プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


あ・・・・・ホント、まじですいません・・・

こうした吹奏楽コンクール全国大会番外編記事は、これでもうホントに正真正銘最後にして
次回から、①就実高校 A/ル・シッドのバレエ音楽の感想記事から再開をいたしますので・・・(苦笑・・)

1980年の吹奏楽コンクールは、私的には「一つの頂点」というか
そのレベル、音楽的表現が一つの「最高水準」に達した年にも感じますし、
特に高校の部の異常なレベルの高さにそれがよーく表れていると思います。
またこの年の課題曲四曲は、今にして思うとかなりバラエティーに富んでいて面白かったですよね。
特にA~Cは、日本の祭り・民謡をモチーフに書かれていて、
Aの「花祭り」は日本の古き良き伝統を、Bの「南の島から」は沖縄の民謡を、
Cの「北海の大漁歌」はソーラン節という北海道の民謡をベースにしてあり、
三曲ともに「日本古来のもの」をテーマにしているのが面白いと思います。
このように課題曲の大半がこうした「日本古来の素材」をベースにしている年というのもあまり例がなく
その意味でも大変面白い試みだと今でも感じる事があります。

その中でこの年の課題曲D/「オーバー・ザ・ギャラクシー」はマーチなのですけど、
そのリズムの面白さ、魅力的なメロディーライン、ハイハットシンバルのユニークな使用方法など
大変斬新な面が感じられる一方、
聴くだけで気持ちが「ノリノリ」になってしまう大変楽しい課題曲であり
私は大好きでしたね。
中間部のうっとりするような高揚感の高まりのあのメロディーラインも本当に素敵でした!!
特に・・・・元ポンコツ打楽器奏者としては、あのハイハットシンバルのリズム感満載な叩き振りは
この曲の演奏を他校がしている度に羨ましく感じたものです・・

私の学校は、結局・・課題曲Cを選曲したので、このマーチをコンクールで吹くことは
出来ませんでした。
そうなんですよね・・・高校の頃は、生徒が指揮者という事情もあったのですけど、毎年メンバー全員で話し合い
投票結果によってその年の課題曲を決めていたのですけど
中学の頃は・・他人の話など一切聞く耳を持たない先生が一方的に課題曲を決定してしまい、
例えば、1978年の際はほとんどの部員はC/ポップス変奏曲 かぞえうたを望んでいたのに、結局はA/ジュビラーテを
選んでしまい、
翌年はほぼメンバー全員A/フェリスタスと願っていたのに、C/幼い日の思い出を選んでしまうし
自分にとって中学最後のコンクールの年は、D/オーバー・ザ・ギャラクシーを何とか吹きたいと願っていたのに
またしても・・・希望とは違う曲になってしまい、
そうですね・・・
課題曲の選曲の時点から既に指揮者と奏者の心理的距離感は遠かったような雰囲気はありましたね・・

ま、だげと・・・このマーチはコンクール課題曲として吹く事は出来ませんでしたけど
毎週月曜日の全校朝礼の入退場のBGMとしてこのマーチを吹くことはしばしばあり、
聴くだけではなくて、実際に何度かこの曲を演奏する機会があった事は、今にして思うと
幸いな事だったと思います。

でも・・・・コンクールの課題曲は、C/北海の大漁歌なんですよね・・・(苦笑・・・)

最初にこの課題曲Cの参考テープを聴いた際は、
「まじかよ・・・・えー、これから半年近くもこんなださい民謡を練習しないといけないのか・・・」と危惧した所、
その杞憂は現実のものになってしまい、
その先生の厳格な管理指導の下、GWから夏休み、そして県大会が終わるまではとにかくひたすら延々と・・・
このソーラン節を吹く羽目になってしまいましたね・・・・

ま、この話は既に何度も書いているのですけど、
私は小学校から吹奏楽に関わりを持ち、結果的に大学を卒業するまで
楽器はずっとクラリネットだったのですけど、
1980年の一年間だけは、唯一違った楽器を経験できました。
この年は、それまでのクラリネットからアルトサックスにコンバートされ、一年間だけアルトサックスを
担当したのですけど、、
実はアルトサックスほど音が出やすく簡単にヴィヴラートを掛ける事が出来る楽器もなく、
コンバート初日から普通に何の違和感もなく合奏に参加できていましたし
アルトサックスを吹くのが楽しくし楽しくて仕方が無くて
その一年間は本当に楽しかったものです・・・・
全体的に重苦しい3年間の吹奏楽部時代の中で、唯一ホッとする瞬間でもあったのかな・・
そうですね・・・結果論になりますけど、確かに中学卒業時には
「高校に入ったら絶対吹奏楽部には入らない」と固く決意していたのに、またまた吹奏楽部に入ってしまったかと言うと、
ま・・色々と事情はあったけど、中学ラスト1年のアルトサックス奏者時代に多少は
「音楽をする喜び・楽しさ」を感じていたせいもあるかとは思いますね。
もしも・・・3年間クラリネットだけを吹いていたら、多分私はどんな事があっても高校以降では吹奏楽をやるつもりは
毛頭なかったと思います!!

この「北海の大漁歌」ですけど、とにかく出だしから最後の最後まで
「ソーラン節」で満ち溢れています。
そうですね・・・この課題曲はまさに最初から最後まで「ソーラン節」の一種のドラマ的変奏曲なのではないかとさえ
思ってしまいます。
出だしは「海の情景」といって朝日が海上から上る場面を描写しているのですけど
このメロディーラインも、テンポを落としたソーラン節ですし
展開部の漁の場面は・・・まさにソーラン節そのまんまの世界が繰り広げられます・・・・
そして「嵐→荒れる海」の場面でもトロンボーンの荒々しさの元のメロディーはやっぱりソーラン節ですし、
後半の「悲しみ」という海で亡くなった人を弔う場面のトランペット・オーボエ・フルートの各ソロの
メロディーはやっぱりソーラン節で、
そしてラストのたたみかけはやっぱりソーラン節で一気呵成に閉じられ、
本当に最初から最後までソーラン節以外のメロディーしかない・・・という感じの曲です。
そうですね・・・関西弁でいうと
「ソーラン節そのまんまの課題曲やねん・・」という感じですね・・・(苦笑・・・)

この年の課題曲C/北海の大漁歌ですけど、わずか4小節ですけど、アルトサックスにもソロがあり、
結果的にこのソロも吹く事になってしまいました。
ま、後にも先にもコンクールでソロを吹いたというのはこの時だけです・・

ま、この話は既に5月頃の「響け! ユーフォニアム」カテゴリで散々書きまくっていますので
重複は避けますが・・・少しだけ書かせて頂きます・・

1980年の春に、この課題曲Cのパート譜を指揮者の先生から手渡された瞬間・・・・凍りつきました・・・・
だって・・・・
アルトサックスのファーストにはっきりと「solo」という文字が・・・・
あれを見た瞬間・・・
「ありゃりゃ・・・・今年の課題曲はエライのに当たってしまった」と心の中で絶叫をしていました・・
当時のコンクール出場のサックスパートは計5名(アルト3 テナー1 バリトン1)で、自分以外は当然全員女の子・・・
そんでもって・・・恐る恐る・・・・二人のアルトサックスの後輩女の子ちゃんに、
「ソロ・・・・吹かない・・・??」と聞いてみると、二人とも・・・・
「えーーーー、冗談でしょ・・・!! 絶対に嫌!! 」
「先輩、3年生で部長でしょ!!  だったら先輩が吹くしかないでしょ・・・!! 頑張ってね・・・」
とつれない返事・・・
そこで・・・・
「えーー、でも・・・オレ、クラリネットからアルトサックスにコンバートされて間もないし、アルトサックスとしては
君たちの方が先輩なんだから・・・」と言っても・・・・
「とにかく、コンクールのソロだけは絶対に嫌!! どんなに頼まれても絶対に吹かない!!」と
冷たく拒否され・・・・
しぶしぶ私がソロを担当する事になったのです・・・・(苦笑・・)

「響け! ユーフォニアム」の世界のように、後輩の1年生が「私、ソロやります!!」と自ら手を挙げてくれるような
雰囲気は・・・・皆無でしたね・・・・

そうですね・・・コンクールの場におけるソロというものは、
コンサートや文化祭とか慰問演奏とかイベントとか野外演奏とは全然違うものがあり
コンサートで吹くソロというものは結構リラックスした心理状態で普段通りに吹けることが多いと思いますが、
一発勝負でのコンクールのソロと言うものは
やはり「責任」があまりにも大きい・・・
つまり、コンクールでソロを外すという事は、審査と言う観点からは減点の対象になりやすいし、
一人の失敗が全体に及ぼす影響はかなり大きなものがあると思いますし、
その「責任感の重さ」という「プレッシャー」は相当なものがあると思います。

私自身の吹奏楽コンクール県大会ですけど
出だしの音はスカスカだったものの、なんとかソロは練習通り無難にこなせたとは思いますが・・
あの緊張感はとにかく半端無いものがあると思います。
申し訳ないですけど、コンクールのソロ担当と言うすさまじい重圧は・・・
あれは・・
経験した人間でないとなかなか分かって貰えないと思います・・
課題曲の折り返し地点辺りで何とか自分のソロが終了した時点でやっと我に返ったような気さえします・・・

だけどね・・・

結局・・・トランペット・オーボエ・フルートの各ソロは三人とも全員見事に外しまくってくれ
演奏終了後は・・・
オーボエ・フルートの女の子は大号泣・・という感じで、あれはホント、まじでいたたまれないものがありましたね・・


そういう意味でも・・・ま、確かに・・・普段の練習振りとか実力がそのまんまストレートに
出てしまう世界なのですけど
コンクールと言うものは、ある意味「残酷」なものですよね・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2540-21ba5081
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |