FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム


チルノ時計


1.就実高校

  A/ル・シッドのバレエ音楽より、Ⅵ.マドリッドの踊り Ⅶ.ナ・ヴァ―ラの踊り(マスネー)


  まず初めに・・・・

  この素晴らしい演奏、プログラム第一番なのですよね・・!!
  とにかくそれからして凄い・・凄すぎると思います。
  近年の吹奏楽コンクールはよく「プログラム一番は大変不利」とよく言われますし、
  1984年の天理高校のプログラム一番以降は確かにそういう傾向にはあると思います。
  例えば金賞常連チームでも、95年の東海大学第四の「スペイン狂詩曲」とか93年の市立柏の「ロミオとジュリエット」なんかは
  典型的なプログラム一番の「音楽が目覚めていない演奏で普段の実力の3割も発揮されていない演奏」  
  だったようにも思えます。
  だけど・・プログラム一番が全て「音楽が覚醒していないような演奏」かと言うと
  そういう訳でもなくて、
  例えば・・・1985年の花輪高校のA/交響曲第2番(ガジべコフ)の驚異的名演なんかは、
  花輪のあの演奏が普門館の聴衆の「眠たい気持ち」を完璧に吹っ飛ばしてくれた演奏だったと思います!!
  私・・・いまだに85年の花輪高校の銅賞は・・・絶対に、絶対に・・!! 納得していません!!

  あ・・冒頭から話がそれてしまいました・・(苦笑・・)

  この1980年の就実高校の演奏ですけど、今現在の視点で改めて聴いても、これが本当に普門館での
  プログラム一番の演奏とは到底思えません!!
  演奏は大変生き生きとしていて技術的に不安な要素は全くありませんし、
  特にソロ楽器が大変魅力的な音を聴かせてくれています。
  具体的には、課題曲のフルートとオーボエ
  自由曲のコールアングレとフルートとファゴットが特に際立っていると思います。
  ちなみにですけど・・・
  当時のBJ・BPで大絶賛された「ル・シッド」のマドリッドの踊りの冒頭のコールアングレのソロを担当された方は、
  現・岡山学芸館の指揮者の中川先生のお姉さまで、プロのオーボエ奏者とあるとの
  後日、就実高校のOGのさくら様よりコメントで情報を頂きました。
  さくら様、あの時は貴重な情報をありがとうございました!

  課題曲A/花祭りの冒頭ですけど
  この課題曲はとにかく音が薄く書かれ大変繊細な作りになっていて、下手なチームがこの課題曲を
  演奏すると、とにかく貧弱に聴こえてしまう傾向にあります。
  だけど就実の演奏は、冒頭からしてフルートソロが大変雄弁に「みずみずしい雰囲気」を語っていて
  そうですね・・・演奏開始の冒頭30秒で既に
  花祭りの大変抒情的な和の香りの世界にひきずりこまれたような印象があります。
  このフルートソロのバックを支えるトロンボーン・サックスセクションも大変見事なアシストをしていたと思います。
  音全体がとにかく「優しい雰囲気」でしたね!!
  この課題曲は、和太鼓・鈴・拍子木・締太鼓のような和の特殊打楽器を使用しているのですけど
  この叩き方が大変丁寧で、同時にメロディーラインをほとんど妨害しないでさりげなく「サウンドのアシスト」を
  しているので、本当に「打楽器としての適度な香辛料」の役割を果たしていたと思います。
  余談ですけど・・
  この演奏の翌年の81年課題曲B/東北地方の民謡によるコラージュもこうした和太鼓等をかなり効果的に
  使用している曲なのですけど、この年は・・
  完璧に打音が強すぎましたね・・・
  ま、この辺りはその年に素晴らしい名演を聴かせても翌年はメンバーが大変入れ替わるスクールバンド
  らしい話だと思います。
  課題曲全体の印象は・・・そうですね・・・この後に登場した前歯商業の「わびさびの枯れた世界」のような
  演奏ではなくて、
  どちらかというと・・・
  「可憐」・「清楚」・「爽やかさ」・「可愛らしさ」が感じられる演奏だったとお思います。
  そして圧巻は・・・ラストのオーボエソロですね!!
  あのオーボエの音は・・
  個人的には、この年の「ベストソロ賞」の有力候補だと思います。

  課題曲も大変素晴らしい演奏なのですけど、自由曲は・・もっと素晴らしいのですよね!!

  これ、本当に素晴らしい演奏で、今現在の感覚・視点で聴いてもまさにため息ものです・・・

  このプログでは何度も何度も1982年の就実高校の「幻想舞曲集」の素晴らしい名演を語らさせて
  頂いているのですけど
  80年の「ル・シッド」も勝るとも劣らないとにかく素晴らしい演奏を聴かせてくれています。
  そうですね・・・
  就実高校と言うと、私にとっては「ル・シッド」と「幻想舞曲集」のあの二つの歴史的名演が「双璧!!」という
  感じですね!!

  1980年までの吹奏楽コンクールは、中学・高校の部は45名までが上限で、おまけにこの年までは
  ピアノ・ハープはまだ使用禁止となっています。
  翌年以降、奏者の上限は50名に増員され、ピアノ・ハーブの使用も可とされます。
  だからこの年の就実は45名編成ですし、
  本当は・・できれば、自由曲の「マドリッドの踊り」のフルートとコールアングレのソロの掛け合いの部分は
  原曲通りハープを使用してほしいな・・という感じもあるのですけど、 
  ハープ・ピアノによる華麗なるグリッサンドみたいな流れるような装飾音符ではなくて
  その代わりに、マリンバとヴィヴラフォーンで代用しているのですけど、
  ま・・確かに「洗練さ」とか「繊細さ」には幾分欠ける感じもなくは無いのですけど、
  あまりにもフルートとコールアングレのソロが素晴らしいので、そんなつまらない事はほとんど気になりません!!
  そしてこの二つの楽器のかなり長大なソロの部分が終わると・・・
  大変生き生きとした躍動感あふれる場面へと切り替わるのですけど、
  それが実にダイナミックで素晴らしい!!
  特に木管楽器の細かい動きがほぼ完璧でもそれにピッコロの甲高い響きが実によくマッチしていると
  思います。
  また打楽器セクションも大太鼓・シンバルが「ドスン!!」と打点がドンピシャですので、
  大変心地よく感じます、
  この「マドリッドの踊り」の後半のカスタネットの響きが実にリズミカルで気持ちの良い鳴らし方をしているのが
  大変印象的です。
  Ⅶの「ナ・ヴァ―ラの踊り」はまさに圧巻です!!
  これはまさに文句のつけようがない演奏です。
  ま・・・厳密に言うとトランペットの破裂音が少し気になるとか、原曲では確か・・・プロヴァンス太鼓が入る部分を
  なぜかタンバリンで代用しているとか
  ま・・細かい事を言うと色々あるかもしれないですけど、正直さんな小さい事はこの圧倒的名演の前では
  単なる「揚げ足取り」なのだと思います。
  この第Ⅶ曲ですけど、雰囲気は、まさに南仏の雲一つない青空の下で、楽しげにダンスに興じているという
  感じなのですけど、
  就実の演奏はまさにそんな感じです!!
  とにかく・・・・一点の曇りもなく澄み切った爽快さが曲ににじみ出ていると思います。
  ラスト近くのカスタネットの響きが実に切れていて、この部分も大変好感が持てます。

  だけど・・・こういう素晴らしい演奏が本当にプログラム一番だったなんて・・・
  今現在の視点では正直考えられないものがあります。
  1980年の高校の部の金賞受賞チームのレヴェルは大変な高水準なのですけど、就実の演奏は
  まさにそれを象徴するものであり、
  この年の異常にレヴェルが高い高校の部のトップバッターとして本当に相応しい立派な演奏だったと
  思います。
  ま・・・確かに・・プログラム一番というと前年の1979年の私の吹奏楽の「原点」とも言える市立川口高校の
  ネリベル/二つの交響的断章も本当に素晴らしい演奏で、
  そうですね・・・市立川口も就実もどちらも甲乙つけ難いプログラム一番だったと思います。

  だけど、本当にこの年の就実は素晴らしかったと思います。
  課題曲のオーボエ、自由曲のコールアングレに代表されるソロ楽器も素晴らしいし
  全体の高度な技術も素晴らしいし、南国のカラっちした底抜けの明るさを爽やかに表現したその
  表現力も素晴らしいし
  とにかく・・・
  全部が素晴らしいと思います。

  本当に・・・・私は・・・1982年の「幻想舞曲集」と共に、就実高校の村松勲先生、奏者、そしてOGはじめ関係各位の皆様に
  「こんな素晴らしい演奏を後世に残して頂きありがとうございます!!」と
  心の底から敬意を表したいです!!

  本当に素晴らしい演奏を聴かせて頂きありがとうございました!!

  村松先生自身は本職は地理の先生で、音楽には元々何の縁もゆかりも無かったとのこと・・・
  昭和30年代に岡山県で国体が開催され、
  当時、就実高校に「鼓笛隊」として参加が要請され、
  吹奏楽の指揮・指導経験が全くないのに村松先生にその大役が仰せ付けられ
  国体が終わっても、そのまんま吹奏楽部の指導も要請され、
  それが結果として30年近くも続いてしまったらしいですね。
  村松先生自身も、西日本では初めての「バトンボーイ」という事だったらしいですけど
  若かりし日の村松先生がどんなバトントワリングを見せてくれたのか
  なんか想像するだけで楽しくなりそうですね。

  音楽経験が全く無い中で
  本当に文字通り「ゼロからのスタート」であったと思いますし、その過程の中で色々と大変なことも
  あったと思いますが、
  それを全て乗り越え、ああした素晴らしい名演の数々を残されてきた村松先生、そして就実の
  当時のメンバーに改めて
  「素晴らしい演奏を残してくれて、ありがとうございます!!」の言葉を贈りたいものです!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せっかくですので、マスネーの歌劇「ル・シッド」~バレエ音楽について補足的に記させて頂きます。


マスネーというと、フランスの歌劇の大家で
「マノン」とか「タイス」等の歌劇の作品で音楽史には欠かせない方です。
初心者向けの曲としては、やはり歌劇「タイス」の中の「タイスの瞑想曲」で世間一般的には
お馴染みなのかもしれません。
吹奏楽に関係した人ならば、組曲「絵のような風景」でお馴染みかな・・・
マノンとかタイスはどちらかと言うと抒情的な香りが漂う作品なのですけど、
「ル・シッド」は、マスネーにしては珍しく歴史的な英雄物の作品です。
というか、この歌劇、男ばかり目立ち、女性があまり出てこないような気もしますね・・・

あらすじを簡単に書くと・・・

「ル・シッド」とは「君主/征服者」という意味だそうで、
スペインの騎士ロドリーグが主人公。11世紀に存在したという実在の人物がモデルになっているそうです。

ロドリーグにはシメーヌという恋人がいるのですが、親同士の権力抗争に巻き込まれ、
ロドリーグはシメーヌの父を決闘の末殺してしまいます。
シメーヌはショックを受け、親の仇の憎しみと愛の板挟みで苦しみ、彼を拒絶。
ロドリーグはムーア人との戦いの陣頭指揮を任されて出征します。
ロドリーグは戦死したとの報せが届き、皆落胆するのですが、
それは誤報で、敵からも「ル・シッド」と呼ばれる程の活躍で勝利し、
ロドリーグ達はやがて華やかに凱旋してきます。
人々は歓喜で出迎えますが、シメーヌへの罪の意識から自害しようとします。
国王は裁きをシメーヌに委ねますが、本心は愛している彼女は結局許し、
ラストは「ハッピーエンディング」・・・

こんな感じだったと思います。

この作品には、「グランドオペラ」の流儀にのっとって2幕に7曲からなるバレエが入っており
これが歌劇「ル・シッド」のバレエ音楽と呼ばれる部分です。
同じような作品としては、グノーの歌劇「ファウスト」のバレエ音楽が
ありますね。
そう言えば、このグノーのファウストのバレエ音楽も吹奏楽コンクールで一時期よく
演奏されていましたね・・・

この「ル・シッド」のバレエ音楽は20分程度なのですけど
実に素晴らしい!!
マスネーはフランス人なのですけど、
音楽は「スペイン」そのものです。
7曲から構成されますが、1・3・5~7曲が、いかにもスペインらしい華やかな部分
2・4曲がだるさ・かったるさを演出した部分で
この対比も極めて鮮やかで面白いです。
特に6・7曲がそうなのですけど、
曲の至る所に「カスタネット」が登場し、いかにもフラメンコ・闘牛みたいなノリで
華麗にカタカタ鳴らしているのが極めて印象的です。

「ル・シッド」のバレエ音楽は以下の7曲から構成されています。

Ⅰ.カスティリャーナ
Ⅱ.アンダルーサ
Ⅲ.アラゴネーサ
Ⅳ.オーバード(朝の歌)
ⅴ.カタルーニャの踊り
Ⅵ.マドリッドの踊り
Ⅶ.ナ・ヴァーラの踊り


第3曲の「アラゴネーサ」は、大変躍動的な音楽なのですけど、
このメロディーは、ラストの第7曲のナ・ヴァーラの踊りの部分で再現されます。
特に素晴らしいのは、第6曲ですね。
冒頭のコールアングレとフルートの長い掛け合い的なソロで開始され、
これにハープが美しく絡み、
タンバリンのロールから派手な踊りへの部分へと進展していくのですが、
これが実に情熱的というか、まさに「フラメンコ」の世界ですね。
この部分の木管楽器と言うか、ピッコロの使い方が実に巧いと思いますし、
リズム感が実にノリノリで、聴く方まで自然に何か踊りたくなるような音楽ですね。
ラストの「ナ・ヴァーラの踊り」はまさに圧巻です!!
終始リズムに乗って生き生きとした音楽が展開されているのですけど、
このバックのリズムの打楽器は何なのかな・・・
この曲、原曲を生で聴いたことないから分からないのですけど、
ビゼーの「アルルの女」のファランドーレの踊りで使用された「プロヴァンス太鼓」なのかな・・?
「プロヴァンス太鼓」はフランスの一種の民族楽器みたいなものだから、
スペイン風の音楽に仕上げても、さすがにフランス人のマスネーと言う感じなのかな・・・

私、嫌なことがあって気持ちが凹んだ時とか、気分をリフレッシュさせたい時は
よーく、この「ル・シッド」のバレエ音楽を聴きますね・・・
だから本当は、自分一人だけの楽しみにとっておきたいのですけどね・・・
このいかにも南欧的な明るさは、ホント、世俗的な悩みを簡単に一掃させてくれます。

この曲を生で聴く場合、お勧めの演奏は
東芝EMIから出ている、ルイ=フレモー指揮/バーミンガム市響ですね。
これは断然素晴らしい演奏だと思います。
カップリングも、絵のような風景とシャルパンティエの「イタリアの印象」だから
尚更よいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2541-420c2aa9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |