プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


22.富山商業高校


  D/組曲「ハーリ・ヤーノシュ」(Z.コダーイ)


  まず先に結論だけを言ってしまうと、この年の富山商業は「銀賞」と言う結果に終わっています。

  だけど・・・

  1984年の全国大会の高校の部を朝一番の天理高校からずっと聴き続けていた立場から
  言わせて頂くと、この銀賞と言うのは大変意外な評価であり、
  審査結果発表を聞いていた際も
  「え・・・まじかよ・・・これはありえない審査結果」と率直に感じてしまいました。

  あれだけ素晴らしい演奏を聴かせてくれ、とにかく聴く人を楽しませてくれ
  伸び伸びとした名演を聴かせてくれたのに、この演奏が銀とは・・考えられない審査結果・・・
  うーーーん、これは絶対におかしい!!と
  当時は強く感じたものでした。
  ま・・・同様な事が淀川工業(現・淀川工科)にも起きているのですけどね・・・

  全ての演奏が終わり閉会式が始まり、審査員の講評と指揮者賞贈呈が終わり、審査結果発表になったのですけど、
  「プログラム22番 富山商業高校  銀賞」というアナウンスが流れた瞬間に
  普門館の会場はかなりざわついていた事が今でもはっきりと覚えいます・・・
  そして・・・追い打ちをかけるように、淀川工業の審査結果が発表され、銀賞とアナウンスされた際は、
  富山商業以上に大きなざわめきが起きていたのが大変印象的です。
  自分が座っていた座席周辺でも至る所で
  「え・・・うそでしょ・・」
  「ありえない・・」
  「信じられない結果・・」
  「悪夢」
  みたいな声が起きていたのが今でもはっきりと記憶に残っています。
  もちろん自分自身が一番驚いていました・・・
  そしてこの瞬間が・・・私にとって・・・
  「自分が感じた事と他人・・例えば審査員が感じた感想というのは必ずしも一致するものではない」という事を
  確信した瞬間でもありました・・・
  上記の「自分と他人の感じ方の違い」については、このブログで既に何度も何度も書いている通り
  それに初めて気が付いたのは1982年の東北大会で花輪高校がダメ金になった瞬間だったのですけど
  それを改めて実感し確信したのは・・・
  そう・・・この年の全国大会だったのです・・・

  さてさて・・・この年の富山商業ですけど
  1981年~83年までの間は全国大会3年連続金賞を達成していて、もしもこの年も金賞だったら・・
  あの5年連続金賞という大変な栄誉に王手を掛けたという事になるのでしょうけど、
  そうした意味でもなんか勿体無かったですね。
  この年の演奏は・・・一言で言うと・・・とにかく豪快でパワーが漲っていて
  聴いていて本当に楽しい・・・と心から感じさせてくれる演奏だったと思います。
  私自身もこのチームの演奏が銀賞とは到底信じられないのですけど、
  そうですね・・・
  審査員の視点で見ると・・・
  ま・・・とち音量過剰という事もあったなかな・・・と思います。
  課題曲がマーチで、自由曲が「ハーリ・ヤーノシュ」の鳴る部分をメインにしていますので
  演奏は・・・そうですね・・ほとんど全てfかffという感じだったと思います。
  そうした「強奏の連続」が審査員の中には「単調すぎる・・」とか「パワーで押し過ぎ・・」という感想を
  持った人が数人以上いた・・・という事になるのでしようね。
  そうそう・・・この富山商業の自由曲では一つ面白い試みがありました。
  通常、組曲「ハーリ・ヤーノシュ」というと、ⅣとⅥを組み合わせて演奏する事が多いと思うのですけど
  富山商業の場合は、
  Ⅱの「ウィーンの音楽時計」も入れていました。
  そして、Ⅳの「合戦とナポレオンの敗北」においては、ラスト近くのアルトサックスのソロが続く静かな部分を
  バッサリとカット・・・
  そしてⅥの「皇帝と廷臣たちの入場」へとなだれこみます・・・
  そうなんですよね・・・・Ⅳのアルトサックスソロはこの組合せの中で唯一と思える比較的静かな部分なのですけど
  ここをカットしてしまったから
  曲全体しては・・・「賑やか」・「喧騒」という印象しか残らないのかもしれなかったですね・・
  この辺りがもしかして・・・評価を下げてしまった一つの理由なのかな・・・??
  ま・・・確かに・・・
  リアルタイムで聴いていた際も、Ⅳのアルトサックスソロが開始される手前の金管とティンパニ・大太鼓の
  強烈な一撃でⅣを閉じてしまい、
  そのまんまⅥに突入していますから
  ま・・・確かに「いつも強奏ばかりで曲想に変化がない・・・」とイチャモン付けられても・・・
  確かに反論は出来なかったのかも・・・??

だけど、大変惜しい銀賞なのだと思います。

  最後に余談ですけど、私が直接体験した限りでは、吹奏楽コンクールの全国大会で
  審査結果に対する会場からのどよめき&ブーイングがすさまじかったのは・・・
  1989年の城陽中学校(課題曲A/自由曲 エル・サロン・メヒコ)の銅賞の発表の時だったのかも・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

富商のハーリ

僕はこの演奏聴いたことがないんですが
(この年はハーリも録音禁止だったみたいですね)
流れとしては1990年の野田中と似た部分を演奏した
みたいですね。聴いてみたいです。

前々年(1982年)、前年(1983年)と審査1位だった
富商としては意外すぎる結果で、当時のバンドピープルの
記事でも富商と淀工の審査発表時はかなりブーイングが
あったように記載されてます。

ホントに審査は水物でわかりませんね。

Re: 富商のハーリ

ゆーすけ 様


あ、そうですね・・・確かに1990年の野田中と似ているのですけど
違いは、野田中はⅣのアルトサックスソロの静かな部分も入れている所ですね。
代わりにⅣの鳴る部分を確かバッサリカットしていたような・・?
富山商業は本当に男気溢れる演奏を聴かせてくれていましたけど、あれが銀とは・・
本当に審査結果なんて水物ですよね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2493-05bb78ea
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |