FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


23.神戸高校

 
 C/楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊り(R.シュトラウス)


 一言で言うとレヴェルの高い大変惜しい銀賞の一つだと思います。
 ちなみに・・・私の当時のプログラム余白での「自分一人のためだけの審査結果」では
 このチームは金賞となっています・・・
 そうですね・・・
 一言で感想を書いてしまうと、骨組みが大変しっかりとした正統派の演奏だと思います。
 いかにもクラシック音楽の本流の「ドイツ音楽」みたいな雰囲気すら漂わせる
 真っ向勝負のヘンな小細工なしのスタンダートな大変真面目な演奏だったと思います。
 反面・・・あまりにもがっちりとした演奏であるため、少し窮屈な感じもしたのもまた事実・・・
 もう少しだけ「遊び心」みたいなものがあれば、もう少し高い評価が得られたのかな・・・とも
 思ってしまいます。
 だけど課題曲も自由曲もとにかく技術が高く、メンバー一人ひとりの技術が大変高く、とにかく精度の高い
 演奏を聴かせてくれ、その仕上がりにおいては「どこにも弱みが無い・・・・ほぼ完璧」という感じだったと
 思います。
 多少褒め過ぎ・・みたいな感じはあるかとは思いますが、
 まさしく、ベルリンフィルとかウィーンフィルの管楽器奏者だけを引っ張ってきたかのような
 いかにも・・・・
 「ドイツ魂」とか「正統派ドイツ音楽を正面から小細工なしに演奏している・・」という雰囲気が
 普門館の客席にまでその「誇り高き香り」が漂ってくるかのような演奏だったと思います。

 この神戸高校の演奏ですけど、とにかく・・・課題曲のカッチリ決まった精度の高さが半端ないと思いますし、
 同じく課題曲Cを取り上げた同じく関西代表の淀川工業がすこーしだけ茶目っ気ある気取りのある雰囲気を
 漂わせていたのとは対照的に
 いかにも・・・「ミニシンフォニー」みたいな構成感溢れる仕上がりをしていたのは大変印象的だったと思いますし、
 課題曲Cの演奏としては大変優れた演奏の一つだと思います。

 自由曲/サロメもとにかく・・・・丁寧な演奏でした!!

ま・・・結果的に少し真面目すぎたのかな・・・・?

 後年の・・・例えば1990年の常総学院みたいなあんな妖艶な色気とか音の色彩感・華麗なるサウンドまでには
 至りませんでしたけど、
 とにかくあのサロメの世界をここまで誠実に聴かせてくれたチームは過去現在とそんなに無いのではないかとすら
 思っていしまいます。

 この楽劇「サロメ」~七つのヴェールの踊りですけど、
 ま・・これは・・・要は・・・うら若き乙女・サロメが義父から踊りを所望され
 「お前が踊ったらお前の望みを何でも叶えてやる」とそそのかされ、踊りを披露し
 身に着けていた衣類を一枚ずつ・・・一枚ずつ・・・脱いでいき恍惚としながら踊っていくシーンのBGMとしての
 音楽です。
 私、この曲は、この神戸高校の演奏を聴く前には
 例えば・・・・79年の銚子商業・80年の中標津 82年の三重大・83年の城陽中のそれぞれ見事な演奏を聴いていて
 (あ・・・三重大に関しては、あれは個人的には情緒もへったくれもない凡演だったと思います・・・)
 この曲自体は既に分かってはいたのですけど
 正直・・・あんまりピンときていなかった・・・
 「この曲のどこが面白いのだろう・・・」という気持ちは多少はあったと思います。
 だけど・・・・
 考えてみると「七つのヴェールの踊り」を生演奏で聴くのは、管弦楽としても吹奏楽アレンジ版としても
 この神戸高校の演奏が最初だったと思います。
 そしてこの神戸高校の生演奏を聴いて、初めてこの曲が
 ものすごーーーーーくエロい音楽で官能たっぷりで危険極まりない曲であるという事に
 気が付きました!!
 やっぱのこの曲の真価は・・・・生演奏で無いと分からないのかもしれませんよね・・・・

 だからそういう意味でもこの「七つのヴェールの踊り」のエロっぽい世界の妖しさを初めて自分に教えてくれた
 この神戸高校の演奏には、
 本当に感謝しても感謝しきれないものがあると思っています。

 あの演奏から既に31年の時間が経過していますが、31年後の自分からあの当時の神戸高校の指揮者・奏者の
 皆様に・・・
 改めて感謝と敬意の言葉を表したいと思います。

 本当に素敵な演奏をありがとうございました!!

 最後に・・・・この曲を聴いて意外な打楽器が曲全体の「スパイス」になっている事に気が付きました。
 同時に・・・
 一つの管楽器・打楽器という「小さい存在」であっても
 指揮者の解釈とか指示によっては、とてつもない「音楽上の効果」を発揮する事もあると感じた瞬間でも
 ありました。
 その楽器が何かと言うと「タンバリン」でした。
 「七つのヴェールの踊り」でも、勿論・・主役ではなくて完全に脇役なのですけど、
 曲のいいアクセントになっている事・・・
 場面によってはなんか・・「夜の香り」みたいな雰囲気も伝えている事・・・
 タタタ・・・という弱奏のリズムでもああやって曲全体のリズム感を支配する事も出来るんだ・・・みたいな事に
 気が付いたものでした・・・
 あの神戸高校の男性奏者によるタンバリンは、あの男性奏者のやや猫背気味の演奏スタイルとか
 真剣な眼差しとか
 集中力溢れる気合の入った叩き振りとか・・・・
 見ているだけで
 「ああ・・・タンバリンも色々な表情を見せる事が出来るんだ・・・やっぱり音楽は無限なんだ・・」と改めて
 気が付いた瞬間でもありました。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2496-b7deabd8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |