プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


こんな事を書いてしまうと、私の実年齢がほぼバレバレになってしまいますけど
(そんなにいる訳はないと思いますけど、このブログを以前から比較的細かく目を通して頂いている皆様に
とっては既に周知の事と思ってはいますけど・・・)
1980年、昭和55年というと、私はとある田舎の公立中学校の中学3年生でした。

1980年と言うと・・・どういう年だったっけ・・・?

そうですね・・・王貞治とか山口百恵とか1970年代を代表するスターが引退し
代わりに・・
先日は監督を辞任されてしまいましたけど原辰徳が巨人に入団したり
松田聖子・田原俊彦がデビューを果たしたりと新旧交代が印象的な年でもありました。
そうそう・・・当時の大平首相が突然逝去してしまい、代わりに鈴木善幸という当時誰も名前すら聞いた事が無い人が
突然一国の総理大臣になる姿を目の当たりにして
中学生ながら
「なんか、日本ってヘンな国・・」とも思ったものでした。

だけど、そういう世相はどうでもいいとして個人的には1980年と言うと「冷夏」の印象がとてつもなく
強いです・・・・
なんでかな・・・?
このブログでも既に何度も書いている通り、私は中学時代はずーーーっと吹奏楽部に所属し
特に夏休みなんかは・・・
とにかく・・・朝から夕方までずーーーーーーっとひたすら「吹奏楽コンクール」に向けての
練習ばっかりやっていた・・・という記憶しかないのですけど
そういう厳しい練習の後の「ささやかな幸せ」を実感する瞬間と言うのが一つありまして、
それが何かと言うと、
午後16時以降、水泳部の練習が終わった後の学校のプールは全ての部に開放され、
自分達吹奏楽部員なんかも、とにかく・・・・この練習が終わった後のプールで泳いだり遊んだりするのが
とっても楽しかったです!!
そうですね・・・・当時のドスケベ野郎ばかりの男子部員何かですと、
スクール水着の女の子たちを見るのがとにかく楽しくて楽しくて仕方がない感じだったかもしれませんけど、
私個人は・・・・
そうですね・・この事は過去記事・・・特に「響け! ユーフォニアム」カテゴリで散々書いているのですけど
吹奏楽部での所属パートはクラリネットとアルトサックスで、
こういう木管楽器のパートは・・・私以外は全て女子部員ばかり・・・
ま・・・普段から練習でもなんでもかんでも女の子たちと行動を共にしていましたので、
そうですね・・・・
このお年頃の女の子の日頃の言動とか「ウラオモテの世界」は・・・・誰よりも日常的に目の当たりにしていましたので
ま・・スク水程度じゃーー
全然心がときめかないっ!!という感じでしたね・・・・(苦笑・・)
ま・・・そういう罰当たりの事を言っているから、
翌年以降、男子高校の男のむさくるしい吹奏楽部で
「あーーー、女の子がなつかしい・・」と思いっきり後悔するものですけどね・・・(苦笑・・)
ま、だけど・・・・
とにかく練習が終わった後にスク水の女の子たちと入るプールはとっても楽しかったです・・・!!

しかーーーし・・・

前述の通り、1980年は記録的な冷夏・・・・私の当時の記憶としては最高気温が25度に達した日なんて
ほとんどなかったように思えるほど
夏だというのにうすら寒い日々が続き、したがって・・・・とても寒くてプールなんか入る気分じゃないし
ほとんどこの年はプールに入る事はなかったと思います。
練習後のあのスク水の女の子たちとの楽しい楽しいプールでのお遊びが無くなってしまった事は
まさに「痛恨の痛い思い出!!」なのかもしれませんよね・・・

なんか1980年と言うと・・・冷夏、そしてプールにあんまり入れなかった事が私のこの年の最大の
思い出なのかもしれません・・・(苦笑・・)
なんか・・
1980年というと不思議とこの年の冷夏とプールにあんまり入れなかったという
「さむ~い記憶」が真っ先に思い浮かぶのですけど
同時に・・・この年は中学三年という事もありまして「受験」というこれまたお寒いイベントが翌年に
控えているという事情も大変暗い影を落としていたと思います。
大抵の中三の場合、特に運動部なんかですと、6月の中体連が終わってしまいますと
ほとんどの人は部活を引退し、後は受験勉強に専念というパターンだったと思います。
それは他の文化部系も大体同じでしたね。
大抵の人達は夏休み前に「部活」から足を洗っていた人が大多数だったと思います。
だけど・・・
吹奏楽部はそうではなかったんですよね~~・・・・
あの頃は地区予選が8月のお盆前、県大会が9月中旬、そして万一・・・県大会を通過した場合の東北大会は
10月上旬というパターンでしたので
そう・・・3年生の吹奏楽部員たちは・・・・夏休みも例年通り、吹奏楽コンクールのための練習に
明け暮れる日々だったのですよね・・・
その当時の自分の「記憶」の引き出しを開けてみると・・・
部活をやっている時は、受験の事が気になり
はたまた家に帰ると、今度は逆に「自分にとっては最後の吹奏楽コンクール」の事が気になって仕方がない・・・
そんな感じでした・・・
またこの事は過去記事、特に「響け! ユーフォニアム記事」で散々書いていますので、繰り返しになるので
あまり記しませんけど、
中学当時の吹奏楽部の顧問=指揮者の先生は、本当に文字通りの「雷親父」で
年がら年中怒ってばかり・・・・
「ピッチが合わないなら死んでしまえ!!」とか「下手くそ!!」とか「こんな汚ねー音色出す奴は人間のクズ」
みたいにまーーー、とにかく1年生の入部当時から卒業するまで
ずーーーっとひたすら怒られまくっていましたね・・(苦笑・・)
当時は・・・音楽する「楽しみ」なんてのは何にも存在していなかった・・・
とにかく存在しているのは・・・「音楽は楽しくない・・怖い・・・怒られるもの・・」という
ヘンな恐怖感ばかりでした・・・
それと・・・ま、これも繰り返しになってしまうのですけど
中学3年の頃の自分は、やりたくもない「吹奏楽部部長」みたいなものも押し付けられていました・・・
そして・・
私が部長に就任する直前の1979年秋に事件が起きてしまったのですよね・・・
何かと言うと・・・
自分の代の同期の吹奏楽部員の大量退部事件・・・
その事件の背景は・・指揮者の先生に対する反発とか練習時間の長さへの不満が大きかったかな・・・・
しかも・・・・・
その大量退部事件は・・・・一応・・・・私が部長になる前の話なんですけどね・・・・
だけど・・・・
当時は・・・・指揮者の先生にもえらい責められたものですね・・・・
「お前、同じ学年なんだから、当然知っていたんだろ!! 知っていたんなら、なせ俺の所に相談に来ないのか!!」と・・・
だって・・・・確かに退部した部員から結構執拗に、「一緒におまえも辞めようよ・・・」と誘いは受けていました・・・・
だけど・・・そんなの先生なんかにチクるというか相談なんかできる訳ないでしょ・・・・
当時の私は・・・・どちらかというと退部予定者の気持ちに「共感大」だったから、
実際に退部届を提出されるまでの間、ばれないようにするのが精一杯という感じだったかな・・・・
でも・・・・
実際に大量退部者が出てしまい、その後に部長となった私は・・・・周囲の風当たりは冷たかったですね・・・・
当時の上級生、吹奏楽部のOBからは・・・・
「過去において東北大会にも何度も出場した事があるこの部の誇り高き伝統に泥を塗りやがって・・・!!」とか
「何でお前は分かっていながら止めなかったんだ!!」とか
「吹奏楽界で実績あるあの先生の栄光の軌跡に傷をつけて恥ずかしくないのか・・・!!」などと
色々言われたものですし、
結構・・・・OBやOGのお兄様お姉様方から・・・・
「ちょっと!! 部長と副部長、顔を貸しなさい!!」と1~2時間程度延々とお説教を食らう事は・・・・
何度かありましたね・・・・
おまけに・・・
同期の部員がごっそりと減って3年生部員は残ったのは8人程度、代わりに2年生部員は40人程度・・・
ま・・・これはバランスは極めて悪いですし、
正直・・・これじゃ、中々2年生は3年生の言う事や部長の自分の指示なんか聞く訳ないですよね・・・・

「まずい・・・とにかくまずい・・・、本当は自分もさっさと退部して吹奏楽とは生涯絶対関わり合いたくないというのが
本音だけど、自分までが退部してしまったら、この部は崩壊状態・・・
ほんの5年前までは、常に県代表として東北大会に連続出場していた誇り高きこの部を
自分の代で崩壊させてしまうのはさすがに先生にもOBにも申し訳なさすぎる・・・
ここは何とか自分の代は持ちこたえて次世代の後輩たちにバトンを託したい・・・・
それまでは何とか自分が耐えないと・・・・」というのが当時の私の本音だったと思いますし同時に
ヘンな責任感もあったと思います。
例えは極めて悪いかもしれませんが、
奥様や我が子に暴力を振るい続ける「DV夫」に対して
妻が「自分がいないとこの人はもっと悪くなってしまう・・・」と思い込んてしまうのと構図は
似ていたのかもしれません・・・
この中学の時の吹奏楽部の先生は、ま・・・確かに短気で上から目線ですぐ怒鳴り散らすおっかない人でしたけど
確かに、音楽的才能もそうですし、過去の実績もそうですし、
人としての「魅力」も確かにあったかもしれません・・・
何て言うのかな、「緩急の差」が巧いというのか、
怒っている時と
面白い話をしている時のギャップがとても激しく
面白い話をする時は、例えば・・・「白鳥の湖」のバレリーナの格好で踊りながら色々とギャグを飛ばしたり
その「落差」が持ち味だったかな・・・
音楽的には、元々声楽出身というせいもあったと思いますが、
とにかく「腹式呼吸」というかお腹から息を吸う・吐く事にこだわり、
同時に「歌い廻し」というか感情を込めてたっぷりと歌う事に主体を置いていたような記憶もありますね。
バリトン独特の高い音域で楽譜に書いてある音符を歌い上げ、
「歌う事と同じような感覚で楽器を吹いてみろ・・・」と言っていた事は・・、ま、間違ってはいないと
思うのだけど
その指導方法がちと・・・・時代錯誤だったのかもしれませんよね。

それと一つ嫌だったのは・・・・

この先生、音楽の授業なんかもそうした緩急の差が巧いから一般の生徒からの人気はとてつもなく高く
同時に・・・・
年に数回開催する父兄を交えての「公開練習」では、
普段の短気・怒りんぼはどこへやら・・・大変理性的で知的な指導をするから、
部員の父兄どもは・・・・コロッと騙されてしまうのですよね・・・・
部員たちは内心醒めていて、
「おいおい、おっさん、普段と全然違うじゃんかよ・・・、父兄の前だといい恰好しやがって、
この猫被り音楽教師が!!」と
私なんかも・・・・やっぱり「不信感」しか無かったかな・・・・
何か・・・・13~15歳にして
「大人ってずるい・・・」と妙にメランコラリックになったのも事実ですね・・・・(苦笑・・・)

とにかく・・・1980年の夏は・・・冷夏だったし
上記のような事情から、結構陰鬱な空気が自分の中ではありましたね・・・
本音としては・・・
とにかく・・・・吹奏楽コンクールが終わったら速攻でこんな部を引退し、部長職も後輩とバトンタッチする!!
何はともあれ、部活を引退しあとは「受験」に専念したいという気持ちもある一方で、
コンクールが終わってしまうと・・・あとは・・あとは・・・もう「受験」しかない・・・・
うーーん、このまま「吹奏楽コンクールまであと〇〇日!!」という日々が永久に続いて欲しいみたいな気持も
あったと思います。
部活で指揮者の先生に怒られるのも嫌だし部長職はもっとイヤ・・・
だけど受験ももっと嫌・・
ではどうすればいいんじゃーーーー!!みたいなある意味本当に「グズグズな日々」だったと思います。

ま・・・これが私の1980年の夏の記憶なのかな・・・

だけどそういう音楽嫌いの私が「音楽」に目覚めるのはこの2年後の話なのです・・・
ま・・・それがこのブログのメインテーマでもある
1982年の花輪高校の東北大会でのあの伝説的名演、ウォルトン/交響曲第1番の神がかり演奏
なのですけどね・・・
元々、自分は高校に入学したら「吹奏楽部」に入るつもりは全く無かった・・・
事実、中学の卒業文集の中で
「自分は高校に入ったら絶対に運動部に入る!!」と明言していたくらいですから・・・(苦笑・・)

あれれ・・・何をこんな過去の話をここでグタグタと語っているのでしょうか・・・??

自分が1980年当時こうした陰鬱な気持ちを引きずっている年の吹奏楽コンクール・全国大会、高校の部は
実は・・・・
大変素晴らしい演奏が続出していたのです・・・

当面は、このあまりにも素晴らしくて名演続出の1980年の吹奏楽コンクール全国大会の事を
例によって
グタグタと語っていきたいと思います。
今回の話は・・・いわばその前振りという感じですね・・・

ちなみに・・1980年の全国大会・高校の部は一度過去記事・・といってもごく初期の頃に既に語っては
いるのですけど、
あれはいま読み返しても、意外なほどショート記事で、全団体を深く語っている訳ではありませんので
あれを再構成する形で、実はほとんど新しい記事みたくなってしまうと思いますけど
語っていきたいと思います。

全く・・・中学を卒業する頃は
「音楽大嫌い、吹奏楽部はもっと嫌い」の私がなんでこんなにも吹奏楽とクラシック音楽の
深い森の中に入り込んでしまったのでしょうか・・??

ま・・・「浦和の調ちゃん」第5話ではありませんけど、
「人生は迷いの連続である・・」という事なのかもしれませんよね・・・

あ・・・色々と迷っているのは今も同じか・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

誰が悪い訳でもなく、やたら他学年とのバランスが
悪くなってしまうこともありますよね。
私の学年も新入時に15人(2/3年生は30人以上)
最終学年の3年の時は8人しかいませんでした(>_<)
(下級生はそれぞれ40人以上)
ぬくぬく先生さんは部長職という大役はきっと想像以上に大変だったと思います。
(当方の顧問も結構問題やらかしで新聞に載りましたよ)
でもそういう日々があってこその今なのかなと
思う時もちょっとだけ有ります(笑)
♪どの過去も生きる力に~♪

どの過去も生きるチカラに!!

りえ太 様


あ・・・なんかあのような吹奏楽記事というよりは私の「過去の感傷的な思い出話」にお付き合いさせて頂き
感想まで頂戴し、
なんか改めて感謝感激です!!
ま・・・人によっては確かに、吹奏楽記事とプリキュア記事のあまりのギャップの大きさにドン引きする人も
いるかとは思いますが
吹奏楽に夢中だった頃も現在の「プリキュア大好き!!」も
とにかく・・
「どの過去も生きるチカラに!!」ですよね!!
姫プリの後期EDのスカーレット編のあの歌詞が私もとにかく大好きです!!

でも分かりますよね~、学年で人数のバランスが極端に悪いと
少ない学年の「立場の弱さ」は如実に出てしまうもんですよね・・・
ま・・「部長」と言っても・・
部員と先生の間に挟まれる・・・そう・・会社員で言うと「中間管理職」みたいなものでしたね・・・(苦笑・・)

ツッコむところは、スク水(笑)

このお話は、娘Wと被ります。
3年の時部長で、部員数が5人(笑)
2年生以下は多かったんですけどね。
3年の夏休みは、コンクールとマーチングの練習に明け暮れ、最後文化祭まで。
結局、11月頃までやってましたからね。
試験勉強はそれからでした(笑)
よく高校に行けたもんですよ。

水着のところは…、女子がツッコむとこではないですよね(笑)
ウケましたけど。
Wは水泳が嫌いで、プールの無い高校を選びました。
何という理由…。

スク水(笑)

mama.ikuko 様


そうですね・・・

それならば、是非是非女子高生時代のmama.ikuko 様の「スク水」もお目にかかりたかったです・・!!
⇒ただのスケベ親父ですね・・苦笑・・

吹奏楽部の3年生って基本的にはコンクールとか文化祭までは活動せざるを得ないので
引退→受験勉強に専念なんて・・・
結局・・・私もあんまりしなかったですね・・・
それでも「合格」してしまうWさんはやはり大したものだと思います!!

そうそう・・・

大学の吹奏楽部の同期の女の子に、大阪の「プール女学院」という高校の出身の子がいて
「面白い校名だね・・」と聞くと
「そやな・・なんでこんな学校名やというとな・・・
それは、毎日水泳の授業があるからやで・・・」と半分真顔半分冗談で言っていた
あの表情がとっても印象的でした・・(苦笑・・)

なんと!自由でしたの!

私が通ったH商業。
なんと、私達が3年の時にプールが出来たんです。
なので、私達3年生だけ水着が自由だったんですよ(笑)
商業高校なので、ほぼ女子生徒。
私のクラスは全員女子でした!
ということは…。
そう!まあ、カラフル!
先生も目のやり場に困るんじゃないの?的な体育の授業となりました。
当然ですが、下級生は紺色でしたけどね。
ちなみにワタクシの水着は…、って、
言うわけないじゃ~ん(笑)

Re: なんと!自由でしたの!

mama.ikuko 様


いやいや、タイムマシーンがあるとするならば
是非是非お目にかかりたいものです!!
多分・・・相当「可愛くてキュートな感じ」だったのではないでしょうか??

私は高校は男子校でしたけど、夏場の楽しみはやっぱりプール・・・
そしてお気に入りの女の子の水着をチラッ・・と見る事なのかな・・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2528-cc9afc3b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |