プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


毎年そうなのですけど、吹奏楽専門雑誌「バンドシャーナル」においては、
2月号あたりに
10年間で演奏された自由曲の一覧表という大変貴重なデータ集計を掲載してくれています。
あれって、始まった時からそうなのですけど
吹奏楽オリジナル作品・クラシックアレンジもの・邦人作品と三つのジャンルに分類されていますけど
そうですね・・・
やっぱりここ数年の「邦人作品」の躍進はまさに目覚ましいものがありますね。
正直こうした状況は、私が現役奏者だった頃はまずありえない話でしたし
(当時は邦人作品を自由曲にする事自体が一つの冒険だったみたいな雰囲気もあったほどでしたね・・)
21世紀初めの頃ですら、邦人作品はそれほど人気があるとは思えなかったような印象がありました。
ま・・・こういう状況を打開した最大の功労者は
やっぱり・・・天野正道氏なのかもしれませんよね。
ホント、天野氏はアレンジャーとしての才能も大変優れたものがありますけど
それ以上に作曲家としてのあの溢れんばかりの才能の煌きはまさに・・・
なんか現在の吹奏楽界の太陽みたいな存在なのかな・・と思ったりもします。
ま、それ以前に天野正道氏は、秋田南高校在籍時代から音大時代に
既に・・・
ストラヴィンスキー/春の祭典 三善晃/交響三章 矢代秋雄/交響曲等のアレンジを完成していた事実が
驚き以外の何者でもないです・・・!!

吹奏楽コンクールの成績以外でも、やっぱり「秋田県の吹奏楽」には
私は・・・昔も今現在も・・・
「脱帽」と「敬意を表す」以外の言葉が出てきませんね・・!!
本当に素晴らしい吹奏楽県だと思います。

さてさて・・・

前述のBJの自由曲分類ですけど
過去のBJのバックナンバーを見ていると、たまーーに面白い事も発見したりもします。

その一つなのですけど、
フランスの偉大なる現代音楽の作曲家、メシアンの曲を過去に一度だけ
吹奏楽コンクールで演奏したチームがありましたけど、
そう・・・今現在は都立片倉を率いて全国大会で何度も金賞に輝いている馬場先生の
片倉の前の赴任校、都立永山の1995年の自由曲がまさにその唯一の事例です。
その曲とは・・・・
「我ら、死者達の復活を待ち望む」というメシアンにとっては「トゥーランガリア交響曲」や「鳥の歌」三部作と並ぶ
メシアンの代表作品の一つです。
というか・・・
なんでこんな複雑怪奇な曲を自由曲にしようと思ったのでしょうか・・・!!

いやいや、これは馬場先生の思い切った挑戦はホント、すごいものがありましたね・・・

たしか当時のBJのインタビュー記事で馬場先生は
「1995年は阪神淡路大震災・オウム事件などで世相が大きく悲しく揺れた年・・・
そういう年だからこそ何かメッセージを後世に残しておきたかった・・・」みたいな事を言われていましたけど
さすが、その辺りは過去も現在も
そうしたメッセージ性の強い曲を大変アクが強く個性的に、かつ音楽的にまとめられる馬場先生らしい
お言葉ですね・・

だけど・・・メシアンですよ・・・・

あのメシアンを吹奏楽コンクールの自由曲にしてしまうなんて、
そうですね・・・
これは、かつて1983年に花輪高校が自由曲に、
あの無調音楽全開のベルク/三つの管弦楽曲を選んだ時とか
秋田南がやはりベルクの歌劇「ルル」組曲を自由曲に選んだとかと同じくらいのインパクトが
私の中にはありました・・・
だって・・・現代音楽の当時の生き神的存在で、ブーレーズも信奉していたあのメシアンの曲ですよ・・!!
そうですね・・・
正直、今現在の視点で考えてみても「すごい・・・大変な決断とチャレンジ魂」という感じですよね。

だけど、面白い事にこのメシアンの「我ら、死者達の復活を待ち望む」という曲は
なんと・・・・
1996年2月号の記事においては、
この曲はクラシックアレンジものではなくて「吹奏楽オリジナル作品」として分類されているのですよね!!
あれを見た時は正直驚きました・・・
なんか思わず関西弁で
「なんであれが吹奏楽オリジナル作品やねん・・!!」とツッコみたい気分でしたね・・・(苦笑・・)

あ・・、だけどよーーく考えてみると
確かに間違いではないのですよね・・・
だって、あの曲はかなりの特殊編成でして、楽器編成の中になんと・・・弦楽器は一切使用されていません!!
管楽器と打楽器のみでの構成です。
しかもその打楽器と言うのも・・・・
ま、都立永山の実演を聴いた際も、まさに「驚き!!」という感じでしたけど、
チャイム・ゴング・ドラを複数個も使い
なんか曲そのものがドラが終始ごわーーーーんと轟音を立て、チャイムがチャイニース風な
色彩の音楽を誘導しているみたいな感じでした。
なんか・・・普門館の舞台の上に、とてつもない数の大小のドラがずらーーーっと並んでいた・・・
そんな印象が大変強いです・・

ま・・・・確かに弦楽器を使用していないから、ま・・・そりゃ分類上は「吹奏楽作品」と言えるのかも
しれませんけど、
あのメシアン大先生のあの曲を
「吹奏楽オリジナル作品」として計上してしまうBJ編集部も・・・ま・・・ちとアレなのかな・・・(苦笑・・)

もしもですけど・・・

ま・・・ほぼ100%ありえない話ですけど
ストラヴィンスキーの「管楽器のためのシンフォニー」とか
やはり曲に弦楽器を使用しないミヨーのバレエ音楽「世界の創造」(厳密にはチェロとコントラバスが各1台あります・・)を
自由曲に選ぶチームが出た場合
あの分類はやっぱり、吹奏楽作品という事になるのかな・・・

ちなみに・・メシアンのあの曲は1997年以降は、やっぱり「クラシックアレンジもの」として確か分類されていたような
記憶があります・・
ま、私・・・昔も今もBJはコンクール掲載記事の号しか買いませんので・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2530-6c1edcfc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |