FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「プリキュア5」と続編の「プリキュア5 GoGo」ではメンバーの成長が
はっきりと感じる瞬間が多々あります。

キュアドリームは、シリーズを通して「アホの子」という位置付けはほとんど変わりませんし、
その類稀なる「カリスマ性・リーダーシップ」は不変です。
プリキュア5の「のぞみとココの夢気球」で描かれたように、のぞみは勉強嫌いの子、
なぜ人は勉強する必要があるのかをほとんど理解していない子としてスタート
しますが、それが5GoGoでは、りんちゃんの弟・妹に「なぜ人は勉強しないといけないか」を
のぞみ自身の言葉で語っています。

それはのぞみ自身の成長でもありますし、ココやかれんさん達の影響もあるのでしょうし、
のぞみ自身の「将来は先生になりたい」という夢の実現性への過程というのも
あるのかもしれません。

現在のスマイルプリキュアでも優等生のれいかさんですら、
「なぜ人は勉強しないといけないのか」という人間の永遠の課題の壁に
ぶち当たっていた位ですから、のぞみが迷うのも当然かもしれません。
でもれいかさんが、シリーズの中でどういう「自分のやりたいこと」を見つけていくのか
は非常に楽しみです。

りんちゃんは、元々賢い子ですし、周りへの気配りが出来る子ですし、
それ程大きな成長を遂げたという感じはしませんが、「協調性」はより一層
磨かれたと思います。プリキュア5の第23話で、あんなにのぞみの失敗を責めたて、
うららに「口を開けば、のぞみ・のぞみって・・あんた、他に友達いないの?」
というプリキュアシリーズの中でも屈指の暴言を吐いていたりんちゃんも
5GoGoの「りんちゃんと豆の木」の中では、のぞみのちょんぼに一度は匙を投げた
りんちゃんも「どんな時ものぞみを必ずフォローするよ」と泣かせるセリフを
投げかけます。
でも初期のころのりんちゃんとかれんさんの中の悪さには少々ハラハラしましたけど・・

かれんさん程、成長を遂げた人はいないと思います。
プリキュアシリーズ全体の中でも、ここまで大きく人間的に大きく飛躍し
変化をした人はいないと思います。
(強いて言うと、へタレだったブロッサムが逞しくなった位かな・・?)
大体、初めてプリキュアに変身する回に、プリキュアになる資質を問われ
プリキュアになる事を拒否された人は後にも先にもかれんさん位なものでしょう。
元々こまちという親友はいたものの、仲間がいるという事の安心感、
「自分は孤独ではない。楽しい時も辛いときにも支えてくれる仲間がいる」という
共感がかれんさんを大きく成長させたのかもしれません。

うららとこまちは、天然さん系だから、基本的に変わらず・・・・

でも、プリキュア5で見られた「のぞみとココ」・「こまちとナッツ」のロマンスは
5GoGoではあまり見られなくなったのはなぜなんでしょう?

プリキュア5第45話は、シリーズ全体でも大好きな回なのですが、
ベンチで泣きじゃくるこまちをナッツが優しく語りかけるシーンは
すごく印象に残っています。
「無理に元気を出せとはいわないが、もう少し肩の力を抜いたらどうか、
つまり脳天気でも良いのではないか? のぞみみたいに」とナッツが語りかけたときに
シーンが変わって、のぞみが
「へーークション」となるのは、ある意味なごやかさを感じます。
戦闘シーンの中で、こまちが「そう、これはどんなラストシーンを迎えても
私がちゃんとしていられるために、私にちゃんと接してくれている人達のために、
そう、私のために!!」と内面で語りかけ、ミント砲をぶっ放すのは
本当に衝撃的です。

というか、ドリームの
「だって、自分の夢だもん、自分で決めたんだもん、だから自分の為だもん」という
名セリフがあってこその、このこまちのワンシーンなのですけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/25-66309529
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |