プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今回の姫プリはもう37話に突入・・・
うーーむ、残り三か月弱、回にしてあと11~12回程度でもう最終回ですか・・・
なんか先日トワイライト様がスカーレットになったと思ったら、もう季節はいつの間にか学園祭の季節ですか・・・・
ホント、時間の経過と言うものは早いものですね・・・
ま・・・だけど・・・姫プリが最期のプリキュアにならなくてよかった・・・
あと数か月後には、はるか達にも後輩ちゃんが出来るのですね・・
姫プリの後継プリキュアがほぼ確定した今、見ている方としてもある意味安心感をもって姫プリを楽しむことが
出来ますし、ホント、ホッとしています・・
だけどな・・・
なんか次回辺りから・・・ぼちぼち最終決戦を睨んだ動きが出始めるのかもしれませんよね・・・
いよいよ次回からクローズも学園内に潜入を図りそうな予告でしたし、
例のあの「絶望のタネ」がどう物語に絡んでくるのか・・・
とにかく、今更ながらですけど、ドキドキが止まらない・・という感じですね!!

さてさて・・・今回の姫プリ第37話ですけど
学園祭というのか演劇祭で上演されるはるか達のクラスの「ロメオとジュリエット」という
シェークスピアのあのあまりにも有名な戯曲がモチーフとして登場していました。
あれれ・・・なんか第37話で同じく「ロメオとジュリエット」の演劇というと・・・過去にも出てきたような・・・
そう・・・・
初代プリキュア【無印版】の第37話も
姫ブリと同様に「ロメオとジュリエット」をモチーフにしていましたね。
そうですね・・・・
両者の違いを一言で言うと・・・
姫プリの場合は、はるかの「強い想い」をベースにした相当真摯で真面目な熱い展開だったのに対して・・・・
初代のなぎさ大先輩は・・・
ま・・・その・・予想通りの展開なのですけど
序幕でいきなり舞台でこけるは、客席からの弟の野次に素で応じてしまうし(苦笑・・・)
セリフをど忘れして
ボルンに援護を求めたものの、ボルンは例によって語尾は「・・・・ポポ」というもので
演劇のセリフに対して「・・・・ポポ」となぎさに耳打ちしたものの
なぎさは、ご丁寧に「・・・ポポ」と語尾をつけてしまい客席から失笑を買うなど
ま・・・そうですね・・・後輩のはるか達のレヴェルの高さに比べると・・なんていう凄まじいポンコツ展開の連続・・
んでもって・・・演劇中の舞台にフツーになぜかザケンナー兵士が登場し
なぎさと派手なチャンバラ戦を展開したりと・・・
ま・・・とにかくやりたい放題の目茶苦茶展開になってしまったのは・・・ま・・・全くの予想通りでしたね・・(苦笑・・・)
今回の姫プリのタイトルが「ハチャメチャロマンな演劇会」となっていましたけど
むしろこのタイトルは初代の方にこそピッタリ・・・という感じでしたね・・・(苦笑・・・)






改めてですけど
姫ブリには一つの法則があると思われます。
それは何かと言うと、
主人公のはるかですけど、
これまでのテニス・勉強・ヴァイオリン・ドレス作り・礼儀作法・モデルなどで一目瞭然なのですが、
初見では全然ダメダメなのに、
不断の努力を重ねることで、本番ではきちんとそれらをこなしている・・・
というか・・・期待以上の「目に見える成果」をちゃんと出し続けている事が本当に素晴らしいと思います。
そうですね・・・
はるかはある意味マナと大変良く似ている・・・
二人とも・・・ある意味「すさまじいスーパーウーマン」ではあるのですけど
マナの場合、それが天性に近いものがあるのに対して、はるかはマナ・みなみ・きららのような「生まれつきの才能」
という面ではかなり見劣りする面がありながらも
本人の絶え間ない努力によってマナレヴェルの成果を出し続けている・・・
マナが天才ならば、はるかは努力の人なんでしょうね・・・

そして今回の演劇もまさにそうでした・・・

最初はダメダメのセリフ棒読み&ドジの連続という感じでしたけど
カナタの協力もありましたし、周囲の理解もありましたし、何よりも・・・はるか自身の努力が一番大きいのでしょうけど
結果的に・・・
はるかの演劇は、みなみ・きらら・トワに劣らない見事な主役を務めていたと思います。

やっぱり・・・歴代プリキュアでこうやって「不断の努力を重ねられる人」って実は・・・いるようであんまりいなかったような
気もするので、
やっぱり・・・はるかはすごい子だと思いますね!!
うん、さすがピンク系主人公!!というオーラが出まくりですね!!
ゆいちゃんから推薦を受けてジュリエット役という主役の座を射止めたのですけど
当初は・・はるはるは緊張の連続・・・
その時、はるかは「私、主役なんて本当に務まるのかな・・」とぼやいていましたが、
私ははるかに言いたい!!
「いやいや、あなたが姫プリの主役なんです!!」とね・・・・(笑)

演出を担当する古屋さんのはるかに対する言葉・・・

「もう少しジュリエットを分かってあげて・・・
でないと、あなたの言葉は観客に届かない」という言葉は大変重たいものがあると思います。

要は・・・・古屋さんとしては

「あなたは今はジュリエットそのもの・・・ジュリエットの気持ちを分かってあげて・・・
そしてあなた自身がジュリエットになりきって」」」という事なのでしょうね・・・

その言葉の重さにさすがのはるはるも落ち込んでしまいます・・

そうしたはるかを励まし、一緒にセリフの読み合わせにまで協力したのがカナタでしたけど、
いやーー、やっぱりこの人は分かっていますね・・・
自分に求められている事が何なのかちゃんと分かっていますね・・・
あれれ・・・本当にカナタは記憶喪失なのでしたっけ・・・??

このシーン・・・・何気に重要でラストシーン近くでカナタの存在感が光る事になります・・・

だけどそれよりも・・・

私としては・・・

川越のあのシーンではるかがカナタに対して言った言葉・・・
「今は無理して思い出さなくていい・・・
今は・・・とにかく現在の私達を見ていて・・」という言葉をきちんとはるかが守っているというのか
今現在のはるか達の姿をカナタにもちゃんと見せ続けている事の意義も大変大きいような気もします。

その辺りは・・・姫プリは大変芸が細かいのですよね・・・

その辺りは・・・前作の「キュ荒ブリ―」じゃないけど、全体的にスケールは大きいけど
物語が少し粗削りだったハピネスとの大きな違いなのかな・・・

ま・・・私はそんなハピネスも姫ブリも両方好感が持てますけどね!!



3b14df9b_convert_20151020135809.jpg



今回の戦闘シーンはかなり短め・・・

ま・・そりゃそうですよね・・・
だって戦闘前はまだ演劇すら上演前でしたし、この後・・・ロメオ役の平野くんの足の怪我発覚→それではどうするか・・
という問題が残っていますからね・・

あ、そっか・・・

だから今回のゼツボーグは「70秒以内に・・」なーんて制約を課していたのですね・・・

なんかこういう「時間制約の中での戦い」なんていうと・・・
スイートの「一時間で世界を救うニャ!」の話を思い出してしまいますね・・・(笑)

前回のみなみ=マーメイドの活躍と印象があまりにも素晴らしかったせいか、今回の話もなんか
そうした流れを受け継いでいるような雰囲気がありました・・
「時限爆弾のタイマーを止めるには水で濡らすのが一番」という事に気が付いたマーメイドは、さすが知性のプリキュア!!

そしてなんと本当に・・・0/01秒差で止めてしまいましたからね・・・



3479a701_convert_20151020135856.jpg


daecf677_convert_20151020140235.jpg



そうですね・・・・

今回の第37話は・・・・正直に書くと、別にAパートや戦闘シーンが無くても全然OKだと思えるくらい
Bパートの後半残り5分辺りからが断然素晴らしかったです!!

何が良かったかと言うと・・・

足を負傷し、舞台に立つことすら難しそうなロメオ訳の平野くん・・・

間もなくはるか達の出番が近づいています・・・

ではどうするか・・・

そう、この時に「では自分が代役として・・」と名乗りをあげたのがカナタだったのでした・・

正直・・・このシーンを見た時は・・・

「あ、よかった、よかった・・・カナタガ代役を無事に果たしてくれ無事に学園祭も終了し
めでたし、めでたし・・・
ついでに・・・カナタガロメオ役を通して何か記憶が少しでも蘇ればいいな・・・」とふと感じたものですけど
姫プリは・・・・
そしてはるかは・・・
そういうある意味安直な道は選ばなかった・・・

「私は劇がうまくいかなくても・・・・」
「ちゃんと自分達自身でやらないといけないような気がする」
「失敗してもいいから・・・」
「自分達のクラスの舞台を作りたい!!」
と高らかに宣言しちゃうはるかは、やっぱりこの子はすごいと思います!!

そうですね・・・この事は最近の「はるかのモデル」でもあったと思いますけど
誰にも頼らないで・・・
困った時は誰かに相談するという事も時には大切だけど
まずその前に・・・・
何か自分でできる事は自分の頭で「どうすればいいのか・・」をちゃんと考えた上で
自分自身の手で履行しよう!!という
はるかの「自主性」を見事に・・高らかに提示したものなのだと思います。

これは本当に素晴らしい事ですよね!!

本当にはるかは・・・自分の頭でちゃんと考えて、しかもそれをきちんと実践に移せる人・・・

もしかして・・・この子は・・・・歴代プリキュアの中で、
ある意味マナすらも超えちゃうプリキュアなのかもしれませんよね・・・

それと大きいのが・・・

演劇中にやはり足の痛みでうずくまった平野くんに対して・・・
アドリブで咄嗟にセリフを変えて柔軟に対応してしまう辺りは・・・
そうですね・・・・
間違っても・・・めぐみやみゆき・・・響やラブ・・・言うまでも無くのぞみ先輩やなきざ大先輩には
出来そうもない芸当ですね・・・・(苦笑・・)



c8e8fe1b-s_convert_20151020140031.jpg


d14f507f-s_convert_20151020140152.jpg



最後に・・・

話の中ではちらっとしか出てきませんでしたけど
みなみのかぐや姫なんかホント、イメージぴったりという感じですし
何よりも・・・
きららのクラスの出し物の「シンデレラ」は、
きららの魔法使い役、トワのシンデレラはまさに・・・はまり役!!という感じですね!!

そっか・・・

11代目プリキュアが「魔法つかいプリキュア」というならば、
是非是非きららは・・・この格好のまんま、そのまま11代目プリキュアとして加わってもいいかも・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

初めまして!
先日は足跡を残して下さり有難うございました。
とても可愛らしいブログですね。

自分はチョットうといジャンルですが、キラキラと癒されそうなのでこれからも拝見させて頂きます!^^

ありがとうございます!

文々 様

今回、当ブログへのブロとも申請並びにリンクを貼って頂き
ありがとうございました。
どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。
こんなしょーもないブログですし、可愛いとか癒されるとか、あまり自信はないのですが(笑)
こうやって足跡を残して頂き感謝しております。

はるかの成長は無限大

じょるの 様


ご指摘の通りだと私もそう思っています。

マナもすごい子でしたけど、はるかもそれ以上・・・

そうですね・・・一言で言うと「無限の可能性を持ったスーパーガール」という事に
尽きると思います。
それと・・マナの場合、六花と言う「理想的なパートナー」がいた事も大きかったですね。
はるかの場合、自分の考えで自分自身をきちんと律する事ができるから
すごいな・・とも思いますね。

ありがとうございました。

先生おはようございます。

お返事遅れて申し訳ありませんでした。


私は絵描きであるやよいに自分を重ね合わせて

この回を視聴したので、

やよいの視点になってしまいました。

数学は得意ではないけど、苦手でもないので

そこは違うのですけど…


できる人とできない人それぞれの捉え方…

なるほどと感じました。

色んなタイプの友達がいるからこそ

プリキュアは面白いのですね。



私も子供の頃にプリキュアを視聴していたら

いい大人になれていたかも…



この度もありがとうございました。



(はるかのジュリエットはよかったです!)

可愛いやよいでしたよ!!

片P 様


こちらのブログでもコメント頂きありがとうございます。

あのスマイルの回は本当によかったですよね!

れいかの視点から「勉強の意義」をとらえた回でもありましたけど
同時にやよいとかあかねなんかが
「大好きな事」に打ち込んでいるその姿とかそうした一人一人の多様性をとても丁寧に描いていて
素敵な回だったと思います。

片P 様のやよいのイラストもとっても可愛かったですよ!!

先生おはようございます。

イラストのご感想ありがとうございました。

いつもお言葉を頂いてばかりで

申し訳ないです…


本当にありがとうございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2517-fce38e72
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |