プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①の続きです・・・

このOVAは前半は大洗女子とアンツィオの日常風景を描きだし
後半パートで戦闘シーンが熱く展開されていきます。
この「ガールズ&パンツァー」ですけど、テレビ東京で今年の7月~9月まで再放送されていて
その感想記事なんかもこのブログで散々書かさせて頂きましたが、
その際、よく「大洗のちびっこくて低性能なポンコツ戦車」みたいな事はしばしば書いていたと思います。
そうなんですよね・・・
他校・・特に・・サンダースとかプラウダとか黒森峰みたいに資金に余裕があり戦車道の実績のある学校は
みなそれぞれ強くて高性能な戦車を保有し
その中でも特に特に・・黒森峰のマウスみたいにとてつもなくバカでかい戦車なんかは
極めて印象的でした・・・
だって・・・マウスに比べてしまうと大洗の戦車の貧相&ちびっこぶりは一目瞭然・・・
なんかあれは・・・
ちと古い例えですけど、相撲で言うならば小錦と舞の海の体格差くらいの「差」はあったようにも思えます。
だって・・・マウスがすこーーし砲撃をしただけでその爆風だけで杏たちが乗った生徒会チームのちびっこ戦車は
吹っ飛ばされてしまうくらいでしたから・・・(苦笑・・)

だけど・・・・

この対アンツィオ戦は全然違います・・!!

というか・・・

逆に大洗女子の戦車の方が「巨人」に見えてしまうくらい、
アンツィオ高校の戦車は豆タンク・・というのかちびっこ戦車ばかりなのでした・・・
アンツィオ高校は設定の上では「貧乏校」という事で資金に全然余裕が無い為
保有している戦車は、CV33みたいなちびっこ戦車ばっかりなのですよね・・・・
アンツィオ高校のまともな戦車というのか・・・いわゆる戦車らしい戦車って
カルパッチョが搭乗するセモベンテM40くらいしか無いのですよね・・
ま、この二回戦前にようやくアンチョビが搭乗するP40を購入する事が出来て、すこーしは戦力が
整ったのですけど、大半の戦車は・・本当に・・・CV33みたいなちびっこ戦車ばっかりでしたね・・・
いやいや、これ一体どうやってアンツィオ高校は一回戦のマジノ女学院との試合に勝利する事が
出来たのでしょうね・・・?? 結構それは素朴に考えても不思議です・・・

ちなみに・・・・CV33みたいなちびっこ戦車の装備は、機銃のみでいわゆる砲台は装備されていません・・・
だから・・・・
相手に少しばかりのダメージは与える事は出来ても火器の威力が弱いから戦車そのものを突き破っての貫通というのは
ほとんど不可能に近いと思われます・・・

だけど、それでもアンツィオ高校は決して諦めることなく、アンチョビを中心にかなりの「チームとしての結束力」は
高いように思えます。
装備面で圧倒的に不利な状況は・・・アンチョビの作戦とか
後述しますけどCV33の意外な使い方によって
不利な状況を逆に有利な戦い方に変化させてしまう辺りは、なかなかのものがありました・・・
ま、要は・・・小さい戦車ゆえにチョコマカと走り回っていれば滅多に相手からの砲撃が当たる事はない・・・という
感じでした・・

結果的には大洗女子はこの二回戦のアンツィオ戦も勝利し準決勝へと駒を進めることになるのですけど、
準決勝の対戦相手のプラウダ高校と単純に戦力差を比較してしまうと、
逆に今度は大洗の方がちびっこ軍団に見えてしまいましたけどね・・・(苦笑・・)

余談ですけど、「ガールズ&パンツァー」に登場する学校は、特定の国をそれぞれイメージ化しているため
なんとなく「お国柄の違い」なんかも鮮明でその辺りも大変面白いです。
いかにもヤンキーなノリで、アメリカをイメージ化したサンダース大学付属高校
二枚舌と言葉遊びは上手そうで、イギリスをイメージした聖グロリアーナ
ノリと勢いのラテン系みたいで、イタリアをイメージ化したアンツィオ高校
「構うもんか、やっちまえ!!」のアナーキーなノリで、ソ連をイメージ化したプラウダ高校
そして・・・
いかにも・・・
秩序と規律と組織力を重視し、ドイツをイメージ化した黒森峰女学園

うーーん、いかにもそのお国らしい雰囲気と個性は十分に遺憾なく発揮されていたと思いますね!!

だけど・・・

やっぱり一番濃い感じはアンツィオ高校なのかな・・・??

アンツィオの「細かい事はいちいち気にするな!!」のあのかるーーいノリはとにかく・・見ていて気持ちよかったです!!

ちなみに・・・アンツィオ戦でよーく流れていたBGMは、イタリア民謡「フニクリフニクラ」です。




20141214-g114_convert_20151020204427.jpg



さてさて・・肝心の試合ですけど、

アンツィオ高校は「マカロニ作戦」という戦車のハリボテを立てて本物の戦車の位置を隠す作戦を仕掛けてきます。
その①の最後二枚の画像は、その捨て看板みたいなハリボテを立てるための準備作業だった・・
という事になります。
しかし・・・このハリボテを立てるのは・・・
大雑把でテキトーなぺパロニにさせるのではなくて、カルパッチョにさせた方がよかったのかも・・
ま・・・案の定というのか、お約束通りの展開と言うのか・・
ぺパロニは間違えて11枚立ててしまい、あっさりとみほに「これはニセモノだ・・・」とあっさりとばれてしまいます・・・
事前にアンチョビは「一枚は予備だから・・」と言っておいたのに
ぺパロニは・・・例によって・・そんな指示をコロッと忘れ、全部を立ててしまい、
2回戦は戦車10台までという制限があるので11台もあったら反則という事になりますし・・・
そりゃ・・・簡単に見抜かれてしまいますよね・・・
うーーん、さすがぺパロニは「アホの子」でしたね・・・(苦笑・・)
そして・・・・
尚悪い事に、西住みほに見破られ「マカロニ作戦」が失敗に終わったというのに
「今、自分は交戦中で忙しい・・・」という理由でアンチョビに報告をしなかったのは・・・
ま・・こりゃ致命傷でしたね・・・
うーーむ、なんか正直・・戦いとしては既にここで「勝負あった!!」という感じなのかもしれませんよね・・・

ぺパロニに無線で状況報告を求め、やっとマカロニ作戦が崩壊した事を悟ったアンチョビでしたけど・・
「お前はアホか!!」の一言だけで終わらせてしまうのは・・・
うーーん、やっぱりおおらかでアバウトなお国柄みたいなものなのでしょうね・・・(苦笑・・)




101415_201407261807424094_1_convert_20151020204003.jpg



20141214-g125_convert_20151020204459.jpg



gupan043_convert_20151021153634.jpg


ま・・・そういう「アホの子」は一旦置いておいて・・・

さて別の地点では・・・・ある意味このOVAの最大の見どころでもある「幼馴染同士の対決」が
ついに・・実現します・・・

この試合の実質メインバトルであるカエサルVSカルパッチョの幼馴染装填手対決なのですけど、
この場面は本当に熱かったです!!
まさにこのOVAの「白眉」という感じでした!!
カルパッチョは、相手戦車がカエサルの戦車だとは気付いていたものの、
カエサルが自分と同じ装填手だという事までは知らなかったようですね・・・
カエサルに至っては相手がカルパッチョということすら気付いていなかった可能性すらあります・・
だけど・・・ここにきてカエサルの日常でのあの装填練習が見事に実を結ぶことになり、
戦車道としてはカルパッチョの方が経験豊富なのに、見事に互角の戦いに持ち込んでいます・・

そして・・・結果論になるのですけど
両者とも最後は・・・・「相討ち」となってしまい、勝敗は・・・結局は付きませんでした・・・

だけど・・・あの凄まじい接近戦は・・・とてつもない迫力がありましたね!!
見ているだけでなんかこっちが思わず高揚してしまうほどでした・・・!!



gupan044_convert_20151021153701.jpg


さてさて・・・・このOVAで面白かった点の一つに、ちびっこ戦車の意外な利点という事があると思います。

アニメ本編においては、登場する戦車もそれなりに大きいものが多かったのですけど
前述の通り、アンツィオ高校の戦車はCV33という二人乗りのちびっこ戦車がメインです。
大きい戦車というものは、当然狙いやすく、砲撃を加えて一度的確に命中してしまうとそのまんま走行不能という事に
なる事が多かったと思うのですけど
CV33のようにここまでちびっこい戦車ですと、ちょこまかちょこまかジグザグ走行されてしまうと
中々命中しない・・・
当たったとしても中々致命傷は与えられない・・・
そして今回面白かったのは・・・
アンツィオのCV33は小さい車体をうまく活用して
倒れても白旗さえ出ていなければ人力で立て直せるという戦い方を見せてくれます・・・

このシーン、最初に見た時はびっくり仰天したけど
砲撃で車体が90度近くひっくり返っても・・・・その都度2名の乗組員が戦車を「よっこらしょ」と人力で起こして
再度戦闘態勢に入れるという事なのです・・・
つまり・・・・
バレー部チームの言葉じゃないけど
何度命中させて車体をひっくり返しても、致命傷でない限りはその都度手で起こして
再び戦闘に戻ってくるという事なのです・・・・
つまり・・・相手にとっては・・・
倒しても倒しても何度でも起き上がってくる・・・そう・・ゾンビみたいな戦車なのです・・・

これ・・・相手は相当イライラすると思いますよ・・・

ま・・・CV33みたいなちびっこ戦車は機銃しか装備が無いから、戦車本体を貫通する事は出来ないけど
機銃を乱射されると・・・
相当ストレスが溜まると思います・・・
そして・・・イライラして相手のペースにはまり、相手にとって有利な戦闘地帯に誘い込まれて
セモベンテM40みたいな大型戦車が待ち伏せしていてそこでズドン・・・と決められてしまう・・
そんな戦いをマジノ戦で展開したような感じもありますし、
それこそがアンチョビが本来意図したものだったのかも・・・

ま・・結局最後はアンチョビ自身も・・・最後は西住殿の思惑通りP40が射程に入ったところでズドンと決められ・・
ジ・エンドとなってしまいます・・・



20141214-g154_convert_20151020204536.jpg



「隊長、待っていて下さい!! もう少しで・・駆けつけます!!」みたいなセリフは
いかにもぺパロニの「アンチョビ姐さん、大好きオーラ」が満開でとっても良かったですね!!

ホント・・・ぺパロニがもう少し普通の頭だったら・・・とは・・ま、思わないでおきましょう・・・

あれれ・・・

「隊長待っていて下さい・・」というセリフはどこかで聞いた事があるような気が・・・?

そう・・・! 決勝戦の大洗VS黒森峰のグランドフィナーレ・・大詰めの姉妹対決の際・・・

なんとかまほ隊長に合流しようと発したエリカの言葉がそうでしたね・・・

うーーん、単純に比べてしまうと・・・

ぺパロニの場合は・・・
「頑張って・・・!! 何とか一刻も早くアンチョビに合流して・・・」と心から願ったものでしたけど
最後は・・撃破されてしまいました・・・(泣・・・)
一方エリカの場合は・・・
そうですね・・・視聴者的には・・・
「コイツ、絶対間に合うな!! お前はいいから指をくわえて姉妹対決を見ていろ!!」という感じでしたね・・・
ま・・・それは・・・・
普段から事あるごとにみほに暴言を吐きまくり、悪態を付きまくっていたエリカの自業自得というやつなのかも・・(苦笑・・)
そうそう・・余談ですけど
西住まほの立場から考えると
ま・・・確かに副隊長のエリカの言う事も理解できるけど、まほにとってはたった一人の妹の悪口をあそこまで言われる
というのは・・・
気持ちとしてはどうなのかな・・・というのはありましたね・・



gupan052_convert_20151021153726.jpg


「ガールズ&パンツァー」の良いところは、試合が終わると
「昨日の敵は今日の友」みたくなる所が実に素晴らしいですね・・・!
ま・・黒森峰のエリカだけは例外のようでしたけど・・・(苦笑・・)

そして・・・

試合が終わるとどのチームともフレンドリーな関係になってしまうみほは・・・・
やっぱりガルパンの主役に相応しい器の持ち主ですね!!

試合後のカエサルとカルパッチョのさり気ない会話も実によかったですね・・!!
たかちゃん、ひなちゃんではなくカエサル、カルパッチョと名乗ってお互いここではお別れする事になりましたけど
果たして・・・・11/21公開の映画で、この二人の再会はあるのかな・・?

試合終了後の「宴会」も、なんかノリがいいアンツィオらしい雰囲気満開でしたね!!


gupan059_convert_20151021153758.jpg


さてさて・・・戦闘シーンが無事に終わり、
これでOVAも終了、めでたしめでたし・・・・と思っていたら・・・・
まさかのCパートがありましたね・・
アニメ本編においては、大洗女子VS黒森峰の決勝戦の試合では、聖グロリアーナ・サンダース・プラウダが
大洗女子の応援に駆け付けていましたけど
あんだけ情が厚いアンチョビ率いるアンツィオ高校が応援に来ていないのもなんか不自然な話・・・と
思ってしまいます。
(ま・・アニメ本編ではアンチョビにはセリフすらありませんでしたから、仕方ないですね・・・苦笑・・)

だけど・・・

実際にはアンツィオ高校はどの学校よりも早く決戦会場に到着していたのです・・・

しかし・・・

ま、これがいかにも大雑把なアンツィオらしい話なのですけど
前夜の景気付の宴会というかどんちゃん騒ぎを明け方までやってしまい、そのまま全員爆睡し・・・
目が覚めたら・・・
決勝戦の試合は・・・既に終わっていた・・・というオチが待っていました・・・

うーーん、これは最後の最後でやってくれた・・!!という感じでしたね・・(笑)

うん、やっぱり、アンチョビ・・・あなたは偉いよ!!

さてさて・・・「ガールズ&パンツァー」の映画があと一か月足らずで公開されますけど
今度の映画にこのアンチョビとんカルパッチョは出るのかな・・・
私としては・・・・
是非是非出て欲しいし、映画を一緒になって盛り上げて欲しいと心から希望しております!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2521-25965c67
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |