プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


21.浜松商業高校


  C/吹奏楽のためのカタストロフィー(保科洋)


  浜松商業の遠山先生は長い間浜松工業を指導・指揮されていて、浜松工業を1970年代~80年代初頭にかけて
  全国有数の強豪校に育て上げた実績&大変な指導力のある先生です。  
  だけど、1982年の東海大会まさかのダメ金の翌年以降は
  浜松商業に転任され、当時は吹奏楽においてはほぼ無名のこの学校を短期間のうちに
  全国大会の常連校に育てあげたその手腕は本当に素晴らしいものがあると思います。

  余談ですけど、1982年の東海大会は当時「御三家」と呼ばれていた浜松工業・名電・東海第一の中で
  何と・・・!!
  浜松工業と東海第一の牙城が崩れ、代表は・・・名電の他に、古豪の白子・・・
  そして・・・
  全国初出場となる長野県の屋代高校が全国大会代表の座を掴んだのですけど
  結果的に・・
  遠山先生には大変申し訳ないのですけど、私にとっては大変ハッピーな結果となりました。
  というのも・・・
  屋代高校の自由曲は松村禎三の交響曲~第三楽章だったのですけど、
  この屋代高校の演奏がきっかけで松村禎三のこの知る人ぞ知る素晴らしい名曲を私は知る事になり、
  正直・・
  この屋代高校の全国大会出場が実現していなければ、松村禎三の「交響曲」を知らないまま生涯を過ごしていた
  可能性もあり、
  その点は・・・今でも1982年の屋代高校吹奏楽部の皆様に大変感謝の気持ちを有しています。
  だからこそ・・・
  このブログの一つの目的が1982年の屋代高校の演奏の素晴らしさを伝える事でもありますので、
  例え評価が銅賞と言う結果であっても
  私は、このブログでもその素晴らしさをずっと伝え続けたいと思っています。

  話がそれてしまいました・・・

  前述の通り、遠山先生は1983年以降浜松商業に異動をされたのですけど、
  翌年の84年には早速全国大会出場を果たしたことは、とにかく凄い事だと思います。
  一般的には、あんまり実績がない学校をゼロから作り上げて全国大会でも十分通用するチームを作るのには
  最低でも3年は掛ると言われる事が多い中、
  遠山先生はわずか2年でそれを実現していましたからね。
  大変古い話で恐縮なのですけど、かつて天理高校吹奏楽部を指揮されて、1979年以降は近大付属に移られた
  谷口先生あたりは、確か聞いた話ですと
  「天理なんぞ2年で簡単に追い抜いて見せる!!」と豪語されていたとの事ですけど
  結果は・・・
  ついに谷口先生時代は全国大会出場を果たすことは一度もありませんでしたから、
  やはり、指揮者・指導者の転任・異動というのは大変難しいものがありそうですね・・・

  さてさて・・・1984年の浜松商業の演奏は・・・・

  うーーーん、大変申し訳ないのですけど、惨憺たる演奏・・・

  自由曲の「カタストロフィー」とは「破滅」とか「悲劇的結末」という意味なのですけど
  本当に演奏自体が・・・悲劇的結末みたいになってしまいました・・・(苦笑・・・)  
  当時のプログラムの余白に書かれてある「この日の私の勝手な審査結果」によると・・・
  浜松商業は・・・・ぶっちぎりの最下位でした・・・
  ちなみにブービーは土佐女子でした・・

  でもこれ・・・考えてみると大変妙な話なのですよね・・・
  東海地区というと1984年当時は、東海第一・浜松工業・富士見女子などのような強豪校が数多く乱立していて
  ああいう演奏が支部大会を通過しちゃうほどレヴェルが低いブロックではないはずなんですよね・・
  後日、当時存在していた「トラヤ」というコンクール録音会社が制作した東海第一のカスタムテープを聴く機会が
  あったのですけど、
  課題曲がA/変容-断章、自由曲がニクソンのシャマリータだったのですけど、
  全然下手じゃない・・というか・・・かなり卓越したものがあります・・
  だけど1984年の東海第一はダメ金・・・
  その東海第一を撃破した浜松商業の全国での演奏が・・・あの破綻しまくったカタストロフィーとは
  正直・・・・今でも信じられませんね・・・
  やはり全国初出場という事で、緊張してしまったのかな・・・
  多分・・・東海大会では全国大会の演奏とは全然レヴェルが違う演奏をしてくれていたのでしょうね・・・
  それにしても・・・
  この年の浜松商業の演奏は、本当にひどかったです・・・
  一言で言うと「技術的にとにかく不安定で、いつ演奏が止まってもおかしくない程度の仕上がり・・」という
  レヴェルでした・・・
  
  だけど・・・

  スクールバンドと言うのはある意味怖いですよね・・・
 
  翌年・・・たった1年で遠山先生は見事に浜松商業を立て直し、翌年の1985年の全国大会では
  保科洋の「古祠」を絹のように柔らかいサウンドでしっとりと聴かせてくれ
  新しい強豪校を生み出していく事になります・・・

  たった一年であんなにも劇的に技術力&サウンドを変えてしまうなんて・・・

  とにかくこれは「凄い・・!!」としか言いようがありませんし、まさしくこれこそ「レジェンダリー」だと思いますし、
  高校生の素晴らしき伸びしろに敬意を表するのみですね!!  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

84年の東海大会

この年の静岡県代表の東海大会の演奏は
当時静岡ローカルFMで毎日早朝に吹奏楽の番組を放送していたのですが、
その番組で紹介していました。静岡県代表は4団体で、
富士見「スペイン奇想曲」、浜松工業「フェスバリ」、
浜松商業「カタストロフィー」、東海第一「シャマリータ」
当時県内で四強と呼ばれていた学校で、東海大会も4校とも
金だったんですが、自由曲のみですが録音を聴くと、浜工・浜商・東一が
横並びの印象ですね。どこが抜けてもおかしくない感じでした。
僕としては浜工の「フェスバリ」と東一の「シャマリータ」に
抜けてほしかったかな、と。

全国の浜商の演奏は聴いていませんが、ズタボロだったんだろうなと(^_^;)
でもそこから2年で1985の全国銀→1986の全国1金 とのぼりつめたんですから
すごいですよね。
1986のトッカータとフーガは持ってますが、1985の古祀(※ ぬくぬく先生は
「祠」としてますが、「祀」です)は聴いたことがないので、
どこかで聴く機会があるといいなぁと思います。

Re: 84年の東海大会

ゆーすけ 様


考えてみると富士見高校は一度も全国大会に出場したことが無いのですよね・・・
なんかあれはとても勿体無い気がします。
88年の小組曲とか83年の恋は魔術師なんか、私は結構好きな演奏でしたけどね・・
浜松工業も遠山先生以降は一度も全国に出ていませんね。やはり指揮者の交代は大きいものが
あるという事なのでしょうね。
だけど、84年の浜松商業の全国大会のカタストロフィーは本当に本当に酷くて痛すぎる演奏でした・・
下手すぎて逆に非常に印象が強いです。
だけどそれが一年で劇的にサウンドが進化し、あのカタストロフィーからわずか2年後には
あの「トッカータとフーガ」の歴史的名演を残してくれたのだから
やはり高校生の進化には脱帽しますね!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2492-2a0e9524
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |