FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


最近の記事の中で・・・

「今回の記事が終わったら、第28回大会のプログラム一番からまた色々と語っていきたいと
 思います・・ 」
と書いていたような気がするのですけど、
すいません・・・その前にあと一つだけ・・・エリクソン/序曲「祝典」等についてごく簡単に記させて頂きたいと
思います。

既に何回か書いた通りなのですけどは、自分自身は、エリクソンのこの序曲「祝典」を
中学三年の時にコンクール自由曲として吹いていますので大変思い入れはある曲ですし、
この曲は結構今現在でもプロの吹奏楽団が録音し何枚かCD化もされていまして、
その演奏を聴く度に・・・
「あ・・・・懐かしいな・・」
「この部分はよく、あの指揮者の先生に怒られたな・・」とか
色々と楽しい事も嫌な事も思い出してしまいます・・・(苦笑・・・)

1980年当時、私は約2年間吹いていたクラリネットからアルトサックスにコンバートされたのですが、
クラリネットに比べてアルトサックスがいかに簡単に音が出て、ウルトラ簡単にヴィヴラートを
かけられ、普通に綺麗な音が出せる事に驚き、
「一体今までのクラリネット奏者としての二年間は何だったんだろう・・・」と
思っていたものでした・・
(ま・・・その話は既に何度も書いてはいるのですけどね・・)

アルトサックス奏者として、改めてこの序曲「祝典」の譜面を見た際の率直な印象はというと・・・
「えー、クラリネットパートと違って何て簡単な譜面だ! こりゃ楽だ・・! !しめしめ・・」と感じたものでした。
この曲の冒頭は、タタタ・タタタ・タタタとスタッカートのリズムで開始されますが、
アクセントのつけ方が妙に難しく感じられ、クラリネットで吹くとこの部分は大変苦手な部分でした。
だけどアルトサックスの場合、タッ・タッ・タッ・・と単純な後打ちだけでしたので、すごーく助かりました。
しかもクラリネットパートに比べて16分音符や速いパッセージが少なく、
美味しいメロディー部分が多く、
練習中でも結構「楽しく」演奏できていたと思います。

クラリネット奏者時代は、年がら年中指揮者のあのくそじじいから
「全然消化出来ていない」
「リードミスばっかりしやがって」
「なんだ、そのけったいな音は・・」などなど
文句ばかりタラタラ言われ続け、音楽なんて「楽しい」と感じた事はほぼ皆無でした。

その意味では、序曲「祝典」は自分にとって初めて音楽をする楽しさ・・・合奏する楽しさ・・・
色々な楽器の音と音とのぶつかり合いや融合・・
そうした事を教えてくれた曲なのではないかと思っています。

「スイートプリキュア」の中で、音吉さんが
「音楽を構成するもの、それは・・メロディー・リズム・そして鼓動のビート。三つが融合して
初めて音楽が生まれる」なんて言っていましたが、
序曲「祝典」の場合、まさにこの三つの要素から成っていると今更ながら
思ったりもします。
出だしのタタタ・タタタ・タタタというリズム、チューバ等の低音楽器にサックスセクションのビート
そして金管群のメロディー
まさに三つの要素から出来ていると思います。


130356534452016431523_P0702-2_convert_20151028145033.jpg



単純だけど「シンプルイズベスト」を証明した作品だと思います。

この曲は、1979年~81年の各地のコンクールでは、相当な人気曲でしたよね。
凄い時は、一つの大会で8~10チームもこの曲を自由曲にしていたなんて話も聞きます。
この曲、現在風に言うと、大編成でも小編成でも対応出来ますし
古い言い方ですと、50人クラスのA編成でも35人編成のB編成でも25人編成のC編成でも
全然違和感なく聴く事も演奏する事も出来ると思います。
実際この曲は1979年の全国大会で2チームも全国大会で演奏し、その中でも長岡南中学校は、
人数が少ないためパワー不足を感じたり、中間部の歌いこみ不足があったりとやや難はあるものの
アレグロ部分の「一直線の爽快さ」など大変素晴らしい演奏を聴かせてくれています。
長岡南は、1981年にもホルストの第一組曲で関東大会に臨み素晴らしい演奏を残していますが
全国に進めなかったのが残念でした。

序曲「祝典」の打楽器は
ティンパニー・小太鼓・大太鼓・シンバル・サスペンダーシンバル・シロフォーン・タンバリン・
グロッケンなどがあり、最低でも奏者を6名を必要とする曲なのですけど、
自分のとこの中学校は、なぜか3人しか配置せず、ラスト近くは、ファゴット奏者がシンバル掛け持ちという荒業まで
やってくれちゃっています・・・
そのファゴット奏者は、課題曲C目北海の大漁歌でも部分的に拍子木をファゴットの位置からコーンコーンと叩くという
これまたとんでもない掛け持ち荒業をしていました・・

序曲「祝典」は基本的に2/4拍子、中間部は4拍子なのですけど、ラスト近くは
拍子が目まぐるしく変わり、
指揮者もいちいち楽譜に合わせるという事ではなくて、ラスト近くはほとんど全て指揮棒は
二つ振りの縦振りだけになってしまい、
練習中も「気持ちで合わせろ」なんて訳のわからんことをよく言って、時に演奏が破綻寸前に崩壊し
その都度・・・「おまえたちはアホか・・!!」と勝手に一人ぶち切れていましたね・・・(苦笑・・・)


この曲について思い入れがある理由として、この年の課題曲C/北海の大漁歌と共に
この二曲については、指揮者の先生不在の際は、一応、当時・・名前だけではありましたけど
吹奏楽部部長ということで、先生に代って指揮をする事もあり
そうですね・・・
特にこの序曲「祝典」は個人的には一番振った曲なのかな・・という感じがします。
ま・・その後高校でも何度か指揮をした事はあるのですけど、
時間的には・・・この曲が一番関わったような気がします。
そうですね・・自分がこの曲を指揮すると、なぜか中間部のゆったりとした部分がかなり遅くなってしまい
両端のアレグロの部分はかなり快速テンポになってしまい、
特にラストは・・とにかく煽って煽って煽りまくって一気呵成にエンディングに向かって突進していったような
記憶がありますね・・・(苦笑・・)
自分で言うのも変な話ですけど、結構個性的な解釈&演奏は出来ていたと思います。

それに対して指揮者の先生の方は・・・
ま・・この年以前はずっとワーグナー・チャイコフスキー等の重厚路線を取っていたせいもあると思いますし
オリジナル作品に馴染みがなかったせいもあるかとは思うのですけど
中間部なんか淡白にあっさりと淡々と進展し、両端のアレグロの部分は「とにかくテンポを一定にキープする事」を
優先していたような印象があります。
一度この先生の目の前で課題曲・自由曲を通して指揮した事があるのですけど
返ってきた感想は・・・
「全くダメ!! 指揮の基本すら出来ていない!! 溢れる感情ばかりが表に出過ぎ!! 一言で言うとヘタクソ指揮!!」と
ま・・とにかくダメ出しの完全否定でしたね・・(苦笑・・)
中学の時は、毎年クラス対抗の「合唱コンクール」があり
あれって・・大抵クラスの中に吹奏楽部とか合唱部の部員がいると大抵問答無用で指揮者を押し付けられるのですよね・・
そして・・
本番終了の際には、審査員から「講評用紙」が手渡されるのですけど
何のことは無い・・・
この審査員の一人が・・例の吹奏楽部の指揮者でもあり学校の音楽教師でもあるから
ま・・この講評用紙には毎年毎年判で押したように「指揮がヘタクソだから全体もダメ」というまさにダメだし講評が
記載されていて、
あれを見るたびに毎年毎年凹んでいたものですね・・・(苦笑・・)

どうなんだろう・・・

思うのですけど

人間を伸ばす場合・・「否定・けなす・無視する」というよりも
「褒める・認める・励ます」の方が絶対に人は伸びると思うのですけどね・・
うちの会社なんかではよく上の人たちが
「営業担当は・・とにかく褒めたら絶対にダメ!! 褒めた瞬間にもっと上を目指そうという向上心が
なくなってしまうものだから、褒めたら絶対にダメ!!
良い結果が出たとしても、これこれこういう点はあまり良くなかった・・と次に向けての課題を提示し続けることが
非常に重要!!」
みたいな事をよく言っているのですけど、
ま・・・確かに一理ありますし決して間違ってはいないのですけど
少し違和感も感じます・・・

そうですね・・

自分の金融機関時代とかモデルハウスの頃のそれぞれの営業担当時代、そして今現在を振り返ってみても・・

人は他人から褒められることで・・・励まされることで・・・何か一言でも温かい言葉をかけられただけでも
自分が「あ、自分はこの人から認められているんだな・・」とか
「ちゃんとこの人は自分の事を見ていてくれる・・」みたいに
相手の瞳の中に・・自分自身がちゃんと存在している事を感覚的に理解した瞬間に
「この人についていこう!!」みたいな「心服」という状態を生み出していくような気がします・・・

もちろん・・常に褒めているだけでは単に・・思い上がりみたいな悪い方向に行きがちですので
時に・・・よくないと思える点は
ちゃんと・・明確な言葉で
「これこれこういう理由でこういう点はあんまりよくない・・そのためには・・これこれこういう点を課題事項とした
方がいい」みたいな事を具体的に指示していった方が
絶対に人は伸びるような気がします!!

ま・・・結局は・・私自身も中学の頃は・・・その指揮者の先生に
一言でもいいから褒められたかった・・・認められたかった・・みたいな気持ちが強かったのだと思いますけど
結局・・
ま・・確かに自分も期待に応えられなかったことばかりですし、出来は悪かったとは思うのですけど
「自分」という存在をきちんと認めてほしかった・・という事になるのかもしれないですね・・
その先生にとっては、長年の経験と裏付けにより
「ガキどもは・・・つけあげるとダメ・・だから首根っこをギューーッ!!と押さえつけコントロールする必要がある」みたいな
意識が強かったのでしょうけど
そうですね・・・
たまには・・・人と言うものは・・子供でも大人でもちゃんと認めて、「言葉」として褒めることは
大変大切なことだと
私は・・今でも思っていますし、確信はしています!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

素晴らしい曲ですね。

エリクソンの序曲「祝典」は本当に素晴らしいカッコいい曲ですね。
仰るとおり、かつてのCクラスのような25人程度の小編成バンドでも演奏できる曲でした。管理人さんが投稿されていたリードの序曲「春の猟犬」や私が以前コメントしたマクベスの「マスク」は今でも好きな曲です。
最近はいずれの曲もあまり演奏されなくなりましたが、このような「名曲」といえるオリジナル作品が再び脚光を浴びる日が来ることを願いたいです。

序曲「祝典」

一秋田県民 様


ありがとうございます!!この序曲「祝典」は確かに痛い思い出の曲なのですけど
同時に「吹いていてとても楽しい気分になれる曲」でした。
中間部はとても美しかったですし、ラストの壮絶な追い込み・煽りもエキサイティングでした!!

こういう素敵な曲は、今後も絶えずどこかのチームは演奏し続けて欲しいと思います。
マスクとか春の猟犬もそうですけど
コーディル/吹奏楽のための民話とかオリヴァドーティのバラの謝肉祭とか
ミッチェルの海の歌・大草原の歌とかリードのパンチネルロとかバーンズのアルヴァマー序曲とか
スウェアリンジェンのインヴィクタとかジェイガーのシンフォニアノビリッシマ・第三組曲などは・・・
後世にもずーーっと受け継がれていってほしいな・・と
思いますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2536-41bcd2de
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |