プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


そうですね・・・この回は、プリンセスフォーム発動以降一か月近くいつも通りのスマイルらしいポンコツ展開が
続いていたのですけど
この回は大変ファンタジー色が濃厚で、プリキュアシリーズでも屈指の異色な回でして
リアルタイムで見ていた時から大変印象的で素晴らしい回だったと思います。
そうですね・・・
みゆき=キュアハッピーというと、
ポンコツとかポンコツ可愛いとかアホの子みたいな印象が強いのですけど
とにかく・・・プリキュアシリーズの中でも屈指の「反則的可愛さ」を持ち、家族からも友人からも
そして・・・制作者サイドからも誰からも愛されるとってもキュートなプリキュアであるのは間違いは
ないと思います。
ま・・・事実、ハッピーは私の「大好きピンク四天王」の一角ですし
自室の中に溢れ返っている(?)プリキュア関連小物グッズの中では、ラブリーと同じくらいの
個数を誇っていると思います!!(苦笑・・・)
だけどみゆきと言うと、一つ特筆すべきことがありまして、何かと言うと
プリキュアシリーズでも実はいそうであんまりいない「不思議ちゃん系」みたいな雰囲気も
あったりします。
ま・・・不思議ちゃん系というと・・・プリキュア5のこまちもそういう面があるのかな・・と思ったりするのですけど
そうですね・・・こまちの場合は不思議ちゃんというよりは
何をしでかすか本当に予測がしにくい人・・・・という感じなのかな・・・(苦笑・・)
ま・・・あのかれんさんですら「時々、こまちが分からなくなる・・」とこぼすほどですから・・・(苦笑・・)
みゆきの場合・・・・多分・・この回のゲストキャラのみゆきの祖母の血筋を引いているのが多分にあるのかと
思うのですけど
何て言うのかな・・・? 妖怪・守り神・民話や神話の世界の住人さんみたいななにか「異世界の人達」と
「交信」が出来るような素養がありそうな気がします・・・
ま・・・それを見事に示唆していたのが2012年最後の放映回だったのですけどね・・・







この第27話なのですけど、実は見方・解釈によっては大変重たい回なのかな・・と思ったりもします。
そうですね・・・
社会学的に説明すると・・・
地方に住む高齢者の自分の親の事を「このまま一人で生活させても本当にいいのだろうか・・・」と悩んだ子世帯が
「どうだろう・・・もう年なんだし、何かあってからでは遅いから
そろそろ都会に出てきて自分達と一緒に暮らし始めないか・・・?」みたいに
日本の「高齢化社会」と老齢化した自分の親をどうすればいいのか・・?という問題を
潜んでいる・・と言う風に言えるのではないかと思います。
このおばあちゃんのタエさんというのは氏名が「星空タエ」となっていますから、みゆきの父方の祖母という事に
なるのかな・・
なんとなく育代さんのお母さんみたいな雰囲気もありそうなのですけど、育代さんはあまりにも都会的な人ですからね・・
多分・・・育代さんとしても
「お母さん、そろそろ同居の事も前向きに考えてよ・・、お母さんだって、いつまでも元気でいられる
保証なんかないのだから・・」みたいな説得もしていたのかもしれませんよね・・・
そして・・・
多分埒が明かなかった・・
それならば、いっその事・・・可愛い可愛い孫のみゆきに
「おばあちゃん、一緒に暮らそうよ・・」みたいにおねだりさせれば・・・・
案外話はスムーズに進むのかも・・と育代さんが思ったかどうかは正直それは分からないのですけど
ま・・多分、それに近いような事はあったのでしょうね。
ちなみに・・・スマイルプリキュアの最終回で、このタエさんがみゆきの家にいる場面がちらっと登場しましたけど
あれは同居開始・・という訳ではないですよね・・・??

この27話の結論としては、結局はタエさんは「今住んでいるこの土地がいい・・」という事で
タエさんはこの田舎で当面一人暮らしを続けるという事になりましたけど、その理由と言うものは・・・
「なにか大切なモノを守りたいから・・・」という事なのですけど
果たして、その「大切なモノ」とはなーに??というのがこの回の本筋だったと思います。
ま、これは実社会でもよくある話ですし、私自身日常的に色々な顧客等とそうした話を耳にする場合も多いのですけど
親世帯が年を取り一人で生活をしたりするのか困難となり、
本当は自身が生まれ育った土地を離れるのは嫌なんだけど、このまま故郷で一人暮らしを続けても
日常生活を送る事すら困難をきたしてしまう・・・
それならば・・・本当にやばい事にならない内に、まだ気力があるうちに生まれ故郷をはるか離れた遠き異郷の後で
子供たち世帯と同居を余儀なくされ、確かに・・日常生活に支障はなくなったものの
周囲は誰も知らない人ばかりだし、新しい土地での新しい知り合いも中々作れず、
目にする風景も子供の頃から焼きついたあの「いつもの風景」とは全然異なる・・・という事で
一種のホームシック感と言うのか喪失感みたいなものが募り、
結果として・・・
思いがけず「寂しい余生を過ごす・・・」という事も決して無い話ではないと思います。

やはり・・・人間と言うものは・・・小さい頃から慣れ親しんできた土地で暮らすというのが
「人の生涯の閉じ方」としては理想的な形なのかもしれませんよね・・・・
私の場合、生まれは青森、育ちは仙台なのだけど
そこで過ごしてきた時間よりも埼玉等関東で過ごしてきた時間の方がも今現在ははるかに長いという事もありますので、
私としては・・・
「浦和の調ちゃん」ではないけど
「何も無いいつものこの街が好き!!」という感じなのかも・・・・?
今では埼玉の方にむしろ「郷愁」を感じるのかも・・・??

あ・・・なんか話がそれてしまいました・・・

このブログの「クラシック音楽カテゴリ」のなかでよーくロシアの作曲家・ラフマニノフの事を語る事が
結構多いと思うのですけど、
ラフマニノフという方も、1917年のロシア革命→ソ連共産党政権の樹立を嫌い、本当は故国を離れたくなかったのだけど
アメリカへの亡命を余儀なくされてしまった・・・
アメリカでの生活は、指揮活動・ピアニストとしての活動・作曲活動と確かに多忙を極め、生活は安定していたと
思われるのですけど
やはり心のどこかに何か大切なものを失くしてしまったような心にポッカリと穴があいたような喪失感が
あったのは拭えないのかな・・・と感じざるを得ません。
果たしてラフマニノフにとって、故国を離れた方がよかったのか故国に留まった方がよかったのか・・
その結論は出しようがないと思います。
だけど・・・・多分・・・曲の感じからして終始・・・「後悔・未練」みたいなものは漂いますね・・・
それと同様な事がタエさんにも言えるのかな・・?
都会に出て孫のみゆきや子供たちと生活をするのも選択肢ですし、
このまま交通アクセスが不便で、急病になった際に搬送される病院にすら事欠くような現在の田舎暮らしを
選ぶのも一つの選択肢・・・
だけど・・・タエさんにとっては・・・
誰にも迷惑を掛けたくない・・・・
身の回りの事とか畑仕事とか自分で色々と出来る間は他人に迷惑を掛けたくない・・・
という気持ちもあるかとは思いますが、
やはり・・・
「自由さ・気楽さ」を求めたのかな・・という感じもありますね。
それと・・・
後述しますけど、タエさんが例え不便な生活環境であっても本当に守りたかったものとは・・・
果たして
何だったのでしょうか・・・??


f08d6c93_convert_20151028155136.jpg


スマイルプリキュアのみゆき=キュアハッピーって本当に本当に可愛いですよね!!
現在放映中の「ご注文はうさぎですか?」の世界も本当にとっても可愛い登場人物たちがてんこ盛りですし
あの可愛らしさはまさに「これぞアニメの王道!!」という雰囲気もありますし、
この作品に登場するキャラはみーんな可愛いですよね!!
だけどみゆきに関しては、このごちうさに明日から登場しても全然違和感がないほどの
アニメ的可愛らしさに満ち溢れているような感じもします。

だけど・・・・

この星空みゆきですけど、ま・・普段はアホとポンコツ全開のおっちょこちょいさんなのですけど
時折、何か不思議な表情をみせる時があったりします。
ま、それが全開なのがまさにこの回と第44話/笑顔のひみつ!みゆきと本当のウルトラハッピーの回でしたね・・・
多分なのですけど・・・
タエさんは、何か不思議な力というのか、人間界と異世界を交信できる数少ない人のような感じもあるのですけど
そうですね・・
なんか巫女さんみたいな神秘的な力を秘めた人なのかもしれませんよね・・
そういうタエさんの血筋を色濃く受け継いだのは、このみゆきなのかもしれません。
みゆきはホント、普段は歴代でも屈指の愛すべきポンコツキャラなのですけど
時折、こういう常人では感じることが出来ない自然界の不思議とか異世界との関わりとかを
普通にさりげなく感じることができるような雰囲気があったりもします。
ま・・・それは「能力」というよりは「血筋」という感じですけどね・・・
ま、その辺りの感じ方がほぼ鈍感なめぐみとは違う所なのかな・・と思ったりもします。

恐らくですけど・・・

あかね・やよい・なお・れいかでは、タエさんの村内での不思議な存在・・・そういうものを感じる事は
出来ないような感じもあるのですけど
みゆきだけは、そういう不思議な異世界の住人との交流も果たせそうな感じがあります。
普通の人の感覚ですと存在自体信じられない河童や天狗なんかも、
多分・・・タエさんやみゆきにとっては
「日常」の一コマみたいなものなのかもしれませんよね・・・

そして・・・

恐らくは・・・・タエさんが守りたかったものとは
こうした「自然への偉観」・「未知の領域への敬意の気持ち」だったのかもしれませんし、
自分に「命の灯」がある間は、こうした風景や霊感に満ちたものを守りたいというのか
日常的に接していきたい・・・
だからこそ、確かに都会に出て子供や孫と一緒に生活をしたいという気持ちも本当はあるのかもしれませんけど
それよりも優先すべきことは
「自然に対する遺憾の気持ち」だったのでしょうね・・・

みゆきは第44話でも遺憾なくそうしたタエさんから受け継いだ不思議ちゃん振りを発揮するのですけど
みゆき以外の人には誰にも見ることが出来ないあの不思議な女の子は
とっても印象的でしたね・・・
というか・・・
あんな明るく元気でおバカなみゆきが小さい頃は
人見知りで内向的で内気な子供だったとは意外ですね・・・
なんかあの設定はハートキャッチのつぼみそのまんまという感じでしたけど、あの不思議な女の子は
そうしたみゆきの背中をそっと押してあげる素敵な存在でしたね・・・

この回でみゆきは河童とか天狗とかそうした自然界の妖怪さんとは何の違和感もなく受けてれているのに
この次の回の「なおのお化けこわーい」の回では
なぜかなおと一緒になって「お化け」を怖がっているのは・・・
なんかヘンな話なのかも・・??
ま、そういうみゆきの「ゆるさ」がみゆきらしいところなのかもしれないですね。

そうそう、この回のれいかさんの美少女振りは実に素敵でした!!
そしてあかねの元気溢れる感じがこの不思議な回のいいアクセントになっていて、これまた素敵です!!



1345333584858s_convert_20151028155106.jpg


1345333508593s_convert_20151028155039.jpg


だけど・・・

この第27話の最大の見どころは・・・やっぱり「ウルフルン」でしたよね!!

あの夏バテでヘロヘロになっているウルフルンもとっても可愛かったけど
川で涼んでいる時に多分・・・遭遇したかもしれない河童の姿に驚くウルフルンが実にお茶目で可愛い・・・!!
というか・・
ウルフルン自体、「妖精」なのですけどね・・・(苦笑・・)
妖精が妖怪に驚いてどないするっちゅーねん!!となんかあかねちゃん風にツッコんでみたい気分ですね・・・(苦笑・・)

それよりも・・・

そんなウルフルンを見ても全く動ずることなく
「あらあら、可愛いきつねさんね・・・」と言ってのけるタエさんは・・・
うーーん、やっぱりあなたはみゆきのおばあちゃんたる資格を間違いなく持っていますね!!
この場面で「ぷっ・・」と吹き出すあかねちゃんが実に可愛かったです!!
というか・・・タエさんはキャンディを一人のゲストとして認識していましたから、ウルフルンを見たぐらいじゃ・・・
驚く訳ないですよね・・・
考えてみると・・・スマイルのメンバー全員そうですし、みゆきの家族もそうですけど
一度は「バットエナジ―」を放出する羽目になっているのに
タエさんだけは、このシリーズで唯一バットエナジ―を放出していない・・・
これはある意味凄い・・・
タエさんは「どうして絶望するの・・・?」・「いい時があれば悪い時もある・・」・「太陽は必ず翌日のぼるもの」とか
言っていましたけど
こういう「まっすぐな思い」というのは
間違いなくみゆきに受け継がれていましたね・・・

それにしても・・・バットエナジ―をゲットできないウルフルンのボー然とした顔がとってもお茶目で
素敵でした!!
やっぱりいまだにウルフルンの人気が高いというのも分かるような気がしますね!!



4000ba7c_convert_20151028154941.jpg


そうは言っても・・・戦闘シーンではスーパーアカンベエに苦戦を強いられます・・・

そしてスーパーアカンベエが放った火砲が・・・
まずいことに・・・
タエさんの家を直撃する寸前になってしまいます・・・

その時・・・・ま・・「蒙古襲来」ではないですけど「神風」が吹く事になり
その火砲は吹っ飛ばされます・・・
ま・・・それは天狗の仕業だった・・・という事にしておきましょう・・・(笑)

そうですね・・・・プリキュアシリーズ全体としても
こういう科学の力では解明できない不思議な異世界からの力を借りる・・というシーンは
珍しいだけに、
余計にこの回の「不思議なファンタジー感」が印象的ですね・・・



b7010cb7_convert_20151028155249.jpg


a45b4bd3_convert_20151028155210.jpg



この回はスマイルの中でもかなり異色な回で
珍しくファンタジー感に溢れた回でもありましたけど、
背景の山々の光景がとっても印象的でした・・

普段はポンコツなみゆきがたまーーに見せるこうした「不思議ちゃん」ぶりが実に素晴らしいです!!

ホント、みゆきは何もしないでただそこにいてニコニコ微笑んでいるだけならば
いいとこのお嬢様にも見えなくはないのですけど、
早速・・・次の回では
なおと一緒に遺憾なくまたまたいつも通りのポンコツさんになってしまいます・・(苦笑・・)
その「お化け話」では、実は既に担任の先生から
「間もなく夏休みが終わります。みなさん、宿題はちゃんと仕上げていますか?」と臨時登校の際に
既に釘を刺されているのですけど・・・
ま・・・結果は・・あの通りですからね・・・(苦笑・・・)

いいよなぁーーー!! このスマイルの「落差」が私、本当に大好きです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ウルフルン、可愛い・・・

りえ太 様


そうなんですよねぇ~

あの回のウルフルンはとってもお茶目で可愛くて、とても初登場時の
「悪い狼さんで結構!!」の悪ぶったイメージではなかったですね・・(笑)
あの夏バテ気味のウルフルンも可愛かったですし、
みゆきのおばあちゃんから
「あらあら、可愛いキツネさん」と呼ばれて、あかねから「ぷっ・・」と吹かれていた
あのシーンがとってもツボにはいりました・・・(笑)

プリキュアの祖母は…。

前回、「鎌倉快速」と書いたつもりが「快速快速」になってしまい、大変失礼致しました。
みゆきの祖母の星空タエからはバッドエンドエナジーが放出されないというところ、この27話を見たとき、タエは元プリキュアだったとか考えたりもしました。このような例としても、つぼみの祖母の花咲薫子がキュアフラワーだったり、亜久里の祖母の円茉里でさえ茶席を汚すグーラを一喝していたといいます。
みゆきは妖怪が平気でお化けが駄目、なおもお化け嫌いというのがあり、お化け嫌いはりん、エレン、そしてみなみを加えて5人です。みゆき達が祖母タエの家に行くところ、はるかの実家(埼玉県川越市がモデル?)にはるか達(ゆいとトワを入れて5人)が行く回で思い出したところがあります。タエの家にお泊まりに行ったみゆき達、仮にみなみがいればスーツケースを2~3個抱えることでしょうか。

Re: プリキュアの祖母は…。

鎌倉快速 様


いえいえ、お名前の事は全然きにしないで下さい!!
私だって年がら年中、誤字脱字と変換ミスのオンパレードですので・・・(苦笑・・)

そうですね・・・
実は以前少し書いた事があるのですけど、ほのかの祖母のさなえさんは・・
実は・・
正真正銘、元祖プリキュアではないのかな・・・?と思った事もありますし
もしかして・・・
薫子さんと元祖「ふたりはプリキュア」をしていたら、結構面白い事になりそうな気もしますね・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2537-c96733cc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |