プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


業務で使用する車ですけど、工事用軽トラ・ワゴン車・軽自動車・セダン車と色々あるのですけど
私自身は車に関してはジプシーというのか
当日空いている車を使用するというパターンになっています。
全車両が使用されている場合は、やむなくジャイロまたはスクーターを利用しますけど
車の方が断然いいです・・・
どうしても眠くて死にそうな場合、5~10分程度の仮眠を取れるのが車の利点の一つだと思います・・・(笑)

だけど・・・

会社で保有する車の中で一台・・・ちと扱いにくい車があったりします。

それが何かと言うと・・・ま・・名前を出してしまうと、スズキの「Every」というワゴン車なのですけど
この車って本当にクセがあって
決して「いいこ」ではありません・・・・(苦笑・・)
何かと言うと、オートマ車なのですけど、感覚としては限りなくマニュアル車に乗っている感覚の方が
断然強いです。
具体的には・・・
キアシフトのレバーがハンドル脇に付いている事自体、運転しにくい一つの要因になっているのですけど
ギアを「D」に入れても
普通のオートマ車ならば、自動的に加速減速をしてくれるから
大変スムーズな走行が出来るのですけど
このスズキの「Every」の場合、ギアを「D」に入れたとしても
最初は1速から走行を始め、そして2速→3速→4速と加速していくのですけど、この加速が極めて
カックンカックンしているというのか大変ぎこちない動作になってしまい、
全然スムーズな流れになってくれません・・・
おまけに・・・
少し減速しただけで勝手に2速・3速にギアが入ってしまい、
この時も加速同様カックンカックンしているというのか大変ぎこちない動作になってしまい、
全然スムーズな流れになってくれません・・・
普通のオートマ車だったらギアをDに入れてアクセルを踏んでいれば大変スムーズに流れるように
そうこうしてくれるのですけど
この車の場合、
少しスピードを上げた場合だけで・・・少し減速しただけで・・・
勝手にギアチェンジしてしまい、
その切り替えが大変不自然で
毎回毎回、カックンカックンさせられてしまいます・・・(苦笑・・)

そして一番の困り事は何かと言うと・・・
坂道発進する際、普通のオートマ車でしたら、少しアクセルを踏み込めば、少なくとも後退するなんて事は
無いとは思うのですけど
この車の場合・・・
ブレーキを一旦放してアクセルを踏み込もうとすると
ギアが勝手に1速に入ってしまい
そのまんま後ろにずりずりと後退してしまいます・・・
今の所、後続車にぶつかったという事はさすがにないのですけど
坂道が急で車間距離が短い場合は・・・もしかしたら・・俗に言う「オカマを掘る」事にもなりかねないと
思います。
なんかこういう坂道発進というと・・教習所の第三段階を思い出してしまいますね・・・(苦笑・・)

だけどね・・・

あの車に乗ると・・・結構何度も・・・
「たのむ~~、言う事聞いてくれ・・・!!」と思ったりもするものですけど
まさかオートマ車であんな苦労をするとは夢にも思わなかったです・・・

気持ちとしては・・・
「おいおい、せっかくオートマ車なんだから・・こっち言う事聞いてよ・・」という感じですね・・・(苦笑・・)






そう言えば・・・

プリキュアの世界にも敵幹部が生み出した怪物なのにほとんど幹部達の言う事を聞かないで
勝手に暴れまわる怪物なんてのもいましたね・・

それは「スーパーアカンベエ」と言う
スマイルプリキアの後半のプリンセスフォーム発動以降新しく出てきた怪物なのですけど
確かに・・・
あのマヌケ三幹部の言う事はさっぱりきかないで
自分がやりたいように自由自在に暴れ回っているという印象が大変強かったですね・・・

うーーむ、スマイルは、プリキュアも幹部もポンコツばかりでしたけど怪物もポンコツでしたね・・・(苦笑・・)

だけど・・・

こういうポンコツ車両を自由自在に操縦できない自分自身は、もっとポンコツなのかな・・・??
アカンベエ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コラムシフト

こんばんは。

いつも有難うございます。

多分、コラムシフトタイプのATですよね。
確かに、使い難いと思います。
カクンカクンなのは、トルクが細いのでギヤ比で
誤魔化しているからだと思います。

でも、慣れが肝心です。
マニュアル車であればある程度滑らかにできるので
しょうけど。
コラムシフト式のマニュアル車は更に難易度が高い
ですよ。

お気を付けて!!

ありがとうございます!

ichan 様


あ、これ、コラムシフトタイプと言うのですか・・・
初めて知りました。
教えて頂きありがとうございます。
でも確かに慣れない人が運転すると、かなりやっかいなものがある車ですね・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2503-a2ce5926
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |