると思うのです・・・

  音は悪くはないしサウンドも洗練されている・・技術も決して低い訳ではない・・
  だけど、聴いていて何も感じないし伝わってこないのです・・・
  「無味乾燥」とまでは言わないけど、聴いていて「熱くなるもの」・「胸が高まるもの・・・」
  そうした感情が全く湧き上がってこないのです・・・・
  課題曲の冒頭ですけど、これが実に貧相な表情で、勿論スコア上では、pという指定になっていて
  弱く吹くのは当然なのですけど
  この「弱さ」が貧弱と言う印象になったのは大変まずかったのかな・・とも思ってしまいます。
  
  それと・・この事はこのブログでも何度か書いているのですけど
  「海」のアレンジが極めてよくないのもマイナスポイントの一つのような気がします。
  出雲高の海のアレンジは、出雲一中の錦織先生の編曲版を使用していましたけど、
  例えば・・・・
  ヘンに中音域のユーフォ・テナーサックス等を重ねてみたりとか
  後半のトランペットのオプションソロが入る部分に・・こともあろうに、小太鼓のロールを加えたりと
  なんか原曲の「繊細さ」のイメージをほぼ完璧にぶち壊していたような感じすらありました。
  自由曲の「海」に関しては、淡々とした進行と表現という問題点の他に
  根本的な問題としてアレンジが良くないという事もあったように思えます。
  海の後半で、何か唐突に「吹奏楽オリジナル曲」みたいな小太鼓のロールがかなり過剰なクレッシェンドを
  加えていたのですけど
  あれは相当な「違和感」を感じてしまいますね。
  ま・・錦織先生自体、出雲第一・第二の自由曲の編曲でも
  ローマの謝肉祭とかイタリア奇想曲とか運命の力でも原曲には存在しない小太鼓を加えていますから
  よっぼと小太鼓がお好きだったのかもしれませんけどね・・・
  ま・・・中には「三つの夜想曲」~Ⅱ.祭りのようにかなり巧みなアレンジもあったりしますから
  一概にアレンジがダメという事は言えないとは思います・・・

  部分的には・・時に思わず「はっ・・」とするほど美しい瞬間もありましたけど、
  部分対全体の関係においては、それが決して全体の印象を上げるという事には結びついて
  いませんでしたし、
  なによりも・・・
  聴いていてもどかしいのですよね・・
  何となく何を表現したいのかは分かるような気もするのですけど
  かゆいところがちゃんとわかっているのに・・手がそのかゆい場所に届かず
  かゆいまんま本番の演奏が終わってしまった・・・

  なんかそんな感じの演奏でした・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

来年の事を言うと、鬼が笑う・・・??

じょるの 様


毎年そうなのですけど、2月に「新しいプリキュア」が始まると大抵の場合、第一話で既に
新しいプリキュアにハートキャッチされてしまう傾向が強いのですけど
唯一の例外がハピネスですね!!
それだけ、「ハピネスチャージプリキュア」が思いっきりツボにはいってしまっていたという事なのだと
思いますし、
後日とある方より
「それは全く同感です。それをハピロス症候群と言います」とコメントを頂き
「なるほど!!」と思ったりもしたものです。

そうですね・・・

私が姫プリに本格的にはまりだしののは、やはりトワイライトの登場以降ですね!!

だけどご指摘の通り早いものですよね・・・
だって先日トワがスカーレットになったと思ったら、
もう既に・・・
最終決戦は間近・・・という感じですからね・・・

とにかく残り少ない姫プリと来年度の「魔法使い」には期待大!!ですね。


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2545-eda0b243
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |