FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


オールド吹奏楽ファンの私にとっては
吹奏楽コンクールの「聖地」というと・・・東京都杉並区和田にある「普門館」以外はありえない・・・と言う感じに
なってしまいますね・・
高校野球の球児たちの憧れの対象が「甲子園」であるとの同様に
普門館は吹奏楽部員にとっては「吹奏楽の甲子園」みたいな位置づけだったと思います。
私にとっても・・・
とにかく・・・高校時代と大学時代は「普門館の舞台で一度でいいから吹いてみたい!!」というのが
本当に本当に・・・「夢」でした・・
ま・・結果的に・・・ま・・この話は何度も何度もこのブログで愚痴っているのですけど
結局10年間の吹奏楽生活において一度もその夢は実現する事が出来ずに幕を閉じてしまい、
今でも・・・
「響け!ユーフォニアム」の麗奈ではありませんけど
当時の・・・「悔しい・・・悔しくて死にそう・・」という感情がいまだに心を霞める事さえあります・・・
ま・・・・それだけ夢中になれるものがあったという事ですし、
結果的に・・・
吹奏楽を通して「クラシック音楽」という深い森の中に迷い込むことが出来た訳ですし、
確かに負け惜しみなのかもしれませんけど、
この10年間の吹奏楽生活は・・・私にとっては本当に・・「誇り高き10年間だったな・・・」と思ったりもしています。

でも・・・

当時なんであんなに「普門館」で吹く事にこだわっていたのだろう・・・・?

あの当時の心境としては・・・

別に都大会でも全国大会でも何でもいい・・・・とにかく・・・・一度でいいから「普門館」で吹いてみたい!!
普門館でコンクールに出場出来さえすれば
別に賞は銅賞でもタイムオーバー失格でも何だった構わない・・・・
とにかく・・・
一度でいいから、普門館のあの真っ黒な床の上で演奏してみたい・・・
そして舞台の上から客席がどのように見えるのか・・・・自分の目でしかと確かめたい・・・
そんな気持ちでしたね・・・
そうですね・・・当時としては、花輪高校・秋田南高校・就実高校などの全国大会での素晴らしい演奏を聴いている内に
「自分もいつかは同じ舞台で・・・」みたいな「あこがれの気持ち」があったのかも
しれないですね・・・

だけど・・・

この「普門館」なのですけど、実は・・・

2011年の全国大会を最後に吹奏楽コンクールではコンクール会場としては使用されなくなりました。

そう・・・東日本大震災の影響もあったと思うのですけど、
2012年5月に耐震強度不足により震度6以上で天井崩落の恐れがあることが専門家の調査で分かり
2012年の第60回全日本吹奏楽コンクールで使用できないことになり、それが今現在に至っています。
普門館は、元々立正佼成会が所有するホールであり、教団側の厚意により都大会や全国大会への貸し出しが
行われていました。
教団側は建て替えも検討しましたが、ホールのある地区が
建設当時の準工業地域から第一種中高層住居専用地域へと変更されたため、
建築基準法の規制で同規模のホールが建てられないことが分かり、
2013年11月13日、このホールの改修工事を断念する発表があり
結果として・・・・
普門館で今後「吹奏楽コンクール」が開催される事は永遠に無くなり
恐らくは・・・
近日中に「取り壊し」という方向になるものだと思います・・・・

でもこれって本当に・・・とっても寂しいものがありますね・・・・

自分にとっては10代から20代の頃の「聖地」・「憧れの場所」がこの世から姿を消すという事は
本当に「寂寥感」だけでは拭い去る事ができないほどの
心にポッカリと穴があいたような気にさえなります・・・

ま・・・だけど、これは仕方がない事だと思います。

SSの中で咲・舞が言っているように・・・
「形あるものはいつかは無くなってしまうもの・・・、だけど・・・
それを嘆いても仕方がない・・・
形は変わっても私達の心の中にずっと生き続けていくもの・・・」という事なのだと思います。
全国大会は今現在は、名古屋国際会議場センチュリーホール等で開催され
都大会も府中の森芸術劇場等で行われていますけど、
今現在の現役奏者の視点で見てみると・・・
「吹奏楽コンクールの聖地は・・・名古屋国際会議場センチュリーホール」という事になるかと思いますし、
そういう「憧れの気持ち」だけは
時代やコンクール開催の場所が変わっても永遠に受け継がれていってほしいな・・とも思ったりもしますね。

普門館は大変大きなホールで5000人程度収容できました。
(名古屋国際会議場センチュリーホールは3000人程度・・)
結果として、5000人の聴衆の存在という事で俗に言う「普門館フォルテ」という爆音系の演奏が
ここ数年減ってきているようにも感じられるのは
かえって普門館から会場が変更になって良かった点なのかな・・とも思います。

そうですね・・・

物事は・・・・失うものもあればそれによって得るものもある・・・・

世の中は・・・バランスが取れるようになっているものなのかもしれませんよね・・・




譎ョ髢€鬢ィ_convert_20151009205835



私自身、このブログの吹奏楽カテゴリの中で、過去の吹奏楽コンクールの全国大会・支部大会の
感想なんかを、あくまで「私的感想」として書かさせて頂く事も多いのですけど、
たまにですけど、
「自分自身、全国大会はおろか支部大会にも一度も出場した事が無い自分がこんなエラソーな事を
書いていていいのだろうか・・・」と
自責の念にかられる事もあったりします・・・

あんなエラソーなコンクール批評記事を書いている当の本人は・・・
1978年の中学1年のコンクールから1987年の東京都大会予選までの10年間で
10回「吹奏楽コンクール」に出場しているものの、
結果は・・・・
いわゆるダメ金(上位大会代表に選出されない金賞)が高校の時の2回のみ・・・・
タイムオーバー失格 1回
銀賞 5回
銅賞 2回
ま・・・・、ほとんど良い成績は取っていないのですよね・・・・
当の本人は・・・・
「何とか一度でいいから、普門館で吹いてみたい!! 普門館で吹くという事は、中学と高校の部で
全国大会に出場するか
もしくは、東京都大会本選に出場出来れば、その夢を実現できる。
だから・・・・・大学に入ったら、再度、吹奏楽団に入団し、何とか都大会予選を突破し、
普門館で開催される東京都大会に何が何でも出場したい!!」という気持ちは人一倍強かったですね。
大学の吹奏楽団に入団し、
「うちの学校の吹奏楽団は・・・・、かつては全国大会にも出場し、1982年と83年には都大会本選にも
出場している・・・・
だから・・・・自分の代も何とかうまくいけば、都大会本選にすべりこめるかも・・・・」と
淡い期待を抱いていたのですけど、
結果は・・・・・
4年間、無慈悲な都大会予選落ち・・・・
ダメ金すらも取れず、4年間のうち、銀2回 銅2回
だから・・・・・
江戸川区民ホールでの都大会予選の成績発表の際は・・・・
毎回毎回・・・・
とにかく悔しくて仕方がなかったです・・・・
(ま、中学の時も・・・県大会銀賞ばかりだったのですけど、あの時は・・・・
 とにかく音楽を無理やりやらされている・・・
 おっかねー指揮者の先生に「こう吹け!!」と言われたから言われたまま吹く・・・という感覚しかなかったから
 成績発表の際に、銀と発表されても、
 「やっと終わった・・・・」という開放感しか無かったですね・・・・
 高校の時は・・・・さすがに「ダメ金」だったから、とてつもなく悔しかったですね・・・・)

今年の4月から6月で放映されていた「響け! ユーフォニアム」第一話の
麗奈の「なんでダメ金で喜べるの? 私達、全国大会目指していたんじゃないの・・・!?」というセリフは・・・
その当時の自分の心の声、
「何で都大会予選銀賞で喜んでいるの? 私達、都大会本選出場を目指していたんじゃないの・・・!?」という
と見事に重なるものがありますね・・・

ま、勿論、「音楽」とは決してコンクールだけの勝ち負けではありませんし、
「音楽」とは、本来は・・・・
音楽を聴いて、「あ・・・楽しいな・・・」などのように何かを感じる事の方が大切なはず・・・
だけど・・・・
当時の自分は、そうした事すらも中々気が付いていなかったのかな・・・・
「音楽」を純粋に楽しめるようになったのは、むしろ・・・・現役奏者を引退して社会人になって以降・・・・というのも
何か少し皮肉な感じもするのですけど、
何というのかな・・・・
「普門館」を目指していた自分もいいけど、
「音楽」を「聴く楽しさ」を味わっている自分も素敵・・・・
何かそんな感じですね・・・・

ま、考えてみると・・・・

支部大会・全国大会に出場できる人って、ごくごく少数なんですよね・・・・

吹奏楽に携わった皆様の大半は・・・多分・・・私のように、地区予選・県大会で散ってしまった人たちばかり
だと思います・・・
だからこそ・・・・
支部大会・全国大会に出場出来た皆様たちは・・・・
そうした「過去の出場経験」を是非是非、「生涯の誇り」として感じ取って頂ければ幸いですね。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

もしも普門館がプリキュアに登場したら…

「吹奏楽の甲子園」こと立正佼成会の普門館は杉並区の、東京メトロ丸ノ内線方南町駅から約7分のところにあり、その収容人員は東京国際フォーラムホールAと並び国内最大級のキャパシティを擁するといいます(普門館と国際フォーラムAは5,000人、府中の森芸術劇場は約2,000人)。耐震強度不足はおそらく普門館が1970年4月の完成で老朽化があるからでしょうか。
この普門館をモデルとして、もしオールスターズ映画などのプリキュアシリーズに登場するとしたら、ありすの四葉財閥もしくはみなみの海藤グループが保有し、きららが出演するモデルステージやラブ達が出場するダンスのオーディション、真琴のライブなどに使われるとも考えたりもしました。
ちなみに今年9月のうちの姪の吹奏楽コンクールは府中の森芸術劇場でした。

日本武道館>普門館

大学デビューなので、普門館とは無縁。
中学・高校は柔道部なので、憧れの聖地といえば日本武道館ですが、地区予選万年2回戦ボーイだったので。これまた無縁(笑)。

でも、コンクール(県予選・支部予選・全国大会)のたびに日本全国津々浦々回れたのがいい思い出ですね。

是非登場して欲しいものですよね・・・(笑)

鎌倉快速 様


今回もコメントを頂きありがとうございます!

そうですね・・是非是非四葉財閥がどこか別の場所に一万人収容の「第二普門館」を建築し
そこでプリキュアショーとか映画の舞台となったら
とっても面白いものがありそうですね!!

Re: 日本武道館>普門館

某大学の卒業生 様


いつもコメント頂きありがとうございます!!

そうですね・・私は普門館も支部大会も全国大会も無縁でしたけど
日本武道館は・・・
実は大学の入学式と卒業式で行った事があります。
あの広さはまさに圧巻ですね。

普門館は・・・

大昔、ベルリン・フィルが来日した際、演奏を聴きに行ったことがあります。
カラヤン御大の指揮で「展覧会の絵」だったんですが・・・
「キエフの大門」の入りのところでまさかのトランペットが痛恨のフライング・・・

え?-?いったい何が起きた?-?っていう感じでしたね。
アレは貴重な体験でしたw

で、武道館のほうは・・・
自衛隊時代に銃剣道の大会で出場したことがあります。
結果は・・・1回戦は勝ちましたが、2回戦で開始2秒で吹っ飛ばされました><

普門館ってそんなに収容人数入ったのですね!
中堅クラスのアーティストだったら
ライブしたい会場でもあったのでは??
中学の頃の自分に「普門館ってすごい所なんだよ!」と
言ってやりたいです(苦笑)
関係ありませんが武道館もドームも球場もサッカー場も
どれも本物を見た事なく、
全てB'zさんのライブだけです(笑)

Re: 普門館は・・・

なおりパパ 様


そうなんですよね・・

サントリーホールが出来る前、日本にはシンフォニーホール以外ろくなコンサート会場が無く
普門館使用というのはまそに時代の象徴なのかもしれませんよね。
普門館にはカラヤン=ベルリンフィルの演奏風景のパネルが何枚か掲示されていたのが
初めてあれを見た時はすごく意外に感じたものでした。
カラヤン先生は、1984年の日本公演の際も、ローマの松とクープランの墓の振る順番を勘違いして
演奏開始直前に一旦舞台に下がるというアクシデントがありましたし、
都市伝説とすら化している「ボレロでトロンボーン奏者がミスって、そのトロンボーン奏者は後に自殺」なんて
ホントかどうかも分からない話もありましたし
日本公演の際は何かが起こるのかな・・・??

普門館

りえ太 様


そうなんですよ~~!!

「普門館」は偉大なる聖地なのですよ・・・

そういう「普門館」で演奏出来た事は是非是非生涯の「誇り」と思って下さい!!

私は、普門館での都大会は毎年のように聴いていましたので
もしかして・・
りえ太さんの出場したチームの演奏も聴いていたかもしれないですよね・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2498-87820d2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |