プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私自身の吹奏楽コンクール出場戦績ですけど・・・

1978年の中学1年のコンクールから1987年の東京都大会予選までの10年間で
10回「吹奏楽コンクール」に出場しているものの、
結果は・・・・
いわゆるダメ金(上位大会代表に選出されない金賞)が高校の時の2回のみ・・・・
タイムオーバー失格 1回
銀賞 5回
銅賞 2回
ま・・・・、ほとんど良い成績は取っていないのですよね・・・・

そして10年間の担当楽器はクラリネットが9年間、アルトサックスが1年間でした。

ま、私自身、何で中学で吹奏楽部に入ったかと言うと
この話、以前も書いたと思いますけど、
私の小学と中学は隣接していまして、小学校の窓から見える中学校の吹奏楽部が校庭で
可愛い&格好いいユニフォームをまとって「マーチング」をしている光景に惚れ惚れしてしまったからという
極めて単純な理由でした・・・
私は元々小学から金管鼓笛隊バンドでパーカッションを担当していたのですけど
その隣接の中学校が、元々当時は吹奏楽部の名門で、昭和40年代後半あたりで何年も連続して
県代表として東北大会に駒を進めていたというのも
何か当時小学生の自分としては、とにかく・・・「雲の上の憧れ・・」みたいな気持ちしかありませんでした・・・

ま、だけど・・・

現実とは本当に残酷なもので、
実際に吹奏楽部に入部してみると、上から目線で怒鳴るばかりの音楽教師の指揮者、
礼儀ばかりこだわる上級生
自分が入部した頃は既に東北大会にも進めない状況が続いていて、実はかつての名門も既に
没落過程に入っていた・・・
みたいな感じで、
その0の騎士でも書いた通り、同期で30人前後入部したのに、中二の県大会を契機に
20名前後の大量退部事件が起きてしまい、
私も・・・・結果的に・・・・中学卒業時には大の音楽嫌い&大の吹奏楽嫌いになっていたものでした・・・

だけど・・・・

やっぱり12歳程度の子供の視線としては、
中学の校庭でマーチング衣装に身を包み、一心不乱に楽器を吹きながら行進する中学生は
本当に眩しく輝いて見えたものです・・・・

そうなんですよね・・・

私、公式的には吹奏楽コンクールに10年間出場したとよく書くのですけど
吹奏楽経験は実際は10年間ではありません。
上記の通り、一応2年間でしたけど、小学校の金管鼓笛隊バンドの打楽器奏者として在籍していましたので
厳密に言うと
吹奏楽経験は・・・なんと・・・12年間という事になるのですよね・・・




73dd4d9e_convert_20150707202052.jpg


d7b64059_convert_20150707202450.jpg



このブログで吹奏楽コンクールとかクラシック音楽の記事を掲載している時
比較的、打楽器がど~たらこ~たらとか
ティンパニがどうとか書くことがよくあるのですけど、
それはいまだに・・・過去の打楽器奏者としての経験がそう言わせているのかもしれないですね・・・(苦笑・・・)

あ・・・だけど、打楽器奏者といってもとんでもないポンコツ奏者だったと思いますよ・・・

だって・・金管鼓笛隊バンドといっても
その編成は極めて変則的で、トランペット・トロンボーン・ホルンの金管楽器に
アコーディオン・ピアニカ・リコーダーという縦笛を加え、
そうしたヘンな編成に打楽器を3人程度配置しただけのものですから・・・
それに当時の指導者も、トランペットが少しばかり吹けるだけ・・・というほとんど゜素人みたいな先生でしたし、
自分自身も・・
本格的に打楽器を教わったという記憶はほとんどなく、ほぼ見よう見まねという感じでしたね・・・(苦笑・・)
小太鼓(スネアドラム)は撥を使う事とかロールが苦手でほとんど触れなかったし(苦笑・・)
ヴィヴラフォーン・シロフォーン等の鍵盤打楽器とタンバリン・大太鼓(バスドラム)くらいしか
まともに練習はしませんでしたね・・・
たまーーにティンパニなんかは自我流で叩きまくっていましたね・・
当時の楽器は・・・銅製ではなくプラスチックの手締め式ティンパニだったと思います。

ま・・・それに、私、一時期地域の野球チームに入っていて足の速さだけが取り柄の1番・セカンドみたいな事も
やっていて被りがあったせいもあるし
元々この鼓笛隊チームは、運動会とか学芸会のみの活動という事もあって
あんまり・・・熱心に練習した記憶はないですね・・・

だけど・・・

全体練習でよく合奏した曲は
「スケーターズワルツ」とかピンクレディーの「ウォンテッド」とか「ドレミの歌」だったと思いますけど
あの頃は・・・
とにかく合奏する事とか打楽器を叩くという事が
なんかとにかく楽しくて楽しくて仕方なかったです・・・

そういう「音楽=楽しい」みたいな気持は間違いなく持っていたと思うのですけど
中学の吹奏楽部に入ってみると・・
そういう純粋に「音楽を楽しむ気持ち」というものは・・・見事に崩壊してしまいましたね・・・

あ・・・これは・・・この後のその0の更に前ぶりの話でした・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2529-9e710e8d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |