プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2.首里高校

  B/幻想交響曲~Ⅴ.ワルプルギスの夜の夢(ベルリオーズ)


  改めてですけど・・・
  この年、1980年の高校の部のレヴェルは異常に高いと思います。というか・・・高すぎる!!
  そうですね・・・
  もしも「タイムマシーン」があったとするならば、私は1980年の高校の部の演奏を是非是非
  聴いてみたいです!!
  そう思わせるくらいの名演が続出していたと思います。
  特に当時のレコードで言うと・・「日本の吹奏楽80 vol.7」に収録されているチームの演奏、
  秋田南・福岡工大付属・淀川工業・天理・銚子商業・花輪・東海大学第四の演奏は、
  とにかく・・・現代の視点・感覚で聴いても現在のレヴェルに何ら遜色ないほどの凄まじく高次元の演奏を
  聴かせてくれています。
  特に特に・・・秋田南から淀川工業の邦人作品への切込みは本当にお見事でした!!
  天理・銚子商・花輪の伝統チームの大胆なチャレンジも「お見事!! 鮮やか」以外の言葉しか出てきません!!

  そうですね・・・・1980年の高校の部は、比較的後半の方に素晴らしい名演が続出したような気もするのですけど
  前半に出場したチームの中には・・・
  うーん、幾つかは残念な仕上がりのチームもありましたね・・
  全体的な印象としては、とにかく1980年の高校の部のレヴェルの高さは尋常ではないと思います。
  1970年代に蓄積されてきたものが一気に花開いたような印象さえありますし、
  とにかく・・・技術的にもそうなのですけど、その音楽的内容の深さが半端無いものがあると思います。
  そうした「音楽的内容の深さ」が近年の高校の部では若干欠けているような部分なのかも・・
  そうなんだよな・・・・
  ここ数年の吹奏楽コンクールって、確かに技術的に・・サウンド的にすさまじいレヴェルの高さがあるのですけど
  「じゃあ・・・それを聴いてあなたに何が残るの・・?」と聞かれると・・・
  「うーーーん・・別に・・・ただ何となく圧倒されただけ・・」という答えになってしまうのかも・・・
  こんな事書いてしまうと
  「それは・・・単なる昔はよかった・・みたいな事を言ってる懐古主義的な人・・・」みたいに思われるのかも
  しれないし、そういう風に「昔はよかった・・」みたいに言う人が一番嫌いな私にとっては
  まさしく言われたくない言葉なのではあるのですけど、
  ま・・・それを差し引いても
  とにかく1980年の高校の部の全体的な音楽的な内容の深さは、後世に誇れるものがあるとさえ
  思っています。
  とにかく・・・
  この年の高校の部の素晴らしさを記事に残している人って見た事ないものですから
  「それだったら自分が少しでも何か目に見える記録として後世に語り継いでおきたい・・・」と思い、
  性懲りもなく
  こんな古い時代の吹奏楽コンクール感想記事を今更ながら書かせて頂いております・・・

  話を戻しますと、前述の通り、前半に出場したチームの中には
  いくつか「残念な演奏」もあったと思います。
  この年は、結果論からいうと銅賞チームは一つもありません。
  審査結果は金賞と銀賞のみです。
  だけどそれもヘンな話で、吹奏楽連盟の規定では、相対評価に基づいて金・銀・銅という三つの評価に分けると
  書いてあるのに、銅がゼロで、
  それと・・・ま・・・翌年も同様な事が言えるのですけど
  確かに全体のレヴェルは高いのですけど、少し金賞があまりにも大盤振る舞いだったような印象すら
  ありますね・・・
  これはあくまで自分の勝手な感想なのですけど、この年に関しては
  前述の残念な演奏とは、首里・明治・出雲・高松一なのですけど、
  そうですね・・この4チームに関しては評価は銅でもよかったような感じはありますね・・・
  厳しい言い方になってしまいますけど、この4チームの共通点は、
  音楽に「個性」が感じられず、譜面をただ音にしただけ・・という印象があります。
  勿論、4チームとも決して技術的に低いという訳ではないのですけど、その時代に入ると
  技術的にきちんと仕上げる事以上に音楽の表現とか個性が求められる時代に既にはいっていたんだなーと
  思ってしまいますね。

  さてさて・・・この首里高の演奏ですけど
  技術的には無難にまとめられていると思います。
  だけど・・課題曲も自由曲も全然伝わってくるものがないんですよね・・・
  音楽に「個性」というのか「主張」があんまり感じられないのは、これだけ高度な技術を持っているのに
  大変勿体無いな・・・という感じはありました。
  課題曲はB/南の島からという南国~沖縄民謡のメロディーがふんだんに登場してくるいわば「ご当地ソング」
  みたいな感じでもあったのですけど
  そうした地元ならではの歌い込みみたいなものはあんまりなく、比較的淡々とあっさりと仕上げていて
  少し意外な印象もあります。
  後半の「はぁーーーー!! ヤー―!!」という掛け声もあんまりパンチは利いていなかったような気も・・・?
  そういえば、吹奏楽コンクールで「声」を使用した課題曲と言うのも
  この「南の島から」が最初なのかな・・??
中間部のだるい感じは、部分的に・・なんとなく南国的なおおらかさがあったのはよかったと思います。
  自由曲は・・一言で書いてしまうと凡演ですね・・・
  これだけ曲に劇的要素を持っているのに・・課題曲同様淡々と進行し過ぎで
  「魔女」の不気味な感じとか悪趣味的な雰囲気もあまり伝わらず、
  あっさりしすぎた仕上がりになってしまい、
  正直聴いていて「面白い・・」とは感じさせてはくれませんでした・・・

  首里高校というと、吹奏楽オールドファンの方にとっては
  1974年の「エルザの大聖堂への行列」の印象が大変強いかとは思います。
  もちろんあのエルザも素晴らしいのですけど、課題曲Aと共に・・少し音量過剰で
  感情が高ぶり過ぎ・・・・というのが少し耳にはキツイ感じがあります・・
  その点・・私個人としては、首里高校というと
  1977年の楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲のあの高揚感とか木管のキリッとした凛とした音質の
  方が気にいっています。
  あの感情の高ぶりはとても素晴らしいものがあったと思いますし、歌わせ方が本当に陶酔感たっぷりで
  素晴らしかったと思います。

  そうした点から見ると・・・1980年の「幻想交響曲」は毒があまりにも強すぎて
  感情の高ぶりまでは中々表現出来なかったのかな・・とも思いますね。

  最近のコンクール等でのⅤの表記は「魔女の夜宴-魔女のロンド」とか「サバドの夜の夢」と書かれる事が
  多いのですけど
  私としては・・・「ワルプルギスの夜の夢」という方がなんかしっくりきますね・・・

  あ・・・なんか「ワルプルギス」というと・・・・「まどか☆マギカ」を思い出してしまうのかも・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2542-95696557
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |