FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


株価が上昇傾向にあり瞬間的に「景気回復も近い」と幻想を抱く人も多いと思いますが、
正直そういうものではないと思います。
株価が上がって喜ぶのは一部の投資家・富裕層だけで、
大部分の庶民には、全然関係ない話だと思います。

やはり、一般庶民(ちゃんと働く一般世帯層)にお金が廻って
「少し財布に余裕があるから、今度これを買おう」などと思えない限り
真の「景気回復」はないと思います。

その為にはどうすれば良いのでしょうか・・・・?

方策として、

1.企業の内部留保の強制的取り崩し

2.富裕層への強化と相続税の課税強化

3.現時点での「年金制度」を全て廃止にし、現役層の初任給から今日まで掛けていた
  年金保険料を全額還付する。
 (但し、利息・配当は一切なし
  同時に、将来の年金支給もなしとする。

4.高齢層の年金・社会的弱者等の生活保護・寡婦年金などは全て
 「ベーシックインカム」として一元化する。
 同時に、例えば年収1000万円以下の人に対しては、月額一人10万程度を一律支給する。
 そして、それ以外の勤労収入に対しては、30%程度を所得税として徴収する。

5.住民票を登録する自治体に、月額一人1万程度の、住民税とは別の「CP税」を課税し、
  各自治体を定期的にチェック&パトロールする人達の人件費に充当させる。
  この「CP活動従事者」には、民事介入も原則可とする等のある程度の権限を付与させる。

要は、働いても働かなくても、ある程度の「収入」を保証する事で安心感を持ってお金を使ってもらう事や
確かに働かなくても一定の収入はあるけど、それ以上に「良い生活」を享受するには、更に勤労する
事が必要である事の周知、及び幼年期からの「働かざる者食うべからず」の教育の徹底が
求められる事となります。

確かに上記は「極論」なのでしょう。

だけど、今後の日本社会の未来を占う意味でも、

強制的な方法でもなんでも構わないから、安心感を持って不安感無く「お金」を社会に廻せる
システムが必要なのだと思います。
なぜなら、お金は天下の廻りものだし、お金はあの世にはもっていけないものだから・・・
相続は、単に子孫に「楽」を覚えさせるだけの「愚」以外の何物でもないから・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/251-9ec0611b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |