プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


25.淀川工業

  C/交響組曲「寄港地」~Ⅱ.チュニス~ネフタ Ⅲ.ヴァレンシア(イベール)


  淀工の偉大なる指揮者の丸谷先生ですけど、まさにこの先生は「関西の吹奏楽の顔」という感じですね。
  ま・・個人的には兵庫県の吉永陽一先生のあのアクの強さ&個性の塊りが堪らなく大好き!ですけどね・・・
  私個人は、この年の大会で初めて丸谷先生の指揮を見たのですけど
  事前の予想では「かなり大振りをされる先生なのかな・・・情熱的な指揮をされる先生なのかな・・・」と
  思っていたのですけど
  実際は・・・大振りは全くせず、的確にポイントだけを奏者に指示するみたいな印象で
  大変コンパクトで分かりやすい指揮をされていたのが印象的です。
  その意味では・・・・嘉穂高校の竹森先生に近いようなイメージはありましたね。
  丸谷先生は既にこの時点で「関西の大御所」とか「天理と並んで関西を代表する指導者」みたいな風格があり
  ベテラン指揮者みたいな印象があったのですけど、
  何と・・・・!!
  あれから32年の歳月が流れているのですけど
  丸谷先生は今現在も淀川工業(現・淀川工科)を指導&指揮をされ続けていて
  今年も関西大会を通過され全国大会に出場されているのはまさしく「偉業」に近いものがあると思います。
  だって、この先生は確か1989年の大会で「5回全国大会出場を果たした栄誉の「永年出場指揮者賞」を受賞
  されているのに、そこから更に今現在に至るまでずーーーっと吹奏楽コンクールに出場され続けている訳ですから
  本当に本当に・・・心から頭が下がる思いで一杯です!!

  ま・・・最近のというか・・・・1995年以降は自由曲を3曲だけに固定してしまって
  3年に一度ずつ「大阪俗謡による幻想曲」・「ダフニスとクロエ第二組曲」・゜スペイン狂詩曲」を
  たらい廻しにされているのは・・・
  ま・・・ちと残念な感じはありますけどね・・・・
  例えば1986年の「アルメニアンダンスパートⅠ」のように珍しく吹奏楽オリジナル作品を取り上げられ
  とっても新鮮で若々しい感性で瑞々しく表現された実績もある訳ですから
  たまーーには・・というか・・・
  勇退前には、是非是非一度くらいは上記以外の曲・・・できれば今まで自由曲で演奏してこなかった曲に
  チャレンジして頂きたいな・・という気持ちはあります・・・

  さてさて、この年の演奏ですけど、
  結論から書いてしまうとこの年の淀工はまさかの銀賞と言う結果で終ってしまいます。
  後述しますけど、この大会ほど、自分の予想と実際の審査結果が一致しなかった年は珍しいと
  思います。
  ま・・・初めて生の全国大会を聴いたという事もあると思いますし、
  私自身も正直・・・この頃はまだそんなに免疫と言うか耳が肥えていた訳では無かったし
  吹奏楽コンクールの傾向と対策というものがほとんど分かっていなかった側面もあるとは思うのですけど
  このくらい当たらなかった年は珍しい・・・
  翌年以降の全国大会は、大体自分の予想というか自分自身の評価と実際の審査結果は、
  そんなに大きく乖離している事は無かったと思うのですけど
  (ま・・・それでも今でも1985年~87年の雄新中の銀と87年の花輪と東海大四の銅賞、85年の花輪の銅は
   全然納得していないのですけどね・・・苦笑・・)
  とにかくこの年の高校の部に関しては・・・予想は・・・本当に外れまくりという感じでした・・
  だけど・・・
  翌日の中学の部は・・ま・・・金銀銅の差がかなり付いてしまったという事情はあるにせよ、ほぼ100%的中
  というのを考えると・・・
  やはりこういう「コンクールの審査」というのは水物ですし
  同じ演奏を聴いても人によって感じ方・評価は全く異なるという事ですね。
  ま・・・そうした事は1982年の東北大会で花輪高校がまさかまさかのダメ金で終ってしまった事で
  既に自分自身分かっていたつもりですけど
  何と言うのかな・・・
  改めて、自分が感じた感想と他人が感じた感想は必ずしも一致するものではないという二人前の事に
  気が付いた瞬間でもありました・・・

  淀川工業の演奏ですけど課題曲も自由曲もとにかく文句のつけようが無い演奏だったと思います。
  課題曲のいかにもミニシンフォニーらしい重厚な構成感とか中間部の美しい響き、
  両端のアレグロの切れ味の良さ、オーボエのソロの素晴らしさなんかは
  この日聴いた課題曲Cの演奏としてはベスト演奏のようにも思えます。
  自由曲の「寄港地」もオーボエの長大なソロもほぼノーミスだったと思いますし、
  Ⅱのいかにもアラビアンナイトみたいな妖しい雰囲気とかⅢの粋な感じ&情熱の高まりなんかは
  聴いていて本当に惚れ惚れするものがあったと思います。
  Ⅲのラストなんかも、本当はもっともっと煽りたかった気持ちはあるとは思いますが、そこはぐっ・・と抑えて
  理性的に締めくくっていたのも個人的には好印象でした。

  だけど、この演奏は銀賞なんですよね・・・

  閉会式の審査結果発表の際、富山商業の銀賞と同じくらい・・いやそれ以上
  会場からの「えぇーーー」とかブーイングみたいな響きが沸き起こり
  普門館の会場がかなりざわついていたのが今でもはっきりと覚えています。
  最近になって改めて「寄港地」の演奏だけ聴いてみたのですけど、やっぱり感想は・・・
  「この演奏のどこが銀賞なんだろう・・・この年の全体のレヴェルと金銀銅のバランスを考慮しても
  どう聴いても金賞レヴェルの演奏・・・
  うーーん、よく分からない・・という感じですね・・
  ちなみに・・・コンクールプログラムパンフの余白に記されていた当時の私の審査表では
  1位・花輪 2位・野庭 3位・淀川工業という感じでした・・

  最後に・・・
  前述の通り、この年だけ「自分勝手な審査結果」なーんてものをプログラム余白に書いているのですけど
  これ・・・改めて見てみると課題曲と自由曲ずつに表現と技術を各A~Eまで5段階で評価し
  A=5点 B=4点 C=3点 D=2点 E=1点とし、
  それを点数化して 上位から金8 銀11 銅8 と割り振ったものですけど
  よくこんな面倒な事をやっていたものですね・・・
  さすが18際の頃の私は・・・きめ細やかな性格をしていますね・・・・ 
  今現在のテキトーさとは随分違うものですね・・・・苦笑・・

  ちなみに・・・

  自分の審査結果と実際の審査結果が異なっていたのは以下のチームです。
  (自分の採点→実際の審査結果と表記します)

  札幌白石 銀→銅 東海第四 金→銀 習志野 金→銀 中村学園 銅→金 愛工大名電 銀→金
  富山商業 金→銀 兵庫 金→銀 市立柏 銅→金 淀川工業 金→銀 川本 銀→金

  27チーム中10チームの乖離というのは・・多分・・・最初で最後という感じですけど
  この年の金銀銅のかなりの格差というものを考えると
  やっぱり・・・
  自分と他人の感性は違うものだし 
  コンクールが水物、紙一重の差という事でもありますね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

吉永先生ですかw

吉永先生といえば、忘れもしない吉永節が炸裂した77年のディスコ・キッドですねw

あのツッコミどころ満載のツッコんだ演奏。さらにはまさかの休符w

個人的にはあの手の演奏大好物なんですけどねぇ^^;

Re: 吉永先生ですかw

なおりパパ 様


1977年の「交響的断章」はとにかくバリバリ鳴らしていましたよね!
その際の課題曲は実は聴いた事がないもので、なんかとっても気になりますね!

吉永先生は本当に個性的な解釈で楽しませてくれましたけど
特に87年の課題曲A/風紋の異常なアップテンポ、98年課題曲B/稲穂の波のあの瞬間的な間
90年のメトセラⅡを静かに閉じた解釈なんかはとっても面白い解釈でした。
だけど・・・
個人的には関西でダメ金でしたけど、1986年の「呪文とトッカータ」は歴史的名演だと思います。

それだったら

ニコ動にアップされていますよ。

チワワの画像なので一発でわかると思いますw

吉永先生

吉永先生の音楽は本当に面白いですね
西宮高校時代の演奏はCD化されてましたが、兵庫高校時代の演奏もCD化の予定があったみたいですね。もしかしたら関係者向けにすでに作られているかもしれませんが。

私は吉永先生の課題曲の中では吹奏楽のための変容、カタロニアの栄光、ゆかいな仲間の行進曲などが好きですね。
兵庫高校時代の全国大会初出場の朝鮮民謡も開始のクラリネットなど面白い演奏ですね。

最近の全国大会では個性的な演奏が減っていて残念ですね。

ちなみにyutubeに音質は悪いですが兵庫のディスコ・キッドの演奏私がうpしてます。

たしか管理人さんが前橋商業の野人を聞いたことがないと書かれていたのであげてみたいと思います。

1977/ディスコキッド

なおりパパ  様


吉永先生指揮の「ディスコキッド」の存在を教えて頂きありがとうございます!!

早速聴いてみたのですけど、
正直に感想を書くと、相当好き嫌いが分かれる演奏だと思いますし
そうですね・・・
想像以上に雑な演奏ですね・・・ヒットアップしてコントロールが制御不可能になってしまった感じですね・・・
ま、確かに吉永先生らしい演奏なのですけど・・
ま、これはあくまで個人の感想ですので気にしないで下さい・・・
あくまで私の個人的な感想では、この課題曲の演奏に関しては、
瑞穂青少年吹奏楽団を超える演奏は無いのかな・・・と思っています。

Re: 吉永先生

こーち 様


私も吉永先生の86年課題曲A/変容は大好きです!!
あのシャープな感覚をきちんと表現出来た人ってそれほどいないような気がします・・
最近でもないけど、1998年の「稲穂の波」の表現も大変個性的でした!!
ただ・・・87年の「風紋」の異常なテンポの速さには・・・・あんまり共感できないですね・・・

前橋商の「野人」も楽しみにしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2508-5b806fef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |