プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


24.市立柏高校


  C/アルメニアンダンスパートⅡ~Ⅲ.ロリからの歌(A.リード)


  1984年の全国大会を指揮された先生の中には・・・
  秋田南の高橋紘一先生、野庭の中澤先生、愛工大名電の松井先生、富山商業の坪島先生、
  関東一の塩谷先生のように
  既に彼岸の彼方に逝かれてしまった方もいらっしゃいますし、
  中には・・・
  東海第四の井田先生、淀川工科の丸谷先生、中村学園の松澤先生などのように
  いまだに全国大会の第一戦で頑張り続けられている先生もいらっしゃたりして
  本当にそうした先生達の長年のご苦労には本当に頭が下がる思いですし、
  吹奏楽コンクールを長年に渡って支え続けられていた先生達の不断の努力には本当に深く深く
  敬意を表しさせて頂きたいと思います。
  日本のスクールバンドにおける驚異的なレヴェルの高さは、ま・・確かに一部で色々と批判かあるのは
  百も承知しているのですけど
  こうした先生たちの存在無しには語れないと思います。
  これからも日本のスクールバンドの一層の発展のためにもますますお元気で活躍し続け、
  そして・・・
  「良き指導者・後継者」を育成して頂きたいと思います。

  市立柏の石田先生もそうした先生の一人ですよね。

  石田先生は・・・
  とにかく・・千葉県のスクールバンドの中では、特に際立ったまさに「生きる伝説のお方」だと
  私は思います。
  とにかく・・・
  あの卓抜した指導力とか統率力は本当に本当に優れたものがあると思いますし、
  あんなに長年に渡って市立柏を吹奏楽コンクールで優れた評価を受け続けることが出来るというのは
  まず・・・普通の凡人にはとてもとても出来ない事であり、
  その点も石田先生のすごいところだな・・と思ったりもします。
  そしてこの先生は・・・・吹奏楽コンクールでもすごいし、マーチングでも優れた指導力を遺憾なく発揮されているし、
  何よりも・・・市立柏の吹奏楽部員は・・確か悠に100名を超す大所帯と聞いた事がありますけど
  コンクールメンバー・マーチングメンバー・小編成部門メンバーと部員一人一人に対するきめ細かい指導は
  本当に頭が下がる思いですね・・・
  まさしく「千葉県の吹奏楽界のスーパースター」に相応しい指導者だと思います。

  さてさて・・・
 
  1984年の全国大会が石田先生にとっては初めての全国大会出場でした。

  この時の演奏の感想を一言で書いてしまうと、
  とにかく・・・・元気一杯で溌剌とした駆け抜けるような一直線の演奏でした。
  ま・・・だけど・・・
  今現在の視点で改めてこの演奏を聴くと・・・・
  少し雑というか・・・荒っぽいですね・・・・
  良く言うと・・・高校生らしい素直で伸び伸びとした好演で、
  悪く言うと・・・勢いだけで金賞をかっさらっていった・・・そんな印象もありました。
  自由曲のリードのアルメニアンダンスパートⅡですけど、私の当時の記憶の中では
  とてつもなくテンポ設定が速く、
  この曲をノーカットで駆け抜けていった1980年の玉川学園にも匹敵するような
  凄まじいスピード感がありました。
  確か・・・この自由曲・・・・6分前後の演奏時間だったような記憶があります・・・
  ま・・もっとも玉川学園のようにノーカットではなくて
  途中にカットもありましたけどね・・・
  そうそう・・・冒頭の二度の繰り返しの部分は、確か・・・二度目はあっさりカットしていたような記憶が
  あります・・・
  冒頭のドラの鳴りがすさまじかったような記憶があります・・・
  後半は・・・応援団も真っ青の「大太鼓連打」みたいに打楽器をガンガン響かせ
  金管もかなり豪快に鳴らしていましたけど
  そうですね・・・
  あれは・・聴く方としては耳には結構痛く聴こえました・・・

  そうですね・・・・

  正直に書くと・・・・この初出場の年は私個人の評価は銅賞でしたけど
  実際の審査結果は金賞で
  初出場初金賞と言う快挙を達成しています。

  だけど・・・・

  結果論となりますが、この年から市立柏の歴史が・・・快進撃が・・・始まっていったのです・・・

  だけどこの年の3年後の課題曲B/渚スコープは大変しっとりとした瑞々しい演奏を聴かせてくれ
  4年後の1988年の「海」では・・・
  内面的に大変考え抜かれた知的にコントロールされた演奏がお披露目されていましたので、
  改めてですけど・・
  こうしたコンクールにおける指揮者・奏者の素晴らしい「進化」には本当に感嘆させられるものが
  ありますね!!

  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

諸先生方のご冥福をお祈りいたします。

高橋先生・中澤先生・松井先生・坪島先生・塩谷先生……皆さん、既に鬼籍に入られてしまいましたね…。まさに昭和の日本の高校の吹奏楽界をけん引されてきた「カリスマ指導者」でした。
他の部門でも、弘前三中を毎年全国大会に出場させ名演を繰り広げた「一戸則夫先生」や、マーチの課題曲は天下一品だった阪急百貨店の「鈴木竹男先生」も天国に旅立っていってしまいましたね…。とても残念なことです。
天国に旅立たれた諸先生方のご冥福をお祈りいたしますとともに、若い指導者が先生方のご遺志を引き継がれていかれることを願いたいです。

全く同じ思いです・・・

一秋田県民 様


一戸先生もお亡くなりになっていたのですね・・・

アルメニアンダンスパートⅡ・三角帽子・ローマの祭りのあの素晴らしい演奏が
今でも大変印象的でしたね・・
こうした過去の偉人たちの「想い」を受け継いで頂き、後輩指導者の皆様の今後ますますの活躍を
ご祈念しております。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2499-3f0785fe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |