FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


27.川本高校


  B/交響組曲「寄港地」~Ⅱ.チュニスからネフタへ Ⅲ.ヴァレンシア(イベール)


  吹奏楽コンクールにおいては、直接会場で聴いた際の印象と後日レコード・CD等で聴いた際の印象が
  結構異なる場合もあったりします。
  川本高校の演奏は、そういうケースの典型例だったような気もしますね。
  プログラム25番の淀川工業と同じ自由曲になってしまった事もあるのですけど、
  当日の普門館での演奏を聴いた限りでは・・・
  「え・・・なんで淀工のあんな素晴らしい演奏が銀で川本が金なの・・・??」と正直驚きましたし
  事実、審査結果発表の際の会場全体の雰囲気も大体そんなものだったと思います。
  正直・・・川本高校の演奏を聴いた時は「可もなく不可も無い平凡な演奏」と思っていましたし
  成績発表の際もやはり「え・・・川本のどこが金賞なの・・?よく分からない・・」と感じたものでした。
  後日ソニーから発売された「日本の吹奏楽84」のレコードを上野の東京文化会館五階の音楽資料室で
  この川本高校の演奏を聴いた際は・・・
  「あ・・・・なるほど・・・これは確かに金賞に相応しい演奏・・・やっぱり審査員は聴いていないようで
  ちゃんと聴いているもんだな・・」と改めて感じたものでした。

  そうですね・・・川本の「寄港地」は、表面的には大変地味に感じられる演奏だと思います。
  Ⅱのオーボエの長大なソロがべらぼうに上手いとか
  Ⅲの情熱の発散が圧巻とかそういう印象は感じなかったのですけど
  音楽全体を大変丁寧にまとめているという印象が大変強いです。
  何て言うのかな・・・音楽の語り口が大変「誠実」であり、
  ヘンな表現になってしまうのですけど、
  おばあさんが孫をあやす時に何となく口ずさむ「子守唄」みたいな慈愛に溢れたような演奏にも
  聴こえてしまいます。
  だけどそういう「誠実さ」というものは、生演奏で聴くと、逆に・・「個性が希薄」とか「印象が薄い」みたいな
  捉え方もされがちで、
  ま・・・その辺りは「コンクール」の難しさでもありますね・・・
  だけどそういう「音楽の誠実さ」を生演奏ではなくて「後日の記録」として落ち着いた場所で一人で聴くと
  「あ、なるほど・・ここの場面はこういう風に歌い上げていたんだ・・」と改めて気が付く事もあり
  やはりこういう吹奏楽コンクールという「ライヴ」においては、
  生演奏と録音された演奏の違いというものは、場合によっては結構あるもんだ・・と
  後日改めて気が付く事になった・・・という感じですね。

  川本高校の演奏は、個人的には自由曲の「寄港地」よりも課題曲B/土俗的舞曲の方が印象に残っています。

  この年、高校の部ではなぜか課題曲B/土俗的舞曲は不人気で、川本を含めて3チームしかこの課題曲は
  演奏されませんでした。
  この課題曲Bは私自身都大会予選で吹いた曲であり四か月近くこの課題曲を練習してきた身としては
  やはりこの課題曲に対する思い入れのようなものがあったのも
  そのように感じた理由なのかもしれませんよね。
  この課題曲Bは、東邦のやや軽めのおちゃらけ系、秋田南の真面目系、そして川本のエネルギッシュ系と
  結果的に三者三様の演奏になってしまいましたけど
  私個人としては、秋田南の記事でも書いた通り、秋田南の:堅実さ+音の粘りが大変印象的なのですけど、
  川本高校の自由曲の「寄港地」で見せた洗練の味わいとは別の
  いかにも・・・「エネルギーの塊り」みたいな溌剌さも決して悪くは無いと思います。
  手堅いのだけど前半と後半のアレグロの生き生きとした躍動感が申し分なかったと思いますし
  中間部のしっとりとしたアンダンテとの対比が際立っていて
  これは大変面白い演出だったと思います。

 最後に・・・

 ま・・・この話は既に金山学園の記事でも書いたのですけど
 私自身の1984年の高校の部を聴く楽しみの一つが「就実高校の演奏を初めて耳にする事」でもあったのですけど
 いかんせん、就実が中国大会でまさかのダメ金で終ってしまい、
 就実の演奏をこの年は聴くことが出来なかったのは、個人的には大変残念でした・・・
 
 だけどその穴埋めを花輪高校の「シンフォニーポエム」と野庭の「ハムレット」が十分すぎるほど埋めてくれましたので
 とにかく・・
 なんか妙にノリノリな気分で家路についたのでした・・

 そしてこの年の高校の部が私にとって初めての普門館で聴いた吹奏楽コンクールだったのでした・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

2つの寄港地

そうですね。僕もこの2つの演奏を録音で聴いた限りでは、
川本はとても丁寧に作っている印象で、金賞に値するとは
思うんですが、かといって淀工の演奏が荒っぽいわけではなく、
艶は淀工の方があるように感じました。賞に差がついた理由が
今でもわからない審査の一つですね。

生演奏と音源

確かに、コンクールの審査結果発表後に「なんであそこが金賞で代表なのに、あんな素晴らしい演奏をしたここのバンドは銀賞・銅賞で落ちたの…」というのはありますね。
しかし、後日に発売されたかつてのLPや今でいうCD・DVDを購入して聴いたり、この当時は県内地区予選大会や県大会レベルで許可されていた一般聴衆によるラジカセ・ビデオの録音・録画音源を聴いたりしてみると「あぁ……今にして思えば、審査員の下した結果もわかる、さすが審査員、プロだな…」というのもありますもんね。
仰るとおり、生演奏と音源では聴いた印象が違うのもありますし、また審査員もわずか12分でよく細かく評価しているよなと思いますね。
最近はネットの普及もあって、ネット上で批評している人たちがいますが、所詮アマチュア、あてにならないですね……(苦笑)。

審査は水物・・

ゆーすけ 様


本当に「まさにその通り!!」という感じですね。

淀工に関しては、生で聴いた限りでは「粗さ・荒さ」は特に感じず、
情熱の発散とか気取りのあるお茶目な感じさえ感じたのですけどね・・
審査は分からないものです・・・

自分の感性が一番なのかも・・・

一秋田県民 様


この頂いたコメントは「まさに同感!! おっしゃる通り!!」という感じですね!!

やっぱり自分が直接生で聴いてそれを自分がどう感じたのか・・・それが一番大切な事ではないのかな・・という
感じがありますよね。

川本高校

好きな団体の一つでした。

吹奏楽部のテレフォンサービスなるものがあって、そこに電話すると川本高校の演奏がながれてたんですよ。
中学生の時それをかけまくって、電話代がはねあがって、母親に怒られたのもいい思い出w

Re: 川本高校

さくら 様


私も川本高校の演奏は大好きです!!

特に1981年の「サルタン皇帝の物語」は大変地味な曲なのですけど
特に中間部の音楽的高まりはとても素晴らしいものがありました!!
78年の歌劇「ピーター・グライムズ」~四つの海の間奏曲も
実は知る人ぞ知る名演だと思います。

懐かしい記事でした。

懐かしく読ませていただきコメントします。
実は私、このエントリーの話題の曲の演奏で普門館の舞台に立ってました。

銀賞の発表を聞いた瞬間に何故か凄く気が楽になったことを覚えています。

私にとってベストとは何かと言うことを考えさせられたいい思い出のひとつです。

貴重な経験

とりあえず匿名 様


普門館で開催された全国大会出場のご経験があるとは羨ましい限りです。

コンクールだけが全てではないのかもしれないですけど、とてつもなく貴重な経験だと思いますし、
音楽とは何なのかという原点を振り返る意味では素晴らしい思いでといえそうですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2511-a5c33806
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |