プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


7.とある田舎の公立中学校

  C/序曲「祝典」(エリクソン)

  
 あ・・・なんかすいませんね・・・
 このブログの「吹奏楽カテゴリ」の一つとして過去の吹奏楽コンクールの記事なんかを書かせて頂くと
 結構多くの方より温かい共感のコメントを頂く事が本当に多くて
 これは有難い事と思っていますし、管理人のこのカテゴリにおいて「更新しよう・・!!」という生きるチカラにもなっております。
 本来ですと、さっさとその① 就実高校の事から語り始めればいいのに・・と思う方も多分いるかとは思うのは
 重々に承知しているのですが、
 自分の「過去の記憶」というか、まだ吹奏楽・・・いや音楽の事が大嫌いだった頃の記憶を何か形にしておくのも
 悪くないのかな・・・と妙な事も考えておりますので
 あとほんの少しだけ・・・我慢して頂けると大変ありがたいものがあります。

 以前から何度も書いている通り、こうやって吹奏楽コンクールの事を偉そうに書いている自分自身は
 吹奏楽コンクールは全国大会はおろか支部大会すら出場した実績も経験も無く
 そういう出場経験者の皆様からは多分・・・・
 「そんな支部大会にすら出場した事も無い人間が何をエラソーに書いていやがるんだ・・」みたいな批判・お叱りを
 頂くとは思います。
 だから・・・それに対する「自戒」の意味も込めて
 この年・・・中学最後の自分自身の吹奏楽コンクールの事もほんの少しだけ書かせて頂きたいと思います。
 そうですね・・・
 今回の記事が終わったら、第28回大会のプログラム一番からまた色々と語っていきたいと
 思います・・

 1980年の自分自身の吹奏楽コンクールの課題曲はC/北海の大漁歌、
 自由曲はエリクソンの序曲「祝典」でした。
 県大会の時は確かプログラム7番だったかな・・?
 過去記事や「響け! ユーフォニアム」カテゴリで散々書いてきたとおり、
 この年は部員は大幅に減少・・・
 自分の代で大量退部者を出したのも痛かったですし、それに輪を掛けて
 この年の4月から自分の中学校はあまりにも生徒数が多いとの事で、学校が二つに分離する事になり
 (ちなみに・・私自身は中学2年の時は2年17組でした・・・
  子高齢化に伴う学校統廃合が進む今現在の状況ではありえない光景ですよね・・・・苦笑・・
  ちなみに・・・当時の吹奏楽部員は多分・・・・100人ぐらいはいたのかな・・・??)
 吹奏楽部員は例年よりは相当激減していましたね・・・
 そういう事情もありましたし、部としての技術的レヴェルの低下という事もありまして、
 自由曲は、毎年毎年判で押したようにワーグナーとかチャイコフスキーとかバッハみたいな重厚路線を得意としていた
 顧問の指揮者の先生も路線変更せざるを得なくなり
 当時爆発的な人気を誇り、コンクールでは頻繁に演奏されていたエリクソンの序曲「祝典」を自由曲とし、
 課題曲は「ソーラン節」をモチーフにした北海の大漁歌を選んでコンクールに臨みました。

 そうですね・・・

 県大会の演奏は・・・自分で言うのも何ですけど
 本当にズタボロの演奏でした・・・(苦笑・・)
 せめて地区予選の時みたいな演奏が出来れば後悔はなかったと思うのですけど
 本当にほんとうに・・・酷い出来で
 コンクール前に思っていた事・・・・
 「もしも・・・万一この県大会を通過して県代表に選出されて支部大会に出場する事になったら・・
 またあのおっかねー先生に一か月近く怒られまくる・・・そりゃ嫌だな・・・
 だけど本日の県大会で県代表に選出されなかったら、本日をもって引退となってしまい 
 明日からは受験に専念せざるを得なくなる・・・
 それも嫌だな・・・
 あ~あ、どっちも嫌だな・・・一体どうすりゃいいんだろ・・」と何か気分は・・「to be or not to be」のハムレット
 みたいな心境は・・・そうですね・・・結果的にまさしく「妄想」の世界でしたね・・・(苦笑・・)
 そんな県代表みたいなレヴェルの高い演奏は元々期待できなかった上、
 本番の演奏があそこまで見事に崩壊してしまうとは・・・
 やっぱり・・・・自分を含めて部員全員のこの一年間のモヤモヤとした鬱積した気持ちとか
 大量退部者を出してしまった後ろめたい気持ちとか
 指揮者の先生に対する反発の気持ちとか、色々あったとは思いますが
 結局は・・・最後まで皆の気持ちが一つにまとまらなかった・・・
 そうした何かモヤモヤとした鬱積した気持ちが、本番当日に・・・
 なんか部員全員の「本音」を象徴させるような形となって、「音」になってしまったのかな・・・と思う事は
 今でもあったりしますね・・・
 当時、一応この部の部長でもあった自分自身としては・・・
 「なんかこうなってしまったのも自分が一因」という自分のふがいなさを責める気持ちもありましたし、
 何よりも・・・やはり指揮者の先生に対する「恨みつらみ」はかなり大きいものがありましたね・・

 課題曲Cの出だしから既に何かモヤモヤした出だし・・・
 この年は私自身はアルトサックスでの出場でしたけど、課題曲冒頭の音がアルトサックスにとって鬼門というのか
 大変音が出しにくい低音から開始されるという事情もあったのですけど
 出だしがなんと・・・スカスカの音状態で始まり
 「これはまずい・・・」と思ったけど修正できずに曲がどんどん進行し、中間部の
 トランペット・オーボエ・フルートのソロの部分では、3人の奏者が全員揃いも揃ってソロを外す・・・という
 練習中でもなかった事態が発生し、更に奏者の動揺を招き、
 課題曲は崩壊状態で終了・・・
 自由曲も「あれれ・・いつもと調子が違う・・」みたいな違和感を最後まで吹っ切る事が出来ずに終了・・・
 ボー然とする中、中学最後のコンクールが幕を閉じた・・・という感じでした・・・

 当日全部門の審査が終了したのがPM19:00過ぎ・・・
 部員全員を残しておくわけにもいかないという事で、部長・副部長、そして指揮者の先生以外は
 全員そのまま帰宅となり、
 自分が部を代表して閉会式と審査結果発表に臨んだのですけど
 結果は銀賞・・
 (よくあんなポンコツ演奏が銅賞にならなかったものですね・・・)
 閉会式で表彰状を貰ったのですけど、全然嬉しくなかったですし、当日の演奏やこれまて゜の部の活動状況に対する
 「後悔」の感情ばかりが沸き立つ中で・・・
 「ああ・・・やっとこれでコイツの指導から開放される・・・明日からは・・・受験のプレッシャーはあるけど
 一応自由だ・・!!」
 みたいな開放感はものすごーーく感じていましたね・・・

 今現在ですと、メールやラインで当日の審査結果なんかをリアルタイムで回覧できるのですけど
 当時は・・・携帯すらない時代ですから・・・・(苦笑・・・)
 3年生には、直接電話を掛け結果を伝え、
 下級生には・・・審査結果は明日の朝刊を見ておいて・・・というのもなんか時代を感じさせますよね・・・(苦笑・・)

 それでもって帰りはその指揮者の先生の車で学校まで送って貰ったのですけど
 最後ぐらい・・・
 「お疲れ様!!」とか
 「今まで色々と酷い事ばっかり言ってすまなかった・・・」
 「だけど、お前たちも本当によく頑張ってくれた!!」みたいな労いの言葉があるのかな・・・とか
 「最後くらい、俺のおごりでなんかうまいものでも食わしてやる! 何でも好きなもの頼め!!」みたいな
 嬉しいサプライズでもあるのかな・・・と淡い期待を持っていたら・・・
 その車での送迎中も一時間近く延々と部長・副部長に対して
 「お前たちは、今までオレが面倒見てきた中でサイテーの代!!」
 「お前たちぐらい俺の言う事を素直に聞かなかった奴らはいない」
 「お前たちはだからダメなんだ!!」みたいにずーーーーーっと説教の連続でして、

 本当に・・・マジであの瞬間は・・・・

 「コイツ、まじでくたばっちまぇーーーー!!」と心底願ったものでした・・・・

 そして・・私は音楽、吹奏楽の事が大嫌いなまま卒業式を迎えたのですけど
 そんな私が真の意味で「音楽」に覚醒したのは・・・
 それから一年半後の事なのでした・・・・
そして・・・私が「プリキュア」に覚醒したのは・・・その27年後の話でした・・(苦笑・・) 
 ま・・覚醒と言っても、別に自分がプリキュアになった訳ではないですけど・・・(苦笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2532-8a74cd53
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |